体、医療

2018年7月23日 (月)

レンズを二枚、入れ替えました。

7月23日
 ようやくBLOGの更新です。

5月の末に白内障の手術を受けました。こんな具合に。Photo
 白内障が進むにつれて天体撮影時のパソコン画面が見にくくなってきました。画像処理の段階でも星像が伸びて見えてガイドミスなのか収差なのか眼の所為なのか分からなくなってきて、手術を決断しました。

 結果OK!

 手術中は目の前に明るい照明が眩しくてとてもつらかったです。水晶体を超音波で砕きながら吸い出す・・・ジュルジュル・・・終わった後はさらに眩しい・・・・・それだけ曇っていたのだと実感しました。
 手術台に座ってから降りるまで5分ほどで終了、痛みは全く感じません。

 眼内レンズには単焦点眼内レンズ(monofocal-IOL)・多焦点眼内レンズ(multifocal-IOL)の2種類があることはwebで見ていて知っていました。でも保険適用の単焦点レンズにして、星見をするので無限遠がよく見えるように医師にいうと・・・不便だよと!・・・お任せしました。

 術後、炎症も無くほぼ2ヶ月が経ちました。視力も安定してきました。眼鏡を掛けないで済むために角膜由来の乱視が顕在化して、輝星を見るとクロスフィルターを掛けたように見えます。でも全体に大変よく見えるようになりました。

 こんな工作も難なく出来るようになりました。Handocon2

 タカハシのハンドコントローラ・・・ボタンを押しても動きが鈍い、接触不良みたいに動いたり止まったり・・・それで替わりの基板を購入したのですが直ぐに同じような症状が・・・

 おかしいなあと思いながらもスイッチを交換しました。
Handocon1
 数年前に秋葉原で購入しました。同じスイッチは手に入りませんでしたがボタンのサイズが同じ、接点仕様が同じ物を見つけたのでした。
 今まで眼鏡を掛けても見づらくて工作をしないままに・・・

二枚の基板スイッチを交換しました。
Handocon
 交換作業は難なく終了・・・・・快適に動くはずでした。最初は快適に・・・・・一寸使うと・・・・・以前と同じ症状・・・・・やはり おかしいなあ は おかしかったのです。メインの基板かコネクタか・・・・・パソコンからの動作は常に正常・・・・・まあ、いいことにしました。

| | コメント (0)

2018年4月19日 (木)

枯れ木は折れやすい

 8年ぶりに歯医者に掛かりました。50年前に神経を抜いて冠した歯が病めてきて。
Photo
歯根が折れて化膿しているそうです。
枯れ木と同じで死んだ歯は折れやすいとお医者さん。年をとったのだから固いものを噛まないようにしなさい。 初めて認識しました。納得です。

18日に抜歯して・・・痛い。 こんな感覚は50年ぶりでした。

星の写真が撮れなくて・・・・・








| | コメント (0)

2018年4月 3日 (火)

一年生になります

 4月2日、シャンシャンを見に行ってきました。
5月に姪の結婚式に参加するため、車椅子での新幹線乗降確認のためでした。

 孫の事故から6年あまりが過ぎました。
未満児から保育園(普通の)に入れていただき めでたく卒園、保育園では保育士さんが数名減ることになりました。小学校(普通の)に入れることになりました。友理ちゃんのために学校設備の変更や増設、人員の増員が行われるようです。長岡市の対応には本当に感謝いたします。
 それに引き換え医歯学総合病院の対応は大変悪く、補償をほとんど受けられていません。障害が固定するまでは・・・・・・と待たされています。病院のHPには事故報告も載らなくなりました。

 

 今回は上越新幹線しか乗りませんでした。JRでは当該列車の乗車下車時に担当者が補助してくれています。それなので指定席券が必要になります。在来線ではどうなんでしょうね。

 燕三条駅の駐車場、車椅子スペースに何も表示の無い車が停車しています。駐車場を管理しているところに電話をしたところ、無人なので対応のしようが無いとのこと。
Photo
一人では全く自立出来ないので車椅子ごと乗降します。広いスペースが必要です。
Photo_2
エレベーターでホームへ
Photo_3とても狭いです。

駅員さんがスロープを敷いてくれました。
2ちょっと据わりが悪いのか、足で押さえて!

座席は2列-2列シートの所で通路幅が広くシートの脇に車椅子を並べました。
3
上野駅では駅員さんが待ち構えていてスロープを設置してくれました。そのあと付いてくるように言われてついて行くと・・・
1
2_2
ここでしばらく待たされて・・・
3_2
行き先は
4
5
めでたく出られました。
6
この経験が帰り道で戸惑うことになるとは。

上野動物園入場券を購入するための行列
Photo_4
整列させるための柵がありました。その2/3位が埋まっていたかな? これは予想道理なので驚きません。

シャンシャンを見物するための整理券をもらうために行列します。
Photo_5
 車椅子の孫と介助者は優先通路からの見物で14:10の整理券をいただけました。
 私たちは15:10の整理券を頂きましたが、帰りの新幹線には間に合わない。これも予想通りでした。

 まあ、見られなくても良いと思っていたのですが、14:10の見学グループが近づいてきたときに整理担当者に尋ねました。車椅子の孫の兄(ADHD・・・)にも見せてくれないかと?
1_2
すると上司がいらっしゃって私たち全員で14:10の見学が出来ることになりました。融通を利かしてくれた上司に感謝いたします。

昼寝中のシャンシャン
Photo_6
 園内半分くらいは見物できたかな。電動車椅子の操作をするところを、今回初めて見たのですが、思いのほか動きが早い、手も不自由なので運転操作に不安があり電源を切られるようについて行ったのですが大変。人が大勢居るところは電源を切り押していきました。

 動物たちを見物する時の視線の高さ・・・車椅子からは見えない動物が沢山。トイレも車椅子で利用できるところが少なく、しかも狭い。上野駅構内でのトイレ。随分待ったけれど出てきたのは健常者と思われる若い男性が一人、駐車場といい、何を考えているのか?
Photo_9



帰りの上野駅、駅員に車椅子利用を告げたところ・・・・一般のエレベーターを乗り継いで降りて下さいだと・・・案内も誘導もしてくれない・・・東京とはこんなもんかな・・・それとも告げた改札口が悪かったのか?

ホームへ降りていくと駅員さんがスロープを持って待っていました。
Photo_7
車両が違って乗降口が広い、スロープもしっかりしていました。
2_3
燕三条駅のスロープもしっかりしていました。やはり車両に合わせてあるんですねきっと。
Photo_8

来月は東京駅から介護タクシーを利用する予定です。


今回は障害を持った人の側から見てみてとても不便だと改めて思った次第でした。




 



| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

古希にして初インフルエンザ

 初めてインフルエンザB型に罹りました。多分、過去記憶にありません。予防接種も受けていませんでした。B型でしたが39.2度の熱で・・・いやー、苦しかったです。薬で胃がやられたようで 何時までたってもすっきりしませんでした。同級会での深酒、翌日の天体撮影、翌日の洗車・・・暖かい日だったので薄着で水濡れ、悪いことを重ねてしまったようです。


 3月12に日の画像、ようやく処理をしました。

M82
2018/03/12 20:13~
Astrosib250RC/F8 NJP OAG PHD2 CDS600D ISO3200 300秒 22枚
SI8 CS6
M82abdecs6
とても透明度が悪い、シンチレーションも大きい・・・ガイドが決まらない・・・原因が分からないのですが全ての画像で周辺が微妙に回転していました。SI8のコンポジットはいつも自動で行っていましたが、今回はどうしても重ならず、数枚ずつの組で自動でコンポジットしてから2枚ずつ差の絶対値で位置合わせをしました。

ガイドが決まらないまま益々宙が悪くなってきて、天頂付近のM51に対象を変更しました。

M51
2018/03/12 23:11~
Astrosib250RC/F8 NJP OAG PHD2 CDS600D ISO3200 300秒 28枚
SI8 DSS CS6
M51dssde
SI8で現像処理を済ませてDSSでコンポジットしました。画像が回転していますがDSSでは何とかコンポジット出来ました。

今回、オフアキをタカハシのワイドリングを使って改造してから初めての撮影でした。撤収するときにオフアキと鏡筒の接続が緩かったように感じました。もしかしてこれが画像回転の原因だったかもしれません。







| | コメント (4)

2017年1月15日 (日)

腰痛再発

 積もりました。

12日の朝Sekisetu011
15時Sekisetu015
Sekisetu2 たいしたことは無いですね、らくらく除雪を終えました。

13日の朝Img_367001_1322cm 12日の夜は雨交じりで翌朝の積雪はほとんど増えていませんでした。

Img_367113
13日の夜は親戚の通夜で大潟区まで行ってきます。なので除雪に精を出しましたが...雪がとても重くなって何やら腰に違和感を覚えました。

道路の状況はそれほども悪く無さそうですが余裕を持って出かけました。Photo
朝から通行止めでした。まだ処理が終わらない。 丁度降りるICだったので問題なし。

所変われば...通夜式は30分で終了...この地域では告別式が盛大に行われるのだとか。

降雪が激しいので速やかに帰路に着きました。Pa
栄-三条間で事故発生...中之島で降りました。

自宅に近づくにつれ降雪は激しくなり

14日の朝はImg_367701_14
工業高校時代のT定規Img_367901_140800
Img_36801_140800
なかなかの降りっぷりImg_368101_14
クオリス4からクロスオーバー7に替えて初めての本格的な雪道ドライブ...高速道路の圧雪で腰痛は最悪になってしまいました。購入直後から足回りの硬さは気になっていましたが、シートの姿勢調整でこらえていました。クオリスで腰痛はありませんでした。タイヤが65から50になって堅いことは認識していたんですが、そろばん道路でこれほど響くとは...まあ、女房は何にも感じない様なので私の腰だけのことか...

今日は除雪が出来なくて記念撮影

雪で閉ざされた星空観望台Img_368301_14roof
いつもなら他の除雪をしなくてもここだけは開くようにするんですが。 

 晴れることがあるので。

晴れました。やっぱり。
15日Photo_2
除雪は娘と女房にお願いしてG15で撮影Photo_3 朝日が眩しい
Photo_4
Photo_5 灯台躑躅の蕾み

今朝の積雪は60cm 10cm減りました。


腰痛が楽になりません......月末には会社関係の新年宴会があります。お酒を断って.....出来るかな?     そのうえ山越えなんて.....NJPが持てないなあ、きっと。    その前に行けるかどうか? 









| | コメント (4)

2015年3月 3日 (火)

予行演習 六日町スキーリゾートへ

 今日は六日町スキーリゾートへ行ってきました。
月末頃、孫のおもり役で行く予定のスキー場です。本当は初滑りに須原へ一人で行く予定でしたが、女房も行くと言い、須原のレンタルスキーの情報を確認していなかったので、孫が行ったことがありレンタルスキーがある六日町スキーリゾートに変更しました。

 所要時間は一時間一寸、五十歩百歩ですね。高速料金が高く付くけれど下道はもう走れません。

 女房用のスキーを借り、スキーを履きリフトに向かうべく歩きました。なかなか進めませんでしたが、ようやくリフトに乗りました。
Photo  
 結構な積雪量ですね。今朝はかなり冷え込んでレンタルショップ前の駐車場部分が凍っていて危うく転ぶ所でした。ブラックアイス状態でした。

 

初心者コースです。
Kenji
Takako
 斜面の凹凸が全く見えません。雪面が表現できるようにCS6でハイパスフィルターを掛けてみました。
Hpf
 いざ、初滑りへ......
Photo_2

 老眼鏡を掛けてゴーグルをするのは初めての体験でした。
スポーツ店で掛けた見たときには良さそうだったのですが、老眼鏡が曇りました。ゴーグルは曇らないのですが、これでは使い物になりませんでした。眼鏡だけで滑ると涙目になり、そうで無くても見えない雪面がさらに見づらくなりました。ゴーグルが安物だからでしょうか? 眼鏡対応だけを見て安物を買ってきました。あーあー!

 リフトを降りた所のゲレンデは、午前中はまだガリガリしていました。圧雪車の痕が堅い、雪が削れた下は氷も。
それでも何とか転げながらも降りてこられました。
Takako3
 私もこんなもんです。
危険な転び方はしませんでしたが、平らな所で転んでしまいます。体のバランスがとても悪いことを実感、さらに起き上がられずに片方のスキーを脱いで起き上がりました。腕力も脚力も予想以上に落ちていました。
まあ、十数年座ったままの仕事を続けての退職、何も運動をしていないので当たり前の事が起こっていたわけですが、それが東電みたいに想定外。

 最後の滑りで初心者の迂回コースで下まで降りました。この辺りまで来ると雪はザラメ、弱った脚には堪えます。

 上越六日町高原ホテルで昼食を摂りましたが、写真は取り忘れ。
Hotelhpf
 どこもかしこも空いていて楽なスキーでした。昔はリフト一時間待ちは当たり前、食事も戦争みたいでした。

 帰りに川口SAで珈琲を飲みました。
珈琲を飲むにも文字を読んだり、更に聴いたり...ようやく飲めました。
Coffe

 今回も又、老いを感じる一日でした。昨夜は月や星が時々見えていました。SP-DXの極軸望遠鏡の確認をするには十分だった(多分)のですが寒くてやりませんでした。秋から冬に向かって撮影を続けて居たときは平気な気温も3ヶ月も休むともう何にも出来なくなりました。



 は~るよこい、黄砂はくるな~あっ。





 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

ブール-コールから丸三年が経ち

 ○○大学医歯学総合病院での医療事故から三年が過ぎました。心肺停止から蘇生はしたものの大きな障害が残りました。全身の運動機能の麻痺です。事故の後、本来の目的の「潜在性二分脊椎」の治療も行いました。

 素人では障害の原因がどこに起因しているのか分かりませんが、全身の運動機能障害、下肢の発育障害、排泄機能障害。結局、潜在性二分脊椎の障害にプラスして全身の機能障害が増えただけになりました。

 肩、腕、手指が満足に動かないので物を掴めませんし 押せません。Photo_5
 体幹が固定できないので座ることも立つことも出来ません。最近は自分が歩けないことを意識するようになり、歩けないの言葉を頻発するようになりました。

 顔面も麻痺しているので言葉も不自由で何を言っているのか理解することに不自由します。それでも聴力と思考力は平均的な年齢くらいかな? と、最近は会話が成立することが多くなり自分を慰めています。

 腰掛けていられないので赤ちゃん用の椅子にベルトで固定しています。Photo_6  
 娘が出演するブラスバンドの演奏会に連れて行きました。
Photo_7  
 リリックホールにて
Photo_8  
 この車両は特注品です。テーブルに着いて一緒に食事やお話が出来る高さで体幹と下肢を支えるベルトが着いています。

 事故以降の治療費や装具代金は無料ですが、通院、リハビリ通院などの経費を介護者の休業補償分も含めて全く費用弁済されていません。障害が固定するまでは金額が決まらないので払えないと言う事務局の話を、最初の内は納得も出来ましたが、3年も経ち、体も少しだけ大きく、重くなりもう我慢の限界で、弁護士を立てて一時金の形で費用請求を行うことにしました。

 これがだめなら訴訟を起こす事になります。全く大学病院なんて言ったってほんの一握りの医師がいるだけで、後は看護師も含めてみんな素人のような者、回診の時には金魚の糞のようについて回りますが何処まで真剣なのか? その昔、女房の時もそうでした。所詮 患者など商品やモルモットみたいな物だと!


 



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

5泊6日の合宿をして来ました。

 合宿仲間は、30代がフットサルで膝とふくらはぎを痛めた。60代が交通事故で腱板断裂、70代が雪で滑って転倒して腱板断裂、と私の4人でした。

 腱板断裂は完治までは大変そうでした。腱板を固定するスクリューは短く、骨の厚さも薄そうです。交通事故の合宿仲間は3ヶ月で固定部分の骨が剥離して緩んだそうで、そのまま固まるまで待つ、治癒には長期間掛かりそう。

 私は橈骨遠位端骨接合術に使った固定金具を取り出す事、外傷時内出血によって正中神経が癒着したので、その剥離手術を受けました。手術は旨くいって痛みも無いので早めに合宿を終え、記念品を貰ってきました。Kanagu2SDカードは大きさ見本

Kanagu1

腱板固定術のスクリューに比べとても長くてレントゲン写真では骨から5mm位飛び出していました。それでも外から触っても何も感じませんでした。空洞なんですね、きっと。

 先回の手術の麻酔は神経ブロックの部分麻酔、最初少し痛かった。
今回も同じ麻酔、今回は効きが悪く更に痛かったあ......追加で局所麻酔を。

 術中、少し奇妙な体験をしてきました。
あまりの痛みで麻酔を追加して手術を続けているなか、会話を続けて居るのですが、とても疲れた気分、少しぐったりとした気分でした。会話の中で心拍数が40、血圧XYZ、.....酸素吸入、●△×を追加....と言う声が聞こえます。
意識が少し遠のいた感じでもモニターの音は良く聞こえていました。心拍数が戻って暫くするととても落ち着いてきて疲労感も無くなりました。

 しかし本当に痛かったなあ、医師もなぜ麻酔が効かないのか首をひねっていました。首に麻酔を打っているときは所定の所に痛みを憶えたのに、小指と薬指のための脇の下の麻酔が、とうとう指に痛みがこなかった。前回ははっきりと分かったのに。

 でも術後の経過は良くて今も痛みはありません。骨折時とは大きく違います。
抜糸前の手のひらを観るとまるで漫画で見る「フランケンシュタイン」のよう。

 あとは数ヶ月置きに神経伝達速度の計測と知覚検査を! やっぱり一年掛かる!

今回の合宿仲間とはそこそこ話が盛り上がって退屈はしなかったけれど、もう合宿はしたくない。



| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

私の今年一番は

 私の今年一番の出来事はこれ
もうこれっきりで無いでしょう、いや起こらない様注意しなくては。


 観血的骨接合、靭帯縫合術から70日が経ちました。

 汚い手ですが・・・・・・
靭帯縫合側  少し形が悪いな、それにむくみがまだ有る2  
 橈骨接合側2_2  

 見た目にはかなり綺麗になりました。
レントゲン撮影映像ではまだ影が観られ、主治医の仰るには7~80パーセント位かなと! もう日常動作にはほとんど差し支えが無いほどですが、握力が25kgしかなく、負荷を掛けるとまだ痛みを憶えます。70日も経ったのに! やはり年齢ですね。


 NJPをおそるおそる持ってみた・・・・・・・ もう持てました。 早く星空撮影をしたい・・・・・






| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

熱中症もほぼ回復しました。

 熱中症に気をつけましょうとニュースや天気予報などで呼びかけを他人事のように聴いていました。女房が熱中症になってから改めて聴いてみるとその自覚症状について説明が足りないんでは無いかと思います。

 7月29日の検査結果0730
まだCRP値が高いです。

退院後特に服薬はしていませんでしたが、この結果からなにがしかの薬が処方されました。

 2週間後の検査結果0812
 各種数値的にはほぼ標準の範囲に入りました。
しばらくして感覚的にも自転車に乗れるようになったと言っています。
CRP値が2程の時は体が重かったそうです。

 
 発症から回復まで一ヶ月あまりかかりました。
熱中症だと気がつかなく、手当が遅れたことで重症化させたことがづーっと気がかりでしたが、ようやく安心して撮影に出かけられるようになりました。



  








| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧