撮影地

2014年7月 8日 (火)

金倉山

 7月6日午後から、かねてから一度訪れてみたかった金倉山。ハイキングなどのブログで見ていて見晴らしが良いという。

 蓬平温泉側からアクセスしました。地震と水害のために破壊された道路もかなり整備されていました。

 ここはもう金倉山の直ぐそば。Photo
 東屋があり花畑が作られていました。これは野菜畑に咲いた花ですが、後方の斜面は今、花の株が植えられていました。1
 多分芝桜。二人の方が手入れに余念がありませんでした。   写真は撮りませんでした。



これは何でしょう、花の名前を知らない私です。ポピーかなあ?Photo_2
Photo_3

 この場所は道路を上ってきて初めて視界が開けたところ。上がって来る車は皆、停車して観望していました。 その写真もありません.....あ!ありました。家のX付きですが。X
 後方は東かな、浅草岳、守門岳が見えます。コンパスを持って行きませんでした。

駐車場からの眺めは西側(長岡市街地方面)のみです。Photo_4

 駐車場から金倉山山頂までは徒歩で10分くらい登ります。

 山頂には展望台があり、そこからの視界は360°あります。まだウグイスが鳴いていました。 展望台の写真は無し、展望台から南東方面、権現岳が目立ちます。Photo
 リュックサックにカメラと三脚を入れて登ってきたいなあと思わせる眺め! 長岡の光害は相当なものが有るでしょう。栃尾、小出、須原の光害も。

 下る途中に足下に蝶が舞っていました。なかなか丁度良い距離に撮れませんでした。近づくと先に飛び又留まります。かなりトリミング。Photo_2
 蝶の名前は知りません。

 ほんの僅かな距離ですが雨で足下が滑ります。前例があるので登りよりも時間を掛けて下りました。


 支度してから。  前日、雨が降り大変蒸し暑い日だったので、時刻は21時頃になりましたが坂本の林道に行ってきました。

蛍はほとんど飛んでいません。木に留まっている蛍ばかりでした。
これでおよそ15分、タイマーを忘れて手動で撮りました。Sakamoto520minitsweb  
 蛍は不作でした。





| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

撮影地はまだ遠く!

 今日も撮影地の雪の具合を見に行ってきました。

道院キャンプ場へ続く道です。Photo  
 雪で通行止め

 大平へ続く道Photo_2  
 二分地内 守門岳の登山口付近でまだ通行止めです。
3月に来たときは左の小屋は雪の下で見えませんでした。

桜もまだ満開Photo_3  
こちらは大平峠へ向かう途中2  


 24日の撮影の際、ファインダーを取り付けていなくて、さらにアイピースも無く、赤道儀のアライメントにとても時間を費やしました。ようやくファインダーを取り付けました。Photo_4  
 胎内星祭りで購入したライフルスコープです。


 先回処理したM20、また処理し直しました。
ωやケンタウルスAを処理していて色ずれが大きかったので3色分解、合成をしていくらか良くなったみたい。

色ずれ、大気による屈折。Photo_5

 それからSI7のマスク作成の際、ぼかしを大きくしたので今回はぼかしを少なくしてみました。それから背景も少し明るく。 M20x6rgb33050decs63rd  


5月2日 追加処理
 

まだ弄っています。M20x6rgb34thastrchmc

印刷してみたら彩度が低い、印刷のガンマを2.2(初期値? 自分で1.8にしたかも)にして印刷したらまあまあでしたが。

今回はデジタル現像のSSSを使い、マトリックス色彩補正を少々、オートストレッチを掛けて、フォトショップでは加工しませんでした。印刷したところでは自分なりにほぼOKかな。

 ディスプレイとプリンタの校正が出来ていないので手間が掛かります。






 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

桜と星を撮りたくて

 夕方、大崎山公園に下見に行ってきました。
午後から少し寒気を感じることがあったので厚手のジャンバーを羽織って。

公園登り口、ここは電線が邪魔で、空は写せませんでした。Photo_15  
 駐車場も満開、街灯があるし空が狭いPhoto_16  
 予想していた目的の場所 ここも満開 北北東方面Photo_17  
2_3  

 同じ場所にある記念樹、1本桜です。
しだれ桜のようでまだ蕾みでした。この木が咲く頃は月が小さくなるかも。1_2  
 背景は新潟市方面
昔、銀塩時代に撮りに来たことがあります。公園に整備される以前に。

 日没間近の弥彦山Photo_18  
 展望台に上がる前の広場から桜越しにPhoto_19  
 展望台にはカメラ機材をを沢山持った人がひとり、夕日を撮ろうとしていました。
目的は果たせなかったようです。最近に無い美しい夕日だと仰っていました。時々上がってきているようで、少しの間話をしてきました。

 寺泊方向に沈む夕日1_3
2_4  
 S字状に蛇行している中間、水面が見えない所が決壊場所。

 広場の桜の間から月Photo_20
  下ったところから(土曜日と同じ付近)の月2_5  

 

 展望台で夕日を撮っているときも”寒いですねえ”と会話していました。

 自宅に戻ってから少々頭が痛い、熱があるようで体温を測ったら37.2度。年を取ると僅かな体温上昇でも体がだるくなります。撮影意欲も衰えて......今日の撮影はあえなく中止にしました。

 ああ~あ、明日の夕方は曇りの予報。 残念。


 撮影はすべてG15、最近EOS60Dは持ち出さなくなりました。








 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

町内清掃&大崎山

 朝は5時に起きて清掃の準備です。普段は絶対に起きない時刻です。

 

 町内と言っても訳け合ってたったの5世帯、狭い範囲なので直ぐに終わります。1
 終わった後は恒例の会議です。全世帯が一緒に集まるのは一年に一回、コレで全てです。町内会計の報告をして一年分の町内費を集めて、支出は全てそこからでほぼ班長一任! 5年に一回、班長約が回ってきますが楽ちんです。2_2

 ビールを飲んだので野外活動は午後から。

 午後からは昨日見てきた大崎山の裏手を通る道路を通り....Photo_2 こんな道路もストリートビューがあります。それで知って通ることにしました。

姫ノ城跡と高峰山へ行ってきました。 林道麻布-黒水線Photo_3
Photo_5


 最初は全行程徒歩のつもりでしたが、姫ノ城跡は車道の直ぐ脇と言うことが分かったので車で行きました。


 姫ノ城跡といっても藪ばかりで登ることも大変です。道路から数十メートル上がったところは10m四方ほどの藪。Photo_6
 藪をかき分けて行くと階段状に整備した跡が.....
Photo_4  

 ここから眺めた守門岳。南南東です。守門岳の先は暗いはず。Atc

 このあと少し車を走らせて高峰山登り口Photo_7  
 カタクリが咲いていて、Photo_8
Photo_9

遊歩道の真ん中には”糞” Photo_10  
 まだ乾ききってはおらず、虫がたかっていました。大きさを比べる物を置かないで撮影しましたが、おおよそ直径20cm位でした。

 正体はなに? 昨年は熊の出没が確認されていました。入山禁止にも!


 高峰山山頂、といっても名前とはほど遠い147.5m。Photo_11
 三角点がありました。Photo_12  

 大崎山正面の畑に咲く桜  向きを考えれば星景写真になり得るかな?Photo_13  
 大崎山公園の上から昇る月(土曜日)Photo_14  
 

 4時間くらいは歩いたかな、ぶらぶらと。高峰山から下るとき道を間違えて姫ノ城方面に向かってしまいました。里山の遊歩道なので油断してしまいました。道の周囲は似たような雰囲気、至る所で豪雨による崩壊が起きていました。糞を踏まないように下を見て歩くこと数百メートル、左に見えるはずの守門岳が右手に見えてきました。大失敗でした。

 地図とコンパスは持っていましたが、その利用用途はもっぱら星景撮影確認用。歩くときは見ていませんでした。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近くで撮影ポイント

4月12日

 8日に栄庁舎で撮影を行ってみて意外と良く写ったと思いました。道路脇でヘッドライトの影響も心配でしたが、これも意外と影響が少なかったので近くの河川敷と大崎山へ行ってきました。

 遊水池工事のためか河川敷道路が舗装されていました。Photo
 家から直線距離で800m位の距離です。中心左寄りに桜が写っています。まだ蕾でしたが、もう咲いているでしょう。これも気になる対象ですが街灯が近いのでどうでしょう?

 守門岳パノラマ_
 夜、G15で撮影してみました
G15 ISO2000RAW Tv5秒 Fv2.8 CHDKCs6
 月が明るすぎて星が写りません。雪の守門岳を強調したくてかなりγをあげました。望遠で無いと無理でしょうか? 星景の背景にはならないかな?

左下の明るいところが我が家の付近で南南東方向になります。距離はやはり直線で800m位。自宅からの撮影だとかなり影響を受けます。

 明日(日曜)の朝は町内の一斉清掃なので一枚撮って直ぐに引き上げました。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

今日は良い天気で

 今日は透明度もそこそこ良く晴れ上がり、私の遠征撮影地の積雪を観てきました。

まずは石高沢へ行く途中、守門岳の登山口で除雪は終わりでした。Photo
 この車の後ろ方向、石高沢へ続く道ですが、雪の上に上がってみました。Web  
ここで通行止め。沢山の車が駐車してありました。Photo_2
 守門岳でスキーを楽しむ人たちです。

 積雪はまだ2mから3m位有りそうです。やはり5月に入らないと駄目ですね、例年そうでしたけれどね。自宅周辺は大変ラッキーな少雪でした。除雪は一回しかしませんでした。手首の骨折をした私には本当に有り難いことでした。

 上の写真の先、戻る途中の積雪とマイカー。Photo_3  

 もう一カ所の撮影地、大平峠の手前、天気予報でもおなじみの西名です。Photo_5
 これは戻りで下っているところです。この車の後方の道路で北と南の方向に開けたところがあります。通過車両が若干有りますが、撮影出来そうです。

道路は斜面ですが、北~北東方面Photo_6
少し下った南方面Photo_7 車が来るとまともに前照灯を浴びます。


ここの本当の撮影地は平行して走る旧道ですが、当然数メートルの積雪があります。


 下見を終えた後、庭木の雪囲いを外したり屋敷周辺を掃除したりでくたくたになりました。骨折と冬ごもりで体がすっかりなまってしまいました。
そろりと敷石の工事を再開しないといけません。






 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

私の今年一番は

 私の今年一番の出来事はこれ
もうこれっきりで無いでしょう、いや起こらない様注意しなくては。


 観血的骨接合、靭帯縫合術から70日が経ちました。

 汚い手ですが・・・・・・
靭帯縫合側  少し形が悪いな、それにむくみがまだ有る2  
 橈骨接合側2_2  

 見た目にはかなり綺麗になりました。
レントゲン撮影映像ではまだ影が観られ、主治医の仰るには7~80パーセント位かなと! もう日常動作にはほとんど差し支えが無いほどですが、握力が25kgしかなく、負荷を掛けるとまだ痛みを憶えます。70日も経ったのに! やはり年齢ですね。


 NJPをおそるおそる持ってみた・・・・・・・ もう持てました。 早く星空撮影をしたい・・・・・






| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

ネズモチ平

 豪雨災害で通行止めだった浅草岳登山口まで数年ぶりに行ってきました。

 天候はGPV予報では薄雲が広がっていましたが、日没から快晴になりました。でも21時頃には曇ってしまいました。数枚しか撮影出来ませんでしたが、久しぶりの満天の星空を堪能出来ました。

 Higlasi-2Bでファーストライトをしてきました。まだDPPAは操作を覚えていないのでのぞき穴による極軸設定で広角レンズのみでした。
2013/09/28 20:07~ 
SIGMA17-50mmF2.8 17mmf4.0 プロソフトン-A EOS60Dノーマル ISO1600RAW 90秒 PSCS6で現像
_mg_8287ginga
2013/09/28 20:45~
f5.6 300秒 以下同じ_mg_8292cas
 この後雲が広がって撤収しました。
Higlasi-2BHiglasi2b_1
Higlasi2b_2

余裕が無くて撮影風景を撮りませんでした。G15のCHDKもテストしたかったのですが。




 また、リベンジします。




 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

寺泊山田海岸にて

 9月19日の夕日撮影地、山田海岸です。昨日の野積海岸と信濃川分水路を挟んで南側に位置します。16:00頃自宅を出発して、40分強で到着しました。同じような時間帯でしたが車の通行量が少ない方向だったのでしょう。

 早く着いたのでゆっくりとカメラの設置が出来て、昨日の二の舞はしませんでした。

 G15で周辺を撮影していて、砂浜にこんな書き込みを発見!Love

 佐渡島も良く見えています。

 砂浜にゴミが見えない所が有りました。なぜか石ころがひとつ。Photo_2
ここは流木が沢山ありました。Photo_3
夕日を浴びて赤い道路側Photo_4
砂が光って綺麗でしたPhoto_5
Photo_6

佐渡汽船 寺泊港に入港直前です。
寺泊~赤泊(高速船)航路です。昔はフェリーも就航していたのですが、高速道路のおかげで、寺泊からのフェリーのメリットが無くなりました。
Photo_8

 







続きを読む "寺泊山田海岸にて"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

奥只見湖の遊覧船に乗りました。

8月17日
 忙しかったお盆も終わり、枝折峠の道路状況が気に掛かり、ついでに奥只見湖まで行ってきました。

 枝折峠頂上のバス停Photo
銀山平方面に1本しかありません。

ここは越後駒ヶ岳の登山口の一つPhoto_2
 この道路は国道352号線、樹海ラインと名付けられています。

 以前来たときはここから駒ノ湯までが豪雨災害で復旧工事のために通行止めでした。

 今回は奥只見湖まで行くために奥只見シルバーラインを通りました。ダムまで行ったのは何十年ぶりか? 初めて遊覧船にも乗りました。

 ダムサイト下の駐車場から遊覧船乗り場までこんな乗り物が出来ていました。Photo_3
 ダムには外灯が付いていないようです。(三条の笠堀ダムも大谷ダムも沢山の外灯が付いています。)Photo_4
 下の駐車場方向Photo_5

 帰り際に画面奥の駐車場(砂埃が舞っているその向こう)に行って周りを見渡してきました。天体写真を撮られる方はここかなと思いました。夜来たことが無いので分かりませんが低空の見晴らしは悪い物の空の暗さはすばらしいことでしょう。

 初めて乗る遊覧船Photo_6
 こんな風に回りました。Photo_7
 ミシシッピ川の外輪船を模した船だそうで、定員300名。Photo_8
Sip
 ......けんちゃ .....Ore


丁度折り返し地点から燧ヶ岳が見えました。Photo_9
 中国からの飛来物質でかすんで見えます。ここのところずーっと透明度が上がりません。

 今年の雨で長岡ではかなりの土砂災害が起きました。でも水位が低下しいる様に見えます。本当に集中豪雨なのですね。Photo_10

 

 枝折峠へ上るためにトンネルを通りたく無かったので、これでようやく駒ノ湯方面から上れます。

 所要時間は自宅から約2時間、標高1000m。普段の撮影地は所要一時間、標高500m。この差が天体写真の青の写りにどのくらい差が出るか興味があります。

 帰りに浅草岳のねずもち平にも行って道路状況を確認したかったのですが、時刻が遅くなったのでまっすぐ帰りました。

 峠はもうすっかり秋色、梅雨明け宣言が無いまま秋ですねえ!Photo_11

 






 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧