旅行・地域

2017年9月12日 (火)

萩・津和野・宮島>駆け足旅行 3日目

3日目 広島平和公園へ

ホテルから数分の所、午前8時には到着しました。
原爆ドームを対岸から見学
Doom三脚を使って記念撮影、初めてスマホからBluetooth経由、リモートシャッターを使いました。タイマー撮影よりも「はい、チーズ」のタイミングがとりにくかったなあ! 写野の確認が楽なので構図決めには良い、なのでこれでタイマーのトリガーをした方が良さそう。

Heiwanokane 鐘を突いてください・・・・・・・・彼が何回突いても梵鐘が鳴りません。よく見ると突けないようにワイヤーが・・・・・・・・早朝に鐘を突くと五月蠅いからなんでしょうか? バスのガイドさんも添乗員さんも知らなかった様子。

公園の施設の配置を改めて認識しました。
ドームが手のひらの上に見えます。
Kinenkouen

資料館の開館を待って見学してきました。オバマ大統領の折った鶴も。

1時間ほどの見学時間、資料を読んでいるととても足りない。

北朝鮮が・・・・・・・
Clock



この後一路福岡へ・・・・・

美東SAで弁当を積み込み・・・・・・

SAのトイレの便器がユニークだった。
Toire

帰りもシャトレーゼ・・・同じ機体です。FDAの初号機。
Fdafukuoka

羽田空港で事故対応があり福岡空港でも騒がしいかった。新潟行きは影響なし。


何回も乗っていないけれど、新潟空港へ海側からのアプローチは初めてでした。
flightradar24をたまに見ますがいつも陸側から。

新潟西港
Niigatakou

16:10定刻到着。 座席は最後尾から2列目、一番最後に居りました。CAのお姉さんにこの後の予定はと尋ねると、直ぐに大阪へ・・・・その後又、福岡だそうです。


まだこんなに明るい、夕食にはまだ早い。
Airportniigata




今回のツアー、最初の集合が新潟空港。そこでのコンダクターの第一声が・・・旅行から戻ったときに・・・留守家族に対して「ああー、疲れた・・・」は無いですよと。  それからおはようございます。ツアーへ参加のお礼の言葉。

でもやっぱり疲れました。とにかく移動時間が長い・・・・・初めから分かっていたことでしたがね。 



 
Facebookへの投稿テストです・・・・・・だめだあー


niftyのメアド変更が一部分されていなかった・・・・こんどは


駄目だったあ。

| | コメント (8)

萩・津和野・宮島>駆け足旅行 2日目

2日目は萩・津和野・・・・・宮島

午前8時前に長門湯本温泉を出発。萩までは近いので到着して武家屋敷を散策するも、土産物店はまだ開店前。Hagijyouka
それで観光客も少なくて良い雰囲気でした。
Hagijyouka2
松下村塾・・・想像以上に狭い建物でした。
Syoukasonjyuku
松陰神社など大勢の銅像が建っている・・・

代表して高杉晋作
Takasugishinsaku

この撮影を行う際に手荷物を草むらに置いた・・・・・・・・・そのまま、次の見学ポイントへ移動・・・・・・・・20分ほど経って集合時間・・・・あれれ!・・・・・・・・久しぶりに走りました。観光客が少なかったことが幸いしたか!・・・・有りました、ぽつんと・・・・・・あっ、写真を撮り忘れました。その時はそんな余裕は無し・・・バスに乗ってから撮っておけば良かったと思うのでした。

津和野ではお決まりの鯉。 五十嵐川と同じで水害被害の復旧工事で水路の水は濁っていました。
Tuwanokoi
殿町を(案内人=土産物店の回し者と)散策した後、お約束のお店へ。
ゆっくりするまもなく次の観光地へ・・・途中、昼食弁当をバスに積み込み車中で食べる。一路、安芸の宮島へ。

厳島神社は大潮近い干潮時、鳥居まで歩ける潮位でしたが、時間が無い。
Itukusimajinjya
ここでも案内人は土産物店の従業員と名乗っていました。
Omiyage
流石は日本三景のひとつ。海外の観光客がとても多かったです。

1時間で宮島を後にし、広島市内へ。

ホテルサンルートに到着すると チェックインするまもなく手荷物を預けて夕食会場行きのバスに乗りました。格安ツアーなので夕食はオプション。「疲れて お店探しはいやだ」 ったのでオプションを申し込みました。22名中2名・・・私たちだけでした。   連れて行かれたお店、小料理屋・・・入り口に客の名札がありました。何名居るのかは分かりませんが3組のみ。掲げるボードの大きさの割に少ない!

奮発して和食のコース料理、結構な料金でした。まあ、吟味された食材だったのでしょう、そう思うことにしました。

最初は生きた車エビを目の前で〆て戴きました。きっと目玉なのでしょうね。プリプリして美味しかったです。

沢山のお皿が次から次と出てきました。
これは「鰻の柳川鍋」 これだけでも満腹になりそう。
Yanagawanabe

穴子どんぶりに牡蠣フライ、フカヒレの茶碗蒸し、鯛の兜煮などなどなど・・・・・。広島焼きも出てきました。いやー、とにかくお腹いっぱい。〆はアイスクリーム。
Ice

帰りもバスで送って貰いホテルへ。タクシーなら往復で2,000円位は掛かるかな? これも料金の内。

車窓から路面電車・・・沢山の電車が走っているんですね。数分おきかな。人も大勢。
Romendensya
今日も疲れて 夜の街を散策する元気もなく、WiFiが使えたけれどもパソコンを開いてBLOGのチェック他、更新の元気もでませんでした。

明日も朝が早い、眠ることにしました。


3日目へ



 

| | コメント (6)

萩・津和野・宮島>駆け足旅行

9月の3,4,5日 格安パック旅行に出かけました。

 新潟~福岡空港の往復便なので、便数削減でとても無駄が多い旅程でした。

一日目

 新潟空港12:05発福岡空港14:00。 名古屋からの折り返し到着便が少々遅れて、20分ほどで出発しました。凄いなあとちょっぴり感心。Fda01
ほぼ予定通り福岡に着きました。Fukuokaairport
最初の観光地、門司レトロ地区へ。あまり歴史に興味が無く さーっと流してきました。

人専用道路の跳ね上げ橋
Haneagebashi
丁度跳ね上げ時刻になり急いで渡る。5分ほどで全開になりました。

黒川紀章子設計のマンション。展望台を設けることで建築許可が下りたとか。
Kurokawakisyou
手前のレンガ造りの建物は・・・忘れました。

展望台からの眺め、関門橋です。
Kanmonkyou
展望台でコーヒーフロートで一服、出発時刻までもう余裕がありません。
Caffe

このあと一日目の宿、長門湯本温泉へ・・・

プーチンさんがお泊まりの大谷山荘を横に見て到着した温泉旅館。なんでも老舗旅館で高野槙の浴槽が自慢なんだとか!・・・・・・全く関心がありませんが。Nagatoyumoto

格安パック旅行の神髄か!大広間への廊下の天井。
Tenjo
大広間で食事。
Tatami 至る所に・・・・・

ご飯の装い方
Rice

まあ、枚挙にいとまがありません。

WiFiが有るのですが・・・
Wifi
これはどういうことなのかわかりませんでした。
Wifinon

疲れたのでよく眠れましたが。


2日目へ


 







 

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

足を延ばして星のふるさと館まで行ってきました。

4月29日
 雷雨警報が出ている中、道の駅 「杜氏の郷よしかわ」と「雪のふるさとやすづか」まで行ってきました。

 実は昨年の10月24日月曜日に訪ねていました。道の駅に定休日があることの認識がありませんでした。
Photo
Photo_2
4月29日、ようやくスタンプを押せました。
2
向かいの温泉施設がある味彩で昼食。
3
普通にカツ丼ですが...とても美味しかったです。

このあと方角が同じなので清里の天文台「星のふるさと館」まで足を延ばして、渡辺真一さんの写真を拝見してきました。むさしの写真展で観た写真ですが、何度観ても素晴らしい解像感です。
2_2
大きいなあー
Photo_3
猛烈な雷雨に見舞われて到着した天文台には観望者は誰も居ません。職員が2人。自由に見学が出来ました。

つぎは10月24日の安塚
2_3
4 雪だるまの奥に見える

そば処の様ですが...かんべんね...
3_2


4月29日の物産館
2_4
3_3
ここのコーヒー、美味しかったです。

そば処は今回も「かんべんね」でした。

佐渡を除いて県内の道の駅巡りを終えました。雪の時期は敬遠していたために3年も掛かりました。
 佐渡へは何時か...行きます。

帰り道休憩に寄った米山サービスエリアからの夕日が美しい。にわかカメラマンが大勢(私もその一人ですが)
Sa2
Sa3
Sa1
ちょうど良い時刻に巡り会いました。

いろいろと撮りたい写真のイメージは有りますが、そのために出かけることをしないので偶然に頼っています。


 

| | コメント (0)

2017年1月 2日 (月)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

今年も宜しくお願いいたします

Img_3582

 12月23日~25日、娘一人をつれて初めての2泊3日の旅行をしてきました。新聞の折り込みチラシ眺めて衝動的に! 新潟空港からのチャーター便 が決め手でした。

空港の朝、ドアの開くのが遅い。強風の中ドアが開くのを待ちます。Photo

ツアーは39名、80人乗りほどの飛行機で楽ちんでした。Photo_3
Boarding

○十年ぶりの飛行機での旅、ずーっと窓に張り付いて居ました。Photo_4 チャーター便故か、松本上空通過から始まって何回も見えている風景の案内がありました。

新潟出発時に ジェット気流が強風のために予定より遅れると ...30分くらい余計に掛かったかな。でも快適なフライトでした。


風水に頼ってシーサーが無い。めずらしいそうです。
Photo_5
海洋深層水をつかった海ぶどう養殖Photo_6 とても美味しかったですよ。

ハブに注意Photo_8


何処の海を見てもとっても綺麗!
久米島で一番かな!A 早朝なので私たちのツアー客だけ とても風が強かった。


このあと飛行機で宮古島へ

いきなり夜Cvenus
ちょうどクリスマスイルミネーションの点灯が昨日から始まったPhoto_7
このあとは雲が広がってきました。
26時過ぎ、目を覚まして外を見ると晴れています。天頂だけ!!! 夜明け前の低空は霞んで星が見えませんでした。霞が無ければ南十字星の一部が見えたはず。Cen G15 iso6400 1秒
一眼を持って行ったら...... まあ、家族旅行なので我慢我慢。

日の出を迎えて同じ方向をPhoto_9

帰宅したらニュースで遼寧が沖合を通過 丁度その頃海を眺めていました。C 東平安名崎 一番感動したところです。

前掲のビーチ 宮古島を発つ前にお昼を食べたホテルのビーチも美しかったです。


帰りのフライトE
長岡市が後方に....自宅の上空当たりか?  いつも下から見ている飛行機。G


旅程もゆったり、飛行機もチャーターなのでゆったり、シートスペースも広くてゆったり。 とても満足な旅行でした。



また行きたい.....何処かへ!








| | コメント (8)

2016年9月16日 (金)

SLの街新津 訪ね旅

 今日は新津の街をほんの一寸だけ歩いてきました。Photo
指導者を含めて14名、ぶらぶらと歩くにはちょうど良い人数でした。

新津駅前Photo_2
綺麗に整備されていて、駅舎も立派です。

ボランティアの観光ガイドさんと2時間、結構疲れますね。Photo_3

石油について説明を聞きながら新津川を遡りました。Photo_4
至る所で石油が滲みだしています。かなり匂いが強いですが、近所の方はもう慣れっこになっているのでしょうか。当地でも工場周辺は油の匂いがします。

明治の時代、手術室だったそうです。当時は医療の先端を行っていたようです。こう言う建物は当地にもいくつかあります。Photo_5

堀出神社Photo_14
ここでは柘榴の木を見てきました。良寛さんとゆかりのある所とか。




新津の細い路地、マンホールの蓋の数がとても多いと言っておられました。Photo_6

鉄道の街らしいですね。Photo_7
0番線のホームはとても珍しいんだとか、東三条駅にもあるよと言ったら ”おや、知らなかった”

昔、Q太郎さんの写真を鑑賞に行ったところです。Photo_8

ここでボランティアの方とお別れして昼食でした。創業130年の老舗でした。
お約束の.....Photo_9
定食だそうですが とても美味しく頂けました。公民館の行事では珍しいのでは無いでしょうか。

午後からは参加者のひとり(指導員でもあるのかな)の説明で、新津運輸区 SL見学会でした。土曜日曜と運行する ばんえつ物語号の蒸気機関車C57180です。写真撮影はOK、webには載せないでくださいと。   なので写真はなし。   運転席に着座して写真を撮って戴きました。

ばんえつ物語号運行を開始するとその期間、常時釜番が居て 止めるまでは火を止めないのだそうです。とても暑かったです。

次に鉄道資料館、ここも初めてでした。Photo_10
雪よけの厚さにびっくり。鉄が沢山使われていてとても重い車両だとか。

2
C5719C5719
北越Photo_11

最後は花夢里で休憩して帰路へ。Photo_12

車窓からうろこ雲Photo_13
ガラス越しでAWBで撮りました。目で見ていたときはガラスの色による風景の着色には気が付きませんでしたが、ずいぶんと違うんですね。

CAMERARAWで小さく写る建物でクリックホワイトバランスAwb

普段何気なく歩いているところも、初めてのところも 説明を聞きながら歩くとより楽しいですね。以前、会津若松城を見学したときもボランティアの方が付いてくださいました。とても印象深く、記憶に残りました。


今回の参加者の半数以上は同年代の女性でした。鉄道を見てもねえ.....と仰られた方が数名   私にはとても貴重な見学でしたが。





| | コメント (2)

2016年9月14日 (水)

道の駅巡り 再開

 9月10日の土曜日、道の駅 笹川流れと朝日に行ってきました。日本海東北自動車道が出来て時間的には近くなったとはいえ、やはり遠いです。日本海東北自動車道は胎内星祭りに出かけたときも通りましたが、路盤が悪くてふらふらしてしまいました。年を取った所為もあるけれど、対面通行の高速道路は走りたくないです。

 豊栄SAで小休憩をして あとはナビ任せに。村上瀬波温泉で高速を降り北上します。目的地は道の駅なのでほとんど観光をせずに走りました。途中メガネ岩のところで休憩、とても海水が綺麗で、流石は笹川流れと思いました。駐車場に停車している車は関東NO.が多かったです。まだ泳いでいる人も居ました。_
Photo
googleから
2
海に入る人たちの他はこう言う方達が目立ちます(私たちも...)3  
 振り返って案内標識を撮影していたらPhoto_3

トンネル内から轟音が聞こえJr
車両の名前は知らないけれど、にわか撮り鉄に。

このあと豪雨になりました。

雨が上がって
 道の駅笹川流れ-JR桑川駅Photo_4
Photo_5
Photo_6
Photo_7 ここでもスタンプを押す人が多かったです。

このあとはおきまりの昼食。Photo_8
村上に来たのだから 鮭Photo_9
とてもおいしかったです。

道の駅巡りはいつも昼食時刻めがけて出かけています。なにせ朝が遅い二人なので。


食事が終わった頃には空も晴れ上がり粟島がとてもよく見えました。Photo_10
次は 塩工房0
海水を煮詰めています。Photo_11
ここで作られた塩を振りかけてソフトクリームを頂く。Photo_12
これもとてもおいしかったですね。

孫娘が今年の夏休み課題で塩を作りました。それがここ笹川流れの海水と、鯨波の海水でした。それぞれ1リットルのペットボトルで持ち帰り煮詰めたそうですが、結構な嵩ができあがっていました。それで笹川流れの海水が断然おいしかったです。

ここから帰り道、道の駅朝日に寄りました。Photo_13
Photo_14
ここでは何にも飲食せずにスタンプだけ。3_2
以前、ここで あおさ がたっぷりと入ったラーメンを食べたことがありました。そのときのおいしかった記憶を味わいながら帰路に着きました。


すこし時刻も早いので寄り道、荒川胎内インターで高速を降りて国道113号線を南下しました。tantanさんのブログで拝見した風車が見たくて。
国道脇の小さなスペースに車を乗り入れ 荒井浜 多分Photo_15
笹口浜からPhoto_16
胎内川河口Photo_17
クオリス4 平成10年式です。13年に中古で買い15年乗りました。
終の車としてクロスオーバー7を6月始めに契約して8月末の納車予定が遅れに遅れて9月末だそうです。それでもこの車での長距離ドライブは終わりかな。


県内の道の駅、まだ8駅も残っています。その中で「風の丘米山」は休止、きっと無くなるのでしょうね。

関川、わしま、みつまた、南魚沼、やすづか、よしかわ、あらい

わしまは何回も寄っていますがスタンプを押し忘れ!

あとはけっこう遠い、積雪を迎えるまでに終わりそうも無いです。


自宅に戻ると 美しい「うろこ雲」が掛かっていました。私としては珍しく観望台の屋根を開いて撮りました。Photo_18



去年の2月 道の駅「三川」以来記事にしてこなかった分、つづくにしよう。入るかな?

続きを読む "道の駅巡り 再開"

| | コメント (4)

2016年5月31日 (火)

天空のポピー

5月29日
 皆野町にある「天空のポピー」を観に行ってきました。Web
Web_2
渋滞は予想通り!Img_1089
 毎日が日曜日の私は休日を避けて行けば良かったのですが、天候とポピーの開花状況を視ると今日しか無い! 久しぶりの長距離ドライブをしてきました。

 橋場の交差点に入るところから渋滞が始まり4kmを3時間かけて走ってきました。登り急勾配で停車すること100回以上かな、フットブレーキでは老体の足がぷるぷる、毎回パーキングブレーキを踏みました。     皆、運転が旨いですね、スタート時に下がる車は一台も無いし我慢強い。

 臨時駐車場の手前、広い路側帯に沢山の駐車車両...運良く空いて駐車しました。まだ先ですが明らかに歩いた方が速い。

 駐車場入り口が見えてきました。Photo
 ポピーの花はピークが過ぎたようです。Photo_2
 それでも視点を変えるとImg_0069craw
 観光客が多くても邪魔にはなりません。Img_0072craw
Img_0062craw
 ちょうど良い具合に入ります。Img_0053craw

 背景に青空が欲しかったけれど、それでも美しかったです。行って良かった!         二度、行かなくっても良いかな。



 そうそう、地図を全く調べずにカーナビ任せでルートを取りました。畑に着いて帰り際、長瀞方面から上ってくる車がほとんどありませんでした。シャトルバスも順調に運行している様子でした。

 帰路もカーナビ任せ、てっきり同じ道路を選択するかと思えば 山を下る道が違いました。ゆっくりと走る私に追いつく車は一台も無し、登りの車が3台きり...このカーナビ どういう選択をしているのでしょうね。















 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

りゅーとぴあ 久しぶりに

2月11日
 久しぶりにりゅーとぴあのチケットを買いに行きました。

満開の時に歩いたことが有りません。
Photo
 出かける前に星見台からの風景を撮って

守門岳
Photo_2
Astrosib250RCの光軸を弄りながら飛行機撮影
Ap
ここを見ていれば機体も分かるのですがだんだん面倒くさくなってきました。

飛行機雲を曳いています。前機よりも高度が高いのか。
Apjal

新潟空港でお昼を食べてから
Photo_3
空港上空を飛ぶ
Photo_4
日中は便数が少なく、食事中に一機 飛び立ったのみでした。

帰り際にアプローチ近辺に!

飛行機爺さんが大勢居ました。私もその一人かも。

一時間に一機
CANON EF70-200mm F2.8L IS II USM + X1.4 EOS60D
Anabombal0
Anabombal2
一脚を使っていましたが体を反転させて次を撮る.....間に合いませんでした。 レンズが長く重い、一脚では無く三脚にすれば良かった。

タッチ直前
Anatuch
ピントが甘いと思っていたら陽炎が強かった様です。 トリミング
Rundtrim
この一機を撮っただけで帰宅しました。

今夜の天候は晴れ、星の撮影に期待が膨らみます。

自宅からの夕日
4
Photo_5

全ての画像でCANON EF70-200mmF2.8L IS ⅡUSM EXTENDER EF1.4XⅢのファーストライトでした。

ぽかぽかと温かい一日外出してきたらくしゃみと目のかゆみが強くなって頭も痛い 花粉かな。

というわけで絶好の撮影日よりも自宅で! と言うことにしました。


それが前記事.....星以外の記事も超久しぶり.....道の駅も一年書いていないなあ。


画像処理に疲れてしまいました。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

予行演習 六日町スキーリゾートへ

 今日は六日町スキーリゾートへ行ってきました。
月末頃、孫のおもり役で行く予定のスキー場です。本当は初滑りに須原へ一人で行く予定でしたが、女房も行くと言い、須原のレンタルスキーの情報を確認していなかったので、孫が行ったことがありレンタルスキーがある六日町スキーリゾートに変更しました。

 所要時間は一時間一寸、五十歩百歩ですね。高速料金が高く付くけれど下道はもう走れません。

 女房用のスキーを借り、スキーを履きリフトに向かうべく歩きました。なかなか進めませんでしたが、ようやくリフトに乗りました。
Photo  
 結構な積雪量ですね。今朝はかなり冷え込んでレンタルショップ前の駐車場部分が凍っていて危うく転ぶ所でした。ブラックアイス状態でした。

 

初心者コースです。
Kenji
Takako
 斜面の凹凸が全く見えません。雪面が表現できるようにCS6でハイパスフィルターを掛けてみました。
Hpf
 いざ、初滑りへ......
Photo_2

 老眼鏡を掛けてゴーグルをするのは初めての体験でした。
スポーツ店で掛けた見たときには良さそうだったのですが、老眼鏡が曇りました。ゴーグルは曇らないのですが、これでは使い物になりませんでした。眼鏡だけで滑ると涙目になり、そうで無くても見えない雪面がさらに見づらくなりました。ゴーグルが安物だからでしょうか? 眼鏡対応だけを見て安物を買ってきました。あーあー!

 リフトを降りた所のゲレンデは、午前中はまだガリガリしていました。圧雪車の痕が堅い、雪が削れた下は氷も。
それでも何とか転げながらも降りてこられました。
Takako3
 私もこんなもんです。
危険な転び方はしませんでしたが、平らな所で転んでしまいます。体のバランスがとても悪いことを実感、さらに起き上がられずに片方のスキーを脱いで起き上がりました。腕力も脚力も予想以上に落ちていました。
まあ、十数年座ったままの仕事を続けての退職、何も運動をしていないので当たり前の事が起こっていたわけですが、それが東電みたいに想定外。

 最後の滑りで初心者の迂回コースで下まで降りました。この辺りまで来ると雪はザラメ、弱った脚には堪えます。

 上越六日町高原ホテルで昼食を摂りましたが、写真は取り忘れ。
Hotelhpf
 どこもかしこも空いていて楽なスキーでした。昔はリフト一時間待ちは当たり前、食事も戦争みたいでした。

 帰りに川口SAで珈琲を飲みました。
珈琲を飲むにも文字を読んだり、更に聴いたり...ようやく飲めました。
Coffe

 今回も又、老いを感じる一日でした。昨夜は月や星が時々見えていました。SP-DXの極軸望遠鏡の確認をするには十分だった(多分)のですが寒くてやりませんでした。秋から冬に向かって撮影を続けて居たときは平気な気温も3ヶ月も休むともう何にも出来なくなりました。



 は~るよこい、黄砂はくるな~あっ。





 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧