« ピンボケの原因分かりました。 | トップページ | eBayでSC-1091を買う »

2019年2月26日 (火)

ε-180EDの光軸確認

 ε-180ED、購入して何年経ったか? 十数年?
今度こそ終わりにしたい。

IC2177
 2/26 19:02~
ε-180ED CDS-600D QHY5LⅡ オフアキガイド PHD2 EM500 ISO800 120秒 11枚 SI8 CS6

Ic2177x11decs6

光軸確認なので対象は何でも良かったけれど、たったの20分で雲が広がり・・・荒れ荒れですが。

等倍画像
Photo_2
荒れているけれど星像はほぼ丸い・・・と思いたい!

いつも調整は日中にレーザー光線で合わせてからフラットを撮り、バランスをみては、夜に星像確認、調整・・・・・これを何十回も繰り返してきました。

補正レンズを外してレーザーで調整、取り付けると位置が若干狂う・・・・・補正レンズの光軸不良を長年疑ってきました。

今回、ふと気になったことが・・・写真を撮りませんでしたが・・・ドローチューブの端面が一部分黒いところがある・・・反射防止の塗料みたい・・・・・プラスチックの板で丁寧に落とし、補正レンズのフランジも丁寧に清掃し・・・・

レーザー光の戻りが、補正レンズ有り、無しで同じになりました。偶然かな?  補正レンズを付けたり外したり・・・繰り返しても同じになります。

兎に角、今までで一番良い星像になりました。

|

« ピンボケの原因分かりました。 | トップページ | eBayでSC-1091を買う »

機材」カテゴリの記事

コメント

恐るべしF2.8と言いつつも、わたし的には過去の星像でも十分に思っていました。
ほんの少しの光軸ズレも許さないとは、さすがけんちゃ様だな~と改めて感じています。
これで晴れて実践投入ですね。
F2.8の超高速反射鏡。
鬼に金棒とは、このことかも。
作品、楽しみにしています。

投稿: ecl | 2019年2月27日 (水) 18時08分

eclさん、
 星像の歪み方と光軸の関係、周辺減光と光軸の関係など 知識があれば苦労しないで済んだのに・・・・・トライアンドエラーの繰り返しでした。

 試写はiso800で180秒では真っ白になりました。空の明るさと、鏡筒の明るさと相まって。暗い空の元、数対象の撮影が出来るかもしれません。早く晴れてくれー。

投稿: けんちゃ | 2019年2月27日 (水) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピンボケの原因分かりました。 | トップページ | eBayでSC-1091を買う »