« 田圃アート | トップページ | ステライメージ8の自動処理のまま »

2018年7月23日 (月)

私もポチっていました。

 年を取って手持ちの機材も使い切っていない上、物欲も減退しています。稼働率が上がらない中 CMOSカメラをポチりました。惑星撮影にはASI290が最適という情報にも・・・適性を知らないまま人と同じ物は・・・・と言うわけで ASI385MC です。いくらかでも対象導入が楽なのでは無いかとの思いも。
Asi385mc
ZWOのADCにレベル付きリング付きが販売されて、後付けで購入しました。
Adc1
Adc2
操作性がよさそう・・・でもプリズムを回せばそこそこ合ってしまうので必要なかったかも。ましてやニュートン反射では尚更。

なかなか良いシーイングに巡り会えませんでしたが、私の今までで最良のシーイングに巡り会いました。それでもピントがよく分からなくて。

木星の撮影にはもう遅いですね、7月19日まだ明るい内からの撮影です。観望台のスライディングルーフに懸かってしまい西の空が撮れないんです。

木星 2018/07/19 19:09 ss15ms 66fps  gain270 15bit ser SharpCap3.1 Autostakkert!3 Registax6

19_07_21_l4_ap142_convregcraw
19_16_50_l4_ap148_convregcs6crawMT200 Tele Vue 5× Powermate ZWOASI385MC ADC
土星 2018/07/21 23:22 ss16ms 66fps 8bit ser gain400 
23_20_01_l4_ap124_convregcraw
火星 2018/07/21 23:41 6ms 148fps gain289 15bit ser
23_39_39_l4_ap113_convregcraw

16bitで撮っているつもりだったのですが15bitと記録されているファイルが多くあります。何故なんでしょう。ファイルサイズが大きくCapture速度も落ちますが8bitよりも16bitの方が良かった気がします。全く根拠はありませんし知りませんが。



Autostakkert!3 でコンポジットしていますが、スタック枚数は何処で分かるのでしょうか? 

|

« 田圃アート | トップページ | ステライメージ8の自動処理のまま »

天体撮影」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

1日見ない間に怒濤のアップでびっくりしました。
すごい!20cmでもこれだけ写るのですね。私も20cmなのにずいぶん違います。
19日はあまりシーイング良さそうに思わなかったのですが、そちらは良かったのですね。私の所は隣の屋根越しなので陽炎が上っているのかもしれません。
Facebookも時々拝見させていました。ブログの更新も楽しみにしています。

投稿: まるひ | 2018年7月24日 (火) 15時43分

まるひさん
 毎日何かしらの更新をできれば良いのですが、体調に気がかりなことがありできませんでした。少しすっきりとしたので貯めておいた写真をUPした次第です。私たちのMLには文字はほとんど書かずに写真だけUPしています。

 記事に書いたように初めて見たシーイングでした。私の周辺も瓦屋根続き、私のスライディングルーフもかなり陽炎の発生源になっています。
同時に比較していないので確認できませんがMT200の中心像はやはり良いですね。セレストロンのSC 9.25を拝借しているのですがまだここまで解像していません。とにかくシーイング第一ですね。

facebookも又、なかなか投稿できないですね。どうも文章を書くことが苦手で。

これからもよろしくお願いします。

投稿: けんちゃ | 2018年7月24日 (火) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 田圃アート | トップページ | ステライメージ8の自動処理のまま »