« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の記事

2017年12月26日 (火)

続 諦めたはずのFMVパソコン

 天体写真も撮られず、過去の写真も再処理する気も起きずに・・・・

FMV LIFEBook WA2/Sを突っついていました。

結論:メーカー修理に出すことにしました。

素人が弄ったこと
 最初はHDDが壊れてと思ってシステムの復旧やHDDの交換を繰り返していました。
熱暴走もあり得るのでCPUのクーラーを外してみたら熱伝導グリスがカラカラに乾いたパテのようになっていたので新しいグリスを塗ってから起動してみました。最初は内蔵電池で。
Cpu
 
 扇風機なしでも落ちなくなりました。・・・・直った!?
天体撮影用のアプリ、フォトショップなどをインストールしたり・・・・
ACアダプタで駆動しても電源が落ちません・・・・・10時間ほど連続で操作したり、ブラウザやメールを開いてそのままにしておきました。

 マウスクリックのタイミングで落ちるのでSSHDをSSDに交換しました。
Crucialssdweb
いやー、快適快適! 10秒ほどで立ち上がります。このパソコンの代替の為に購入したhpパソコン、これもSSDでとても速い。

 念のために・・・システムファイルの復旧確認しました。
DOSコマンドで DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
SFC  /scannow
 等を実行し・・・・・やれやれ良かったと席を離れている間に落ちていました。

 バッテリーで再起動すると初めて見た画面が表示されました。
Windows
SFCをやった後なのに。




 電源が落ちる・・・webで検索すると
電源の平滑用インダクターが壊れているらしい・・・・どれがインダクターか分からない?・・・・・・これかな?
Photo
チップコンデンサがショートすると大電流が流れるらしい・・・が指で触っても熱くない・・・インダクターと思われる素子に触ると火傷を負いそうなくらいに熱い。

 後、プロードライザが壊れると電源が落ちるらしいが、それらしい素子にはたどり着けませんでした。CPUの裏側にありそうなのですが、基板の裏側にアクセスすることが怖いです。フィルムケーブルのコネクタの外し方を知らないので。    webからプロードライザの写真を拝借
Photo_2



なんやかんやと弄っているうちに電源が落ちる時間が短くなってきたのでフォトショップのライセンスを解除してから更に弄くり続けました。

 落下させたことがきっかけでバッテリーを外したら起動した経験から、バッテリー端子が悪いかも? ・・・・ 色眼鏡で見ているので基板側の端子が少し曲がっている?  バッテリーの端子もちょっと幅が広い? 装着したままバッテリーを揺するとLEDが点滅・・・怪しい? 端子の曲がり? を直して起動したら・・・また半日動いていました。・・・バッテリー駆動で。


しばらくは・・・・・・


でも、ACアダプタをつないだ瞬間に電源が落ちてしまいました。

それ以来、バッテリーでも立ち上がらなくなりました。どうやら完全に逝ってしまったようです。



素人にはもうお手上げです。 

富士通株式会社 ネットで故障診断 を使いました。

そうしたら、びっくり! 翌朝、電話がかかってきました。それはそれは丁寧な応対でした。

引き取り修理です。
Photo_4
 ついでに、ヒンジが堅くて割れた表蓋の交換も依頼しました。自分では忘れていたのか? 保証がまだあるので「格安か無料」になりそうだとか?・・・・
Photo_5




遠回りしました。


無駄になった物
Cpu_2
Seagate1tb

HDDの交換で直ると思ったので・・・

HDDは壊れていませんでした。
Hdd


でも、良かったあー


| | コメント (8)

2017年12月15日 (金)

諦めた筈のFMVパソコン

 一度は諦めたFMVパソコン・・・メモリ16GB,

core i7 CPUでとても強力で使いやすかったFMV・・・メモリとHDD、電池を外して廃棄場所へ一度は置いた・・・・・・・・



 私は撮影にパソコンは必須、それで撮影に限定して少し仕様の低い安価なパソコンを選びました。hpのパビリオン Core(TM)i5-8250U 低電圧仕様、8GBRAM、起動ディスクにSSD、ノングレア液晶・・・・・低電圧仕様でも4コアとなって能力アップ。
 起動はとても速く、撮影処理もストレス無く出来ました。だがディスプレイのコントラストがとても悪い、白内障が進んできた私にはとても見辛いものでした。撮影仲間に見て貰うと「良く見えるよ!」だって。 んーん。光沢フィルムを貼って少しは良く見えるようになったけれど。
Hpsystem
Hp


 以前に購入したDellのXPS14、core(TM)i7-3537U i7だけれども2コア、処理が遅くて撮影用にはストレスが多すぎます。今回のCore(TM)i5-8250Uも一寸心配したけれど良かったあー。
 廃棄しようと思ったFMV-WA2S
壊したかと思ったSSHD、同じく壊れたかと思ったSSHD。
どちらも復活しました。
その為に「これdo台PRO Hi-SPEED」を購入しました。SSDが買えるほどの値段ですが。
Do

 以前のそれでクローンを作っていたら一度は成功したのですが、何やらエラーも見えるので一度全消去をやったら、以前のクローン作成機では認識しなくなりました。・・・諦めが悪い私は最新のクローン作成機に賭けました。
 SSHDも認識、チェックデスク、全消去も成功! クローン作成もとても速くなりました。二つのSSHD・・・・・
Photo_2




 そしてFMVパソコンですが電池で駆動していると落ちる間隔が長いので、それでシステムやドライバなどの更新をしました。現在Windows10 1709です。 電池で駆動していてもマウスクリックなど、イベントが発生すると電源が落ちます。何にもしなくても落ちることもあります。CPUがとても熱くなります。熱暴走のようにも見えるし、十分に冷えてから電源投入直後でも落ちることがあります。もう、マザーボードの交換しか無いのかな。

 交換してでも使いたい・・・・・

| | コメント (8)

PoleMaster NJP

天気が悪いので工作三昧です。

 NJPの設置にはポールマスターを使っています。とても便利ですがそれでも極軸設定には極軸望遠鏡でほぼ合わせています。
それで極軸望遠鏡の照明装置が必要ですがポールマスターと付け替えが必要で面倒くさいと思っていました。

 照明装置を装着したままポールマスターを取り付けられるように思いを巡らし作図、 O塚さんに図面を送って作成を依頼しました。翌朝一つのアイデアが浮かび、自身で加工できるかもと・・・・

 出来上がりました。
Njp
これで照明装置は付けたままでOKです。

 これは5年前に極軸設定アシストビデオカメラを取り付けるためにO塚さんに作って頂いたものでした。これを利用できれば旋盤加工のみで作成できます。

こんな風に出来上がりました。肉厚が薄くて心配しましたが全く問題はありませんでした。
Photo

 遠征撮影用車・・・クロスオーバー7
Crossover7
 撮影機材を降ろさずに赤道儀の出し入れ出来るようにし、バッテリーも充電のための積み降ろし しやすくするために手前のものをほとんど降ろさずに出来るように改造しました。

 

 撮影地の積雪は80cm位有りそう・・・晴れないかなあ!
でも、ちょっと腰痛が・・・こんな工作するのも辛くなってきました。

| | コメント (2)

2017年12月 2日 (土)

初入選

 やっと天文ガイドに入選することができました。それも最優秀賞をいただきました。
Web
この時の作品でした。
Photo
 天文ガイドへの応募は3回目 多分。初入選/最優秀のおまけがつきました。

 IC342はかなりいけているなあ! と思っていましたが、応募から時間が経っていました。ダメかな? と思い始めたころに電話が・・・03-・・・もしかして?

応募用紙に記載したメールアドレスを間違えていました。


IC342ケーキ
Ic342_2
 日食観測で高名なeclさんから頂きました。
日食ケーキに続いてふたつ目のケーキ、eclさんの友人のパティシエ特製ケーキです。次は何ケーキかな? 誰の?
 じつは天文ガイドから電話をいただいてから、雑誌に載るまで秘密にしておけずに撮影仲間たちから先行でお祝いをして頂いておりました。

 みなさん、どうもありがとうございました。






| | コメント (26)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »