« 胎内星祭り と 26日の撮影画像 | トップページ | ケーブル不良ではなかった »

2017年7月31日 (月)

26日撮影のM57,M27

漸く画像処理をしました。何時まで経っても定型的な処理が出来ずに試行錯誤の連続です。

M57
2017/07/26  22:56~
Astrosib250RC/F8.0 CDS-600D(kissX5) -2℃ ISO3200 360秒 合計2時間露出  NJP Lodestar オフアキ PHD2 SI7 フラット、ダーク処理 20枚 加算平均コンポジット camera raw CS6
M57x202nddecs6
ピクセル等倍トリミング
M57x202nddecs6trim
デジカメでM57周辺を表現するにはどうすれば? Hαフィルターしか持っていないけれど。

かなり以前から撮影直後の画像確認の為にホワイトバランスをマニュアルにして撮影してきましたが、なんとなく赤の写りが悪い、最近のM31など全くHαを表現出来ませんでした。それでM57のホワイトバランスを カメラのデフォルトと白紙でバランスをとったマニュアルで撮って比べて見ましたが、その違いを見つけられませんでした。

ホワイトバランス 太陽
M57sun
ホワイトバランス マニュアル
M57smanu
どちらもcamera rawで開いたままです。

M27
2017/07/26  25:40~
Astrosib250RC/F8.0 CDS-600D(kissX5) -6℃ ISO3200 480秒 合計1時間4分露出  NJP Lodestar オフアキ PHD2 SI7 フラット、ダーク処理 8枚 加算平均コンポジット camera raw CS6
M27x820decrawnik
camera raw で現像した一枚画像よりも星が大きくなってしまいます。どうしても強調が強くなりがちで・・・・・ それでも周辺の淡い部分は描出出来ませんでした。暗部のレベルを上げるとなんとなく見える気がするのですが・・・・表現出来ません。

撮影風景 CANON G9XMK2
Photo
G9X-MK2 のぐるぐるモード全自動で一時間。 露出+3補正
Guruguruimg_1008
美しくはないけれど とっても手軽に撮れて便利です。


当夜のシンチレーションはとても良い状態でした。今までに見たことも無いガイド状況でした。




 



|

« 胎内星祭り と 26日の撮影画像 | トップページ | ケーブル不良ではなかった »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

どちらも素晴らしい解像度ですね!ビビットな色も素敵です。
特にあの小さなM57の内部の模様が描写されているのには驚きました。
流石の画像に脱帽です。

投稿: ちーすけ | 2017年8月 1日 (火) 07時30分

M57もM27も解像度が凄いですね。25cmでこれほどの解像出来るとは、さすがです。
それにM57の周辺部分はもやもやの存在が分かります。デジタル一眼でしっかり撮れば写るんですね。これでも十分凄い作品だと思います。

もしHαフィルターを使うなら、露出を思い切って長めにしてやると、中心部分は露出オーバーになりますが、周辺がもっとよく写りそうですね。問題はどうやって合成するかですけど・・・

投稿: tantan | 2017年8月 1日 (火) 08時31分

すっ、すごいです!
M57のガスの微細構造がこんなに美しいとは。
私の勉強不足かもしれませんが、脇に銀河IC1296があることを初めて知りました。
その中間にも、何やら銀河らしき星雲が存在していますね。
ステラナビには載っていない星雲が。
とても素晴らしい、そして羨ましい作品です。
M27ももう少し枚数を稼げていたら、とんでもない画像になっていたかもしれません。

投稿: ecl | 2017年8月 1日 (火) 13時15分

ちーすけさん
 かなりビビットな仕上がりになりましたね。こんなつもりではなかったのですが。ステライメージで現像すると色が薄いと言うことが頭にすり込まれていて、sss Lab マトリックスとあるったけの色彩強調をしました。カラマネモニターで視ていると元々濃く見えていて、ノートパソコンで視ると丁度良い・・・・・てな事でついつい濃くしてしまいました。
 それとディザーガイドの結果なのか? ベイヤー配列のRGBドットが少ない様で、その出方を見ながらレベルを詰めているので尚更ビビットに成っていったのだと思います。

 同じ日にTOA150で撮ればもっと解像していたでしょう。

投稿: けんちゃ | 2017年8月 1日 (火) 16時40分

tantanさん
 当夜はとてもシンチレーションが良かった結果でしょう。ガイドも旨くいっていました。薄雲でPHDが止まりますが暴走することなくとても具合がいいです。

>M57の周辺部分はもやもやの存在が分かります
そうですね、分かります。Hαで撮って貼り絵でもしようかな。

投稿: けんちゃ | 2017年8月 1日 (火) 16時47分

eclさん
 ガスの微細構造ですか・・・とにかく気流が良かった。
それと私でもソフトでコントラストを上げることが出来るように成ったことも大きいです。camera rawとNIKのどちらか一方、又は両方を使って階調の一部分を詰めています(多分)。

 IC1296 Thesky6には載っていました。私は認識していませんでしたがトリミングしてみて気が付きました。

投稿: けんちゃ | 2017年8月 1日 (火) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胎内星祭り と 26日の撮影画像 | トップページ | ケーブル不良ではなかった »