« εの星像 | トップページ | 漸くεらしい星像に近づいた »

2017年5月22日 (月)

今年初道院

 5月20日 積雪期の通行止めが解除された道院に撮影に行ってきました。
大平か?と 迷ったのですがeclさんが道院へ行かれると聞きここに決定しました。

 今日は早くに到着、誰も居ません。
Img_0276
鏡筒を最初に降ろして温度順応をさせています。
まもなく一台の車が私の傍に止まりました。同業の方かなと思い声を掛けましたが違いました。でも鳥撮影をしておられ望遠レンズなど持っているそうです。今回は山菜採りだそうですが天文にも興味がおありのようで一時間以上お話をしていました。

 極軸合わせなどの作業を興味深げに見ていました。まだ明るくて北極星の導入に四苦八苦、なんとか導入後に極軸パターン上の北極星を見て中心に無いんだねと! 磁気偏角や歳差運動の話をしたりして帰って行かれました。

 今回は天候の心配も無く早い時間からセッティング出来るのでNJP-250RC、SPDX-FS60CB、Higlasi-カメラレンズの3式を展開する予定でした。NJPのセッティングを進めてバランス取りをする段になってガイドカメラが無いことに気がつきました。
Lodestar
こんな風に入れて置いたつもりだったのですが。(帰宅してから確認したら光軸確認中のεに挿さったままでした)

 仕方なくFS60CBで使う予定のQHY5L-Ⅱを使いましたが、NJP用パソコンにはドライバを入れてありませんでした。幸いドライバを入れたメモリーを持っていたのでなんとか使えましたがオフアキではとうとう使えなくてFS60CB用の200mmファインダーガイド鏡で親子亀方式で行くことにしました。

 薄明終了頃njpさんが到着され、そのあとともぞうさん、連れの会長さんがお見えになりました。今回初めてお目に掛かるともぞうさん、njpさんのお知り合いのkaiseさん、カップルで天の川観望&撮影...と大変賑やかな撮影会場になりました。

私とnjpさん CANON G9X_Mk2 星空モード
Img_0282nik
G9X 先回のファーストライトの時は液晶画面ではとても明るく見えたのでマイナス露出補正をして、結果暗すぎました。それなのでデフォルトで撮りましたがやっぱりまだ暗くて JPEG 画像ですがcamera rawで画像調整をしました。

SPDXは諦めてHiglasiでKissX5-SEO_SP4、Tokina ATX11-20 11mmf4.0 ISO800 プロソフトンA 4分6枚、固定で1枚
X6comp
初めて地上風景を合成しました。私のATX11-20は矢っ張り駄目ですね。


20mmでなんとか我慢が出来る星像か?
20mm f4 ISOO800 4分10枚...露出時間が長いと近景を入れて撮ることが出来ませんね、初めて認識しました。
Milkywayx10cs6

njpさんが薄明フラットを撮るとのことなので付き合いました。首尾はいかに?
Img_0290

それで今回のメインはM101です。
いままでまともに撮ったことが無かったのでこれ一点にして4時間露出しました。PM2.5の影響か、深夜まで透明度が悪かったです。数日前の透明度は何処へ行ったか...西に傾きかけた頃少しは回復したか。

M101
2017/05/20 21:17~ 30枚
NJP(MTS-3SDI+)、Astrosib250RC/F8、200mmガイド鏡 QHY5L-Ⅱ PHD2 ディザガイド、CDS-600D ISO3200 30枚、SI8 PSCS6

更に調整 
M101x31finalnik 欲張ったらノイジーになってしまいました。

ちょっと修正追加
M101x31de2mbsrrnikcraw_2
M101x31de2mbsrrnikcraw
200mmガイド鏡で2000mmをガイドする。今回は比較的シンチレーションが良かったような気がしましたが...木星を撮っておられた方が”悪い”と仰っていました。オフアキで撮ったらどんな星像になるか? 又、2000mmの星像はどのくらいになれば良いのか? 分かりませんが。 今回は4時間全くのお任せが出来ました。PHD2の優秀さか。

そんなわけでとてもゆとり有る撮影が出来ました。eclさん、ともぞうさん、会長さん、kaiseさん、njpさん...有り難うございました。




 

 

|

« εの星像 | トップページ | 漸くεらしい星像に近づいた »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

土曜の夜は有難うございました。
お陰様で楽しい撮影会となりました。
一番乗りだったのですね。
しかも駐車場には黒いミステリーサークルが有ったとは。
こういうところで一人撮影だと嫌ですが、今回は大人数だったので安心でした。

M101は良く写ってますね。
2000mmだと大迫力で羨ましいです。
広角とソフトフィルターだと、周辺の星像の歪が誇張されますね。
良いレンズないですか~?

投稿: ecl | 2017年5月23日 (火) 06時22分

素晴らしいM101ですね。
星像も非常にシャープだと思います。良い光学系にしっかりしたガイドのなせる技だと思います。私のVC200Lは何となくしまりが無くて嫌なんですよね。

投稿: tantan | 2017年5月23日 (火) 08時03分

う~ん
素晴らしい。恥ずかしくて私のは取り下げたくなります。
私もシンチレーションはあまりよくないと思いました。私の場合、ガイドミスもあるようですし、ピントがいまいちのせいもあるのかも。
なにより短露光過ぎますね。あれもこれもと欲張って1点集中狙いができない性分です。

投稿: まるひ | 2017年5月23日 (火) 10時12分

eclさん
 こちらこそ有り難うございました。新しく出会いもあり楽しい撮影会でした。サークルを作ったと思われる車が3台やってきましたが、部外者が居ると分かって直ぐに出て行きました。

 M101、こんなに淡いとは思っていませんでした。30枚4時間でも足りないな。
フィルターを入れると周辺が悪くなるんですね。私は最初はクリヤ仕様のカメラに内部にHeuibⅡを入れて撮ったとき、ピント位置も変わったし盛大に周辺像が流れたので、Ircutフィルターに換装したのですが、それだけでは無かったんですね。勉強になりました。
SatoさんがTokinaの14-20/F2.0が良さそうと言っておられましたね、一本どうです?

投稿: けんちゃ | 2017年5月23日 (火) 18時35分

tantanさん
 この鏡筒、kasaiで調整済みと言うことだったのですが段々見えてくるとおかしい事に気がつきました。ミラーの再メッキを機会に接眼部の改造、光軸調整をしました。ここまで10年掛かりましたよ。
 あと画像処理も少しずつ良くなってきたと思います。解像感は処理に寄るところが大きいです。私の場合SIのデジタル現像でエッジパラメータを調整し、画像復元を使います。その為には露出たっぷりでないと画像が荒れてしまい効果がでないようです。

投稿: けんちゃ | 2017年5月23日 (火) 18時44分

まるひさん
 同じ対象を撮っておられたんですね。M101がこんなに淡いとは思いませんでした。今回は3式展開するつもりが出来なかったし、もともと一晩一対象にしようと考えていました。お陰でパソコンとにらめっこはしないで済みました。
にらめっこの原因がガイドエラーの監視ですが、200mmと言うこともあってか安定していました。PHD2は焦点距離とチップサイズを計算して角度で表しているので関係が無いと思うのですが、なんとなく2000mmのグラフよりは揺れが小さいように思えてしまいますね。

投稿: けんちゃ | 2017年5月23日 (火) 18時51分

お久しぶりです。
ATX11-20をいつかは買おうを思っていたので、ちょっとショックです。そこで、教えて頂きたいのですが、カメラにFFフィルターは付けていますか?
また、ソフトフィルターを付けなくても周辺像が流れるのでしょうか?

投稿: もっちゃん | 2017年5月30日 (火) 22時58分

もっちゃんさん
 こちらこそご無沙汰しております。

ATX11-20について私はまだ判断が付いていません、ソフトフィルターを付けていたためなのか。フィルター無しではまだ撮っていません。
以前はクリヤフィルター仕様のためFFを入れて使っていました。レンズを繰り出さないとピントが合わず周辺が流れました。それでFF無しで使うためにフィルターをUV/IRcutフィルターに換装したのですが...まるひさんのATX11-20は優秀のようですよ!

投稿: けんちゃ | 2017年5月31日 (水) 00時25分

20日は、お初でした。
私が見たい、パソコンで望遠鏡やカメラを遠隔操作して写真を撮る。
これを見させてもらいました。ありがとうございました。

PHD2もステラショットもpcには入れてあるんだけど、一回もテストしたことないんですよ。
今度、道院に行くときは、撮るのがメインじゃなくって、機器が正しく動作するかどうかの確認テストがメインかな。

投稿: ともぞう | 2017年8月 1日 (火) 23時21分

ともぞうさん
 コメントありがとうございます。

 そうですね、一通り機材の組み立て、撮影が出来たら、その当たりの確認も必要ですね。空が良いとどうしても撮影したくなります。もっとも、ともぞうさんの機材でのガイド無し画像を拝見すると流れてないようにも見えます。ガイド無しを極めることも有りかと思いますが。

 私は何時まで経っても試行錯誤の連続です。今も一寸練習していました。霧が流れてきたのでお終い。

投稿: けんちゃ | 2017年8月 2日 (水) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« εの星像 | トップページ | 漸くεらしい星像に近づいた »