« 13日の木星 | トップページ | 足を延ばして星のふるさと館まで行ってきました。 »

2017年4月26日 (水)

星像が俵ぐみのようになってしまいました。

FS-60CBの画像を追加


 4月23日はとても良い空になりました。「今日は撮影に出かけるぞ」と、朝から準備に勤しみました。

 19時頃に撮影地に到着、njpさんはもう赤道儀の設置を終えようとしていました。薄明終了が20時頃だったのでこの時刻で良いかなと思っていたのですが、毎日が日曜日の私はもっと早いほうが良かったかなと ちょっぴり反省。久しぶりの撮影で設置の手順を忘れてしまい極軸設定が終わった頃はすっかり暗くなっていました。

 湿度は比較的低く透明度は抜群に良い空でした。狙った対象はアンテナ銀河、時期的にはもう少し早いほうが良かったですが...撮影の中盤からは光害の中へ。それと2月の撮影時に、盛大な脱調をしたのでギヤを弄った所為かガイドが安定しませんでした。±4秒、こんな大きいことは初めてでした。シンチレーションも安定していませんでしたが...

 この対象の撮影も終わろうとしていた頃にeclさん登場...筒先にヘッドライトが...それでもほとんど影響がありませんでした。それ以上に私が前を横切っていた所為か背景の明るいコマが沢山有りました。眼には感じないような空気の流れがあったのかな? とにかくガイド星が暴れまくっていましたから。

NGC4039 アンテナ銀河
 2017/04/23 20:42~
Astrosib250RC/F8 OAG9 Lodestar PHD2ディザガイド NJP(MTS-3SDI+) CDS-600D iso3200 600秒20枚 SI8 CS6
Ngc4039x20dergbcrawnikcraw

 今回は張り切ってSP-DXも設置しました。こちらは動きが硬くガイドが旨くいきませんでした。Higlasiも用意したのですがガイドが旨くいかない赤道儀2台を見ているだけで精一杯、素晴らしい天の川とさそり座を見ながらも 設置する元気がありませんでした。老化による意欲減退と言うところか!

 朝、撤収を終えて帰路。守門岳と金星と月...とても美しい光景でした。でも車を止めて撮影する元気がありませんでした。
とても眠い。我慢がならず人面峠で30分仮眠、帰宅してからは13時頃まで眠ってしまいました。仮眠するときにリクラインイング...ミシミシ...更にリクライニング...グシャ...起きてみたらフードが潰れていました。音に気がついているのにフードを置いたことに気が回らない...これもきっと老化か。

 njpさん、eclさん、いつも有り難うございます。楽しい時間を過ごさせて頂きました。


 追加画像
2017/04/23 27:11~
FS-60CB/RD SP-DX(MTS-3SDI+) 200mmガイド鏡 QHY5L-ⅡPHD2
Kiss-X5 SEO-SP4 ISO800 300秒8枚 Camera Rawで現像、SI8でコンポジット、ダークフラット処理無し
M8m2011crawbokasi
 ここで大失敗をしました。撮影にはbackyardEOSを使っていますが、今回利用したパソコンの設定を間違えてEXIFを書き込んでしまい、SIで開けなくなりました。それでCamera Rawで現像してからSIでコンポジットしました。
 帰宅してからダーク、フラット、ダークフラットを撮影しましたが徒労に終わりました。でも、そのお陰でカラーバランスが良く出来ました。この程度の写真ではグラデーションマスクで周辺減光を補正する程度でもまあまあ、見られるかと! 手前味噌か。

SP-DXでのガイドグラフもかなり暴れていましたが心配したほどの悪影響は出なかったようです。6~8枚目はもう薄明が始まって背景が青くなりましたがそれらもまあまあか!

|

« 13日の木星 | トップページ | 足を延ばして星のふるさと館まで行ってきました。 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

けんちゃさん、見事なアンテナですね。私もこの銀河撮って見たいのですが、なかなかチャンスがありません。
新潟にしては珍しく晴れが続きましたが、日曜の夜が最高だったみたいですね。月曜の夜は霧が出てしまったのと、明け方には薄雲がかかっていたようです。

投稿: tantan | 2017年4月26日 (水) 12時15分

tantanさん
 透明度の良さに助けられました。前半の撮影コマはコントラストが良かったです。後半は光害の中、それでも滑らかさを狙って全部コンポジットしました。HiroponさんのブログでISO800がノイズ的に良さそうとあり、実践してみたいのですが暗い鏡筒では無理ですね、どうしても撮影直後の画像に何か写っていることを求めてしまいます。

 毎日が日曜日でないと日曜日に撮影は無理ですよね! でもだんだんと意欲が減退してきていることが悩みです。自宅ではこうは写りません、古屋君の環境が羨ましく思います。

投稿: けんちゃ | 2017年4月26日 (水) 13時09分

アンテナが良く写っていますね。
やはり2000mmとは凄い迫力。
羨ましいです。
望遠鏡の前を車で横切って申し訳ありませんでした。
車を止めて、ふと見ると、筒先が自分に向いているではないですか。
大変失礼しました。

NJPにSP-DXを同時に操るけんちゃ様。
しかも両方パソコンによるオートガイド。
意欲減退なんてとんでもないです。
2台体制は凄すぎます。
私もサブに小型赤道儀を設置したいのですが、未だに実施できていません。
爪の垢を下さい!
煎じて飲みます。

投稿: ecl | 2017年4月26日 (水) 19時09分

アンテナ銀河、アンテナがとても濃くてすごい写り方ですね!
当日は透明度がとても良かったそうですが、これでシンチレーションも良かったら最高でしたね。次の撮影がまた楽しみでらっしゃると思います。作品拝見するのを楽しみにしておりま~す。

投稿: ちーすけ | 2017年4月26日 (水) 20時36分

eclさん
 ヘッドライト、全く影響は無かったですよ! むしろキャップライトが。光源の地上高の関係でしょう、それと自作フードの優秀さ...自画自賛!!!

 本当は3台展開したかった。残念!
NJPのガイドは本当に醜い物でした。その割にSP-DXが検討していました。

投稿: けんちゃ | 2017年4月26日 (水) 21時06分

ちーすけさん
 良い空でしたよ、いらっしゃれば良かったのに。な訳にはいきませんよね。仕事大事ですから。

 何時まで経っても機材を弄くり回して居て撮影に専念できません。困った物だ。

投稿: けんちゃ | 2017年4月26日 (水) 21時09分

けんちゃさん、干潟星雲と三裂星雲良い感じですね。
私もカメラレンズで撮影してからモザイク計画を立てればよかったです。

最初のボタンの掛け違えではないですが、あの傾いた干潟星雲からスタートしても良い結果にはなりそうもないので、もう一度撮りなおそうと思います。

投稿: tantan | 2017年4月27日 (木) 08時00分

この対象を撮影する前に3時間も青い馬の首を取撮っていました。それは強調が必須でダーク、フラット処理無しではどうにもなりませんでした。
 これは薄明直前から撮り始めて数が足りませんが明るい対象なので思っていたよりも綺麗に仕上がりました。

 モザイクは以前やったことがありますが私には難しくて短焦点のカメラレンズを購入しました。ズームだったので星像が思わしくなく、やむなくFS-60CBを追加した次第です。やはり星には望遠鏡ですね。よっちゃんの「EOS 5DsとSigma 85mm F1.4 ART」は凄いですね、モザイクいらず...雲の上の物ですがね。

投稿: けんちゃ | 2017年4月27日 (木) 09時10分

さすがに25cm、素晴らしい写りです。アンテナ銀河は子供の頃から天体写真集で見ていましたが、アマチュアで写せるとはとうてい思ってもいませんでした。なのでまだカメラを向けたことはありません。私もせっかく20cm買っちゃったのでぜひこの特異な姿を捉えてみたいです。参考にさせていただきます。

投稿: まるひ | 2017年4月27日 (木) 10時28分

まるひさん
 是非、狙ってください。まるひさんの撮影地なら南西方面が暗いので良く写ると思います。

 私は二度目、最初は自宅からでBLOGタイトルの写真です。雲泥の差でしたね。透明度が良かったので星雲は良く表現出来たと思いますが、星像が残念な結果で...なかなか納得の一枚に出来ません。とほほ!

投稿: けんちゃ | 2017年4月27日 (木) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13日の木星 | トップページ | 足を延ばして星のふるさと館まで行ってきました。 »