« タイ米シリーズ(光軸不良画像)の再処理 | トップページ | 今年も鑑賞してきました »

2017年2月 5日 (日)

今年初の星空遠征

2月6日
処理画像追加

2月7日
もう一度マスクを追加して



2月4日、GPVが良さそうな予報。夕方から良く晴れてきて久しぶりに遠征気分が高まり準備を進めていました。浅葱のMLからも遠征予定が流れてきます。
 月没は日付が変わってからですが透明度の良い星空でした。
月明かりがある間にεとRCの光軸調整を目的に初めて2本の鏡筒を持って出かけました。

 遠征撮影用のDELL1520が壊れて、別のPCをもって出かけました。以前にNJPの撮影に使っていたので何も心配せずに。ところがFTDIのUARTドライバが無い! と怒られました。普段ドライバはパソコンの別フォルダに保存したり、USBメモリで持ち歩いていたのですが今日は持っていかなかった上、画像処理用のPCを急遽代替PCに使ったので保存はしていませんでした。幸い、古くてセレロンCPUで遅いPCでしたが持って行ったのでなんとか撮影は出来ました。この時こそちーすけさんのパソコンレスシステムの良さを実感しました(その時だけ!) 撮影が順調に始まると影画像をリアルタイムで視たい願望が......ちーすけさん、お願い。

 ドライバの不具合はWindows10のアップデートで度々経験していました。ほかの数台のPCは皆確認していたのですが、画像処理用で普段使いのこのパソコンだけは未確認でした。
 いつもなら4GLTEルータも持参するのですが。ネットに繋がれば直ぐに直せるのに。帰宅後一番に修正しました。

 

今回は沢山の忘れ物をしました。バーチモフマスク、ファインダーも忘れて基準星の導入に四苦八苦...ちーすけさんに入れて貰いました。有り難うございました。

 今年は雪が少ないです。njpさんと私のCrossover7、ちーすけさんとeclさんはこの後合流。Photo

εの光軸調整は断念しました。赤道儀のバランス重視のために接眼部を下向きに固定しているためアイピースで覗けませんでした。なので星像はペケ。
月明かりの中のM42  ε180ED CDS600D(無冷却) iso1600 120秒一枚、10秒一枚 ダークフラット処理無し cameraraw CS6で合成M42_light_120s_1600iso_3c_000277
250RCの光軸調整はほぼ旨くいきました。ただレデューサーを入れたままなだったので外したときはどんなか? 少し疑問が残ります。

NGC4565
 Astrosib250RC+FC-35RD オフアキPHDガイド NJP CDS600D(無冷却) iso1600 600秒 一枚 ダークフラット処理無し cameraraw cs6 NikNgc4565_light_600s_1600iso_5c_00015
これは初めて撮りました。比較的風強かった割には良く撮れたと思います。時々薄雲が流れてくる中、延々撮り続けました。



2月6日
コンポジット処理画像の追加
Ngc4565222ndrgbmbsrrcs6nikcraw2
2月7日
もう一度マスク追加
 ダークコントラストを追加しました。Ngc4565222ndrgbmbsrrcs6nikcraw3dark
2月4日 24:18~
NJP(MTS-3SDI+) Astrosib250RC+FC-35RD(FL1320mm) Lodestar OAG9 PHD2 ディザーガイド CDS-600D(無冷却) iso1600 600秒×22枚 SI7 ダーク・フラット処理 コンポジット マルチバンドシャープ 画像復元 CS6 Nik

一寸コントラストを付け過ぎ感がしますが、弄っているとどうしても付けちゃいます。Nikで星像を大きくしないでコントラストアップするにはどうすれば良いか?Nikにもマスクがあれば良いのに。

光軸調整の効果はありました。ただFC-35RDの所為で色収差が出てしまいます。ミラーの再メッキで明るくなったのでF8で撮り直したい。

 当夜は風が強かったですがとても透明度の良い空でした。しかし長続きせずに時々薄雲が通過し、PHDがロストスターアラームを出しまくり、そんな画像も全てコンポジットしました。22

コンポジットはSI7の自動で行いました。SI8で速度、精度がどのくらいになるか気になります。もう注文しました。
 

|

« タイ米シリーズ(光軸不良画像)の再処理 | トップページ | 今年も鑑賞してきました »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰いたしております。
遠征行かれたんですね。よかったです。
色々と大変だったようですが、久々に撮影を楽しめたのではないでしょうか。
ちゃんとお土産も持参できたようですし、何よりです。
見習えないんだけど見習いたいなぁ・・・。
私も次こそは!

投稿: ryojin | 2017年2月 5日 (日) 19時51分

昨夜はお世話になりました。
RC250、流石の写りですね!仕上がりが楽しみです。
けんちゃさんはPCの不調で苦労なさってられましたが、わたしはPCレスのためか、人為的ミスでまたまた最高の時間帯を無駄視してしまいました~・・・・・orz。
お下がりでも何でもいいので、ノートパソコンを何とか用意しようと画策中です。良いモニターよりもまずはこれが第一目標に成りそう・・・。
楽しい撮影遠征、ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

投稿: ちーすけ | 2017年2月 5日 (日) 20時31分

ryojinさん
 コメント有り難うございます。
ryojinさんもお子様と撮影&スキー行と活躍されていらっしゃいますね、お子様と一緒...とても羨ましく思います。

 本当に久しぶりの星空で心の鬱憤が晴れた思いです。それにRCもほぼ満足できるところまで仕上がったかな、それも気分の良さに繋がったかと。今日一日、眠気も来ませんでした。明日は?

投稿: けんちゃ | 2017年2月 5日 (日) 23時10分

ちーすけさん
 こちらこそ楽しい時間を有り難うございました。冬眠から覚めた気分で爽快です。

 PCもピンキリですが撮影画像のモニタだけに限るならかなり安価なものでも良いかと! でも欲が出てしまうんですよね...まあ、迷ってください。それも楽しみですから。

投稿: けんちゃ | 2017年2月 5日 (日) 23時14分

撮影に出撃されたのですね。羨ましいです。
腰の具合も良くなられたのでしょうか?

1枚でこれだけのクオリティーがあると仕上がりが楽しみですね。私もnik collectionはインストールしたのですが、まだ殆ど使っていません。撮影できなければ試しようもないので、曇天を仰いでため息をつく日々です・・・

投稿: tantan | 2017年2月 6日 (月) 18時10分

tantanさん
 やっと撮影に出られました。腰痛は1月13日以来でしたが漸く車の運転が出来るまでに回復しました。撮影中は一晩ほとんど立ちっぱなしで一寸きましたが帰路1時間、大丈夫でした。

 22枚コンポジットし処理をしました。一寸コントラストの付けすぎ感がありますがNikで弄るといつの間にか過ぎてしまいます。

 満点の星空は何にもまして良い薬になります。

投稿: けんちゃ | 2017年2月 6日 (月) 20時24分

4日の夜は楽しい時間を有難うございました。
夜半過ぎまで月があり、更に明け方には雲の襲来と、撮影時間は短かったですが透明度の良い夜でしたね。
NGC4565はコンポジット画像となって、とても素晴らしい写りです。
エッジオン銀河の素晴らしさ、暗黒星雲の入り方など、息を飲む美しさです。
それに何気に、左側のエッジの少し下にある銀河の腕まで見えているとは、とてつもなく高い解像度です。
是非、Send to・・・ですね。

投稿: ecl | 2017年2月 6日 (月) 20時32分

eclさん
 こちらこそ有り難うございました。コーヒーを頂き眠気も飛ばせました。雲を飛ばせる飲み物があれば良いのに!

 NGC4565 初めて撮りましたがまあまあの出来ですね。解像度はTOA150にはかないません。
 
 赤道儀が脱調しまくりでしたがガイドは低速なのでトルクがあり追尾には影響有りませんでした。でも今日、NJPのギヤ調整をしました。少し遊びを付けました。そして導入速度をRA×200→250、DEC230→300に上げ、脱調しないことを確認しました。まあ、気温が少し高いですが。

 Send to ~ SI8で再処理、DSSでのコンポジットなど、試してからですね。

投稿: けんちゃ | 2017年2月 6日 (月) 20時48分

NGC4565、22枚のコンポジットと一流の画像処理により素晴らしい出来栄えですね!暗黒帯の模様がこんなにくっきりはっきり出ている画像は見かけないですよ。凄い解像度とコントラストです。流石、良く調整されたRC250はとてつもなく強力ですね。いくらなんでもTOA程度では敵いません~。ボクシングで言ったら階級が2つか3ッつ違います・・・。
これは間違いなくsend to~でしょうね。浅葱の集合写真がお要りようでしたら、いつでもお呼び付けくださいませ。馳せ参じます~。

投稿: ちーすけ | 2017年2月 6日 (月) 22時25分

22枚コンポジット処理をしたら腰が強くなりましたね。処理のし甲斐があります。これも全部ノートパソコンで仕上げています。

解像度はTOA150には勝てません。かなりのシャープの繰り返しをしましたからね。同じ事をTOAでやったら銀河の裏まで見えるかも!

to~ してみましょうかねー。

投稿: けんちゃ | 2017年2月 6日 (月) 22時49分

冬の貴重な晴天にをものにされ、よかったですね。
しかし真冬にしてはバッチリの撮影地ですね。以前私が魚沼をさまよってたどり着いたキャンプ場のようですが。
憧れのNGC4565、素晴らしく解像感ありますね。
私も早く春物銀河を撮りたいです。さっきオフアキをポチしてしまいました。次の新月期に使えるといいのですが。

投稿: まるひ | 2017年2月 7日 (火) 00時35分

まるひさん
 除雪されていることに気が付きました。生活道路沿いなので晴れれば撮影出来ます。今回は管理棟の非常口案内の照明も消えていてとても良かったです。照明が付いていると雪原が緑に写ります。

 NGC4565 結構良くなりました。オフアキは良いですよnjpさんが使いこなしています。私はガイド鏡はもしもの為に200mmファインダーを使いますが、2000mmでも十分ガイドしてくれます。

 これで次の晴れ間が楽しみです。ああ、εがまだだった!

投稿: けんちゃ | 2017年2月 7日 (火) 01時06分

NGC4565 7日追加は右側のカブリも無くなって綺麗です。星像も良いですね、光軸調整が決まりましたね!。

俺もHD800F7も、調整するつもりが空が綺麗だと、つい撮影に移行してしまいました。

投稿: njp | 2017年2月 8日 (水) 00時18分

njpさん
 Nik Collectionを弄り始めたら止まらなくなりました。でもSI8が来たら又弄らなければならないので、いい加減止めようかと!

 星像が良いと気持ちがいいね、光軸調整が出来なかったεの画像を見てはため息をついています。

投稿: けんちゃ | 2017年2月 8日 (水) 00時39分

いやー、これは凄いですね。
銀河のエッジの解像度が素晴らしいです。それに周辺の遠い銀河の構造もしっかり見えていますね。

ぱっと見た感じ、海外の作品に見えるのはNikの画像処理が効いているのでしょうか。これなら冷却CCDいらないですね。

投稿: tantan | 2017年2月 8日 (水) 17時02分

tantanさん
 Nikの効果が大きいです。ステライメージだけではここまで出せませんでした。

 当日は雲の通過が有りガイドグラフ大きく変化していましたがPHD2は良く働いてくれた様です。一番は雲が無いときの透明度が抜群に良かったことですね。

 気象条件などで撮影回数が限られているので冷却CCDの選択肢はありません。デジカメ命 で行きます。

投稿: けんちゃ | 2017年2月 8日 (水) 19時35分

うお~、凄いですね~!
確かにネットで見かける洋風な雰囲気がありますね。濃い色合いがそう感じさせる要因でしょうか。
何にしても、素晴らしい画像に脱帽です~。

投稿: ちーすけ | 2017年2月 8日 (水) 20時19分

ちーすけさん
 その代わりに星像が破綻してしまいました。Nikでマスクを掛けられることが分かったのでSI8が届いたら又処理をしてみます。かなり”よっぱら”になりました。

投稿: けんちゃ | 2017年2月 8日 (水) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイ米シリーズ(光軸不良画像)の再処理 | トップページ | 今年も鑑賞してきました »