« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の記事

2017年2月 5日 (日)

今年初の星空遠征

2月6日
処理画像追加

2月7日
もう一度マスクを追加して



2月4日、GPVが良さそうな予報。夕方から良く晴れてきて久しぶりに遠征気分が高まり準備を進めていました。浅葱のMLからも遠征予定が流れてきます。
 月没は日付が変わってからですが透明度の良い星空でした。
月明かりがある間にεとRCの光軸調整を目的に初めて2本の鏡筒を持って出かけました。

 遠征撮影用のDELL1520が壊れて、別のPCをもって出かけました。以前にNJPの撮影に使っていたので何も心配せずに。ところがFTDIのUARTドライバが無い! と怒られました。普段ドライバはパソコンの別フォルダに保存したり、USBメモリで持ち歩いていたのですが今日は持っていかなかった上、画像処理用のPCを急遽代替PCに使ったので保存はしていませんでした。幸い、古くてセレロンCPUで遅いPCでしたが持って行ったのでなんとか撮影は出来ました。この時こそちーすけさんのパソコンレスシステムの良さを実感しました(その時だけ!) 撮影が順調に始まると影画像をリアルタイムで視たい願望が......ちーすけさん、お願い。

 ドライバの不具合はWindows10のアップデートで度々経験していました。ほかの数台のPCは皆確認していたのですが、画像処理用で普段使いのこのパソコンだけは未確認でした。
 いつもなら4GLTEルータも持参するのですが。ネットに繋がれば直ぐに直せるのに。帰宅後一番に修正しました。

 

今回は沢山の忘れ物をしました。バーチモフマスク、ファインダーも忘れて基準星の導入に四苦八苦...ちーすけさんに入れて貰いました。有り難うございました。

 今年は雪が少ないです。njpさんと私のCrossover7、ちーすけさんとeclさんはこの後合流。Photo

εの光軸調整は断念しました。赤道儀のバランス重視のために接眼部を下向きに固定しているためアイピースで覗けませんでした。なので星像はペケ。
月明かりの中のM42  ε180ED CDS600D(無冷却) iso1600 120秒一枚、10秒一枚 ダークフラット処理無し cameraraw CS6で合成M42_light_120s_1600iso_3c_000277
250RCの光軸調整はほぼ旨くいきました。ただレデューサーを入れたままなだったので外したときはどんなか? 少し疑問が残ります。

NGC4565
 Astrosib250RC+FC-35RD オフアキPHDガイド NJP CDS600D(無冷却) iso1600 600秒 一枚 ダークフラット処理無し cameraraw cs6 NikNgc4565_light_600s_1600iso_5c_00015
これは初めて撮りました。比較的風強かった割には良く撮れたと思います。時々薄雲が流れてくる中、延々撮り続けました。



2月6日
コンポジット処理画像の追加
Ngc4565222ndrgbmbsrrcs6nikcraw2
2月7日
もう一度マスク追加
 ダークコントラストを追加しました。Ngc4565222ndrgbmbsrrcs6nikcraw3dark
2月4日 24:18~
NJP(MTS-3SDI+) Astrosib250RC+FC-35RD(FL1320mm) Lodestar OAG9 PHD2 ディザーガイド CDS-600D(無冷却) iso1600 600秒×22枚 SI7 ダーク・フラット処理 コンポジット マルチバンドシャープ 画像復元 CS6 Nik

一寸コントラストを付け過ぎ感がしますが、弄っているとどうしても付けちゃいます。Nikで星像を大きくしないでコントラストアップするにはどうすれば良いか?Nikにもマスクがあれば良いのに。

光軸調整の効果はありました。ただFC-35RDの所為で色収差が出てしまいます。ミラーの再メッキで明るくなったのでF8で撮り直したい。

 当夜は風が強かったですがとても透明度の良い空でした。しかし長続きせずに時々薄雲が通過し、PHDがロストスターアラームを出しまくり、そんな画像も全てコンポジットしました。22

コンポジットはSI7の自動で行いました。SI8で速度、精度がどのくらいになるか気になります。もう注文しました。
 

| | コメント (18)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »