« 道の駅巡り 再開 | トップページ | CDS-600Dの復活を願い と 無冷却のNGC253 »

2016年9月16日 (金)

SLの街新津 訪ね旅

 今日は新津の街をほんの一寸だけ歩いてきました。Photo
指導者を含めて14名、ぶらぶらと歩くにはちょうど良い人数でした。

新津駅前Photo_2
綺麗に整備されていて、駅舎も立派です。

ボランティアの観光ガイドさんと2時間、結構疲れますね。Photo_3

石油について説明を聞きながら新津川を遡りました。Photo_4
至る所で石油が滲みだしています。かなり匂いが強いですが、近所の方はもう慣れっこになっているのでしょうか。当地でも工場周辺は油の匂いがします。

明治の時代、手術室だったそうです。当時は医療の先端を行っていたようです。こう言う建物は当地にもいくつかあります。Photo_5

堀出神社Photo_14
ここでは柘榴の木を見てきました。良寛さんとゆかりのある所とか。




新津の細い路地、マンホールの蓋の数がとても多いと言っておられました。Photo_6

鉄道の街らしいですね。Photo_7
0番線のホームはとても珍しいんだとか、東三条駅にもあるよと言ったら ”おや、知らなかった”

昔、Q太郎さんの写真を鑑賞に行ったところです。Photo_8

ここでボランティアの方とお別れして昼食でした。創業130年の老舗でした。
お約束の.....Photo_9
定食だそうですが とても美味しく頂けました。公民館の行事では珍しいのでは無いでしょうか。

午後からは参加者のひとり(指導員でもあるのかな)の説明で、新津運輸区 SL見学会でした。土曜日曜と運行する ばんえつ物語号の蒸気機関車C57180です。写真撮影はOK、webには載せないでくださいと。   なので写真はなし。   運転席に着座して写真を撮って戴きました。

ばんえつ物語号運行を開始するとその期間、常時釜番が居て 止めるまでは火を止めないのだそうです。とても暑かったです。

次に鉄道資料館、ここも初めてでした。Photo_10
雪よけの厚さにびっくり。鉄が沢山使われていてとても重い車両だとか。

2
C5719C5719
北越Photo_11

最後は花夢里で休憩して帰路へ。Photo_12

車窓からうろこ雲Photo_13
ガラス越しでAWBで撮りました。目で見ていたときはガラスの色による風景の着色には気が付きませんでしたが、ずいぶんと違うんですね。

CAMERARAWで小さく写る建物でクリックホワイトバランスAwb

普段何気なく歩いているところも、初めてのところも 説明を聞きながら歩くとより楽しいですね。以前、会津若松城を見学したときもボランティアの方が付いてくださいました。とても印象深く、記憶に残りました。


今回の参加者の半数以上は同年代の女性でした。鉄道を見てもねえ.....と仰られた方が数名   私にはとても貴重な見学でしたが。





|

« 道の駅巡り 再開 | トップページ | CDS-600Dの復活を願い と 無冷却のNGC253 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんなミニツアーがあるんですね。身近な街でも知らない事はいっぱいですから、面白そうです。こんどもまた、美味しそうな定食ですね。

新津、石油の匂い、と聞いて「新津温泉」と言う新津の中心市街地に忽然と佇む”秘湯”を思いだしました。けんちゃさんは行かれたことございますか?数年前に行ったんですが、強烈な油臭と共に40年前にタイムスリップしちゃいそうな日帰り温泉でした。

投稿: ちーすけ | 2016年9月17日 (土) 23時00分

ちーすけさん
 このような町歩きは沢山の町で行われているようです。それぞれの町で資格試験というか講習会を開いてボランティアを養成しているんですね。ボランティアの方には頭が下がります。

 ちーすけさんはなかなかの強者ですね、全ての分野で。新津温泉はベルシティ新津の駐車場から見えました。説明も聞きました。私は新津温泉を知りませんでしたし、関心がありません。

投稿: けんちゃ | 2016年9月18日 (日) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道の駅巡り 再開 | トップページ | CDS-600Dの復活を願い と 無冷却のNGC253 »