« 久しぶりの星空も | トップページ | 大平遠征第2弾 »

2016年9月 1日 (木)

遠征撮影してきました。

 8月31日水曜日、早朝から快晴の空が広がり天体撮影モード全開です。ここのところ寄る年波と暑さで夏枯れ寸前、何事にもモチベーションが上がりません。胎内星祭りも雨で湿気てしまいました。

 サンデー毎日の私は明るい内からいつもの撮影地へ、現役の仲間はそれぞれの時間で集合。5人で楽しく撮影出来ました。これで暫くは栄養補給した様なもの、画像処理がまっています。
でも今回もトラブル続出。CDS-600Dがまた、結露しました。ノートパソコン一台が途中でフリーズ、BackyardEOS3.1.7がとても遅くなります。3.1.7は今回初めて使うので何か?...仕方なく別のパソコンを立ち上げて対応しました。こちらも3.1.7 でも問題は発生しませんでした...こんなトラブルは初めてです...なんでだろう?

 極軸合わせにはPoleMasterを使っています。とても便利です。でも今回は架台の水平や方位の設置をおろそかにしたために極軸望遠鏡の視野に北極星を入れることにとても苦労しました。まあ、肉眼で見える様になってからなら苦にならないことが薄暮時間帯なので北極星が見えません。水平出しをしておけば いつもの撮影地なので難なく入れられたのに。

 PoleMasterで合わせたSP-DX、今回5分露出だったので赤緯側のガイドはしませんでした。赤緯側は応答が遅くハンチングしやすいので「ガイドしない」が幸せになれます。NJPは20分露出したのでガイドしました。

撮影地  何となく南、西、北、東方向


 

EOS8000D Tokina ATX-107 10mmF3.5 iso800 jepg 30秒 8フレーム 30fps PSCS6でレンダリング

撮影も編集も無手勝流!
もっと露出時間は短い方が良さそう、明るいレンズが必要

試写して背面液晶で確認すると十分な明るさ、持ち帰ってパソコンで見たら真っ暗、良くあることに又、嵌まりました。

YouTubeにアップしたら画像が暗すぎるとか...編集しますかと言うから Yes そうしたらとても画像が汚くなりました。何とか元に戻せたみたい。

NGC7293
2016/08/31 23:40~ 1200秒一枚
Astrosib250RC/F8.0 CDS-600D(無冷却) iso1600RAW LodeStar オフアキ PHD2 NJP(MTS-3SDI+) PoleMasterで極軸合わせ CMOS温度28℃ でノイズ出まくりNgc7293_light_1200s_1600iso_22c_0_2
これは8月11日、iso1600 600秒 9枚 BackyardEOSによればCMOS温度は-2℃Ngc7293x9avelvldemcrrcs6craw_2
NGC253
2016/08/31 27:44~ 1200秒一枚
Astrosib250RC/F8.0 CDS-600D(無冷却) iso1600RAW LodeStar オフアキ PHD2 NJP(MTS-3SDI+) PoleMasterで極軸合わせ CMOS温度25℃ でノイズ出まくりNgc253_light_1200s_1600iso_25c_00_2

 たった3℃の違いでもノイズレベルはかなり違う。

 ダーク、フラットの撮影に時間が掛かるので処理はかなり先になりそう、暫くは楽しめます。


IC1396
2016/08/31 23:49~
FS-60CD+RD kissX5 seo-sp4c HEUIB-Ⅱ SP-DX(MTS-3SDI+) ガイド鏡200mm QHY5L- ⅡM PHD2 iso1600RAW 600sec 一枚画像 PoleMasterで極軸合わせ 赤緯側のガイドは無し。Ic1396_light_300s_1600iso_33c_00029  ダーク、フラット処理もしていない素の画像、先の画像に比べて被りも無く周辺減光も目立たない。違うのはカメラ、先のはCDS-600D冷却.....うぅーん。


NGC1499
2016/08/31 26:48~
FS-60CD+RD kissX5 seo-sp4c HEUIB-Ⅱ SP-DX(MTS-3SDI+) ガイド鏡200mm QHY5L- ⅡM PHD2 iso1600RAW 600sec 一枚画像 PoleMasterで極軸合わせ 赤緯側のガイドは無し。Ngc1499_light_300s_1600iso_32c_0006

|

« 久しぶりの星空も | トップページ | 大平遠征第2弾 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

昨晩は、お世話になりました。おかげさまで、楽しい遠征でした。
タイムラスプ、遠征時の雰囲気が良く写っていて、イイもんですね。これを見ると、雲の流れは現場で思っていたのとは逆だったようです。参考になります。
わたしの方はまたガイドエラー発生で撃沈でしたが、けんちゃさんが撮られた、NGC7293の仕上がりが楽しみです。
また、よろしくお願いいたします。

投稿: ちーすけ | 2016年9月 1日 (木) 20時07分

ちーすけさん
 昨夜はご馳走様でした。いつもいつも有り難うございます。

 ちーすけさんのガイドエラーはいつも見えないほどで作品には影響を与えていないですねえ。私のカリフォルニア、35枚撮って13枚が全く使えませんでした。その後赤緯のガイドを止めたら全て良し。

 今回の7293は作品にならないかもね。

投稿: けんちゃ | 2016年9月 1日 (木) 22時52分

新月期に成果があってよかったですね。画像処理後が楽しみです。
私もこの秋は大口径メインでいこうかと思っていますが、この方面ではほぼ初心者なのでまともな写真が撮れるかどうか・・・
動画、いいですね。じわじわと黄道光が登ってくる様子が素晴らしいです。

投稿: まるひ | 2016年9月 2日 (金) 11時16分

まるひさん
 いやぁー本当に良かった、うれしいです。薬になりましたよ。腰痛もそこそこでNJPを使えました。   いーい薬です~ 。

 撮影機会が少ないので複数の鏡筒が使えません。イプシロンの出番が無いです。長焦点は機械いじりやパソコン使いなど、撮る楽しみが有って良いです。

 今回は冷却出来なかったのでダークファイルが無く、温度を合わせたダークを撮ることに苦労しています。いつになるやらね。

 動画の元画像のパラメータ、編集ソフトなど全く無手勝流です。これも練習有るのみですね。

投稿: けんちゃ | 2016年9月 2日 (金) 12時35分

先日は有難うございました。
お陰様で楽しい夜を過ごすことができました。

いろんなトラブルに見舞われても、それなりの画像を残されるあたりはさすがです。
SP-DXでも極軸を正確に合わせると赤緯軸ガイドをしなくても、こんな素晴らしい星像が撮れるんですね。
いつも勉強になります。
カリフォルニア星雲を撮っておられたのですか。
私は雲の襲来で直ぐに諦めてしまいました。
HEUIB-Ⅱの効果で星雲がクッキリ、星像もシャープで綺麗です。
処理後の画像が楽しみです。

投稿: ecl | 2016年9月 2日 (金) 18時38分

ご無沙汰いたしております。
遠征ですかぁ~・・・行けるだけでも羨ましいですねー。
トラブルもあったようですが、いろいろゲットしてきましたね。
7293も253もいいなー。撮りたいなー撮れるのはいつになるかなー。
行ける頃まで機材が壊れないことをひたすら祈る今日この頃です。

余談ですが、火星、土星が綺麗に見えますよねー。
この前RCでのぞきましたが、MT200にはやはりかなわないような気がします。
でも条件さえ良ければそこそこいけるかなーと。
その過程で気がついたのですが、うちのRC、副鏡のセンタリングマークがずれてるかも・・・。
今回結構自信あったのですが、ディフラクションリングが結構片方に寄っちゃってました。
主鏡で調整しちゃいましたけど、なんか気持ち悪いです。

投稿: ryojin | 2016年9月 2日 (金) 20時24分

eclさん
 毎度 ご馳走様です。

 いやあ、今回は画像になりませんでした。NGC7293 f8で20分露出をしたのですが、速い時刻から撮っていたので初めの頃の画像はコントラストが悪くノイズばりばり、遅くまで撮っていた画像もしかり。その上薄雲の通過もあった様で使える画像は4枚、80分くらい。やっぱ10分8枚の方が良かったようです。とにかく作品になりません!!! がっかりです。

 FS60の方はまだ何も処理していません。こちらもノイズが多いと言われているkissX5ですから、しかも常温。駄目でしょうね。6Dが.....

 極軸設定はPoleMasterで決まりでしょう。

投稿: けんちゃ | 2016年9月 2日 (金) 23時53分

ryojinさん
 こちらこそご無沙汰いたしております。
いつもこの挨拶で始まりますね。

 もう干涸らびてきて何をするにもモチベーションが上がりません。今回撮影が出来たので暫くはいいかなあ-と思って居ますが、どうも結果が思わしくなく、また 直ぐに干涸らびそうです。

>余談ですが、火星、土星が綺麗に見えますよねー。
そうですねえ、火星はだいぶ小さくなりましたのでMT200は下ろしてしまいました。私の機材の場合 惑星見るにはRCよりも絶対によく見えます。知り合いのC14が素晴らしい画像を出していて羨ましいです。撮影技術、画像処理技術、撮影する情熱、全部揃っているんでしょうね。

>うちのRC、副鏡のセンタリングマークがずれてるかも・・・。
そうですか。うちのは再メッキしたのでマークは無くなり、副鏡を回転させながらペイントしました。

>ディフラクションリングが
 最近は眼視していないので分かりませんが私のも狂っているようです。何処か? 分かりませんが輝星のハロに偏りが出て見映えが悪いです。

投稿: けんちゃ | 2016年9月 3日 (土) 00時07分

遠征お疲れさまでした。
夜も暑くて大変ですね。

背面液晶とPCのモニターの明るさが違うのには私も時々やられています。
直焦点よりも星景などの時に背面液晶で確認することが多いので、最近はカメラの液晶の明るさを絞って使っています。

北海道はこの新月期は前々回の土曜日だけできましたが、後は台風の影響などでダメでした。

投稿: カムイミンダラ | 2016年9月 5日 (月) 20時42分

カムイミンダラさん
 コメント有り難うございます。

当地では台風の影響はほとんどありませんでした。新月期に晴れたことは珍しいです。

背面液晶の明るさ、構図を確認しているときは明るい方が良い、昼間の撮影も明るい方が良い...分かっていても暗くしてから画像の確認は つい、忘れてしまいます。タイムラプスの為のデータを早く確立しないといけませんね。

 3日の夜も5人で撮影していました。暑くても、疲れても、メンタル面でこれが一番 良いです。 何しろ「気」ですからね。

投稿: けんちゃ | 2016年9月 5日 (月) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの星空も | トップページ | 大平遠征第2弾 »