« 天空のポピー | トップページ | C/2013 X1がNGC7293に接近 »

2016年6月 1日 (水)

AS!2を使ってみました。

火星の再処理画像 6月1日
下の画像をAS!2の600/6000フレームで再処理しました。Mars_231358382_g3_ap83regstaxcs6rrc

5月28日
 明日は出かけるので仲間達が撮影に出かけている中、後ろ髪を引かれる思いをしながら自宅で火星と木星の撮影をしていました。シンチレーションは27日と同じくらいかな。

火星
 2016/05/28 23:16~ Marsas2si7231358382_g3_ap136rr
1200/6000フレーム AS!2でスタックしてみました。Registax6よりも良いかも知れません。まだ使い方がよく分かっていませんが。
ADCの合わせ方が悪かったです。難しい!

土星
 2016/05/28 23:25~Saturnas2232127490_craw
 1200/6000フレーム AS!2でスタックの後Regisitax6でウェブレット処理



 

|

« 天空のポピー | トップページ | C/2013 X1がNGC7293に接近 »

天体撮影」カテゴリの記事

画像処理」カテゴリの記事

コメント

火星の写り、凄~いですね。
先日のものより滑らかで魅力的な画像に感じます。
衝とはいえ、ここまでハッキリ写るのですね。
10~20代のころチープな望遠鏡で、惑星をメインに撮っていたことを思い出しました。
今度チャレンジしてみたいという衝動に駆られるお手本のような素晴らしい作品です。
でも、悲しいかな、機材が無いのです~。

投稿: ecl | 2016年6月 1日 (水) 08時40分

こいつは物凄い写りですね=!
MT200、純ニュートンの切れ味炸裂でしょうか。また、機材の性能を存分に発揮させてらっしゃるけんちゃさんの技量に脱帽です。
最近、あまり興味が向いてませんでしたが、この画像を拝見して、惑星を見ておかなくちゃっ、て思いました。

投稿: ちーすけ | 2016年6月 1日 (水) 21時18分

eclさん
 雲越しで無い分よく映ったかもしれません。
口径の違いよりもシンチレーションが大きく影響していますのでeclさんも100mm屈折で撮ってください。以前、同好会の方でR200で撮った火星の像を見てびっくりしたことがあります。しかもフィルムで! R200でも撮ってみてください。

投稿: けんちゃ | 2016年6月 1日 (水) 21時23分

ちーすけさん
 MT200は重くて使っていませんでした。鏡筒バンド廻りを軽量化改造をしてから撮影に臨みました。まるひさんではないですが、俄惑星ファンです。
 
 BLOG上ではHD800で より解像している画像をみます。C11やC14の画像も。或いは100mm屈折の画像も。動画もありますねえ、皆シンチレーションが良いんですね! 
 シンチレーションの程度を読む能力が必要ですね。2分ほどの動画でもゆらゆらゆらゆらの画像の中でも、一瞬間止まったり、更に大きく流れて視直径の半分以上も変形したりと大変。この地はシーイングが悪い地域か、周辺の住宅や、自身のスライディングルーフの影響か? もしかしてスライディングルーフの影響が一番大きいかも知れないです。
 かといってMT200を外に持ち出すことはとても出来ない年齢になりました。以前はこれしか無かったので十方台へ移動していましたが。

投稿: けんちゃ | 2016年6月 2日 (木) 07時26分

再処理された火星はさらに解像度が上がって、凄い事になってますね!
600/6000という事は、撮影したコマを1/10に厳選しているって事なんでしょうか。純米大吟醸もびっくりの贅沢なつくりですね。

仰る通り、シンチレーションは大敵ですね。その予報などもあるとイイですよね。影響が大きそうなジェット気流など上空の風の状態ならば幾つかのサイトでみかけます。

こちらのページもその一つで、ジェット気流の予報のようです。
ttp://www.hippo.flnet.org/TheOther/index.html
これによると、当分かなり強く吹いているようです。シンチレーションも悪そうですね~・・・orz。

投稿: ちーすけ | 2016年6月 2日 (木) 13時25分

ちーすけさん
 スタックするときのサンプリング画像の選択次第でかなり解像感が変化します。それがなかなか難しい。

 私はジェット気流も「www.windyty.com/?15.835,157.478,5」で視ています。200hPaの風はいつでも強風ですね!

投稿: けんちゃ | 2016年6月 2日 (木) 20時14分

良い瞬間を選んで積み重ねると良い結果が得られるって事なんですね。
いちいち見て選別するわけではないのでしょうけれど、大変そう。

高層の風速、windytyで見れたんですね。気が付きませんでした~。

投稿: ちーすけ | 2016年6月 2日 (木) 20時30分

ちーすけさん
 そうなんです。あとはパソコン任せです。気流が良ければ20~30%くらいはスタックしたいところ、5%では画像の荒れが目立ち10%にしました。

 windytyで一週間くらい見られますね、でも毎日醜い。

投稿: けんちゃ | 2016年6月 2日 (木) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/65778656

この記事へのトラックバック一覧です: AS!2を使ってみました。:

« 天空のポピー | トップページ | C/2013 X1がNGC7293に接近 »