« 27/100 | トップページ | 久しぶりの星空も »

2016年6月17日 (金)

惑星の再処理

6月17日
 梅雨で鬱陶しい日が続いています。
5月27日からMT200で撮影した惑星の画像を再処理しています。

 AutoStakkert! 2.6.6 ベータ版を使っています。同じAVIファイルを使っても処理するたびに違う結果となり、堂々巡りをしています。使い方が分からずに試行錯誤していることが原因と思いますが。

MT200+コレクタ TELEVUE 2.5× Powermate ZWO-ADC QHY5P-ⅡC EZPlanetary AutoStakkert! 2.6.6 Registax6 PSCS6

木星
 2016/05/27 20:00~Jupiter_200047306_0527

火星
 2016/06/02 24:21~Mars_002142274_0603

土星
 2016/05/27 23:20~Saturn_232036043_0527
 2016/05/28 22:58~Saturn_225845251_0528
 2016/06/10 21:01~Saturn210103969_06102

 シンチレーションの違いで写り方の違いがよく分かります。
ここでは全体の色調の違いは置いといて、カッシーニの空隙の色が27,28日撮った画像からはどうやっても青色になってしまいます。
10日の画像では普通に黒くなりました。

何故なのでしょうね?
教えて下さい。

 AutoStakker!2は分からないなりにもそこそこの画像が上がってきます。その後Registaxに持って行ってウェブレット処理を繰り返せるのでとても良いソフトですね。 

 

|

« 27/100 | トップページ | 久しぶりの星空も »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

カッシーニの空隙の青色は何なんでしょうね。画像処理上で発生しているのでしょうけれど、原因は皆目見当もつきません。何方か解決策をご存知の方がいらっしゃると良いですね。
6/10の土星像など、スゴイ解像度ですが、エンケは写ってませんかねえ?左側の端っこに何かそれっぽい筋が見えるような見えないような。何にしても素晴らしいです。

投稿: ちーすけ | 2016年6月17日 (金) 20時30分

こんな画像が撮りたいものだ!と羨ましく思いながら拝見しました。
記録としても素晴らしく、年ごとの土星の輪の傾きや、大赤斑の変化などを楽しめますね。
カッシーニの隙間は、大気なり、ADCなり、何かの収差のように見えます。
土星本体にもありますので。
でも、わたし的に、ぜんぜん気になりません。

投稿: ecl | 2016年6月17日 (金) 21時04分

ちーすけさん
 画像処理の手順や強さなどは出来るだけ同じような処理を心がけていますが、何回やり直しても青くなります。eclさんがADCか? とのご意見もありますね。

 エンケの空隙は無理でしょう、理論的にも無理だというサイトが有りますからね。かなり強いシャープを掛けているので もし見えているのなら”偽エンケ”でしょう。

 ちーすけさんの鏡筒なら素晴らしい画像を得られますよ、是非ひとつ。

投稿: けんちゃ | 2016年6月17日 (金) 23時12分

eclさん
 日食に比べたら超安いもんです。一台買ってください。

私は長年の変化を記録したことがありません。同じ機材で続けたら観測になるんでしょうが、そう言う事が出来ない性分なんです。

エンケの色、収差ですかね? 確かに本体のリム部分にも色が付いていますね。

デジイチでクロップ撮影したことがありません。もっともkissは出来なかったね。それとAVIに変換することが私には出来ない。簡単にできることしかしていません。

投稿: けんちゃ | 2016年6月17日 (金) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/66063070

この記事へのトラックバック一覧です: 惑星の再処理:

« 27/100 | トップページ | 久しぶりの星空も »