« PoleMasterアダプター | トップページ | 今年初遠征 »

2016年3月 1日 (火)

卓駆 Win8.1/10にインストール成功

3月1日
 卓駆のインストールに成功しました。
Windows95の時から使い続けてきたファイラー「卓駆」でしたが、Windows8.1がデフォルトのパソコンにインストール出来ませんでした。Windows7,8の時にインストールしたものはWindows10でも普通に動作していました。(機能しないコマンドもあるようですが...)

 それで仕方なくWindows10でも動作するファイラーを探してシェアウェアの「FileVisor7」を購入して使っていました。でもどうしても使いづらくて卓駆をインストールする方法をwebで検索していました。
そして必要なドットネットフレームワークが足りないのでは無いかという記事に当たりました。

インストールされているドットネットフレームワークを確認するにはプログラムのアンインストールまたは変更を開き
Windows
Windowsの機能の有効化または無効化をクリックします
Dotnet35
ここで.NET Framework 3.5 の機能が一部無効化されていたので有効にしました。

これはその機能や意味も分からずに当てずっぽですが.....インストール出来たので良しとします。インストール後、もとに戻しました。

 これで再起動し、卓駆をインストールしました。インストールは終了しましたが 起動しませんでした。いくつかのdllがインストールされていませんとのメッセージが出ていました。
でも検索すると見つかります。
そこで”PATH”を通してみました。動作しているパソコンにはPATHの設定は無いのですが.....

システムの環境変数を開いて
Photo 最後に追加します。
DOSプロンプトでも追加できるのですが、打ち間違えると困るので.....

見事に起動しました。
Com_corporation
 やれやれ.....ずいぶんと手間取りました。
機能的に動作しなかったりと不具合も予想されますが、私の使う範囲では問題無さそうです。
この画像の\Common Files\COM CorporationにPATHを通しました。

FileVisor7も慣れれば良いのでしょうが長年使ってきた卓駆にはかないません。ましてやエクスプローラはほとんど使えない身になっています。

周囲のパソコンのメンテナンスを頼まれても卓駆がないと出来なくてわざわざインストールしていました。エクスプローラがもう少し使いやすくなれば良いのに.....私だけのことでしょうがね!


追加

卓駆でシステム情報を表示してみました。16bitですね!
16GBのメモリを積んでいますが.....
Photo_2

このことがファイラーの機能にどう影響するでしょう。


追加
極軸合わせ支援ソフト Polar 2001 もインストールしてみましたが全く出来ませんでした。

残念!


追加
Polar2001がインストール出来ました。

 













|

« PoleMasterアダプター | トップページ | 今年初遠征 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

マウスコンピュータのWN891というWindowsタブレットをヤフオクで購入したのですが、Windows10にアップデートした後、Polar2001は難なくインストールできましたよ。
先にピントエイドをインストールしたのですが、その前に.net 3.5をインストールしました。これが関係していないでしょうか?

ちなみに、Windows7でPolar2001を動かしていた状態で、Windows10にアップデートしても、同様に問題なく動いています。

投稿: もっちゃん | 2016年3月 5日 (土) 22時53分

もっちゃん
 Windows8までにインストールしたものは皆動いています。
8.1からの一台だけがインストール出来ません。

インストール作業をすると解凍、展開作業をするプログレスバーが出て、いかにもインストールが進んでいる様に見えるのですが、そのまま消えてしまい、何も起こらないんです。

 もっちゃんのはWidows8.1からのアップデートにインストール出来たのですね! それは素晴らしいことです。卓駆がインストール出来て...もしや? と思ったのですが...残念でした。

 Polemasterが旨くいったので正確さは不要になりましたが、おおよそ合わせた方が早く合わせられますので何かしらの時角表示ソフトは必要です。まあ、POLE2001が動くパソコンが沢山有るので問題はありませんが。

投稿: けんちゃ | 2016年3月 5日 (土) 23時32分

PolemasterとPolar2001(極軸望遠鏡)との設置精度差は、どの程度なのか気になります。
PoleMaster+M-GENにするか、ほんまかさんのオートガイダー+電子極軸望遠鏡にするか思案中なので、参考にさせて下さい。

投稿: もっちゃん | 2016年3月 6日 (日) 10時33分

もっちゃん
 Polemasterで合わせた後でドリフト法で確認するつもりだったのですが、使い方で手間取り時間が勿体ないので追加確認をしませんでした。

 シーイングが良かったのでドリフト法でもとても早く一回の調整で設定できたと 一緒に居た仲間(NJP HD800)が言っていました。それでもPolemasterの優位性はあるなあと思いました。
ドリフト法で極軸設定を行うときはシーイングが悪いとなかなか決めきれませんでした。いつも30分くらいは掛けていました。それが10分足らずで同等かそれ以上に合わせられたと思います。ただパソコンが必須ですから、ほんまかさんのオートガイダー+電子極軸望遠鏡とは比べられません。

 MGEN 仲間二人が使っています。羨ましいと思います。でも私はオフアキなので写野の関係で無理かも。

投稿: けんちゃ | 2016年3月 6日 (日) 16時37分

卓駆がwindows10で使えず困っておりました。環境変数でパスを通した所、無事起動しました。私もfilevisorを使ってみたのですが、卓駆と似て非なるもの、イライラするばかり。卓駆がwin10に正式に対応してくれたらと思うばかりです。ともあれ助かりました。貴重な情報ありがとうございました。

投稿: ponpon | 2016年7月19日 (火) 10時48分

ponponさん
 コメント有り難うございました。大変に遅いresですみません。
私の稚拙な記事が参考になったと言われてうれしいです。私もweb上を探し回り漸く見つけた記事でした。

投稿: けんちゃ | 2016年8月 7日 (日) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/64227204

この記事へのトラックバック一覧です: 卓駆 Win8.1/10にインストール成功:

« PoleMasterアダプター | トップページ | 今年初遠征 »