« 卓駆 Win8.1/10にインストール成功 | トップページ | 高反射コートしたAstrosib250RC »

2016年3月 6日 (日)

今年初遠征

3月7日
 追加 謎の光があるM104の画像を処理しました。




3月4日
 今年初めて撮影に出かけられました。
晴れては居ますが透明度がとても悪い、いつもは見える守門岳が全く見えません。

いつもなら
Photo

 それでも高反射コートの確認もしたいし、意を決して出かけることにしました。

峠から見た夕日
Photo_2 靄っています。

振り向いて守門岳
Photo_3 少しずつ良くなって居るみたい

それでキャンプ場に着きましたが.....

通路に雪が積んでありました。
Photo_4
これでは車を入れられないので手前の三叉路で撮影することにしました。

あと写真は撮りませんでしたが 初めてPolemasterで赤道儀の極軸設定をしました。

設置精度はかなり高くてシーイングが良かったこともあって赤緯の修正はほとんどありませんでした。あまりに良かったのでドリフト法での確認をしませんでした。

ただ、マニュアルを忘れて一寸手間取りました。
赤道儀の設置はいままでどおり極軸望遠鏡での設置をした方が楽に出来ます。設置精度はおよそで良いですが。その方がPolemasterでの修正量が少なくて済みますから。

シンチレーションは22時くらいまではとても良かったです。PHD2のグラフで1秒以下、その後2秒~3秒位になり赤緯も修正が入る様になりました。赤緯のガイドを止めてみれば良かったと思っています。

M81
2016/03/04 20:44~
NJP MTS-3SDI+、Astrosib250RC/F8.0、Lodestar PHD2 オフアキ、CDS-600D -22℃ ISO3200RAW 360秒× 12枚、SI7 CS6
M8112abmaskleveldeg08cs6_2
3月7日 再処理
 ちょっと強調しすぎたので
M81x142cs6tc_2
ちょっと明るく
M81x142cs6tc


 高反射コートの鏡面と以前との違いははっきりとは分かりませんでした。作例も少ないしデータも取っていないので劇的な違いが無いと分かりませんね。

 今回の光軸調整はセンタリングスコープのみで行い、撮影に挑みました。輝星の光芒に偏りがあります。どこが悪いのかまた悩みます。


 久しぶりの撮影でトラブル続出でした。
パソコンが異様に重くて撮影データの保存に失敗しました。
M81ももっと沢山撮ったつもりでしたがたったの一時間分ほどしか。
普段からカメラには保存しない設定なので.....

 パソコンを再起動して対象をM104へ...気温-3℃ほど、赤道儀のモーターが勢いよく脱調しまくり...光軸調整の後、ファインダーを合わせておかなかったので導入に手間取り.....そのあげく光漏れ?......どこから?
M104
M104
 全く検討がつきません。

 6分、数枚撮ったあと雲は広がり.....おわり.....

追加
 M104 
2017/03/04 25:13~ 6分6枚
M104x6trimdecs6
大きくトリミングして、背景を思い切り暗く落として誤魔化しました。

6枚とも同じような光芒が入っていました。連続して見てみるとごく僅かその形に変化が見えました。まだ見当が付きません。




 









 

|

« 卓駆 Win8.1/10にインストール成功 | トップページ | 高反射コートしたAstrosib250RC »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

けんちゃさん、こんにちは。遠征お疲れ様でした。
久しぶりの遠征はいかがだったでしょうか。いろいろ大変だったようですが。
ご自身としてはご不満がおありのようですが、星像はまずまずのように感じます。スパイダーも綺麗ですし。ご努力の甲斐ありと感じました。
高反射コートについてはご自身しかわからないことだと思いますが、著しい劣化を感じないようであれば私は御の字と考えて良いかと思います。
パソコンは本当に何があるかわかりませんよね。私も遠征先で重くなって困った経験があり、即中古でもう1台買いました。やっぱり低温はよくないのでしょうね。
CDS-600Dはメモリーカードは挿せるのでしょうか?データはPCのみとは冷却CCDみたいですね。私は安全をみてカメラとPC両方に保存しています。
M104、よく写ってますね~・・・霊のいたずら???

投稿: ryojin | 2016年3月 6日 (日) 16時36分

ryojinさん
 コメントありがとうございます。

撮影に出かけるまでは空の状態で迷っていましたが、行って良かったです。予報が良い方にずれて長い時間撮れました。

望遠鏡の光軸はまずまずの仕上がりに出来たと思います。
私のミラーは新品の時から汚れが多かったと思います。それで鏡筒の前から手を突っ込んみアルコールで撫でたのですが、それだけでメッキが剥がれてしまいました。そんな状態で10年も使っていました。メッキ直前ではかなり汚れも進みました。そんなんでも何か数値的に比べる事が出来ないと、私には判断が付きません。

パソコンはSSDなのでHDDよりは低温に強いかと思うのですが、とにかく動作が重くなってしまいました。昨日今日とアプリを整理と、レジストリーファイルの整理をしました。とくにネットワークをアクセスしそうなソフトを徹底的に削除しました。その結果、立ち上げ50秒、シャットダウン10秒まで高速になりました。ウイルス対策ソフトを止めればもう15秒位は早くなりそうです。

CDS-600Dにもメモリは内蔵されています。でも一度も保存した事がありません。

M104もISO3200 6分露出の一枚画像です。霊に取り憑かれたのでしょうか? M81の時は全く無くてM104にしたら出た! 鏡筒周りを遮光してみたのですが全く変化がありません。自宅に戻ってからフラットやダークを撮影したわけですが、全く光はありませんでした。やはり 何かの霊!

投稿: けんちゃ | 2016年3月 6日 (日) 18時26分

遠征お疲れ様です。M81、良い写りですね!
星像も私なんかの目にはバッチリに見えます。
ですが、M104のゴーストは何なんでしょうね?
以前行った時、キャンプ場の先に明るい街灯があったように覚えてます。三差路からどの方角だったか分かりませんが、その影響だったりして?!

投稿: ちーすけ | 2016年3月 7日 (月) 20時14分

お久しぶりです。
昨年、道院高原でお会いした、GANREFのぱんだです。
Chromeを入れたら、けんちゃさんのHPが見れるようになったので、最近よく拝見してます。
(Safariだと不安定・・・というか、最近は固まってしまいます。)

先週末は私も中越方面に星撮りに行っておりました。
雪が少ないので道院高原と思いましたが、何となく無理そうなので山古志に行ってきました。
山古志もヌケが今ひとつながら、久しぶりに息抜きできました。

また今年も星空の下でお会いできたらいいですね。

投稿: ぱんだ | 2016年3月 7日 (月) 21時13分

ちーすけさん
 輝星の光芒に偏りが.....何処でどうやって発生するのか、見当が付きません。もしかして主鏡の面取り部分から反射があるかな? R200SSのようにマスクを取り付けるか? イプシロンには初めから付いているし....などなど 考えています。

 この光、今日 ISO3200 300秒露出で外部から周囲の様々な所から照明を当ててみましたが、謎の光は写りませんでした。筒先からの光ではこんな形にはならないと思い、試しませんでしたがやはり試さないといけないですね。

 M104 ISO3200 360秒 6枚撮ったのですが、光の形はほとんど変化していませんでした。まあ最も36分では角度の変化も少ないからかも知れないです。

投稿: けんちゃ | 2016年3月 7日 (月) 22時55分

ぱんださん
 拙ブログにコメントを頂き有り難うございます。

 道院高原ですか、全く確認もしていません。多分積雪で通れないと思って。福山の空は日中よりも少しずつ良くなってきました。光害が少ないとそう見えるのだと思いますが。

 道院でお目にかかれた節はお話を有り難うございました。私が慌ただしくてゆっくりとお話が伺えずに失礼いたしました。
安定して撮影が出来るときに、ゆっくりとお話を伺えたらと思います。
またお目に掛かりたいです。
 

投稿: けんちゃ | 2016年3月 7日 (月) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/64307425

この記事へのトラックバック一覧です: 今年初遠征:

« 卓駆 Win8.1/10にインストール成功 | トップページ | 高反射コートしたAstrosib250RC »