« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年3月の記事

2016年3月23日 (水)

インストールの一部分がブロックされるーWindows10

知らなかったあ!

 画像をキャプチャーしなかったので今回は文字のみ

webからダウンロードしたプログラムはインストール時に一部のファイルがブロックされることがある.......しらんかったな-。

12月に撮影したときは使えていたWindows10にアップグレードしたノートパソコン2台、FTDIのFT232RLが動作しなくなりました。
そろっと準備のためにチェックしていたところ新しい方のパソコン2台が変? デバイスマネジャーには2種類のドライバが見えているし、ポートNOも合っているし....

webで検索したら見つかりました。 「しなぷすのハード製作記」  ありがたいことです。


  インストーラーを右クリックしてプロパティを開き、全般タブの下の方に「ブロックの解除(k)」  ボタンをクリックし、OKボタンを押しプロパティを閉じます。 これだけで無事ドライバーを完全に出来ました。今までは何もしなくてもインストール、使えていたのに。

 これでTheskyからMTS-3SDI+をコントロールして自動導入が出来る様に復旧しました。



 これがヒントになり...もしかして Polar2001もインストール出来るかも知れない!...出来ました ばんざーい!

卓駆もそうだったかも? まあいいや、もうインストール出来たのだから。 
 




 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

高反射コートしたAstrosib250RC

3月15日に撮影したM101とM13

M101adddemcrrcrawhpf2ss
M13x14demc3cs6tcbokasi
自宅での撮影なので高反射コートの恩恵は分かりませんが、光軸をきっちりと調整したお陰で解像度が上がった様に思います。

 15日は朝から金沢へ行ってきました。疲れていたので撮影は控えようと......出来るわけがありません。遠征は止めて自宅で光軸の確認作業をすることにしました。
比較的シーイングも良かった所為もあり星像は小さく丸くハロの乱れも無くなりました。
 たっぷりと花粉を吸った様で体調を崩してしまいました。今日夕方から少し楽になりました。


鏡筒の画像追加

 高反射コート(ジオマテックではそう書いてあります)された鏡面はとても美しいですね、ギラギラと輝いて見えます。星像に結果が出たので尚更です。これも良い薬ですね!
Img_0579
もう、埃が付いていますが。
 副鏡のカバーの表面に植毛紙を貼っています。LED光源でフラットを撮影したときにその反射でムラが出ました。
Img_0581

 
 光軸調整も一段落したので裏蓋を取り付けました。鏡筒の持ち手が無くなったのでハンドルを取り付けました。パネル用のメッキハンドルを探したのですが見つけられず、ホームセンターで売っている角ボルトを広げて取り付けています。
ドローチューブの押しネジが光軸合わせを楽にしてくれました。
スパイダーの回折光の向きをカメラと平行からイプシロンの様に45度に変更しました。平行では僅かの傾きも目立つのでした。
Img_0585





長い間不完全な状態で使っていたのですが漸くすっきりしました。





 



 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

今年初遠征

3月7日
 追加 謎の光があるM104の画像を処理しました。




3月4日
 今年初めて撮影に出かけられました。
晴れては居ますが透明度がとても悪い、いつもは見える守門岳が全く見えません。

いつもなら
Photo

 それでも高反射コートの確認もしたいし、意を決して出かけることにしました。

峠から見た夕日
Photo_2 靄っています。

振り向いて守門岳
Photo_3 少しずつ良くなって居るみたい

それでキャンプ場に着きましたが.....

通路に雪が積んでありました。
Photo_4
これでは車を入れられないので手前の三叉路で撮影することにしました。

あと写真は撮りませんでしたが 初めてPolemasterで赤道儀の極軸設定をしました。

設置精度はかなり高くてシーイングが良かったこともあって赤緯の修正はほとんどありませんでした。あまりに良かったのでドリフト法での確認をしませんでした。

ただ、マニュアルを忘れて一寸手間取りました。
赤道儀の設置はいままでどおり極軸望遠鏡での設置をした方が楽に出来ます。設置精度はおよそで良いですが。その方がPolemasterでの修正量が少なくて済みますから。

シンチレーションは22時くらいまではとても良かったです。PHD2のグラフで1秒以下、その後2秒~3秒位になり赤緯も修正が入る様になりました。赤緯のガイドを止めてみれば良かったと思っています。

M81
2016/03/04 20:44~
NJP MTS-3SDI+、Astrosib250RC/F8.0、Lodestar PHD2 オフアキ、CDS-600D -22℃ ISO3200RAW 360秒× 12枚、SI7 CS6
M8112abmaskleveldeg08cs6_2
3月7日 再処理
 ちょっと強調しすぎたので
M81x142cs6tc_2
ちょっと明るく
M81x142cs6tc


 高反射コートの鏡面と以前との違いははっきりとは分かりませんでした。作例も少ないしデータも取っていないので劇的な違いが無いと分かりませんね。

 今回の光軸調整はセンタリングスコープのみで行い、撮影に挑みました。輝星の光芒に偏りがあります。どこが悪いのかまた悩みます。


 久しぶりの撮影でトラブル続出でした。
パソコンが異様に重くて撮影データの保存に失敗しました。
M81ももっと沢山撮ったつもりでしたがたったの一時間分ほどしか。
普段からカメラには保存しない設定なので.....

 パソコンを再起動して対象をM104へ...気温-3℃ほど、赤道儀のモーターが勢いよく脱調しまくり...光軸調整の後、ファインダーを合わせておかなかったので導入に手間取り.....そのあげく光漏れ?......どこから?
M104
M104
 全く検討がつきません。

 6分、数枚撮ったあと雲は広がり.....おわり.....

追加
 M104 
2017/03/04 25:13~ 6分6枚
M104x6trimdecs6
大きくトリミングして、背景を思い切り暗く落として誤魔化しました。

6枚とも同じような光芒が入っていました。連続して見てみるとごく僅かその形に変化が見えました。まだ見当が付きません。




 









 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

卓駆 Win8.1/10にインストール成功

3月1日
 卓駆のインストールに成功しました。
Windows95の時から使い続けてきたファイラー「卓駆」でしたが、Windows8.1がデフォルトのパソコンにインストール出来ませんでした。Windows7,8の時にインストールしたものはWindows10でも普通に動作していました。(機能しないコマンドもあるようですが...)

 それで仕方なくWindows10でも動作するファイラーを探してシェアウェアの「FileVisor7」を購入して使っていました。でもどうしても使いづらくて卓駆をインストールする方法をwebで検索していました。
そして必要なドットネットフレームワークが足りないのでは無いかという記事に当たりました。

インストールされているドットネットフレームワークを確認するにはプログラムのアンインストールまたは変更を開き
Windows
Windowsの機能の有効化または無効化をクリックします
Dotnet35
ここで.NET Framework 3.5 の機能が一部無効化されていたので有効にしました。

これはその機能や意味も分からずに当てずっぽですが.....インストール出来たので良しとします。インストール後、もとに戻しました。

 これで再起動し、卓駆をインストールしました。インストールは終了しましたが 起動しませんでした。いくつかのdllがインストールされていませんとのメッセージが出ていました。
でも検索すると見つかります。
そこで”PATH”を通してみました。動作しているパソコンにはPATHの設定は無いのですが.....

システムの環境変数を開いて
Photo 最後に追加します。
DOSプロンプトでも追加できるのですが、打ち間違えると困るので.....

見事に起動しました。
Com_corporation
 やれやれ.....ずいぶんと手間取りました。
機能的に動作しなかったりと不具合も予想されますが、私の使う範囲では問題無さそうです。
この画像の\Common Files\COM CorporationにPATHを通しました。

FileVisor7も慣れれば良いのでしょうが長年使ってきた卓駆にはかないません。ましてやエクスプローラはほとんど使えない身になっています。

周囲のパソコンのメンテナンスを頼まれても卓駆がないと出来なくてわざわざインストールしていました。エクスプローラがもう少し使いやすくなれば良いのに.....私だけのことでしょうがね!


追加

卓駆でシステム情報を表示してみました。16bitですね!
16GBのメモリを積んでいますが.....
Photo_2

このことがファイラーの機能にどう影響するでしょう。


追加
極軸合わせ支援ソフト Polar 2001 もインストールしてみましたが全く出来ませんでした。

残念!


追加
Polar2001がインストール出来ました。

 













| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »