« PoleMaster | トップページ | 再コーティング後の画像 »

2016年2月 9日 (火)

Astrosib250RCの試写

2月8日
 ジオマテック社再コーティングをして頂いたAstrosib250RC 今日、試写してみました。

M44
 2016/02/08 21:10~
Astrosib250RC/F8、CDS-600D(冷却無し)、Lodesterオフアキ、PHD2、ISO1600RAW、300秒 一枚、cameraraw CS6
M44_light_300s_1600iso_8c_00067
 星像の確認のために画面一杯に広がるM44
ほぼ丸い星像が得られて安堵しました。スパイダーの回折光もまあまあと思います。
 ただ星像がポテッとしていることが気になります。まあ、以前の星像と比較してないので...感覚的にですが...

 ここで言い訳画像を二つ
一つは水蒸気 日中から快晴で素晴らしい星空だったのですが...
Photo
 真っ白でした。それとガイドが安定しない
Phd2

 この撮影に先立ってM42を撮っていました。
2016/02/08 19:10~ 合計露出時間 94分
ISO800RAW 300秒×6、180秒×6、40秒×6 camerarawで現像、SI7でコンポジット、ダーク、フラット処理無し ゴミだらけ
M42x18decs6hpf

 Astrosib250RCのミラーを組み付け、明るい内にセンタリングスコープで光軸調整.....まずまず問題は無さそうです。再現性が確認されました。

 まだ、高反射コートにした事の効果を認識できる画像は得られませんでした。

 もう一点、

これは現在のAstrosib250RCのミラーの諸元です。

Ritchey-Chretien telescope RC250

Primary mirror diameter            250 mm
Primary focal ratio                F/3
Secondary mirror diameter            102 mm
Equivalent focal ratio            F/8
Equivalent focal length            2000 mm
Back Focus (from primary mirror surface)    291 mm
Primary to Secondary Spacing        466 mm
Primary mirror hole                90 mm
Primary mirror thickness            30 mm
Secondary mirror thickness            15 mm

私のSecondary mirror diameterは95mmでした。
今回ピントの位置が15mm位、繰り出して合いました。主鏡と副鏡の間隔が少し狭いのだと思います。がもともとかなり弄っていたのでよく分かりません。

Primary to Secondary Spacing        466 mm
とあっても測りづらいし。

良いことにします。

なにはともあれファーストライトは成功でした。


|

« PoleMaster | トップページ | 再コーティング後の画像 »

天体撮影」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

丸くてきれいな星像ですね!それに微恒星の星像も十分に小さいように拝見しました。素晴らしいです。
シーイングの良い晩には凄い分解能を発揮するのではないでしょうか。
春からの本格稼働が待ち遠しいですね!

投稿: ちーすけ | 2016年2月 9日 (火) 19時05分

こんばんは。
テストできたんですね、よかったです。
細かいことはいろいろお有りのようですが、まずまずの結果のようでなによりでした。
星像綺麗ですし、スパイダーも綺麗。再メッキの恩恵の実感はわかないとのことですが、でも美しいですよ。悪く感じることがなくてよかったのでは?

Polar2001ですが、Win7で使っていたものをWin10にしましたが無事動いてますよ。32/64bit両方ともです。Win8.1は動かなかったのですか?何ででしょう?tsukasa systemの問題ですかね?

投稿: ryojin | 2016年2月 9日 (火) 21時36分

ryojinさん
 この時期テスト撮影出来たのは奇跡的です。

結果はまずまずの様ですね。次は光害の少ない撮影地へ遠征が出来る頃ですね。

Win10で動かないのでは無くて、デフォルトのOSがWin8.1のパソコンからインストール出来なくなったのです。OSのアップデートではWin10の32/64bitでも動いています。システムのどこかのホルダがAdministratorで管理者権限でインストールしても書き込みできないのかな?

投稿: けんちゃ | 2016年2月 9日 (火) 22時49分

ちーすけさん
 リコメ、遅くなって済みませんでした。

 星像の大きさも、丸さも良くなりました。今までの鏡はメッキが剥げていたところがあり、又厚さも不揃いの侭でした。きっとそれらが悪さをしていたのだと思います。とても悪いメッキでした。

 今回、輝星の周辺が滲んでいますが、天候の所為か、あるいは鏡の全周に面取り部分が有りますが、それらの影響が無いか一寸気になるところです。鏡面を丸く覆うようなリングを作ろうかとも考えています。
いずれにしても沢山撮ってその結果をもって判断します。

投稿: けんちゃ | 2016年2月10日 (水) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/63870977

この記事へのトラックバック一覧です: Astrosib250RCの試写:

« PoleMaster | トップページ | 再コーティング後の画像 »