« AT-X 11-20 PRO DX 私のは外れ! | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2015年12月25日 (金)

NGC1514 おうし座の惑星状星雲

 12月12日に撮影した対象です。いまやっと処理をしています。

 NGC1514 Crystal Ball Nebula
2015/12/12 19:36~
Astrosib250RC/F8、OAG9 Lodestar PHD2、NJP(MTS-3SDI+)、CDS600D、ISO3200 600秒 ×15枚 SI7 加算平均コンポジット、CS6
Ngc1514x15pointdergbbgsmccs6
 WEB上で検索するといろいろな色で表現されていて何が本当な色に近いのか分かりません。一枚画像の時よりも青くしました。

 当日の一番最初の対象、ガイドが旨くいきました。

 M42 オリオン大星雲
2015/12/12 21:45~
FS60CB+フラットナー、SP-DX(MTS-3SDI+)、200mmガイド鏡 QHY5L-ⅡM PHD2
、KissX5(SEO-SP4C HEUIB-Ⅱ)、ISO1600 600秒×1、480秒×2、300秒×1、120秒×2、60秒×4
M42x10de3cs6hpf



中途半端な露出に終わってしまいました。

それは.....

10年くらいは使ったように思います。このバッテリーがご臨終になってしまいました。
Seaking
赤道儀用の動作安定に昇圧型の安定化回路を入れて使っていたので、赤道儀が停止したときの電圧は8.5V程に下がっていました。

速攻でポチリました。 その後遠征の機会はありません。
Long1250ah

 NGC1535 Cleopatra's Eye
2015/12/12 22:37~
Astrosib250RC/F8、OAG9 Lodestar PHD2、NJP(MTS-3SDI+)、CDS600D、ISO1600 240秒 ×11枚 SI7 加算平均コンポジット、CS6
Ngc1535x12rgbderrscs6hpflevel

 NGC1514と比べると小さくて明るいですね。

ピクセル等倍画像
Ngc1535x12rgbderrscs6hpfleveltoubai

12月28日
解像度を4倍してSI7のマルチバンドシャープを強く掛けたら、クレオパトラの瞳(虹彩)っぽくなりました。
Ngc1535x4mbs


 NGC2244 薔薇の中の散開星団
2015/12/12 23:53~
Astrosib250RC/F8、OAG9 Lodestar PHD2、NJP(MTS-3SDI+)、CDS600D、ISO1600 900秒 ×10枚 SI7 加算平均コンポジット、
Ngc2244x10pointrgb2ndmccs6hpf
どうしても赤くなりません。



赤くすることばかりに気をとられ変な色に.....一寸調整
Ngc2244x10pointrgb3rdleveldemc3_3

 M81
2015/12/12 26:46~
Astrosib250RC/F8、OAG9 Lodestar PHD2、NJP(MTS-3SDI+)、CDS600D、ISO1600 900秒 ×4枚 SI7 加算コンポジット、CS6
M81x55thmccs6tc

薄雲が広がっている中の4枚、後は曇られました。


 C/2013 US10 カタリナ彗星
2015/12/12 28:06~
Astrosib250RC/F8、NJP(MTS-3SDI+)、CDS600D、ISO6400 120秒 ×19枚 SI7でメトカーフコンポジット
C2013us10_x195decraw
FS60CBで撮る予定でしたが、SP-DXシステムのダウンで2000mmで撮る羽目に。今、考えたら  Astrosib250RCにFS60CBをピギーバックすれば良かったなあと。







 







 



 

|

« AT-X 11-20 PRO DX 私のは外れ! | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

どれも大変美しく、完璧な仕上がりですね・・・さすが!
NGC1514は、恥ずかながら初めて見た対象ですが、Web検索しても、こんなにきれいな画像は、あまり出てきませんでした。
M42も周辺の分子雲が表現されていて凄いですし、NGC2244はHαの雲に大事に包まれているように見えて、とても素敵な画像です。
全作品が、ここまで仕上げられれば楽しくてしょうがないだろうな~と、思うと同時に、同じ撮影時間を使った自分の画像の下手さ、画像処理能力の無さに、またまた落胆してしまいました。
かさねて『さすが!』です。

投稿: ecl | 2015年12月27日 (日) 10時33分

こんばんは。
250RCオンパレードですね。
作品を拝見して思ったのは星像の小ささです。
微光星はこんなに小さくかっちり映るんだ・・・ということ。
やっぱり自分の調整はうまくいってないのかな?
しばらく撮れそうにありませんが、また確認しなければ。

一番最初の作品、ブルーがとても綺麗ですね。自然のブルーは美しい。

投稿: ryojin | 2015年12月27日 (日) 16時56分

まさに固め打ちですね。
大口径ならではの対象で、しかもガイドもピントも申し分ない出来栄え。特にバラ星雲中心部が焦点距離の短い屈折では真似できない切り取り方ですね。
NGC1514の内部構造もしっかり解像されていて綺麗で神秘的です。

投稿: tantan | 2015年12月27日 (日) 17時08分

見事な作品ばかりで、どれもこれも見入ってしまいました。
25cmの威力、分解能を存分に引き出してらっしゃいますね。凄いの一言です。
特に現地にてPC画面で拝見したNGC1514がやはり素晴らしい仕上がりに成ってますね。流石!

投稿: ちーすけ | 2015年12月27日 (日) 17時38分

eclさん
 自宅でも撮ることが出来る対象として明るい惑星状星雲を選びました。でもやっぱり暗いところで撮った方が良い仕上がりですね。自宅で撮る対象が無くなります。太陽と月と惑星だけですね、残念ですが。自宅で撮影を....と、考えていた40年前は良い星空だったのに。

 今回は惑星状星雲狙いだったので他は露出が足りませんでしたし、薄雲がかなり出ていましたね、星がにじんでいます。

 私は処理に費やす時間がたっぷりありますからね、eclさんの作品も時間を掛ければ見違えるようになる要素を含んでいると思います。

投稿: けんちゃ | 2015年12月27日 (日) 17時52分

ryojinさん
 そう、250RCばっかりです。鏡筒を載せ替えるのが面倒くさいし、時間も足りません。年間を通じて撮影できる時間が少ないので、鏡筒の調整やガイドパラメータ、赤道儀の調整などをしているとイプシロンに手が付けられません。

 微恒星が小さく見えているようですが、TOA150の星像を見せられたらがっかりしました。コントラストは悪いし回折光のためにぽっちゃりしています。
あと、SI7で現像するときにマスクを掛けていますから その成果は大きいと思っています。

投稿: けんちゃ | 2015年12月27日 (日) 18時00分

tantanさん
 薄曇りの空で惑星状星雲を撮ったら意外と写ったので それだけを撮るつもりで行きました。

 2000mmのガイドはシンチレーションに大きく左右されますね、それも一晩の内にも結構変化が大きいです。旨くいっているときはPHD2のグラフで±0.5″位出来ます。そのまま続けていても±2秒位まで落ちたりと。まだまだパラメータを決められで居ます。

 薔薇星雲は仲間達がFSQで撮り始めたので、一緒になって撮り始めました。これだけ大きいと被りやムラが見えなくて良い塩梅でした。

投稿: けんちゃ | 2015年12月27日 (日) 18時10分

ちーすけさん
 いやいや、TOA150にはかないません。本当にそう思います。ちーすけさんが同じ処理をしたら圧倒されると思います。SI7で現像出来たならソースを借りたいと思っています。

 ちーすけさんのN-GENでのガイド精度の良さ、カメラの写りの良さは凄すぎます。パソコンレスの良さはよく分かります。事実、私は途中でSP=DXがこけましたからね、電源不足で! それでも現場で、ちーすけさんの画像を見たい...是非鑑賞の為だけでもパソコンを!!!

投稿: けんちゃ | 2015年12月27日 (日) 18時20分

いえいえ、やはりけんちゃさんのRC250による画像はもの凄いですよ!!
ばっちり調整されたRC250で、抜群のガイド、ピントの精度のもと撮影されたこれらの画像には、とてもじゃないですが敵いません。
同日となりで一緒に撮影した画像の強調処理する前の元画像を見ても、15cmではとてもここまで解像していません。RC250の星像の小ささは一段どころか、二~三段は上手です。素晴らしいです!
何時の日にかの目標にさせていただきたいと思うばかりです。

投稿: ちーすけ | 2015年12月27日 (日) 20時09分

ちーすけさん
 いやいや、そんなに持ち上げないでください。年をとってだいぶ軽くなってきましたから飛んで行ってしまいます。

 ミラーは買ってから10年以上、清掃していないので塵が沢山有ります。その所為か、RCの構造所以なのか、星像の周囲に放射状の光条が沢山目立ちます。ちーすけさんの星像はまん丸ですからね。

 私はも今年、ようやく再メッキしようかなあと思っています。その際に星像が良くなるようバッフルなどの反射について考えてみようかと思っているところです。

投稿: けんちゃ | 2015年12月27日 (日) 21時05分

どれもこれも、見栄えのする画像ですね!。

バッテリーは、俺も半月前にポチリました。
気がつけば12年も、よく持続してくれました。しかし残りの2個も8年めだから、よろっと危ないです。

再メッキの画像も、早く見比べてみたいです!。

投稿: njp | 2015年12月28日 (月) 10時19分

njpさん
 これでもか! と強調するので荒れています。印刷すると意外に目立たなかったり。 WEBで綺麗な画像を目にしているので どうしても強調が過ぎてしまいます。

njpさんも沢山のフレームを撮っていらっしゃるのでフラット.ダーク処理を実行してみてください。格段に強調が楽に出来ますよ。

メインのバッテリーは105Aを2個 並列に繋いでいます。単体で使っていたときは片方が電圧低下で終わっていましたが、今はそれが無くなりました。新しいバッテリーを並列にすることが必要ですが、今のところ問題なく使えています。充電は別々に充電しますが。

再メッキした画像...何時になるかねえ?...まずは主鏡の外し方を考えなくてはね...

投稿: けんちゃ | 2015年12月28日 (月) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/63150336

この記事へのトラックバック一覧です: NGC1514 おうし座の惑星状星雲:

« AT-X 11-20 PRO DX 私のは外れ! | トップページ | あけましておめでとうございます。 »