« Heart & Soul Nebula | トップページ | 魔女のあぶり出し »

2015年11月 6日 (金)

FS60CBフラットナー用シム

 FS60CB+フラットナーで撮影すると周辺像が悪いということで 情報を元にシムを作成しました。
Photo
Photo_2
Photo_3
マウントの内側にセットしました。まだ星像の確認はしていません。

寸法は2.4mmとweb上にありました。手持ちの板厚の関係で0.5+2.0、板厚の公差で丁度2.4mmになりました。





|

« Heart & Soul Nebula | トップページ | 魔女のあぶり出し »

工作」カテゴリの記事

コメント

なるほど!
この画像で理解しました。
要は補正レンズの位置が適切ではないということですね。
現在レデューサーしか持っておらず、フラットナーはけんちゃ様の先日の記事で購入を見送っていました。
でも、フラットナーをポチッちゃうとSharpStar65EDとほぼダブるので悩みどころ。

投稿: ecl | 2015年11月 7日 (土) 17時24分

こんばんは。
おー用意できちゃうんですねー。すごいなー。
これだけ用意すればジャストポイントが見つかりそうですね。
冬に入るまでにしっかりテストできますように。

投稿: ryojin | 2015年11月 7日 (土) 18時02分

0.5mm刻みとは凄いですね!
これでFLでの画像にも期待が高まります。
流石、けんちゃさんですね。

投稿: ちーすけ | 2015年11月 7日 (土) 19時13分

eclさん
 このフラットナーの星像については既知の問題だったんですね、知らないのは私だけ。FS60CBを購入する前にタカハシのwebサイトも見ていたのですが目に入りませんでした。コメントがあるようですね。

 同じような焦点距離が手持ちにあると悩ましいですね、周辺星像を等倍で見ないで実用範囲ならOKにしないと大変。

投稿: けんちゃ | 2015年11月 8日 (日) 22時07分

ryojinさん
 難しい加工では無いので申しつけちゃいました。データ(これも円なので簡単)さえ付けてやれば 切るだけ ですから。

 そのテストが一番難しい、何時できるやらね。

投稿: けんちゃ | 2015年11月 8日 (日) 22時11分

ちーすけさん
 0.5mm刻みはかなりアバウトですね。まあF6ですから良しとします。

投稿: けんちゃ | 2015年11月 8日 (日) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/62390042

この記事へのトラックバック一覧です: FS60CBフラットナー用シム:

« Heart & Soul Nebula | トップページ | 魔女のあぶり出し »