« Astrosib250RCの光軸調整の合間に月の撮影 | トップページ | 雲の中の青い雪だま »

2015年10月25日 (日)

十三夜

10月26日 月の画像を追加

 十三夜の月を撮りました。
今日は風が強く気温も低かったのですが、東の空の雲合いから月を観ることが出来ました。

 寒気の吹き込みで気流は良くないし、鏡筒の気温順応も行っていないので写りはよくないです。FS60CB+フラットナー、FS60Q、FS102、Astrosib250RC+RDの四種類の画角です。Camerarawのデフォルトで現像。

2015/10/25 17:37
FS60CB+フラットナー、EOS60D、ISO200 1/320秒、Cameraraw9.1.1
Fs60cbflatner
2015/10/25 17:46
FS60Q、EOS60D、ISO200 1/160秒、Cameraraw9.1.1
Fs60q

2015/10/25 17:26
FS102、EOS60D、ISO200 1/160秒、Cameraraw9.1.1
Fs102

2015/10/25 17:31
Astrosib250RC+RD、EOS60D、ISO200 1/250秒、Cameraraw9.1.1
Rcrd

やはり屈折望遠鏡が良い写りです。FS102,FS60QがAstrosib250RCよりも解像しています。

10月26日 追加画像
2015/10/26 19:51
Astrosib250+RD KissX5 SEO-SP4C HEUIBⅡ ISO100RAW 1/160秒 Cameraraw9.1.1で現像、CS6で処理
Img_0035mooncameraraw_2

今日も雲が掛かっていましたが2時間ほど鏡筒を冷やして、雲が薄くなったところで撮りました。今日は大変寒いです。


昨日のFS102の画像をCS6で整え、トリミングしました。
Img_0014fs102camerarawtrim





 月の撮影に先立って数日前からFS60CB+フラットナーで初めて星野を撮ってみました。そしてその星像の悪さびっくりしました。
EOS60D ISO12800 10秒
Flat
雲の合間なのでこれ一枚。スケアリングも少し悪いようです。これは購入時にドローチューブの調整が必要かも知れないということが判明していました。

 

webを探してみるとやはり不具合があるという記事が見つかりました。カメラとフラットナーの間に数ミリのシムを入れると直るそうです。試してみます。



 

|

« Astrosib250RCの光軸調整の合間に月の撮影 | トップページ | 雲の中の青い雪だま »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

こうやって並べるとFS102がとても魅力的な月像に見えます。
私としてはFS60CB+フラットナーが気になります。
鏡筒自体の収差が凄いので、単体では使えませんし・・・。
思ったより収差が収束していませんね。
でも十分といえば十分のような・・・わたし的には許容範囲かな?ぎりぎり。
貴重な写真をありがとうございました。

そういえば夕方見えていた月が、とても大きく感じました。
調べると、今日の22時ころ最近なのですね。

投稿: ecl | 2015年10月26日 (月) 08時00分

eclさん
 月、太陽を撮るには 私の持っている鏡筒でFS102が一番良く撮れます。やはり面積のある対象は屈折ですね。ちーすけさんのTOA150は大変良い選択でしたね。うらやましいです。

 RCの画像をSI7で画像復元をしてみましたが 遠目にはかなり良く見えるようになりますが やはりFS102にはかないませんでした。屋根を解放して10分くらいで撮ったので鏡筒の温度順応が済んでいないのでもう少し良くなるでしょうが、それでも勝てないでしょう。

 FS60CBのフラットナー画像ですが、スケアリングが良いときにはもっと綺麗に???対照的に周辺像が伸びます。バックフォーカス距離を手持ちのシムで3mm伸ばしてほぼ綺麗になりました。ネジの掛かりが少なくて落下の危険があるので何か他の解決法を探らないといけません。

 月との距離は意識の外でした。たまたま晴れ間が出来たことと十三夜ということで取り比べをしました。駄目ですねえ! 意味のある撮影をしなくて。

投稿: けんちゃ | 2015年10月26日 (月) 12時52分

こんばんは。もしかしてこのこと?でしょうか。
違ってたらごめんなさい。

FS60用スペーサーリング
http://www.sanki-opt.co.jp/sale.html

投稿: ryojin | 2015年10月26日 (月) 18時26分

ryojinさん
 情報をありがとうございます。
そうです。こういうことです。ちゃんと販売しているんですね。

 今日はスケアリングの確認のためにドローチューブを調整しました。タカハシで調整してくれると言われたのですが送り返すのは面倒くさいので自分で緩くしました。雲が多くて星像では確認していません。シムについては元勤務先に行って数種類の板厚でレーザー切断をお願いしてきました。バックフォーカスは長い方向についてはルーズのようです。

投稿: けんちゃ | 2015年10月26日 (月) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/62215405

この記事へのトラックバック一覧です: 十三夜:

« Astrosib250RCの光軸調整の合間に月の撮影 | トップページ | 雲の中の青い雪だま »