« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の記事

2015年9月25日 (金)

Astrosib250RCの調整

 9月20日の撮影の際、光軸不良で撮影を断念したAstrosib250RCの調整を続けていました。

 光軸不良のM27 等倍画像
Light_900s_1600iso_23c_00010cs68006
 直接の原因は多分 これ
Photo
ヘリコイド回転リングの固定ねじが緩んでいました。
Photo_2
 構造を知らないので このねじが緩んでいるとは思ってもいませんでした。以前からバックラッシュが大きくなってきた事には気が付いていたのですが.......

 回転が渋くなってきたので力任せに回したら 右のネジピッチの通りにネジを切ったようになりました。取り外したらコイルバネのような切り子が出てきました。

 ドローチューブの修理をしてから簡単に光軸調整をして撮影してみました。

M1
 2015/09/23 25:03~ 10分 一枚
M1_light_600s_1600iso_23c_00003decs

M45 メローペ
 2015/09/23 25:26~ 15分 一枚
M45x12cs6
 等倍画像
M45_x12cs6800600

 撮影前に極軸をドリフト法で調整しました。
この日はシンチレーションが大きく 250RCのオフアキとPHDで±5″位でしたが、Lodestarの露出時間を2秒にしてガイドを実行したらグラフでは±1.5″位に収まりました。先日のNJPに続きEM500でもドリフト法の有効性を実感しました。
 雲の通過で星がんじんでいます。又ガイドも時々停止、おまけにゴーストが二つも。35RDレデューサーを入れて明るい星を初めて撮りました。対策は無いかも。


 簡単に調整しただけでもこの程度に合わせられるのに、先日はどうしたことでしょう。

 取りかかったついでにスパイダとドローチューブの調整をしました。

スパイダーの直交性を良くするためにベーン 2枚 取り付け穴を0.3mm長穴にしました。
Photo_3
Photo_4
Photo_10

 写真にはありませんが 以前、鏡筒の取り付け穴を長穴にしていました。一カ所だけ更に1mm程広げました。

 治具でスパイダーの中心調整
Photo_5
 鏡筒が弱いので張力を掛けられません。

 センタリングスコープでドローチューブの調整
Photo_6
 ドローチューブ固定ねじ
Photo_7
 鏡筒の取り付け面はパテで下地を調整していてかなりでこぼこでした。
そのでこぼこを調整するために1mm厚3枚、1.5mm厚3枚のワッシャーが入れてありました。パテをナイフで削りワッシャーの位置を試行錯誤しながら、光軸にそうように固定しました。
Photo_8
Photo_9
写真に撮ってみたらまだスパイダーが曲がっています。実写し 確認してから直すかどうかを決めます。多分このくらいは我慢できる? かな。
Photo_11

 この鏡筒は回折光が汚い固体が多いと認識していますが、これでかなり良くなるでしょう。

 
 






 



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

久しぶりに撮影できました

 9月21日
昨夜は久しぶりに撮影が出来ました。先回は7月10日 道院キャンプ場でした。ブログ記事にはしていませんでした。

 昨夜の撮影地は大平、浅葱天文同好会の仲間と三人でした。とても楽しく過ごせました。eclさん、njpさん ありがとうございました。

 気温35℃の昼間に調整した赤道儀の確認、極軸設定でドリフト調整を行う、Tokina11-20mmの星像確認とFS60CBのファーストライトをする。......と盛りだくさんの予定でした。

 まずは赤道儀の確認です。NJPに250RCオフアキを載せて極軸設定を行いました。結果は想像以上に良好でした。シーイングが良かったことも良い結果を生んだと思います。
 気温は15℃くらい、ギヤが堅くて動かないことを心配していましたが レスポンス良くきびきび動作しました。

NJP MTS-3SDI+ 250RC+RD Lodestar オフアキ PHDGuiding2.5.0 ドリフト法で極軸を調整
Phd2
 ターゲットにはほぼ1″以内に入っています。グラフも1″以内。いつもは2×2のビニングでガイドしていましたが今回はビニング無し、MiMoも0.1ピクセル。赤緯側の動きも大変反応が良かったです。

 この結果に気を良くして早速撮影に入りました。外では初撮影のM27です。
15分の露出を終えて上がってきた画像をみて愕然、今までに見たことが無い悪い画像でした。もう一度ピントを確認して又15分、やっぱりコマが出ています。更に四隅でピントを確認してもう一枚。全く駄目でした。

 M27
2014/09/20 22:15~ 
NJP MTS-3SDI+ 250RC+RD CDS-600D(冷却無し) Lodestar PHD2 オフアキ ISO1600RAW 15分一枚 CameraRaw9.1.1 CS6でグラデーションマスク、レベル調整
M27light_900s_1600iso_23c_00010cs6
 超超ピンぼけで処理する意欲が湧きませんが、初めて暗い空で撮影し、綺麗な発色が得られたので一枚だけ処理。

 志賀高原遠征に備えてRCの主鏡が緩んでいたので光軸調整をしました。どうしたことでしょう。カメラもスケアリング調整をしたので それが悪かったか。

今日一寸だけ見てみたらドローチューブが緩んでいました。3週間ほど車に積みっぱなしだったことが悪影響したかも知れません。

 NJPは撮影を止めて、FS60CB RD をSP-DX MTS-3SDI+ に載せてファーストライトをしました。こちらの赤道儀も気温低下の影響もなくスムーズに動き、QHY5L-Ⅱ 200mmファインダーガイド鏡 PHD2 で大変良い結果でした。

 M31
2015/09/20 23:57~
SP-DX MTS-3SDI+ FS60CB+RD Lodestar 200mmガイド鏡 PHD2
KissX5 SP4C HEUIBⅡ ISO1600RAW 300秒 一枚 CameraRaw9.1.1 CS6でグラデーションマスク、レベル調整
M31light_300s_1600iso_17c_00003cs6g
 M45
2015/09/20 27:03~ ISO1600RAW 5分一枚
M45light_360s_1600iso_25c_00043gmsk

 Windows10にグレードアップしたパソコンでBYEの設定を間違えてEXIFの書き込みをしてしまいSI7で開けませんでした。それと日付が変わった頃から薄雲が頻繁に通過して10数枚撮ったM45、使えそうな画像は4枚だけ、フラットやダーク、コンポジットもする気が起きません。
 

Tokina11-20mmのテスト撮影もせず終い。同時に三台の機材は使えませんでした。

それとこれが一番大きい、一晩中撮影していると翌日がとても辛い。
 

追加画像

 IC1805-IC1848
2015/09/20 25:37~  ISO1600RAW 5分一枚
Ic1805ic1848_light_300s_1600iso_25c

 









| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

OAG完成

9月18日 画像追加 

先日購入したOAGミラーを使ったOAGが完成しました。
Photo
一番左が今回作ったもの、中は直輸入したもの(マウントアダプタは購入先不明のもの--内径が少しだけ大きい)、右は国内のショップからセットで購入したもの(Pentaxのネジマウントで絞りレバーを押すために内径が小さくなっている)

 手持ちにあり使っていなかったシュミットの強化型ワイドマウントを改造しました。(スケアリング調整が出来るように押しネジが付いているーーー押しネジを全部緩めてしっかりとアダプタを固定すると周辺で0.1mmの誤差があります。イプシロン180にはあまりにも大きすぎます---それで使っていなかったのです---押しネジでの調整は難しいので何か対策を---)
Photo_2
 満足な刃物が無い上、加工作業も下手で手送りなので表面はざらざら、つや消し塗料が良く乗っていいかも。

Photo_4

 この加工に先立って同好会のO塚さんからミラーのフランジを改造して頂きました。
Photo_3
 左が加工して頂いたフランジ、右は元の大きさ。手持ちのアイピースホルダに合うように小さくして貰いました。

 イプシロン180に付けてフラットを撮ってみました。

 今回作ったもの ---左側
L
 今までイプシロンで使っていたもの ---真ん中
M
 250RCに使っているもの ーーー右側
S
 カメラはCDS600D(kissX5)、APS-Cでもいくらか周辺減光が少ない事が分かりますがその差は少ない。 250RCに付けたときにもこのような違いが出るかどうかは分かりませんが内径を切削して広げます。

 これでFS60CBもオフアキが使える様にできるかな.....FS60CBのネジ径が違うのでまだ先ですが.....天候が悪くてファーストライトも出来ていない。。。トホホ

追加画像
KIPON   M42/s-EOS
Kipon
切削しました
Kiponafter


 






続きを読む "OAG完成"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

偶然見た夕焼け

 今日も一日厚い雲に覆われていました。
今、2台目のinspiron1520 XP ProをWindows10にアップグレードしていました。かなり手間取りましたが一応落ち着いて天体撮影用途に使える目処が着きました。

 夕方、偶然に上がった星空観望台の窓が明るく、屋根を開いたら夕焼けが美しいでは無いですか。
Img_8813  G15 30.5mm f2.8 1/25 ISO800オート RAW 

 カメラを探しましたが一台もありませんでした。そうです、先週の土曜日に志賀高原に遠征撮影の計画があり、全てを車に搭載したままでした。月曜日、火曜日と近間で撮影出来るかも知れないと積みっぱなし。

 夕焼けの変化は早いですね、カメラを取りに行って3階まで戻るのに数分、もう暗くなってしまいました。

 昨日の日中は大変に良く晴れ、日差しと風が心地よい さわやかな一日でした。夜はお約束のドン曇り。
 私の星空観望台では低空の撮影が出来ないため、昼間の金星撮影に挑戦しました。風が強く、シンチレーションも悪くてまともな画像が得られませんでした。
鏡筒はMT200、もしかして強い日差しなのでこれも画像がゆらゆらの原因かも知れません。

MT200直焦点 QHY5P-Ⅱ パラメータの記録なし
Vinus_134725187
2015/09/15 13:48~ 約200フレーム/1000 RegiStax 6

本当は明け方撮れば良いと分かっていますが、起きられません。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

濃い虹がみえました。

 今日は久しぶりに濃い虹に遭遇しました。走行中だったので撮影ポイントを探して堤防道路へ。

G15 JPEG 球面法でマージ
Photo
 自宅に着いたら更に濃くなりました。
3
星空観望台超しに
Photo_2

G15の広角端でも虹は入りきらないので二枚マージ、近景が映り込むと歪みが大きくCS6でのマージも変形が大きくて醜いです。





 


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

雨続きで工作日和

 FS60Q関連で工作を続けています。

格納箱(コメリの安価なアルミケース)
 エクステンダー、フラットナー、レデューサーなどを収納しました。
Photo
ファインダーガイド鏡を親子亀にするためにアルカスイス互換プレートを作ってファインダーに固定しました。
Photo_2
Photo_3
最初は以前から使っているバンドとビクセンプレートにしようと思ったのですが意外と重くなりそうだったので思い切ってファインダーの鏡筒に穴を開け、アルカススイス互換プレートを直づけしました。

親子亀
Photo_4
Photo_5
FS60のフードは工作用のボール紙をボンドで貼り合わせて強度を確保、内側に水性つや消し塗料、アルミテープで外側を湿気から保護しました。
Photo_6
2
鏡筒に固定するためにスポンジを巻いて
Photo_7
アルミテープを巻いて完成
Photo_8
フードを付けて記念撮影---ガイド鏡のフードがかっこわるいーーーでもこれで結露なし
Fs60cbguide

 今回の工作はおおむね成功、自画自賛。

ガイド鏡はいずれはオフアキにする予定。


週末、志賀高原への遠征予定ですが......台風が二つも.......あぁぁ!
 










| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

OAGミラー

 今日はこんなものを購入しました。

オフアキ用プリズムターレット
Oag
OAG9オフアキシスガイダーを使っていますが、内径が小さいのでタカハシワイドマウント並みのOAGを作ろうと思って。


先日購入したFS60Q....ピニオンカバーの寸法がおかしい???
Photo
Photo_2
Photo_3
カバーが筐体に当たりません。ピニオン留めのビスに先に当たりMEF-3の固定が不安定です。

イプシロン、FS102、MT200といずれも問題が無いのに? タカハシ どうしたんでしょうね。





| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »