« 愚痴の季節 | トップページ | ブール-コールから丸三年が経ち »

2014年11月24日 (月)

新潟にも星空があった!

 11月20日 暫く続いた冬型が緩んで星空がやってきました。

撮影から帰った日から孫のおもりで画像処理が出来ないで居ます。

 夕映えの粟ヶ岳Photo_2  あまりの美しさに路駐して撮りました。
滅多に停車しない私ですが、帰宅の車で混雑している国道の路肩に停車してです。後ろの車が徐行して通り過ぎていきました。

 守門岳Photo
 撮影地の直近からの守門岳2  
 撮影地に着きました。Photo_2
 急いで設置して最初に撮った対象は初めてのNGC253
2014/11/20 18:54~ 15分1枚
Ngc253_2
 NJPのギヤを調整して最初のカット 順調にガイドしてくれているので15分20枚を目標にセットして夕飯にしました。今まで色々とトラブルがありお湯を沸かして夕飯を摂ることが出来ませんでしたが、今回は安心して食事が出来ました。

 食事が終える頃T田さんが到着、先だって彼が撮影した銀河NGC7741を教えて貰い導入、ここで脱調が起こりました。それでも脱調だけなら近くの星から導入すれば良いことで、無事導入 撮影を開始し3枚目を露光しているときにガイドが大きく乱れました。鏡筒はぶつかっては居ないのですがカメラ等のケーブルが干渉したようです。テレスコープウエストで開始したNGC253を13枚露光した後でそのまま続行したために過大なイナバウアーを強いてしまったようです。おまけに電源トラブルも。それで結局2枚しか撮れませんでした。

NGC7741
2014/11/20 22:20~ 15分1枚
Photo_3
 1320mmでは小さすぎました。

 この後トラブルはまだ続きました。調整した赤緯側が思うように廻りません。異音がします。仕方なくギヤ-の調整をやり直しました。クリアランスを小さくしたために気温が下がった所為で硬く成りすぎました。

 調整後にNGC2359を15分20枚の予定で撮影を開始しました。
シンチレーションが安定しないでガイドも不安定でした。星像の大きさに2倍くらい開きがあります。

NGC2359 
2014/11/20 24:32~ 15分1枚Photo_4
 これも初めての撮影です。20枚のつもりがトラブルも有り薄明が始まったので18枚しか撮れませんでした。それもガイドの乱れがあり使えるコマは少なくなりそうです。


 今回の露出がそれぞれ長いので その間にHiglasiⅡの撮影練習をしました。

 30mmファインダーを装着したHiglasiⅡ
Higkasifainder
 40年前のPentax スーパータクマー200mmF4でDPPAを行いました。
ファインダーのお陰で5回のDPPAでこのくらいになりました。
Dppa
慣れれば数回でこのくらいには出来そうです。
5分露出
M45smc200mm
 赤ハロ紫ハロが盛大に出ましたがフォトショップCameraRawでお化粧しました。

 赤緯側のずれは見られませんが東西にピリオディックエラーが現れて居るように思います。

 200mmはこれ一枚で止めて
オリオン座付近
2014/11/20 21:22~ 
Sigma17-50mmF2.8 30mm f4.5 プロソフトンA Kiss X5 SEO-SP4C HEUIBⅡ-FF ISO800RAW 5分1枚
Orion
ぎょしゃ座 牡牛座 付近
2014/11/20 21:53~ 以下同じ
Gyosyahiadespureades2  
 今回の空は最低気温-2.5℃位でした。
SQMの値は
Sqml
一番下がったときは21.28でした。


 今回の画像は全て一枚画像、ダーク、フラット処理無し、CameraRawで現像、CS6で処理をしました。
 





|

« 愚痴の季節 | トップページ | ブール-コールから丸三年が経ち »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

RCの長焦点から広角カメラレンズまで、守備範囲超広いですね!
粟や守門、夕暮れの写真もとれも綺麗です。
また、RCで撮られたNGC7741、NGC2359も良いですねー。特にNGC2359がこんな綺麗な青緑の星雲とは知りませんでした。この色、とても好きな色です。もしかして浅葱色とはこんな色でしょうか。
長焦点鏡は魅力的な撮影対象が無数にあるようですね。

投稿: ちーすけ | 2014年11月24日 (月) 08時52分

NJPの調整はマズマズといったところなのでしょうか?
15分露出で、これだけの長焦点を撮影できるなんて羨ましい。
脱調したといえ、直ぐに対応できる知識と赤道儀の理解力も凄い!

ヒグラシは200mm5分とは、これまた凄い。
やはり、それなりのポタ赤なのですね。
山にかついで登りたくなりませんか?

投稿: ecl | 2014年11月24日 (月) 09時00分

ちーすけさん
 例会でも話題に上がったようにいろいろな焦点で撮りたくなります。今までカメラレンズではほとんど撮ったことがありませんでした。RCやεの撮影が安定してきたのでようやく撮れるようになりました。

 浅葱色、そうですねまさしく浅葱色。
18枚コンポジットすればコントラストが上がり赤い部分も現れてくるでしょう。トールの兜は以前から撮りたい対象でしたが、淡いので自宅では良く写らないと思い 撮っていませんでした。大平ならではの対象かと思います。

投稿: けんちゃ | 2014年11月24日 (月) 09時26分

eclさん
 NJPはモーター自身から異音を発生しています。ガイドは旨くいっているのでこのままにするかも知れません。もしかするとコネクタで断線かも。
 NJPは駆動部分が露出しているので誰でも調整できます。素の機械精度が高いので調整次第ですね。

 Higlasi2Bはピリオディックエラーが少ない事が売りでしたから、本当はもう少し良いかと期待したのですが こんな程度でしょうね。200mmはDPPAの為、あとは単焦点で撮影します。今、Higlasiは当初の設計狙いから外れてきて一軸ガイドを始めたり、二軸化を行っています。私には不要ですが。

 以前 I垣さんのSPを借りて信州駒ヶ岳行は計画していましたが台風で中止しました。それ以来 泊まりで山へ行ったことがありません。山に持って行くにはHiglasiは一寸重いかも知れませんね、それでも昔に比べれば三脚が軽くなったし可能かも! 駒ヶ岳山頂で雨上がりに見た星空は、素晴らしかったですね。昔、尾瀬ヶ原で見た時の感動を思い起こしました。

投稿: けんちゃ | 2014年11月24日 (月) 09時52分

たぶんこの日は出撃されたのではないかと思っていました。たぶん今年最後の晴天を堪能されましたね。
NGC253は微細な構造までよく撮れていますね。低空なのでなかなかうまく撮れたことがないですが、これは素晴らしいです。
NGC2359って超淡いやつで有名なんでしたっけ。18枚コンポジット後の処理を楽しみにしています。
それからポタ赤で200mm5分はすごいです。きっちり極軸をあわせればこれだけ撮れるんですね。私も勉強してみます。

投稿: まるひ | 2014年11月24日 (月) 10時43分

今回も、出来上がり画楽しみな素晴らしい撮影ですね。ほんとに1枚でも十分綺麗です。私はまたしても好機を逃してやさぐれていたら、ポチリ病に感染してしまいました。

ひぐらしは高精度ですね。これならオートガイドしなくて十分70-200mmで使えるのではないでしょうか。

Pentax スーパータクマー200mmF4、私もまだ使ってます。愛着があって手放せません。Nikonには付けられませんがCanonのボディーに付けて風景とか汽車とか撮ってます。同じ300mmよりはずっと良い写りです。両方ともデジタルになってからは星を撮ったことがないですけど。

投稿: tantan | 2014年11月24日 (月) 11時23分

まるひさん
 前日、仲間と25:30位まで談笑していました。明日は撮影出来るなあと。結果はリタイヤ組だけでしたが(当然ですね)。撮影は朝焼けまでやっていましたから、二晩続けてなので眠くてしようがありません。

 20日の夜は暗さは大平の平均ていど、低空の透明度は良く、シンチレーションが少々悪いって所でしょうか。今年最後の撮影になりそうなので気合いで望みました。最近ようやく夕飯を食べないで出かけることになれました。女房も何にも言わなくなったし。NJPも弄ったことだし勇んで出かけました。

 南の低空は自宅からでは光害で撮れないので大平は絶好の撮影地ですね、積雪が無ければですが。春、もう少し早く、せめてゴールデンウィークに溶けてくれると有り難いのですが、こればっかりは仕方が無いです。

 NGC253は明るいのに今まで撮ったことがありませんでした。だいたいが螺旋星雲を撮っている内に時期を逃していました。
 NGC2359 トールの兜は多の方の作品を見て撮りたいと思っていました。ようやく念願叶い4時間あまりの露出が出来ました。撮影対象の数を減らすと楽ですね。今までパソコンの画面を見に撮影に行っていたみたいなことが、星を眺める余裕が出来ました。寒さ対策に歩き回る事も出来るし。

 ポタ赤、こんな物でしょうか。内蔵機能に少々不満がありますが、外部タイマー(http://onsite.sytes.net/ipt/index.html)があるので全く不自由はありません。でも折角の内蔵機能なのでもう少し工夫して欲しい所です。

 極軸はファインダーの十字線上で ほぼそれらしき時角の所に合わせるだけで50mm位までは良さそうです。のぞき穴より やはりファインダーですね、特に老眼では。

投稿: けんちゃ | 2014年11月24日 (月) 11時50分

tantanさん
 やさぐれて居ましたか? この言葉、何となくニュアンスが分かりますが、調べてみました。
そうするとポチリ病に感染するのですね。私は少しポチってしまったのでワクチンを接種しました。暫くは、少なくても年内は有効かも知れません。新種のウイルスが無ければ。

 私ににはレンズ資産と言える物は全くありません。高校生の時アルバイトで稼いだ分でPentaxSPと50mmF1.4と200mmF4だけです。どちらもハロが激しいです。50mmのほうは口径食が激しいです。今はソフトで処理できるので50mmを復活してみようかと思っています。

 ポタ赤の精度としては100mm位を満足できれば十分かなと! そうするとEF70-200mmF2.8は重すぎて使いにくいのでその辺りの単焦点を.....ポチリそうに成るかも。際限ないですねえ...完全年金生活者に成り立ての身には。

投稿: けんちゃ | 2014年11月24日 (月) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/58072873

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟にも星空があった!:

« 愚痴の季節 | トップページ | ブール-コールから丸三年が経ち »