« SP-DXをついに分解しました | トップページ | SP-DXを組み立てました。 »

2014年11月26日 (水)

4.5時間露出したNGC2359

NGC253の画像を追加しました。

 20日に撮影したNGC2359を処理しました。
今回はフラットフレームがこんなになってしまいました。
Flats
 左上が異様に青くなりました。

ライト画像
Light

それでステライメージでカブリ補正を使いましたが、補正の矢印を動かすとシーソーの様な変化で なかなか一様にはならず、フォトショップで補正しました。

 NGC2359 トールの兜
2014/11/20 24:17~
Astrosib250RC FC-35RD、NJP MTS-3SDI+仕様、OAG9オフアキ Lodestar PHD2.4.0rc、CDS-600D ISO1600RAW 900秒 ×18枚、SI7でダーク、フラット処理、加算コンポジット、デジタル現像 SSS、PSCS6で色むら除去 コントラスト調整(ハイパスフィルター)
Ngc2359x18rgbcs6hp_3

NGC253の画像は光害もあり処理できませんでした。フラット画像の撮影方法を見直してから処理します。

18枚の内、星像が小さかったフレームは10枚、残り8枚は1.5~2倍に膨れあがっていました。PHDのガイドグラフで+-4秒を超えた物もありました。全部コンポジットしましたが 10枚でもほぼ同じくらいの画像になりそうです。

ステライメージのマトリックス色彩補正を追加しました。
青くなりすぎたかな
Ngc2359x182demmrgbcs6hpbokasi


CDS-600Dの周囲と鏡筒前方を暗幕で覆いフラットを撮り直しました。いくらかは改善しました。僅かな光も影響するんですね。
Cds600d
こちらはKissX5 SEO-SP4C HEUIBⅡ-FF
Kissx5
まだ新品なのにゴミがありますね。クリヤーフィルターのゴミだと助かるのですが.....

 普段 フラットフレームは現像しないので気がつきませんでした。又、今回ほど強調していなかったかも。



11月27日 NGC253を追加

2014/11/20 18:54~ 15分 9枚コンポジット
Ngc253x92de2mmmbwcs6
13枚露出しましたが星像肥大で4枚を抜きました。色ムラの修正に四苦八苦しています。

ステライメージ7のマルチバンドウェブレットを追加処理して、CS6で青を強調してみました。
Ngc253rgbdemhrgbmbwcs6

 









 




 

|

« SP-DXをついに分解しました | トップページ | SP-DXを組み立てました。 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

NGC2359とても良い仕上がりだと思います。淡い星雲でもデジタル一眼でここまで写るんですね。この焦点距離でこれだけのガイド精度を出すのはさすがです。星が大きくなるのは大気の状態のせいですから仕方ないですよ。

PIで、デコンボリューションすると良いかも・・・

投稿: tantan | 2014年11月26日 (水) 18時15分

NGC2359、緑と赤が、とても魅力的です。
正直言って、天体写真を始めて3年弱、初めて見ました。
シリウスの近くにあるのですね。
こんな綺麗に写ったら良いな~。
15分*18枚ですよね。
私には無理な対象です。

投稿: ecl | 2014年11月26日 (水) 19時40分

tantanさん
 印刷すると星雲が浮き出ないので色彩強調をしたらwebではどぎつくなりすぎました。

 デジカメでも暗い空の元なら結構いけると思うようになりました。ますます冷却CCDから遠ざかります。

>PIで、デコンボリューションすると良いかも・・・
さりげなく誘導していますね、でも難しくて駄目です。
ステライメージで星をマスクしているのですが、やり方が間違っているのか効果が薄いです。SI6.5の時のやり方が効いていましたから、又試してみたいです。

投稿: けんちゃ | 2014年11月26日 (水) 20時14分

eclさん
 私も天体を知らないので他の方のBLOGを巡回していて、写せそうな対象をメモしておきます。

>15分*18枚ですよね。
eclさんの鏡筒では15分は長すぎますね、18枚はガイドさえ旨くいっていれば誰でも撮れますね!4時間半も手を付けなくて良いので楽ちんです。久しぶりにパソコンよりも星空を眺めました。

投稿: けんちゃ | 2014年11月26日 (水) 20時19分

印刷とwebを両立させるのはプリンターをキャリブレーションしないと難しいですよね。私はいい加減なところでお茶を濁してますが。
とりあえず、彩度を上げる分輝度も上げるとwebでの派手さを抑えられますかね。後は星マスクですか。

投稿: tantan | 2014年11月26日 (水) 20時35分

tantanさん
 ノートパソコンで見る分にはちょっと過ぎたかな? 程度ですがCXで見るとど派手です。プリンターにはちょうど良い感じ。

 今、印刷はフォトショップの管理で行っています。その色合わせは印刷物に画面の方をを合わせるのですが、それが目視なのでなかなか旨く合いません。フィルター式のセンサーの欠点ですが.......

投稿: けんちゃ | 2014年11月26日 (水) 20時45分

綺麗に仕上がりましたね!
けんちゃさんの予言通り、縁取りの赤い星雲も出てきて、とっても美しいです。

投稿: ちーすけ | 2014年11月26日 (水) 21時14分

ちーすけさん
 どうにか仕上げました。
フラットフレームが不具合でムラ撮りに苦労しました。今日、他のKissX5でフラットを撮影したら問題ないレベルでした。と 言うことはカメラのCMOSの問題か、カメラ内部に光が漏れている.....カメラを暗幕で覆っても変わりが無いのでカメラのLEDの光が内部に漏れるのか? またひとつ問題を抱えました。

 フラットがしっかりと決まれば赤い縁取りももっと濃く炙り出せるかも知れません。

投稿: けんちゃ | 2014年11月26日 (水) 21時27分

ご無沙汰いたしております。

変わらず素敵に撮られていらっしゃるようでうれしいです。
250RCもレデューサーを入れると星像が締まりますね。
最近星像の限界を感じつつあります。
高橋のレデューサーが付けられるんですね。
付け方がわからないのと財力がないので私には無理ですね。

先日10ヶ月ぶりに綺麗な空を拝んできました。
久しぶりに撮影も楽しめました。

投稿: ryojin | 2014年11月28日 (金) 20時30分

ryojinさん
 コメント有り難うございます。又、ご無沙汰いたしておりました。

 今年はεをとうとう使いませんでした。RCに使ったレデューサーはRCの付属品で、多分ダイアゴナル取り付け用の部品だと思います。その雌ねじをタカハシのネジサイズに合わせて拡張しました。最初FC100用の中古をテープを巻いて内部に押し込んで居ましたが、FC-35RDのネジが反対になり丁度結合できるようになりました。
 やはりF8では効率が悪いので何か無いかなと試行錯誤していました。ニュートンなどの補正レンズでF値が同じければ専用品で無くても良いと言うような事を読んだ記憶があり試して覧ました。まあまあ自分には十分な結果だと満足しています。

 ryojinさんのブログ、良く拝見しております。コメントしなくて済みません。今、中学で教師をしている娘が鬱になり休職しています。娘を見ているとなかなかコメントが出来ずにいます。

投稿: けんちゃ | 2014年11月28日 (金) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/58098059

この記事へのトラックバック一覧です: 4.5時間露出したNGC2359:

« SP-DXをついに分解しました | トップページ | SP-DXを組み立てました。 »