« 試写のつづき | トップページ | 金倉山 »

2014年7月 5日 (土)

遅くなったけれど「蛍」

 ゲンジボタルの飛翔時期に遅れましたが蛍を撮影してきました。それも晴れが続いて気温も低めと悪条件の日に!

2014/07/02 20:12
EOS60D TokinaAT-X116f2.8 11mm f2.8、ISO1000RAW 露出15秒 一枚Photo_13  
 蛍は大変少なかったです。今回は星も意識したので露出が少なすぎました。

20:36~ ISO1600RAW 10秒×30枚 Siriuscompで比較明合成Photo_14  
eclさん仰るところの赤い三角を入れたら無理な構図になり、少ない蛍がさらに少ししか写りませんでした。



 下の二枚は 2010年7月3日、同じ場所の蛍。
この後7月29日には未曾有の大洪水になりました。2010_  
2010__2  

 洪水から4何経ってもまだ復旧工事中をしていたり、復旧が終わった水田も休耕していて乾いています。ヘイケボタルは全く望めません。Photo_3  
Photo_4  
 それでもここの用水はとても澄んでいたし、産卵場所もありそうで生息数の増加が見込まれます。Photo_5  
 この撮影の数日前に下見に行った曲谷はPhoto_6
車が入れるのはここまで、この先も工事をしているようで、用水は濁り水でした。

途中には稲作がされていたのでヘイケボタルは観られるかも。Photo_7

 先の蛍撮影地から黒水方面へ行き、集落が近くなると水田が広がっていました。Photo_8  
こちらの用水も綺麗なので時期が合えば蛍が観られるかも、来年には!

そのまま七谷まで出て見ました。過去数回通行したことがありましたがやはり遠い、時間が掛かります。Photo_9  
手入れがされていない荒れ果てた杉林が続きました。広範囲に完全に枯れた杉も。

自宅方面の麻布谷への案内標識Photo_10

七谷への出口Photo_11  
Photo_12  

来年こそは.......蛍星景を!........明るい広角レンズも........

地元に拘らなくても........

|

« 試写のつづき | トップページ | 金倉山 »

天候、気候」カテゴリの記事

コメント

けんちゃさん、水害後も全滅しなかったんですね。強いですね。
私も毎年周辺の同じ場所を観察していますが、良く言われているように水田をやめると数年で蛍はいなくなってしまいました。蛍は山奥の清流だけでなく、人の手が入った水田の風景でもあるんですね。
明るいレンズに超高感度低ノイズのカメラですね、物欲は尽きません。

投稿: tantan | 2014年7月 6日 (日) 07時24分

良いポイントがあったんですね。その辺の林道、わたしも今回何度か彷徨いましたがその場所には気づきませんでした。何処もホタルが少なくて・・・。やはり水害前は沢山いたんですね!来年は明るい広角レンズで県北に遠征でしょうか。

投稿: ちーすけ | 2014年7月 6日 (日) 09時00分

tantanさん
 この付近は粟ヶ岳から続く低山で沢が沢山有ります。未曾有の降雨で出水しました。自宅前にも私の生涯で初めて沢からの濁水が押し寄せました。狭い範囲でも沢筋によっては上流の土砂崩れから免れた所も有るのでしょう。

沢筋はゲンジボタル、水田や湿地にはヘイケボタル、これからはヘイケボタルが観られそうです。

物欲は見たり聞いたりすると突然出てきます。押さえるのに必死です。今はα7s、赤道儀いらず。CANONからでないかなあ!

投稿: けんちゃ | 2014年7月 6日 (日) 10時36分

ちーすけさん
 この場所は教えて頂いた所です。行ってみたら意外と距離が近かったし、行ったことがある所でした。

Satoさんの行かれるような場所は近場にはなかなか無さそうですね。少し遠いけれど長岡市塚野山牛の首地区などはどうでしょうか? 祭りが行われるところでは人出と懐中電灯が邪魔になるのですが。

投稿: けんちゃ | 2014年7月 6日 (日) 10時43分

自然の回復力は目を見張るものがありますね。早く地元の里山にホタルがたくさん復活されるとよいですね。
沼澤茂美さんがα7sと1DXの静止画比較画像をwebに掲載されていました。それによると、1DXの方が上です。ソニー機はクールピクセルだらけになります。カラーノイズも多いですね。さすがに高感度動画性能は抜群みたいで、沼澤さんもそっち方面の用途での可能性を評価していらっしゃいました。
とはいえ1DXは重いので、現実的な選択肢ではないですが。
私の70D、なにげに60Daと同等の高感度性能を誇っています。今年になってから気づきました。ホット&クールピクセルも60Daより少ないです。とはいえ、ISO6400を使う気にはなれませんが。私的には70Dで十分です。

投稿: Toshihiko Sato | 2014年7月 6日 (日) 11時27分

satoさん
 カメラの比較情報を有り難うございます。
私は時々コメントに書いているのですが、新しいシステムに変更することに非常に強い抵抗を感じています。

 私の仲間が早速α7sを購入して動画を撮ってきました。https://www.youtube.com/watch?v=mSd4eQuIBbI

 大変魅力的です。が、やはりCANONから出て欲しい! お勧めの70DのHαの写りはどんなでしょう! Satoさんの三枚目の銀河&蛍は素晴らしいですね、60Da 今更ですがいいなあと思います。

 今星景や星野にフルサイズもいいなあと思うようになりました。年金暮らしになっても物欲は絶えません。大変だー!

投稿: けんちゃ | 2014年7月 6日 (日) 12時02分

蛍星景を撮るのに良い場所が見つかりましたね。最後の一行にある明るい広角レンズの物欲も良いですね。ヤフオクで、明るいレンズは入札しても直前にかっさらわれます。けんちゃさんのように新品も欲しいものです。

今年私は一般撮影が、何だか時期を逸してばかりいます。4月末にワンちゃんが他界して火葬の上、七七日の納骨まで済ませたら、カワセミの巣立ち前とか、菖蒲園も行きましたが人だかりでしたし、睡蓮も満開でしたので、梅雨時の一般撮影がほぼ空振り状態でした。山あいの番太池の蛍も気温が上がればと思いますが、蛍まつりになると人と車で撮影は無理ですしね...。

投稿: 電球 | 2014年7月 6日 (日) 16時56分

七谷の写真の所、良く通るので分かります。
とても良い場所ですね。今まで自分が出かけたどの場所よりも飛翔も多いようです。
昨日のたきがしらは人が多くて、せっかく撮れたホタルの飛翔もスマホの液晶画面が光って写っていたり、ライトを持っている人がいたり、、かなり厳しい状況でした。ホタルと星を入れる難しさを実感した夜でした。

投稿: 小太郎 | 2014年7月 6日 (日) 17時36分

みなさん自分だけのホタルポイントを開拓されていますね。
4日の日、近くに行ったついでに五頭山方面を開拓するつもりだったのですが、雨に降られて中止しました。
私は今年は観光ホタルだけでしたが、来年はマイホタルを見つけてみたいです。

投稿: まるひ | 2014年7月 6日 (日) 22時37分

赤い三角は忘れてください。(恥ずかしいので)
蛍が生息している場所は、結局、沢など谷間の為に視界が狭く、蛍入りの星景写真は難しいのかもしれませんね。
飛ぶ高さも決まっているし、低いアングルで撮った方が良いのでしょうか?

4枚目の写真からは、まだまだ多く飛んでいるように見えますが。
月明かりを考えると撮影は、やはり来シーズンとなるのでしょうね。

投稿: ecl | 2014年7月 7日 (月) 08時31分

電球さん
 蛍&星景としては一寸空が狭いですが、自宅から15分で行けるので蛍の数が増えればそれなりに絵に成るかもしれません。

 物欲は健康な証拠ですよ、っと思っています。
私も季節に絡む写真はみな遅れてしまいましたし、撮りませんでした。体を動かす、行動を伴う事柄が好きなことなのに遅く、遅れがちになりました。物を買うことは簡単で(支払いを考えなければ)、つい手が出てしまいます。
 でもまだ少しは判断が付いて居るみたい。星の写真を綺麗に撮るには機材の善し悪しも大きな要素ですが、それ以上に、構図のセンスや画像処理が大きく影響してきますから、即、明るいレンズの購入には成りません。(今日、yottyanさんがインプレされていました...グラグラ)

投稿: けんちゃ | 2014年7月 7日 (月) 17時29分

小太郎さん
 七谷にこの林道を通過して出てきたのは、ん十年ぶりでした。上黒水までは遠いですね、七谷からも、坂本からも。

 この林道は一般の人は誰も通りませんね、工事の人に一人だけ会いました。大規模工事では無くて小さい側溝工事でした。必要なのかなあ?

投稿: けんちゃ | 2014年7月 7日 (月) 17時35分

まるひさん
 観光蛍以外の所はなかなか難しいですね、Satoさんのブログが大変参考になりますが、何しろ遠いです。本当に自分の脚で毎日のように探さないと難しいでしょうね。天候、気象にも左右されますし。

投稿: けんちゃ | 2014年7月 7日 (月) 17時39分

eclさん
 4枚目の写真は水害前の写真でした。文章の書き方が悪かったですね、少し修正しました。

 赤い大三角は意識するととても良く分かりますね、ダイヤモンドの時もそうですが、自分ではそういうイベントには無頓着でした。まるひさんが敏感でいらっしゃいますね。

 昔、子供達と蛍狩りをしたのは旧盆前のころでした。だからヘイケボタルだったのでしょう。自宅の周囲は水田で沢山飛び交っていました。
 それなのでヘイケボタルはまだ脈があります。が、発光が弱く暗いし蛍星景には、矢っ張り明るいレンズが......てなことに成りそうです。

投稿: けんちゃ | 2014年7月 7日 (月) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/56704205

この記事へのトラックバック一覧です: 遅くなったけれど「蛍」:

« 試写のつづき | トップページ | 金倉山 »