« レンズ帰還、再び試写 | トップページ | 遅くなったけれど「蛍」 »

2014年7月 5日 (土)

試写のつづき

 先日、試写した画像の続きです。ようやく処理をしました。

M31
 2014/06/25 26:24~
EF70-200F2.8LⅡIS USM 200mmf2.8、CDS600D ISO1600RAW 露出90秒×11枚、SI7,CS6M31x11lbedelbgscs62  
IC1396
 2014/05/25 24:37~
EF70-200F2.8LⅡIS USM 200mmf2.8、CDS600D ISO1600RAW 露出90秒×24枚、SI7,CS6Ic139624lvel2cs6  
網状星雲
 2014/06/25 25:22~
EF70-200F2.8LⅡIS USM 200mmf2.8、CDS600D ISO1600RAW 露出90秒×24枚、SI7,CS6Amix24decs6  

 全て自宅での撮影なので光害被りで背景の色が分からなくなりました。それに画像右側の収差のために星に色が付いてしまいました。ステライメージとCS6で補正しました。

 このレンズ、今日やっと再修正に出しました。
光軸も狂っていてピントの前後で星の像が楕円になり位相が90°ずれました。

 今日対応して頂いた店員さんは収差について良く分かってくれてプリントを持って行ったら何の説明も必要有りませんでした。
修理伝票には情報を少ししか記入できないので、別紙にて詳細を書いて出し、しっかりと直すように伝えると言ってくれました。

 梅雨明けには直ってくるでしょうか。







|

« レンズ帰還、再び試写 | トップページ | 遅くなったけれど「蛍」 »

機材」カテゴリの記事

コメント

完成してきたレンズの試写というより、レンズの特性画像と言える撮影でしたね。
右側半分の色収差が、顕著に出ていますし話の早い店員さんで良かったです。
どうせだからメーカーが目指したレベルまで、しかも梅雨明けまでにしっかり調整がしていただけると良いですね。

投稿: 電球 | 2014年7月 6日 (日) 16時30分

電球さん
 本当に店頭で説明するのは難しいですね。最初の女性は修理伝票に書く文言を伝えてその通り書いていました。何も理解していないから。写真も見せたのですが。
 二回目の男性は口頭で伝えて写真を見せたら自分で修理伝票を書いてくれましたから、その対応は雲泥の差でした。

 書き足りないので別紙を添付すると言ってくれたし、納得いくまで何回でも修正に出しやすくなりました。

 何しろ世間では「神レンズ」と言われて崇められているレンズですからね。Canonの沽券に関わると思うのですが。

投稿: けんちゃ | 2014年7月 7日 (月) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/56703406

この記事へのトラックバック一覧です: 試写のつづき:

« レンズ帰還、再び試写 | トップページ | 遅くなったけれど「蛍」 »