« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の記事

2014年6月29日 (日)

レンズ帰還、再び試写

 先日購入した「神レンズ」がやはり星には良くなかったので調整に出し、上がってきたので試写してみました。Photo 新品で購入した直後のレンズなのに「固定環ユニットが変形していた」とは........

Satoさんの個体は十分満足のいくレンズだそうです。web上のいくつかの評価はばらつきが大きいレンズとの評価。外れをつかませられることがある!

 はい、外れをつかみました。

 Satoさんに教えて頂いたlenstip.comの 「Coma and stigmatism」
のデータをみてもフルサイズの周辺までほぼまん丸です。3244_can70200_koma

戻ってきたレンズで試写してみると若干は良い方向に向かっていましたがまだ納得できるレベルではありませんでした。Photo_2

再調整に出すことにします。

 皆さん、天の川を撮影に出かけて夜に光害の中自宅でレンズテストをしていました。

 こんなレンズで撮ったデネブ周辺-北アメリカとペリカン星雲
2014/06/25 24:04~
EF70-200F2.8L  IS ⅡUSM FL200mm F2.8、CDS-600D、ISO1600 RAW EM500恒星時運転、露出1分×24枚、SI7でダーク、フラット処理後 現像コンポジット、CS6の輝度マスクで色彩強調Ngc7000leveldecs6usp  

 露出が24分と短いため赤い星雲が描出できません。

その時のDPPのヒストグラムNgc7000_dpp  
 分かっていることですが暗い空の元の画像にはかないません。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

MLで環水平アークが見えると報告が.....

 今日の午後、浅葱天文同好会のMLに環水平アークが出ていると、メンバーのeclさんから報告がありました。
近所のスーパーに買い物へとドライブ中、駐車場に着いてから空を見上げると内暈のみを確認することが出来ました。

2014/06/24 13:50
CanonG15、Tv1/4000、Av8、ISO80 露出補正-3、評価測光、CS6Img_4634cs6  
13:53 
CanonG15、Tv1/1250、Av8、ISO80 露出補正なし、ISO80、評価測光、CS6Img_4642cs6  

 露出アンダーと自動で撮り比べました、というよりも暗すぎて背面液晶では見えなかったのですがCameraRAWで見える様になりました。



 急いで自宅に戻りもっと広角で撮りたかったのですが、もう見えませんでした。



 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

時期を過ぎた花菖蒲と薔薇

 6月22日
しらさぎ森林公園の「花菖蒲まつり」の記事を新聞で読み、出かけてきました。それも2日目の夕方、良い花が見られるわけも無いのですが孫のつきあいに疲れて一人。

 

Photo
 時刻が時刻だし、満開を過ぎていてみなクタッとしています。それでもまだ屋台もあり、大勢の見物客で盛況でした。今年は開花が早かったようですね。2  
Photo_2  
 沢山の花が付いているので遠目には大変華やかに見えます。_1

 

しおれていない花を探して撮りました。3
2_2  
Photo_3  
 G15の望遠側で撮りました。f2.8なので少しですが背景がぼけてくれます。

 この後冬鳥越えの薔薇園に向かいました。

 背後は小さなスキー場8
 入り口には蔓薔薇が綺麗に1  
2_3  
32  
 咲いている薔薇はほとんどが満開を過ぎて傷んでいました。でも蕾が沢山見られました。5
9
4
 痛みの少ない花を探して。僅かに雨が降っていて丁度良かった様に思いました。
7
6

 G15でAWB、絞り優先で撮りましたが、そのまま自動で現像すると赤い薔薇は潰れてしまいます。RAWで撮ったのでCS6で現像しました。



 

EF70-200mm F2.8L IS II USMはこの程度で調整に出しました。
Pint_centr

これをどう評価して、直してくれるのか? 不安と期待のきもちが交錯しています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

今日の空は 超綺麗! と X-E2の画像

 今朝は良い天気でした。ネットの環境展望台でみてみると、真っ白く表現されています。Gpv
このように全ての因子で真っ白なのは初めて見たように思います。

「梅雨入りした模様」宣言の出た新潟、今夜のGPV予想はGpv_tonight
レンズテストぐらいは出来そうな予感!


 スタースプリッターの大型ドブソニアンを使って自由自在にディープスカイを手動導入して見せてくださるちーすけさんが星景写真を始められました。

Fujifilm X-E2の写真が素晴らしいのでダウンロードして光害被りを少しだけ補正しました。一枚画像としてはあまりにも素晴らしいので、その掲載を認めて貰いました。

Fujifilm X-E2, XF18-55mmf2.8-4r, (24mm f3.2), iso1600, SS160s
jpeg一枚撮り .....ちーすけさんのwebよりダウンロードTiisukesi7cs6milkyway
 ダウンロードしたJPEG画像からですがステライメージ7のオートストレッチと周辺減光補正で見違えるようになったと思います。

このような画像を得られるならIrカットフィルターの改造や冷却など不要ですね、少なくとも星景写真では。εやFSQで長時間露光をやったらどんな画像が得られるか?  興味津々です。

ちーすけさん、有り難うございました。







 


| | コメント (18) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

”梅雨入りしたと思われる” 宣言

 今日6月5日、梅雨入り宣言がありました。
平年よりも一週間、昨年よりも二週間早い梅雨入り宣言だそうです。いつも新潟県の梅雨入り、梅雨明けは明瞭では無く、特に梅雨明けはいつの間にか梅雨が明けていましたと!

 今年の皐月は花付きが比較的良かったです。反面、生け垣の灯台躑躅はほとんど花がつきませんでした。刈り込みのタイミングが難しく、又樹形を整えるため益々花付きが悪いです。植えた直後の数年は満天星に成ったのですが。

G15Photo  
Photo_2  

 遊水池工事現場のダンプトラックの車列....こんなに連なって停車しているのを初めて見ました。何を待っていたのでしょう。

G15 フォトマージDamptrack  

 ニューレンズの星像確認が出来なくなりました。今まで撮った数枚の中から選択しないと駄目かな、自身一寸ピントに不安がある画像しか無いので説得力が掛けるかもしれません。




 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

最高の星空の元、ふるわない結果

6月3日 200mm画像を追加しました。 

6月1日
 大平に撮影に行ってきました。

その前に太陽、30日よりは幾分黄砂が少ないように思いましたが、守門岳は相変わらずぼんやり見えるだけでした。

2014/06/01 12:01
Pentax65ED SolarMaxⅡ60/BF15、EOS60D ISO1000RAW Tv1/40Sunimg_0020
 無表情な太陽でした。

 30日にも大平に出かけたのですが到着した頃は星も沢山見えましたが、遠くで雷鳴がします。予報では雷の予報が新潟県北部で出ていました。

 そのまま雲を避けて新しいレンズの試写を続けていました。と、雷鳴が近づいてきて雨が落ちてきました。急いで片付け、濡れることは避けられました。

 2014/05/30 23:02
SP-DX、KissX5、EF70-200F2.8L ISⅡUSM FL200mm、ISO1600RAW F2.8 Tv90秒 DPPで処理 Light_90sec_iso1600_41cc_000021dp_4
少し雲で隠れていますがまあまあの写り! かと思いきやかなりの方ぼけがあります。





 1日にリベンジ、黄砂は幾分少ない様、でもいまいち。GPVでは海上に雨域があるものの一晩晴れそうなので大平へ!

 黄砂の影響を感じさせない良い空でした。薄明終了後の南の空も光害を感じません。

22時頃の天頂付近のSQMメーターの数値は2159
 今までで最高の数値が出ました。
蠍座付近は2133

 G15のCHDKによる撮影もようやく順調に出来るようになったみたいです。が、RAWで撮ることを忘れてJPEGで撮ってしまいました。モードダイヤルをオートにしておくとRAWの撮影が出来ないのです。ダークを自動で引いていますが、カメラで撮って出しのJPEG画像はトロトロになってしまうんですね。

 私のSP-DX
G15 ISO2000 JPEG F2.8 15秒 以下同じSpdx1  
Spdx2
T田さんのNJP、Celestron Edge HD 800
Tsunoda_2
追加 CHDK、X__2014_06_021_299_0602_raw4429 一枚だけRAW画像で保存していました。

EF70-200F2.8L ISⅡUSMでの撮影はCDS-600Dで行いましたが、冷却することを忘れていました。そのうえピント出しに苦戦しピンぼけ状態で、レンズ、画像の評価を出来る状態ではありませんでした。

webでもその評価を探しましたが例が少ないながらも、同じように方ぼけで交換した例がありました。又、こんなもんか!という評価も。

風景撮影にはすばらしい写りだと思います。でも星には辛い。沢山のレンズが入っているからなのか中心部でも星が丸くならない。もちろんISのメカロックの確認はしています。


あとでノイズ満載の写真を処理して追加します。

SP-DX(MTS3-SDI+)、PHDGuiding2.22とLoadster+ミードファインダーによるガイドで一つ発見しました。mnmvの値を最小の0.05pixが一番良かったこと。



EF70-200F2.8L 70mm画像を追加
 スタークラウド周辺
2014/06/01 26:04~ 
SP-DX ガイド鏡ミードファインダー Lodestar  PHDGuiding2.22 CDS-600D(無冷却) EF70-200F2.8L ISⅡUSM FL70mm、ISO1600RAW F2.8 露出180秒×9枚 SI7 CS6 ダーク、フラット処理無しEf70x9decs62
 ピント合わせを手動で行ったのでかなり厳しいものがあります。輝星に少し青ハロが出ましたが、星像は70mmレンジでは自分にはまずまずだと思いました。
 

これからピンぼけの200mmレンジを処理します。


6月3日
ようやく画像処理をしました。

冷却を忘れた画像なので日中にダーク、フラット、フラットダークを撮影

やっと、アンタレス周辺の撮影が出来ました。

アンタレス周辺
 2014/06/01 22:37~
SP-DX ガイド鏡ミードファインダー Lodestar  PHDGuiding2.22 CDS-600D(無冷却) EF70-200F2.8L ISⅡUSM FL200mm、ISO1600RAW  F2.8 露出240秒×18枚 SI7 CS6 ダーク、フラット処理M4x18de3cs6
ピントを外しました。右上が青ハロ、左下が赤ハロか。

ゴーストが出ています。これはwebにも報告されていることですが、アンタレスで出るとは!

冷却を忘れてCMOS温度が20度くらいでした。



 このエリアの色は複雑でよく分かりません。沢山の写真を見ていると被りがひどいようなのでSI7で何とか除去してみました(画像を入れ替えました)。ゴーストをCS6のブラシで補正しましたが補正しきれません。M4x18demmcs6msbokasi     

 今日は夕方晴れ上がり、今夜は自宅でレンズの確認をしようと意気込んでいましたが今、どん曇り......残念!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »