« 撮影地はまだ遠く! 手前で撮りました | トップページ | 5泊6日の合宿をして来ました。 »

2014年5月 8日 (木)

大谷ダムへ行ってきました。

 5月2日に道院への道路上でM83を撮影していた時に、Higlasi2Bで天の川を撮ろうと四苦八苦していました。使い方を忘れていてモーターが回りませんでした。固定撮影になってしまいました。

 しっかりとマニュアルを読んで掛かりましたが、内蔵タイマー、レリーズを使って撮影したときに画像の確認がやりにくいこと、何枚目を露出しているか分からないこと、露出中の表示が分かりにくいことで、結局パソコンを使いBackyardEOSで撮影しました。

 極軸の設定がのぞき穴からでは旨く出来ませんでした。HiglasinihaDPPAと、ドリフト法を使った極軸設定支援がありますがまだ使い方が良く分かりません。やっぱり極軸望遠鏡が一番使いやすいと思いました。

 タイマーやDPPAを使わないとHiglasiを選択し、買った意味がありません。何とか使えるようにしたい物です。
それにしても露出中表示は正面から覗かないと見えない、大変暗く、小さく作ってあります。横からでも見えるように出来ないかな?

天の川
 2014/05/07 25:12
EOS60D(ノーマル) Sigma17-50 F2.8 18mmF2.8 ISO1000RAW 150秒 PSCS6で現像 ポタ赤 Higlasi2BMilkywatcs6iso1000_150sec_60d_000_2

18mmの焦点距離で3分露出でも流れてしまいました。

天候は良さそうでしたがwebの情報では黄砂は少々、硫酸塩エアロゾルとオゾンの濃度がかなり高かったようです。

DPPで現像、そのままPhoto  
まるで赤外改造カメラの様です。


大谷ダムサイト 此所で撮りました。Photo_2
 ここは背中から街灯に照らされますが、影響は無かったと思います。

此所には猿が沢山います。Dpp_0002

Dpp_0003

人慣れもしているかもしれないし、夕食の時刻のようで一生懸命食事中で近づいても直ぐには逃げませんでした。

食べ物は持って行かなかったし、薄明時には引き上げたので害はありませんでしたが、気持ちが悪いので周りが見えるところで撮影しました。


Higlasiの電池が切れて後は固定撮影になってしまいました。12Vバッテリーからも電源を取れるようにしておいたのですが、その電源コードが見当たりません。終わってからポケットにありました。

短い時間タイムラプスを撮りました。
2014/05/07 26:33~ EOS60D Tokina AT-X116 11mm F2.8 ISO3200RAW 30秒 90枚 SriusCompにて作成



こうやって見ると雲が流れていたんですね。
飛行機も沢山飛んでいる。中には流星も写っているみたい。写野には入りませんでしたが速い火級クラスのがひとつ目視できました。方角はみずがめ座ではありませんでした。



CHDKが旨く使えない。

これは5月2日に撮影出来た唯一一枚Chdk  
こちらは昨日の大谷ダムサイトの一枚Higlasichdk  
 この日も不具合。

不具合の症状はシャッターボタンを押すと電源が切れる!

ハーフシャッターの項目があったのでDisableに設定。意味があるかどうかは知らない。

手で持って試写しているときはシャッターが切れてくれるが、構図を決めて地面においてシャッターを押すと、電源が切れる、手にとって又起動するとちゃんと機能する、又地面に置く、これを繰り返し数枚の撮影が出来ました。

私が分からない、理解できない何か設定があるのでしょうね、きっと! まあ、いいか!




 追加

今日の太陽
2014/05/08 10:46:42
Pentax65ED SolarMaxⅡ60/BF15、EOS60D、ISO500RAW 1/40秒、CS6で現像、疑似カラー処理Sun_0013mono
 観望室の窓から落下させて欠けたレンズ、私にはその影響が分かりません、良かった良かった。

 I垣さんから、「プロミネンスが出ているよ」メールで押っ取り刀で撮影開始。
私が撮影を始めたときは薄雲が掛かり始めました。
-------------------------------------------------

7日16時7分(UT)に、活動領域2051(S09W92)においてM1.2のLDEフレア(継続時間の長いX線フレア)(16時29分(UT)に最大、17時3分(UT)に終了)が発生しました。

-------------------------------------------------------
独立行政法人情報通信研究機構 宇宙天気情報センター
からのメールを受信しても、大抵は終わった後、運良くフレアの発生に当たってみたい。











|

« 撮影地はまだ遠く! 手前で撮りました | トップページ | 5泊6日の合宿をして来ました。 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ダムへ行ってこられましたね。
猿が出没するとは、今度、気をつけなければならないと感じます。
実は、望遠鏡的に試したいことがあって、私も行こうと思っていました。
あんなことが無ければ。

ヒグラシ、良さそうですね。
この画面の大きさだと、星流れは気にならないのですが・・・。
これから煮詰めて行かれるのでしょうね。
それにしても、電池切れでタイムラプスに移行する機転は、さすが。

投稿: ecl | 2014年5月 9日 (金) 08時00分

eclさん
 おはようございます。お体、大丈夫ですか?

猿は昔から観られています。数が増えているようで一寸怖いです。
Higlasiは機能満載で魅力があったのですが、今は単に赤経軸だけで、他の機能無く、極軸がしっかり合わせられるポタ赤が良いと思っています。

マジックランタンを使っているeclさんならなおさらと思います。マジックランタンは以前から知っていました。機能が豊富ですが、パソコンを使う私には一寸怖い、ファームウェアを書き換えないCHDKの一眼レフ版があれば良いのに!と思っています。

 本当はカメラ二台で行くつもりでしたが、撮影出来る時間も少ないし、バタバタしている内に明るくなりそうで一台にしました。それでもバタバタしましたが。

 撤収時に電源ケーブルがポケットに有って ●△×!

 ポラリエは極軸望遠鏡の取り付けが簡単で良いですね、Higlasiは基本取り付けできません。個yぞうが構造が弱そうなのでメーカーに送って雌ねじを取り付けて貰おうかと思っています。

投稿: けんちゃ | 2014年5月 9日 (金) 11時43分

私も撮影してましたが、確かに空の条件は良くなかったみたいです。でも写真の天の川を拝見すると、この撮影場所は暗そうです。地図で見ると直線では守門岳を挟んで入広瀬からさほど遠くないのですね。
Higkasiさんは、面白そうだと思ってましたが、面倒なんですね。10年変わらずスカイメモを使っているのでいい加減何か新しい物に挑戦したい気もしますが、まだ壊れそうにありません。
それにしても自宅で太陽観察、良いですね。

投稿: tantan | 2014年5月 9日 (金) 14時55分

tantanさん
 大気の透明度が悪いですね、この日はオゾンの濃度も高かったのですが、短波長の光に影響するのでしょうか。

 場所は守門岳の北側、大平や道院は西側です。空の暗さはSQMーLの数値で天頂21.1~21.4でした。先日、栃尾の菅畑でも天頂は同じくらいでした。まあ、かなり位と思いますが、低空の光害が見えて慣れてしまうと明るいなあと思うようになります。

 Higlasiはウォームギヤの端数が40と極端に少なく、ピリオディックエラーの周期が長い→長時間露出が出来る。と言うことで購入を決めました。

 スカイメモが有るならそれが一番良いですね、ポタ赤=軽い、と言うことを求めていないので、私の選択は間違ったかも! ただ、精度の割に安かったので決めました。

 夜の撮影がなかなか出来ない日が続くとストレスが溜まります。折角のスライドルーフも稼働率が低いので、少し安くなったのを機会に購入しました。何せ近くにダブルスタック持ちが居るので影響を受けます。実際、見始めたらダブルスタックの威力は凄いです。

投稿: けんちゃ | 2014年5月 9日 (金) 18時13分

天の川は良いですね。おまけに自宅で太陽撮影も、私の在学中は笠堀ダムしか無かったのですが、大谷ダムは暗くて手近な撮影場所のようですね。笠堀ダムしかない時の話ですが、昼間でもニホンザルやニホンカモシカの生息地ですから、見ることが出来ました。
ニホンザルは繁殖期でメスが子育て中が一番怖いです。まだ、高崎山のニホンザルほど人馴れしていないでしょうけど・・・。

ポタ赤の極望ですが、このタイプは自分でも取り付け穴2個で代用出来そうです。
http://www.syumitto.jp/SHOP/SW2070050020.html 私のCD-1のとレチクルがほぼ一緒ですが、ポタ赤にはこの方が合わせやすい様な気がしました。ベースにネジ穴2個の加工で取り付けられますがどうでしょう。純正があるのかな?

投稿: 電球 | 2014年5月 9日 (金) 20時41分

電球さん
 まあまあの天の川になりました。透明度が良ければ素晴らしい天の川に期待できそうです。今現在、ダムの照明は5~6本と少ないですがこれから多くなるかもしれませんね、実際通電しているけれども点灯していない、放電開始状態の街灯もありましたから。

 昔、笠堀ダムに行ったことがありますが照明が煌々と点っていて大きな蛾が沢山集まり、とても居られませんでした。大谷ダムがそうならないことを願っています。
 安全運転で30分で到着です。今までダムは明るいという先入観で行ったことがありませんでした。

 極望ですが、ご案内の物は高い、もう一つポタ赤が買えそう...てな事は無いか!

 30年くらい前のミザ-ルの極望があるので、それを取り付けられないか検討します。あと、634の安物モノキュラーでも北極星は見えました。これも検討材料です。

 取り付けに対して考えてないポタ赤なのでこれも検討しなければなりません。自分で加工して保証が無くなると困るし。

 月曜日、OPですので又暫くおとなしくしていないといけません。梅雨前に復帰できるかな?

投稿: けんちゃ | 2014年5月 9日 (金) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/56115792

この記事へのトラックバック一覧です: 大谷ダムへ行ってきました。:

« 撮影地はまだ遠く! 手前で撮りました | トップページ | 5泊6日の合宿をして来ました。 »