« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の記事

2014年5月30日 (金)

星空まで待てなくて

 星空を撮影するまで待てなくて庭の花でファーストライトをしました。

kissX5 EF70-200F2.8/200mm ISO200RAW Tv1/1000 Fv2.8Photo_6

 FL190mm ISO500RAW Tv1/250 Fv2.8Photo_7  

 FL70mm ISO200RAW Tv1/640 Fv2.8 露出補正-1Photo_8
 70mmになるとボケは少ないね、やはり。

 PSCS6で現像、ISの効果は大きいですね。200mmも手持ちで撮りました。




早く星空に向けたい.......そらは黄砂ですっきりしないし......







 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

黄色い太陽 黄砂が醜いですね。

 ここの所黄砂が多い日が続きます。 久しぶりに太陽を撮りましたが、のっぺらぼう、大きなプロミネンスも無く、黄砂の影響か黄色の太陽になりました。いつも黄色っぽい仕上げなのですが特に今日はひどいようです。

 2014/05/30 10:50 Pentax65ED SolarMaxⅡ60/BF15、EOS60D Tv1/40 ISO1250 RAW、PSCS6Photo_2

オゾンの濃度が高いようですが、これは撮影には影響があるのでしょうか?Photo_3

視程も大変悪いPhoto_4

いつもならこのように見える守門岳---これでも少し悪いのですがPhoto_5

今日の守門岳---全く見えませんG15

西方の国、何とかしてください。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

天蓋高原に撮影に行ってきました。

 28日、村上の天蓋高原に行ってきました。
tantanさんがguriguriさんと「天蓋高原で撮影します」とのブログ記事を読んで”行きたい”気持ちと「天候が少々不安、遠い」との間で揺れていました。行けない、行かない理由をいろいろと考えながら庭の草木に水やりを終えました。現在18時、予想では2時間半掛かる予定、まだ薄明中に到着できる!  行かないで悶々しているよりも行くことを選択しました。

 道路は丁度帰宅時間のラッシュでインターまで30分も掛かりました。延伸した高速道路を朝日まほろばインターまで初めて通行しました。コンビニでおにぎりを買い夕食としました。それでも到着は20時頃、思ったよりも早く到着しました。

 帰路は早朝でもあり1時間半で自宅に着きました。


 天蓋高原ではtantanさんとguriguriさんがもう準備が終わっていました。
車で走行中は前方の景色を見ていて青空が広がっていましたが、駐車場について南を見ると薄雲が広がっていて驚きました。でも夜半過ぎには良くなる見込みでHiglasiを設置しました。Higlasiは前回大谷ダムで撮影した際は流れてしまいましたので今回は11mmで4分露出で撮影しました。

 極軸ののぞき穴が暗闇では見難く位置が分かり辛かったので周辺に反射シールを貼りました。その甲斐があって直ぐに設定できました。

 今日は直焦点撮影が無いので天文談義をしながら終始楽しく過ごせました。tantanさん、guriguriさん、有り難うございました。

guriguriさんGuriguri
対象天体を写野の中心に持ってくることに腐心されていましたが、オフアキ+PHDのガイドがとても旨く行えていました。M106とM20を見せて貰いましたがとても良く撮れていました。薄雲が時々通過していましたがそれを感じさせない出来でした。

tantanさんTantan
広角のカメラレンズで星野、星景を撮っておられました。カメラレンズ&カメラの違いをつくづくと思い知りました。周辺まで点像で色収差がありません。

私のHiglasi とEOS60Dノーマル。レンズはkenkoのジャンクレンズTokina AT-X116Higlasi

 ω狙いのtantanさんは低空の雲と黄砂に阻まれて撮影断念。Omaga  

Higlasi  EOS60Dノーマル Tokina AT-X116 11mmF4.0 ISO800RAW 240秒
ステライメージ7で現像 11枚コンポジットMilkywayx11cs6
15枚コンポジットMilkywayx15cs6

 ジャンクなレンズは周辺星像が延びまくり、色収差が出放題。







 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

彩雲? 環水平アーク?

 彩雲 環水平アークが見えました。久しぶりに撮影出来ました。

2014/05/24 10:40 二階の窓から
Canon PowerShot G15 ISO80RAW Tv1/2000 Fv5.0_4352  
 居間でMLBを観戦中、ふと横の窓を見たら見事な彩雲が見えました。
だんだん広がってきて窓からは写せなくなり急いで戸外へでました。

10:46
ISO80RAW Tv1/2000 Fv4.0  一枚トリミング_4359



長さが長くなりました。結構長時間見えました。戻ってきてもまだまだ見えます。
11:07 CS6で2枚マージ 強調Lr
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

撮影できないので

 天候や手の都合で撮影出来ないで居ます。時間は沢山あるので前回処理したM20、M83と天の川を再処理、印刷までして練習しています。

 いくら再処理しても露出が足りない画像は強い処理が出来ないのであまり変化はありませんが、今回はステライメージ7のマスク作成時のボカシ数値を3にしていた物を0.5にして作成しました。

M20M20x6rgbenddelab  
M83M83x7colordergbmbscs6  
天の川
 前回の画像は一枚画像でした。
今回は5枚コンポジットし、周辺減光と被りをCS6で補正しました。Milkywayx53rd  
 周辺の星像は鮫の歯状で大変醜いですが、我慢我慢.....印刷しても離れて観れば........



 20日に抜糸した手の傷が少々痛みます。指や手首に力が入りません。







続きを読む "撮影できないので"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

今日は透明度が良い日だ!

 昨日に続き今日も透明度が良い日でした。

桜星景を撮った大崎山から見た新潟市方面です。_2_2
 EOS60D、Sigma100-300mmF4 300mm F7.1 Tv1/800 RAW、3枚フォトマージ 
新潟県庁からビッグスワンまでくっきりと見えています。直線距離で33Km。

 佐渡の金北山もよく見えました。構図が中途半端、パノラマにするための南側を取り忘れました。Photo  


 以前tantanさんが撮影されていた雲梯をやっと見つけました。Photo_2  

 こんなに天気が良いのに天体撮影は休みます。 残念ですが.......


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

5泊6日の合宿をして来ました。

 合宿仲間は、30代がフットサルで膝とふくらはぎを痛めた。60代が交通事故で腱板断裂、70代が雪で滑って転倒して腱板断裂、と私の4人でした。

 腱板断裂は完治までは大変そうでした。腱板を固定するスクリューは短く、骨の厚さも薄そうです。交通事故の合宿仲間は3ヶ月で固定部分の骨が剥離して緩んだそうで、そのまま固まるまで待つ、治癒には長期間掛かりそう。

 私は橈骨遠位端骨接合術に使った固定金具を取り出す事、外傷時内出血によって正中神経が癒着したので、その剥離手術を受けました。手術は旨くいって痛みも無いので早めに合宿を終え、記念品を貰ってきました。Kanagu2SDカードは大きさ見本

Kanagu1

腱板固定術のスクリューに比べとても長くてレントゲン写真では骨から5mm位飛び出していました。それでも外から触っても何も感じませんでした。空洞なんですね、きっと。

 先回の手術の麻酔は神経ブロックの部分麻酔、最初少し痛かった。
今回も同じ麻酔、今回は効きが悪く更に痛かったあ......追加で局所麻酔を。

 術中、少し奇妙な体験をしてきました。
あまりの痛みで麻酔を追加して手術を続けているなか、会話を続けて居るのですが、とても疲れた気分、少しぐったりとした気分でした。会話の中で心拍数が40、血圧XYZ、.....酸素吸入、●△×を追加....と言う声が聞こえます。
意識が少し遠のいた感じでもモニターの音は良く聞こえていました。心拍数が戻って暫くするととても落ち着いてきて疲労感も無くなりました。

 しかし本当に痛かったなあ、医師もなぜ麻酔が効かないのか首をひねっていました。首に麻酔を打っているときは所定の所に痛みを憶えたのに、小指と薬指のための脇の下の麻酔が、とうとう指に痛みがこなかった。前回ははっきりと分かったのに。

 でも術後の経過は良くて今も痛みはありません。骨折時とは大きく違います。
抜糸前の手のひらを観るとまるで漫画で見る「フランケンシュタイン」のよう。

 あとは数ヶ月置きに神経伝達速度の計測と知覚検査を! やっぱり一年掛かる!

今回の合宿仲間とはそこそこ話が盛り上がって退屈はしなかったけれど、もう合宿はしたくない。



| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

大谷ダムへ行ってきました。

 5月2日に道院への道路上でM83を撮影していた時に、Higlasi2Bで天の川を撮ろうと四苦八苦していました。使い方を忘れていてモーターが回りませんでした。固定撮影になってしまいました。

 しっかりとマニュアルを読んで掛かりましたが、内蔵タイマー、レリーズを使って撮影したときに画像の確認がやりにくいこと、何枚目を露出しているか分からないこと、露出中の表示が分かりにくいことで、結局パソコンを使いBackyardEOSで撮影しました。

 極軸の設定がのぞき穴からでは旨く出来ませんでした。HiglasinihaDPPAと、ドリフト法を使った極軸設定支援がありますがまだ使い方が良く分かりません。やっぱり極軸望遠鏡が一番使いやすいと思いました。

 タイマーやDPPAを使わないとHiglasiを選択し、買った意味がありません。何とか使えるようにしたい物です。
それにしても露出中表示は正面から覗かないと見えない、大変暗く、小さく作ってあります。横からでも見えるように出来ないかな?

天の川
 2014/05/07 25:12
EOS60D(ノーマル) Sigma17-50 F2.8 18mmF2.8 ISO1000RAW 150秒 PSCS6で現像 ポタ赤 Higlasi2BMilkywatcs6iso1000_150sec_60d_000_2

18mmの焦点距離で3分露出でも流れてしまいました。

天候は良さそうでしたがwebの情報では黄砂は少々、硫酸塩エアロゾルとオゾンの濃度がかなり高かったようです。

DPPで現像、そのままPhoto  
まるで赤外改造カメラの様です。


大谷ダムサイト 此所で撮りました。Photo_2
 ここは背中から街灯に照らされますが、影響は無かったと思います。

此所には猿が沢山います。Dpp_0002

Dpp_0003

人慣れもしているかもしれないし、夕食の時刻のようで一生懸命食事中で近づいても直ぐには逃げませんでした。

食べ物は持って行かなかったし、薄明時には引き上げたので害はありませんでしたが、気持ちが悪いので周りが見えるところで撮影しました。


Higlasiの電池が切れて後は固定撮影になってしまいました。12Vバッテリーからも電源を取れるようにしておいたのですが、その電源コードが見当たりません。終わってからポケットにありました。

短い時間タイムラプスを撮りました。
2014/05/07 26:33~ EOS60D Tokina AT-X116 11mm F2.8 ISO3200RAW 30秒 90枚 SriusCompにて作成



こうやって見ると雲が流れていたんですね。
飛行機も沢山飛んでいる。中には流星も写っているみたい。写野には入りませんでしたが速い火級クラスのがひとつ目視できました。方角はみずがめ座ではありませんでした。



CHDKが旨く使えない。

これは5月2日に撮影出来た唯一一枚Chdk  
こちらは昨日の大谷ダムサイトの一枚Higlasichdk  
 この日も不具合。

不具合の症状はシャッターボタンを押すと電源が切れる!

ハーフシャッターの項目があったのでDisableに設定。意味があるかどうかは知らない。

手で持って試写しているときはシャッターが切れてくれるが、構図を決めて地面においてシャッターを押すと、電源が切れる、手にとって又起動するとちゃんと機能する、又地面に置く、これを繰り返し数枚の撮影が出来ました。

私が分からない、理解できない何か設定があるのでしょうね、きっと! まあ、いいか!




 追加

今日の太陽
2014/05/08 10:46:42
Pentax65ED SolarMaxⅡ60/BF15、EOS60D、ISO500RAW 1/40秒、CS6で現像、疑似カラー処理Sun_0013mono
 観望室の窓から落下させて欠けたレンズ、私にはその影響が分かりません、良かった良かった。

 I垣さんから、「プロミネンスが出ているよ」メールで押っ取り刀で撮影開始。
私が撮影を始めたときは薄雲が掛かり始めました。
-------------------------------------------------

7日16時7分(UT)に、活動領域2051(S09W92)においてM1.2のLDEフレア(継続時間の長いX線フレア)(16時29分(UT)に最大、17時3分(UT)に終了)が発生しました。

-------------------------------------------------------
独立行政法人情報通信研究機構 宇宙天気情報センター
からのメールを受信しても、大抵は終わった後、運良くフレアの発生に当たってみたい。











| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

撮影地はまだ遠く! 手前で撮りました

 通行止めの道路の斜面で撮影をしました。
浅葱天文同好会のメンバー4人で雲が通過する中、我慢の撮影でした。
赤道儀のギヤの調整をしたので本当はω星団のリベンジのつもりでしたが、透明度が悪くて全く写りませんでした。周辺の星の配列から写野は間違いがありません。

ギヤは自動導入時、動き始めに少し脱調しましたが1320mmの写野に収まったので良いことにします。

 それで撮影対象に南天の回転花火銀河を選びました。初めての撮影です。

M83
 2014/05/02 22:44~Astorosib250RC FC-35RD、NJP(MTS-3SDI+)、OAG9オフアキ Lodestar、CDS-600D ISO1600RAW 600秒 X6枚 、SI7,CS6M83x7deascs6  
 11枚撮影しましたが、雲の通過でガイドが乱れたり、コントラストが低下して半分しか使えませんでした。 強調しすぎた感がありますが、取り急ぎ処理しました。
デジタル現像でSSSを使いました。


再処理
 ノイズに気を遣って処理したつもり......処理の流れは同じM83x7de2ndascs6

 あまり違いは分からないかな。


一寸味付けが濃すぎたかな!M83x7de2ndascs6labtc

 透明度が悪い夜にデジカメで無謀な対象を撮りました。
IC4601
 2014/05/02 24:56~
1200秒 X7枚Ic4601x7debgs_2



 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

撮影地はまだ遠く!

 今日も撮影地の雪の具合を見に行ってきました。

道院キャンプ場へ続く道です。Photo  
 雪で通行止め

 大平へ続く道Photo_2  
 二分地内 守門岳の登山口付近でまだ通行止めです。
3月に来たときは左の小屋は雪の下で見えませんでした。

桜もまだ満開Photo_3  
こちらは大平峠へ向かう途中2  


 24日の撮影の際、ファインダーを取り付けていなくて、さらにアイピースも無く、赤道儀のアライメントにとても時間を費やしました。ようやくファインダーを取り付けました。Photo_4  
 胎内星祭りで購入したライフルスコープです。


 先回処理したM20、また処理し直しました。
ωやケンタウルスAを処理していて色ずれが大きかったので3色分解、合成をしていくらか良くなったみたい。

色ずれ、大気による屈折。Photo_5

 それからSI7のマスク作成の際、ぼかしを大きくしたので今回はぼかしを少なくしてみました。それから背景も少し明るく。 M20x6rgb33050decs63rd  


5月2日 追加処理
 

まだ弄っています。M20x6rgb34thastrchmc

印刷してみたら彩度が低い、印刷のガンマを2.2(初期値? 自分で1.8にしたかも)にして印刷したらまあまあでしたが。

今回はデジタル現像のSSSを使い、マトリックス色彩補正を少々、オートストレッチを掛けて、フォトショップでは加工しませんでした。印刷したところでは自分なりにほぼOKかな。

 ディスプレイとプリンタの校正が出来ていないので手間が掛かります。






 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »