« 古雑誌の処分 | トップページ | CDS-600D 復活 と ω星団 »

2014年4月23日 (水)

ISSの撮影---詰めが甘かった!

 今日は広角レンズでISSの撮影をしました。昨日、O塚さんから情報を頂いていました。
Heavens-Above は日本語対応に 成ったんですね。

 2014/04/23 19:47~ 
KIss-X5 Tokina AT-X107 10mm F3.5 ISO800RAW 露出19秒 4枚 DPPで現像 SI7で比較明合成Isswest
Isseast  
 構図の詰めが悪くて、写っていないと思って途中でカメラの向きを変更しました。変更しなくても全行程写ったかもしれません。


 2014/04/23 19.48~
EOS60D TokinaAT-X116 11mm F2.8 ISO1000RAW 15秒露出 DPPで現像 SI7で比較明合成Issx4  
 BACKYARD-EOSで撮影したのですが、インターバルを普段の5秒に設定したままでした。このカメラも最初に向けた方向では写らなくて途中で変更しました。

最初の向きはこれIss_iso1000_15sec_60d_000145
満開の枝垂れ桜を入れようとした物でした。もう少し上でした。


 




|

« 古雑誌の処分 | トップページ | CDS-600D 復活 と ω星団 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

Tokina ATX 117は良さそうですね。ISSは、まさに突然現れる感じで、
私も最初に撮影した時は、同んなじように撮影途中で、
カメラの向きを変えてしまいました。
インターバルの設定もしないで、確か連写で撮影したと思います。

何はともあれ、捉えて撮影出来て良かったですね。桜と一緒じゃ無いですが・・・(笑)

投稿: 電球 | 2014年4月24日 (木) 07時04分

電球さん
 AT-X116も107もジャンクレンズですが、良く写ってくれます。周辺像が鮫の歯状に成らないのも良いです。

 ISSは突然現れるわけではありません。107の画像では木の中から見え始めましたが、徐々に明るくなってきます。
Heavens-Aboveで見え初めの時刻、方位、高度が分かりますからかなり暗い内から見え始めますよ。

116の画像は途中からです。レンズの画角を良く理解していない者ですから! 最高高度が高かったですね、それも分かっていたのですが。

 桜は明かりが無いので全く分かりませんね、何か照明を当てれば良かったなあ、ストロボを持っていないので残念。もっと余分にカメラを持っていれば! もっともその余裕もありませんでしたが。

投稿: けんちゃ | 2014年4月24日 (木) 09時23分

おぉぉ~!こちらでは快晴だったのですか。
ISSが地球の影に入っていくところは、良い感じですね。
羨ましいです。
私の見た場所は曇られてしまいました。
桜とISSが対象だと、来年まで待たなければなりません。
またまた楽しみが増えてしまいました。

投稿: ecl | 2014年4月24日 (木) 13時01分

けんちゃさん、ISSは天文館では時々観ましたが、撮影したことはありません。予報は出ていても見えてからでないと構図を決めにくいのはないでしょうか?一発勝負でやり直しが出来ないので、撮るのは大変そうですね。特に桜とISSは難しい組み合わせだと思います。

投稿: tantan | 2014年4月24日 (木) 17時51分

eclさん
 僅かな距離でも違いますね、低空の雲でしょうか?

 構図を決められないで残念でした。地球の陰に入ったところは偶然フレームアウトしませんでした。大塚さんに教えていただいた情報を印刷したんですが忘れていきました。こういうときにスマホ、もしくはルータが便利なんですよね。

投稿: けんちゃ | 2014年4月24日 (木) 18時48分

tantanさん
 ISSの軌道が星図上に印刷できます。目標になる星座や星の名前が分かるので本当は簡単なはずです。私が自分のカメラの画角を認識していなかったので外してしまいました。

自分の位置を座標で入力しておくと出現時刻も秒単位で分かりますし,便利ですね。

投稿: けんちゃ | 2014年4月24日 (木) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/55909444

この記事へのトラックバック一覧です: ISSの撮影---詰めが甘かった!:

« 古雑誌の処分 | トップページ | CDS-600D 復活 と ω星団 »