« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の記事

2014年4月29日 (火)

M20を仕上げました。

 4月24日に撮影したM20をダーク、フラット処理をして仕上げました。

2014/04/24 26:52~ 撮影地 長岡市(栃尾)菅畑 ← 正しくは大川戸 言うんでした。
Astrosib250RC FC-35RD、 NJP(MTS-3SDI+)、 CDS-600D、ISO1600RAW、600秒露出 ×6枚、ガイド Lodestar OAG9オフアキ PHDGuiding2.2.2a、 SI7で処理、CS6で微調整M20x6de12cs6  
 ノートパソコンでの処理なので背景の色はどうでしょうね、観る角度で大きく変わります。

本当はωを処理しないといけないのですが、あまりにも流れが多すぎてSI7のコマンドでは誤魔化せそうもありません。



それでもまだ諦めませんが.......ケンタウルスαも。


そうそう、もっと近いところでも撮影出来そう、光害はどうかな?夜行ってみないと分かりません。何しろゴルフ場なので。


4月29日
オメガケンタウリを追加処理しました。
と、いっても10分3枚、それもガイドがメタメタで少しましなフレームをSI7のカスタムコマンドで処理しました。nexguiderには完全に負けました。中心を外したので少しだけトリミング。X3custm_rgbasch_2
 ケンタウルスα 10分4枚 これもガイドがメタメタ、カスタムコマンドのお世話になりました。Centulsax41ss_2
 
4月30日 追加

BUG星雲
2014/04/24 24:48~
Astrosib250RC FC-35RD、 NJP(MTS-3SDI+)、 CDS-600D、ISO1600RAW、300秒露出 ×7枚、ガイド Lodestar OAG9オフアキ PHDGuiding2.2.2a、 SI7で処理、CS6で微調整Bugnebra_3

 これもガイドはメロメロ、SI7のカスタマコマンドを前コマに処理しました。5分で10枚撮ったのですが3枚は救済できませんでした。

 SI7には独立したコマンドでガイドエラー補正がありますが、私はどうも旨くいかない。

M104
 2014/04/24 21:47~
Astrosib250RC FC-35RD、 NJP(MTS-3SDI+)、 CDS-600D、ISO1600RAW、600秒露出 ×2枚、ガイド Lodestar OAG9オフアキ PHDGuiding2.2.2a、 SI7で処理、CS6で微調整M104x2de
ωが見えるようになるまでの練習撮影です。たったの2枚コンポジットですが、ダーク-フラット処理をすると楽に強調できるようになります。

 このくらいの高度があればガイドも楽々でした。

 この対象も自宅からでは光害被りで見にくい物になります。時期はもう遅くなりましたが一度はきちっと撮ってみたい。






 






 



 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

CDS-600D 復活 と ω星団

4月24日
 浅葱天文同好会の仲間がω星団を撮りに志賀高原に遠征するという。その前に近くで撮影出来る場所は無いかと、ステラナビゲータ10でシミュレーションを重ねました。以前一番星さんと撮ったことがある大平はまだ深い雪の中。
結果、以外と沢山の場所で見える事が分かりました。ただ、近くの立木などが邪魔をする場合があるし、北極星が見えないかもしれないなど制約はあります。

 家から車で40分の栃尾菅畑集落の近く、田んぼの中に陣取りました。比較的近い里山の上1度位の所に見えるはずです。

南中を待つ間にM104を撮りました。

 M104  2014/04/24 21:47~
Astrosib250RC FC-35RD、 NJP(MTS-3SDI+)、 CDS-600D、 ガイド Lodestar OAG9オフアキ PHDGuiding2.2.2a、 ISO1600RAW、露出10分 一枚 SI7で現像、周辺減光補正、レベル調整M104_iso1600_600sec_600dt3i_000163t  
 ω星団 2014/04/24 22:28~
以下全て同じPhoto
 地表に近いためでしょうか、初めて見たガイドの荒れ方でした。4~6ピクセルのエラーが出ています。撮影に出る直前に赤道儀の赤緯側のギヤの調整をしたのですが、その効果は出ませんでした。むしろ悪くなったのか、それともシンチレーションの所為?

こういう条件でも撮影出来るようなパラメータを探さなくてはいけない。同時に撮影していた仲間の PC(パソコン)不要の「スタンドアローンタイプ」のオートガイダー「NEW NexGuide」 がとても良い仕事をしていました。オフアキには厳しそうですが、ガイド鏡を使う場合には問題なさそうに見えました。

 構図確認用のISO12800 20秒 のカットです。 _iso12800_20sec_600dt3i_000168

 次にケンタウルスα
2014/04/24 23:31~
以下同じ
Ca_iso1600_600sec_600dt3i_000183  
 高度が少しだけ高くなってガイドが少し改善しました。

 

バグ星雲
2014/04/24 24:48~ これだけ露出は5分_iso1600_300sec_600dt3i_000205

 

M20
2014/04/24 25:52~ 以下同じデータM20_iso1600_600sec_600dt3i_000214  
 鮮やかな青が出ません。

 近くで被るような光害が少ないのでSI7の周辺減光処理でも観られるようになりました。
 まだフラットやダーク画像を取得していないのでどうしようか、仕上げるほどの写真には成りそうにも無いし。

 今回の収穫は、近くでωを撮ることが出来たこと。
CDS-600Dの冷却によるCMOSの結露が止まったこと。これは大変嬉しいことでした。

 月が昇ってくるまでM20を撮り続けました。

 久しぶりに朝焼けを見ながら帰宅しました。気分良く。


 

続きを読む "CDS-600D 復活 と ω星団"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

ISSの撮影---詰めが甘かった!

 今日は広角レンズでISSの撮影をしました。昨日、O塚さんから情報を頂いていました。
Heavens-Above は日本語対応に 成ったんですね。

 2014/04/23 19:47~ 
KIss-X5 Tokina AT-X107 10mm F3.5 ISO800RAW 露出19秒 4枚 DPPで現像 SI7で比較明合成Isswest
Isseast  
 構図の詰めが悪くて、写っていないと思って途中でカメラの向きを変更しました。変更しなくても全行程写ったかもしれません。


 2014/04/23 19.48~
EOS60D TokinaAT-X116 11mm F2.8 ISO1000RAW 15秒露出 DPPで現像 SI7で比較明合成Issx4  
 BACKYARD-EOSで撮影したのですが、インターバルを普段の5秒に設定したままでした。このカメラも最初に向けた方向では写らなくて途中で変更しました。

最初の向きはこれIss_iso1000_15sec_60d_000145
満開の枝垂れ桜を入れようとした物でした。もう少し上でした。


 




| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

古雑誌の処分

 今日は趣味の古雑誌を処分しました。10年前、増改築の際未整理のまま倉庫にしまって置いた物でした。

 リタイア後に楽しもうと取って置いた物でしたが全く利用することがありませんでした。現在の趣味を楽しむだけで精一杯の体力、知力を使っていて余裕がありません。それよりも古いことはすっかり忘れて仕舞っています。

 ワンボードマイコン「LKIT-16」に嵌まっていた頃の雑誌「RAM」、他の雑誌もありましたがそれらにはLKIT-16の情報が無かったので、とうの昔に捨てていました。Ram
 TTL規格表 これはまだ捨てないでおこう。Ttl
 これも取っておく。Photo  
 捨てた物Hamjournal
 CQ誌はやはり以前に捨ててしまった。

 他には天文ガイド、月刊天文、スカイウォッチャーなど沢山。いつものクオリスワゴンの尻が下がるほど、お陰で腰痛が!



 少し倉庫の整理をした後で
夕方、日没少し前の薄暗くなった大崎山に枝垂れ桜の様子を見に行ってきました。

2014/04/18 18:23 G15 ISO640RAW Fv2.2 Tv1/100 フォトショップで明るくしています。Photo_2
 もう満開ですねPhoto_3  
 薄暗い時刻に若そうな母娘が一組、靄で霞んだ下界を眺めていました。

 こちらのソメイヨシノは散り始めていました。ここでオリオン座を背景に撮りたかったのですがもう無理そうPhoto_4

 寒い上に薄暗くて誰もいません。




| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

桜星景を撮りました

4月16日
  日周運動を追加しました。


4月14日
 撮影を「中止する事」を中止し撮影に出かけてきました。
昨夜は微熱があり撮影意欲も萎えてしまったので撮影中止にしました。夕餉を摂り、BLOG記事を書いている内に熱も次第に下がってきて、「桜星景を撮りたい」と気分も盛り上がってきました。

 桜の花、月齢、天候と揃うことは滅多にありません。今、「行くしか無い」と23時頃車で5分の大崎山公園に出かけました。

 駐車場には車が一台、人影は見えません。街灯もまだ点いていませんでした。

 まだ蕾みの記念樹
2014/04/14 23:28~
EOS60D TOKINA ATX116 11mm ISO800RAW Fv2.8 Tv10秒 DPPPhoto  
2014/04/14 25:12~
EOS60D TOKINA ATX116 11mm ISO320RAW Fv2.8 Tv16秒 DPPPhoto_2

 露出が難しい。
カメラのモニタは昼間の明るいところで見やすいよう明るく設定していました。
日周運動もJPEGで撮影したのですが、パソコンで見てみたら全て露出不足でした。200枚以上撮影したのに。フォトショップのスクリプトを使うか、DPPのレシピを使うか、何とかしないと体調不良を押して撮影したコマが無駄になってしまいます。

 今日夕方から鼻水が少し、でも昨日撮影が出来て良かったです。今は雨が降っています。明日は又晴れそうだけれど!

画像追加  日周運動
2014/04/14 24:15~
EOS60D TOKINA AT-X116 11mm F2.8 ISO320JPEG 10秒露出 5秒間隔 200枚
SiriusCompで比較明合成Photo  
 Windows8にインストールしたSiriusCompで動画も一緒に作成しようとしたらエラーで作成できませんでした。比較明合成は作成できました。動画はWindows7で問題なく作成できましたが、Windows8でも作成できるようにならないかなあ!









 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

桜と星を撮りたくて

 夕方、大崎山公園に下見に行ってきました。
午後から少し寒気を感じることがあったので厚手のジャンバーを羽織って。

公園登り口、ここは電線が邪魔で、空は写せませんでした。Photo_15  
 駐車場も満開、街灯があるし空が狭いPhoto_16  
 予想していた目的の場所 ここも満開 北北東方面Photo_17  
2_3  

 同じ場所にある記念樹、1本桜です。
しだれ桜のようでまだ蕾みでした。この木が咲く頃は月が小さくなるかも。1_2  
 背景は新潟市方面
昔、銀塩時代に撮りに来たことがあります。公園に整備される以前に。

 日没間近の弥彦山Photo_18  
 展望台に上がる前の広場から桜越しにPhoto_19  
 展望台にはカメラ機材をを沢山持った人がひとり、夕日を撮ろうとしていました。
目的は果たせなかったようです。最近に無い美しい夕日だと仰っていました。時々上がってきているようで、少しの間話をしてきました。

 寺泊方向に沈む夕日1_3
2_4  
 S字状に蛇行している中間、水面が見えない所が決壊場所。

 広場の桜の間から月Photo_20
  下ったところから(土曜日と同じ付近)の月2_5  

 

 展望台で夕日を撮っているときも”寒いですねえ”と会話していました。

 自宅に戻ってから少々頭が痛い、熱があるようで体温を測ったら37.2度。年を取ると僅かな体温上昇でも体がだるくなります。撮影意欲も衰えて......今日の撮影はあえなく中止にしました。

 ああ~あ、明日の夕方は曇りの予報。 残念。


 撮影はすべてG15、最近EOS60Dは持ち出さなくなりました。








 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

町内清掃&大崎山

 朝は5時に起きて清掃の準備です。普段は絶対に起きない時刻です。

 

 町内と言っても訳け合ってたったの5世帯、狭い範囲なので直ぐに終わります。1
 終わった後は恒例の会議です。全世帯が一緒に集まるのは一年に一回、コレで全てです。町内会計の報告をして一年分の町内費を集めて、支出は全てそこからでほぼ班長一任! 5年に一回、班長約が回ってきますが楽ちんです。2_2

 ビールを飲んだので野外活動は午後から。

 午後からは昨日見てきた大崎山の裏手を通る道路を通り....Photo_2 こんな道路もストリートビューがあります。それで知って通ることにしました。

姫ノ城跡と高峰山へ行ってきました。 林道麻布-黒水線Photo_3
Photo_5


 最初は全行程徒歩のつもりでしたが、姫ノ城跡は車道の直ぐ脇と言うことが分かったので車で行きました。


 姫ノ城跡といっても藪ばかりで登ることも大変です。道路から数十メートル上がったところは10m四方ほどの藪。Photo_6
 藪をかき分けて行くと階段状に整備した跡が.....
Photo_4  

 ここから眺めた守門岳。南南東です。守門岳の先は暗いはず。Atc

 このあと少し車を走らせて高峰山登り口Photo_7  
 カタクリが咲いていて、Photo_8
Photo_9

遊歩道の真ん中には”糞” Photo_10  
 まだ乾ききってはおらず、虫がたかっていました。大きさを比べる物を置かないで撮影しましたが、おおよそ直径20cm位でした。

 正体はなに? 昨年は熊の出没が確認されていました。入山禁止にも!


 高峰山山頂、といっても名前とはほど遠い147.5m。Photo_11
 三角点がありました。Photo_12  

 大崎山正面の畑に咲く桜  向きを考えれば星景写真になり得るかな?Photo_13  
 大崎山公園の上から昇る月(土曜日)Photo_14  
 

 4時間くらいは歩いたかな、ぶらぶらと。高峰山から下るとき道を間違えて姫ノ城方面に向かってしまいました。里山の遊歩道なので油断してしまいました。道の周囲は似たような雰囲気、至る所で豪雨による崩壊が起きていました。糞を踏まないように下を見て歩くこと数百メートル、左に見えるはずの守門岳が右手に見えてきました。大失敗でした。

 地図とコンパスは持っていましたが、その利用用途はもっぱら星景撮影確認用。歩くときは見ていませんでした。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近くで撮影ポイント

4月12日

 8日に栄庁舎で撮影を行ってみて意外と良く写ったと思いました。道路脇でヘッドライトの影響も心配でしたが、これも意外と影響が少なかったので近くの河川敷と大崎山へ行ってきました。

 遊水池工事のためか河川敷道路が舗装されていました。Photo
 家から直線距離で800m位の距離です。中心左寄りに桜が写っています。まだ蕾でしたが、もう咲いているでしょう。これも気になる対象ですが街灯が近いのでどうでしょう?

 守門岳パノラマ_
 夜、G15で撮影してみました
G15 ISO2000RAW Tv5秒 Fv2.8 CHDKCs6
 月が明るすぎて星が写りません。雪の守門岳を強調したくてかなりγをあげました。望遠で無いと無理でしょうか? 星景の背景にはならないかな?

左下の明るいところが我が家の付近で南南東方向になります。距離はやはり直線で800m位。自宅からの撮影だとかなり影響を受けます。

 明日(日曜)の朝は町内の一斉清掃なので一枚撮って直ぐに引き上げました。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

久しぶりの出社で

 今日は久しぶりに金型工場に出社しました。知恵を出せと! 今日で二回目。

昼休みに周辺の桜を撮影してきました。今日は風が強く、気温が低かったですがほぼ満開の桜でした。Web  
 他の工場の桜ですが...... 




 こんなもの.....見たことありますか?Photo  
 カタログPhoto_2  

 ちょっとPR

 小さいですが燕工場です。プレス金型がメインです。Web_2 
 撮影はG15です。











| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

今年初めての散歩

 二時間ほど歩いてきました。少し速めに。
家で春一番最初に咲く花は黄色い花、レンギョウに水仙。Photo  
 かとおもったら、去年植えたビオラ?がもう咲いていた。雪の下で花が保存できていたのかな。Photo_2  
 そろりと庭石の作業の続きを始めなければ.......でもそろっと金具を取り出す手術が控えているし。

 桜はまだ蕾みが多いがPhoto_3
  こんな風に満開の樹種もあるPhoto_4

 洪水のためにかさ上げされて高くなった堤防の下を歩いていると、工事で無くなった植物のなかに黄色い花を見つけた。Photo_5  
 遊水池を作るところの工事はまだそれらしくは見えないが進捗している事が分かる。今年は少雪だったので冬中工事が続いて居た。

 自宅前の堤防から守門山Web  

 久しぶりに歩いた二時間、最初は脚がもつれそうだったが帰宅する頃には軽快になりました。
歩くことの気持ちよさを久しぶりに感じた一日でした。明日からはまた雨模様らしい。


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

250RC初遠征撮影

 4月8日、GPVが朝まで晴れと言うことで今年初めて遠征撮影をしました。とはいっても市街地の中心からから少々離れただけの町中です。三条市役所栄庁舎駐車場です。自宅の観望台の周辺よりは近い距離の光害が、より少ない感じ!

 この場所は浅葱天文同好会の仲間の自宅近くです。彼は以前からずーっと銀塩に拘って撮影を続けていました。ガイドはSTVを使っていましたがとうとう故障してSuperstarを導入し、そのガイドテストを兼ねて練習しました。ガイド用屈折鏡筒にPHD1.14.0に依るガイドは初期値のままで良好なガイドが出来ました。

 一方、私はCDS-600Dの乾燥剤を活性化し直して撮影に挑んだのですが、カメラが動作しませんでした。仕方なくて星野撮影様に準備したEOS60D(ノーマル)で撮ることにしました。月が大きく輝いている、駐車場の街灯も点灯している、通りの車の往来も多い、信号機も明るい、.....こんななかでも天頂は以外と良く写ったと思います。

カメラトラブルで撮影風景を撮る余裕がありませんでした。

M51 2014/04/08 25:01~
250RC FC-35RD、NJP MTS-3SDI+、OAG9オフアキガイド、LodeStar、PHDGuiding2.2.2a
EOS60Dノーマル機 ISO1600RAW 600秒X11枚 SI7の周辺減光補正、ダークフラット処理無しM51x11sghdemcastrccs6
 250RCの遠征撮影は初めて成功しました。月明かりの中M104を露出していましたが、PHD2によるガイドは順調で、星像はまん丸でした。でもM51は赤緯側のガイドがあばれて縦長の星像になってしまいました。

 FC-35RDは250RCに大変良くマッチしたと思います。良いレデューサーを探しているなか、手持ちのFC100用のレデューサーでもかなりいけそうだったのですが、周辺の色収差と像面湾曲によると思われる星像が少し楕円になるので、少々高価ですが駄目ならFS102用に使うことで購入を決心しました。

 縮小率は私は正確に分かりませんが FC100用と比べて画角が広く X0.66位には成っているようです。




 追加
M104  2014/04/08 22:41~
250RC FC-35RD、NJP MTS-3SDI+、OAG9オフアキガイド、LodeStar、PHDGuiding2.2.2a
EOS60Dノーマル機 ISO1600RAW 600秒X8枚 SI7の周辺減光補正、ダークフラット処理無しM104x8decs6
 背景を黒くしてごまかしました。まだ周辺にムラが残っていますが。
これはF8で撮った方が良い対象ですね。

 M104のDPP画面M104_dpp
 月明かりが強いので真っ白、でも自宅で撮るよりは光害のムラが少ないように思います。










| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »