« Astrosib250RCの回折光の改善 | トップページ | ta »

2014年3月 7日 (金)

カブリが酷くて

 月曜日にFC-35RDを取り付けたAstrosib250RCで撮影したM81です。ステライメージ7の周辺減光/カブリ補正でチマチマと補正し、背景を暗くして誤魔化しました。シェーディング補正もしてみましたがどうしても星雲の周辺が暗く落ち込んでしまって上手に出来ませんでした。

 FC-35RDと250RCの相性は我慢出来る(しなければならない)程度になりました。

 M81
2014/03/03 24:05~
Astrosib250RC+FC-35RD EM500 OAG9オフアクシスガイド ロードスター PHDGuiding2.21 CDS-600D無冷却 ISO1600RAW 600秒19枚 SI7で処理 CS6で彩度up 少しトリミングM81x19saisyori1end_2
 
 周辺減光/カブリ補正を掛ける前はM81x19  
 これ、ダーク、LEDフラット処理をしてです。カブリだから仕方ないですね。

 今回は透明度が悪く薄雲の通過もありましたがUIBARⅡを入れませんでした。34_m81  
 レデューサーは違いますが他は同じ条件でUIBARⅡを入れて撮影した前回です。127_m81_uibar  
 背景濃度がかなり違います。光害カットフィルターの効果がよく分かった気がしました。


 今回の撮影風景 G15 ISO3200 20秒 CHDKChdk250rc1
Chdk250rc2
 PM2.5や黄砂と、LED街灯に3方向から照らされてかなり明るいです。それからにっくきコンビニも。



 CDS-600Dの無冷却はこんなになったので仕方なく.....8182__iso1600_300sec_20c
 -20℃、300秒です。
先回は大丈夫だったのに。


 今度こそオーブンで乾燥してみます。モレキュラシーブを。
まだ諦めないぞ!


 それでも駄目だったら....一番星さんのように乾燥空気送りか!

|

« Astrosib250RCの回折光の改善 | トップページ | ta »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

3日から4日深夜は撮影が出来たんですね。
製作された、フードがかっこいいです。
更に自宅で出来る撮影は羨ましいです。
ヨネヤンさんの記事から撮影場所の全貌が見えた感じですが、
けんちゃさんのところもいずれ、天ガに載せたら如何でしょう。

処理については、相変わらず難しさが有りますね。FC-35RDは
効果が有るようで良かったです。
モレキュラシーブは内蔵されている素材の形状・構造が分かりませんが、
私のところのは、ガラス瓶から中身を出して、密閉せずにOpen状態で
短時間で繰り返し加熱と書いてあります。
シリカゲル同様のブルーの粒が入っていて、その粒がベージュから
ブルーに変わったら終了とありました。粉末?顆粒?その辺はどうなんでしょうか?

投稿: 電球 | 2014年3月 8日 (土) 11時51分

電球さん
 スパイダの確認と光軸の確認、フード性能の確認、PHD2の確認、FC-35RDの確認と盛りだくさんでした。空は良くありませんが贅沢は言っていられませんから。それからずーっと雪の日が続いています。積雪はたいしたこと有りませんがTVで見たような吹雪もありました。今も降雪中です。3月に入ると雪はもう沢山という気持ちになります。

 ヨネヤンさんの記事を読みました。人を入れるには整理しないといけないんで秘密基地にしています。

 モレキュラシーブの形状は http://kencha.cocolog-nifty.com/kenchas_obs/2014/01/cds-600d-85d4.html

で、15×60mm位の紙袋です。加熱で破れたとき中身は0.5mm位の顆粒状で肌色でした。マーカーは入っていませんでした。
今度は少し低温から始めて見ます。何しろ先回は焦げまして破裂したのでね。

 SBIGの冷却CCDのように金属のチャンバーに入っていて外部からネジ止め構造なら良いのですが、隙間に詰め込んであるだけなので面倒くさいです。

投稿: けんちゃ | 2014年3月 8日 (土) 12時16分

自宅から撮影出来ると露出が沢山必要な銀河には有利ですね。
羨ましいなー

このM81、もの凄く良く解像されているように見えます。上手くカブリをとって腕の部分を強調できたら、凄い作品になりそうですね。

どうせ乾燥空気を送るなら、そろそろモノクロCCD、どうですか?

投稿: tantan | 2014年3月 8日 (土) 13時27分

tantanさん
 自宅で撮影の一番のメリットは片付けなくても良いことですね。お陰でだんだん散らかってきて大変です。

 被りを取るのにシェーディングを試したのですが、星雲の背景濃度を合わせると淡い部分が描出できないようで、ステライメージのコマンドを使いました。
光害防止フィルターを入れればもう少し何とかなりそうです。

 それよりも冷却CCDですが、昔からデジカメとの合わせ技がありますがそれも面倒に思う私です。撮影出来る日数が少ないのでそのメリットを生かせないです。よっちゃんの様な技量があれば良いのでしょうがそれもありませんから、デジカメで我慢するしかないです。

投稿: けんちゃ | 2014年3月 8日 (土) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/55274967

この記事へのトラックバック一覧です: カブリが酷くて:

« Astrosib250RCの回折光の改善 | トップページ | ta »