« 24日の太陽 | トップページ | 250RC初遠征撮影 »

2014年3月26日 (水)

鋳掛屋

 今日はこうもり傘の修理をしました。
強風下で風除けに使ったために骨が2本折れました。TVニュースで良く見かけるそれです。Befor2  
Befor  

 幸い、キノコのような壊れ方では無いので修理することにしました。
昔、家内の実家が修理をしていたことを思い出して、材料が無いかと尋ねたところ運良く補修金具が二個だけありました。本当は沢山残っていたのですが、洪水で流されてしまったとの事。

 スーパーに修理キットが販売されていたのを見たことがあります。いくらだったか憶えていません。そのうえ修理する傘は¥1,000円也ですから、多分傘を買った方が良いでしょうね。

 金具は二個しか有りません。ペンチも専用品はないので電線の端子をかしめるペンチで代用しました。Material  
 ジャンプ傘なので固定しないと作業できません。Jump  

 こうやってもペンチの柄が骨と干渉して旨くかしめられませんでした。傘の生地を取り外せば少しは楽になるのでしょうが、そんなにしてまで直す価値は無い傘です。が時間がたっぷりとある私ですから、何とか実用範囲に直せました。After0  
 突っ張り骨の右側(傘の中心方向)は半径も小さくなり干渉が多くてこの程度にしかかしめられませんでした。

 外観はAfter  
 まあまあ、見られるようになりました。

 今は、透明の使い捨て傘が沢山捨てられています。なんでも使い捨ての時代で「鋳掛け屋」さんも見えなくなりました。

 







|

« 24日の太陽 | トップページ | 250RC初遠征撮影 »

工作」カテゴリの記事

コメント

本当に壊れればすぐに捨てて他の物を買う時代ですが、けんちゃさん、偉いですね。頭が下がります。
会社員だった頃、新潟の沼垂白山から赤道に抜ける道路沿い、、確か踏切の手前に傘の修理屋さんがあったような記憶があります。
まだ営業しているかは不明ですが、「今時、利用する人いるのかな?」と通るたびに思っていた記憶が蘇りました。
自分も直せる物は少しでも直して使いたい派なので妙に納得しました。

投稿: 小太郎 | 2014年3月26日 (水) 18時22分

小太郎さん
 コメント有り難うございます。
この傘、購入してまもなく壊してしまったので、あまりにも勿体ないと思った次第です。一年くらい使った傘であれば直さなかったかも。ただ直す金具があったから直したってところかな。少しも偉くないですよ。

 ただ、使い捨て文化は感心しないと思う自分と、テッィシュペーパー等に代表される、あまりにも無駄遣いしていると思う自分がいます。あまり考えないで生きている気がします。

投稿: けんちゃ | 2014年3月26日 (水) 20時29分

うまいことなおせましたね。捨てられない性格の私は、日頃から物が多いと、
かみさんに叱られています。(汗)
私のは大型の傘で、骨部分がグラスファイバーの物ですが、10年以上使ってまだ健在です。
但し、車に置いたことも有り恥ずかしい程、ポリエステル生地の色も焼けて畳むと布が黒いのが
ベージュになりました。
写真のように曲がったり壊れたりすれば、買い替えの理由になるのですが・・・。
次は風に強い骨が倍の16本のが欲しくているのですがね。(笑)

投稿: 電球 | 2014年3月26日 (水) 20時58分

電球さん
 日向に置いておくと紫外線で痛みますよね、でも丈夫な傘で壊れないと捨てられない、よく分かります。私なんてお出かけしないものですから洋服を更新しないで、経済に貢献していません。

 骨が沢山ある傘もあります。やはり¥1,000円。ところが確認しないで買ってものでジャンプ傘では無かったのです。車用に使うための傘なのでジャンプ傘でないと不便で新たに買い増しした傘が直ぐに骨が折れた次第。

 もう金具が無くなったので修理は出来ません。もう一回スーパーの修理キットを確認してみましょう。

投稿: けんちゃ | 2014年3月26日 (水) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/55524540

この記事へのトラックバック一覧です: 鋳掛屋:

« 24日の太陽 | トップページ | 250RC初遠征撮影 »