« 短時間の太陽で | トップページ | モレキュラーシーブ乾燥練習 »

2014年3月11日 (火)

山水 AU-α777DGのセレクタ修理

 山水のこのシリーズのアンプは良く故障するらしい、web上で沢山見つかります。
5~6年前にセレクタのベルトが劣化して手近にあったゴムベルトと交換して直りました。
でも数年持たずにまた滑るようになりソースの切り替えがスムーズにいかなくなりました。

 それで純正品を購入しました。Idk  
 高いか安いか判断は難しい、なんだかんだと手を加えているよりは結果オーライ。Photo  
 こんなものなのでウレタンベルトを買ってきて繋いでみたけれども旨くいかなかったです。繋ぎ方難しいです。


一旦、ここで組み立てました。

 セレクタの回転は良くなりましたが接触不良が有るようで音が悪いときがあります。webで探してみると有りました

  リヤパネルを外して、セレクタ基板を取り出しホイールの両端のネジを外します。Up 
Sp_2

 セレクタのベルトを外して、モータ固定ネジを外します。Photo_2

 前の写真に見えるホイールの軸受けである黒いプラスチックの固定ネジを外して力を掛けて持ち上げると斜めに持ち上がります。(モーターを強力な両面接着テープのようなもので固定されていて外れませんでした。)
軸受けが斜めに成ったらこの写真の上の方から取り出します。Photo_3  
 セレクタの端子にはグリスが塗布されています。これが硬くなって接触不良になるようです。

 洗浄剤や導電グリスなど用意していなかったので、ティッシュで清掃するのみにしました。Photo_4
 ブラシの方は折ってしまいそうなので何もしないで組み立てました。Photo_5

 全てを組み立てて、動作させてみました。Au777dgkansei

 セレクタの不具合は直りました。

 webを見ていると古いコンデンサを取り替えたり、各種電流を調整したりして波形をモニターしているようです。私には分からないし出来ないし、その音の違いも分からないのでこれで良しとします。

 下に見えているのは40年前の真空管式プリアンプ LUXKIT です。これも少しガリオームに成っているところがありますが、まだ音が出るのでそのままです。他にLUXKITの50CA10プッシュプルのメインアンプが有るのですが、こちらはバイアス電圧が狂ってきたのか少しならしていると出力管のプレートが赤熱してきます。これは調整しないと球のびてしまいます。そのうちに直します。







 

|

« 短時間の太陽で | トップページ | モレキュラーシーブ乾燥練習 »

工作」カテゴリの記事

コメント

うわ~!山水ってちゃんと部品出してくれるんですね。
最近は、部品出してくれるメーカ少なくなりましたよね。
今、治してるパワーショットも不良部品を見つけたのでメーカに
問い合わせてますが、ちゃんと部品出してくれるといいな、、、、

投稿: くっしー | 2014年3月12日 (水) 07時31分

細かい部品は壊しそうで難しいですね。
私もこの間のパワーモジュールをM57704MからM57704Hへの
交換を考えたのですが、元の木阿弥となってはと、思い留まりました。
やはり、あんにゃと同じように管球アンプも健在ですね。(笑)

投稿: 電球 | 2014年3月12日 (水) 10時48分

くっしーさん
 山水はもうありませんが、元社員がメンテナンスのみの会社をやっているようですね。この会社を知る前にいろいろとベルトを試行錯誤していました。その事を考えると純正ベルトは安いと思いました。

 コンデジのレンズ、ここまで修理する方はもしかしてくっしーさんお一人では!

投稿: けんちゃ | 2014年3月12日 (水) 16時12分

電球さん
 ブラシの方はアルコールで拭こうかとも思いましたが、樹脂が変質すると困るので何もしませんでした。

 管球アンプはモジュールは無くて一つ一つの部品なので交換は簡単ですね。でもコンデンサーやガリオームなど交換しようとすると一寸億劫です。秋葉原が隣の駅前なら.....

 2mのパワーモジュール、自分では確認していませんが、もしかして代替品が手に入るでしょうかね? 型番を調べてみようかな。

投稿: けんちゃ | 2014年3月12日 (水) 16時20分

パワーモジュールの型番検索でM57704Hは、ヤフオクで1kで新品が有りました。
使用部品の型番から、検索して代用型番から交換されても良いかも・・・。
モジュールが欲しい人は、1個なのにまとめ買いして余ってる人もいるようです。
4級でも20W出せるし、古いリグの改造をしている人や記事も有りました。

投稿: 電球 | 2014年3月12日 (水) 18時23分

横やり失礼
電球さん、M57704MをHに変更って、450~470MHzへ周波数帯変更でもなさるんですか?

投稿: くっしー | 2014年3月12日 (水) 18時45分

電球さん
 パワーモジュールを目の当たりにしていないのでどんなモノかも分かりません。HAMSHOPにみせたら(開腹せずに)波は受信できてもパワーが出ないのでパワーモジュールが壊れたと、そして修理できないと言われました。そのままです。2mが必要なら新しいリグを買った方が良いかもね。その必要性も今のところ無いし。


くっしーさん
 その道のプロでいらっしゃいましたね!
かなり昔、船舶レーダーの金属部品をコストダウンするので試作を頼まれたことがあります。初めてwebページを開いた頃でした。成立しませんでしたが。

投稿: けんちゃ | 2014年3月12日 (水) 19時40分

くっしーさん、この場をお借りして
けんちゃさんのDualBAND機の2mバンドの不具合で、
私が430MHZにQSYしました。
BackUP電池交換したのですが、一緒に替えようかと
考えたわけです。記事は ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/giheymaru/25462004.html

投稿: 電球 | 2014年3月12日 (水) 21時07分

けんちゃさん、うちのお仕事関連の話が舞い込みましたか。
会社全体でCDはかなり突っ込まれてますので、なかなか大変です。

電球さん、三菱のパワーモジュールは、仕事で結構使いました。M57704シリーズは10W用で末尾のアルファベットで使える周波数帯分けされてましたね。25W用はM57729シリーズ使ってましたが横幅は一回り大きいですが、縦幅はM57704と一緒だったので、基板のパターンをどちらでも使えるように配置して、25W機と5/10W機を使い分けていました。Mで始まるこのシリーズはバイポーラTRを載せたタイプで、今は三菱もFETを載せたRAシリーズに変わってしまいましたね。

投稿: くっしー | 2014年3月12日 (水) 22時45分

くっしーさん
 もう20年くらい前の話です。マグネトロン発信器の磁気回路の部品だったような、全て機械切削の部品をプレス加工で置き換えたいと。ギャップの精度と平滑性など、金型を作らずに試作することは出来ませんでした。自分で仮型を作って10個のサンプルを作りましたが、性能が発揮できなかったのでしょう。

投稿: けんちゃ | 2014年3月13日 (木) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/55335557

この記事へのトラックバック一覧です: 山水 AU-α777DGのセレクタ修理:

« 短時間の太陽で | トップページ | モレキュラーシーブ乾燥練習 »