« 一番星さんの個展を覧てきました。 | トップページ | HP-md3 ノートパソコンのSSD化 »

2014年1月14日 (火)

御焚き上げ と 庚申塚

 御焚き上げに行ってきました。
毎年1月14日、神明宮に行っています。去年は荒れ模様でしたが、今年は晴れました。今年も満月は晴れるんですね! Tuki  

 参道です。毎年そうですが私がお参りに行く時刻は人影が少なくて寂しげです。Photo  

 町の中にあり境内も狭いので、御焚き上げの風情も寂しいですね。Photo_2  
 松飾りなど持ち込むのですが受け取って焚いてくださる方の言葉遣いがとても乱暴で、まるで怒られて居るようでした。火災予防のために新聞紙など可燃物は”駄目だよと”Otakiage  


 追加写真、記事  庚申塚Photo
 電球さんのコメントに「初庚申」とあり、ググってみました。
家の近所にある庚申塚です。

他に「山の神」 と 何をまつってあるか知らない地蔵様があります。Photo_2

 この庚申塚など全ては昔、集落の境にありました。道路の新設と圃場整理で現在の場所に移設しました。以前の場所は小川のほとりで小さい広場で周りは田んぼだけ。

 私が子供の頃、この広場で2月の初旬頃(今、知ったのですが多分、初庚申だったのかも)大きな焚き火をして、大人は御神酒を頂き、子供達は松明を灯しながら集落の各戸を廻りお菓子や飲み物を貰い、焚き火の所に戻って深夜まで楽しんでいました。
 それは当時は「やまのかみさま」という行事でした。「おこしんさま」も隣にあったので今思えば 「初庚申」だったのかな?

 今はもう昔のはなし、何時の頃からかそのような焚き火がなくなり、土着の大人達だけで御神酒を飲んでいるようです。それも仕出し屋さんの座敷で。

 















 


 

|

« 一番星さんの個展を覧てきました。 | トップページ | HP-md3 ノートパソコンのSSD化 »

行事、祭り」カテゴリの記事

コメント

お焚き上げって言うんですね。私はなんて呼ぶのかも知らないでいましたが、BS団委員時代には、関東のどんど焼きと教えられました。
当時はスカウトの子供達と遊びながらやりましたが、団舎には庭(焚き火やキャンプをやれるスペースがありました。)が有り、その庭でどんど焼きをやりました。
スカウトの家庭からしめ縄や、達磨、納め忘れのお札のどんど焼きです。このどんど焼きで棒の先に付けた、スルメ、お餅、熾火では焼き芋を作って遊びました。現在では神社の境内に集積所があります。お賽銭を納めて、お札も初詣で置いてきますから、個別で出掛けないですね。
今年も、寶登山 http://blogs.yahoo.co.jp/giheymaru/25352344.html 神社の初詣で納めてきました。
ただ、門松や地方によっては家周りのお飾りは、旧正月の節分祭で納めて来るようです。毎年思うことですが、初詣は神社、お不動さんは初不動というように、日にちで区別があったはずですが、今はなんだかごっちゃになっていますね。ところで葛飾柴又の寅さんで有名な題経寺の昨年の初庚申は、 http://www.taishakuten.or.jp/index2.html 2月の23日(土曜日)でした。
今年は初庚申の日が、HPでは更新されて居ませんでした。(汗)
鬼の霍乱の為、長文で失礼しました。

投稿: 電球 | 2014年1月16日 (木) 19時59分

電球さん
 お加減はいかがですか?

 私はもう長いこと初詣はしていません。子供達が小さい頃は本成寺へ二年参りをしていました。14日の大蝋燭は結構出かけていましたが、それも毎年決まっての行事ではありませんでした。そういう慣習を持っていないです。

 昔の八幡宮の御焚き上げは大きな焚き火になってそれは迫力がありました。すぐ近所にも中山神社がありますが、ここも数えるほどしか行っていません。今は年一回神明宮へ行くだけです。中山神社から毎年お札を頂いていますが、そのお札も一緒に持って。

 そうそう中山神社へは歩いて10分くらいかな。神明宮へ行く理由は駐車場があるからです。

投稿: けんちゃ | 2014年1月17日 (金) 15時47分

初庚申をググって見られたんですね。薬師様のお祭り、八幡様のお祭り、大師様のお祭り、お不動さんのお祭りと、たくさん有るのですが現代人が気が付かないだけですね。神社も西中のお宮は諏訪神社系でした。
東京都の東大和市に交差点名に庚申塚というのもありますね。新井大師か、帝釈天の草団子が食べたくなりました。(笑)

投稿: 電球 | 2014年1月19日 (日) 13時59分

電球さん
 昨夜はアマチュア無線クラブの新年会で午前様になりました。一年ぶりの、ほとんど老人クラブ8名で大変賑やかでした。もうほとんどの無線局が電波を出していないようでした。

 柴又帝釈天の草団子の由来も書いてありました。歴史は新しいようですね。しかも小豆の餡はあとから好みで始まったとか、元祖は縁日など特別な日にしか営業していないとか。

 初庚申からいろいろと楽しめました。

投稿: けんちゃ | 2014年1月19日 (日) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/54610673

この記事へのトラックバック一覧です: 御焚き上げ と 庚申塚:

« 一番星さんの個展を覧てきました。 | トップページ | HP-md3 ノートパソコンのSSD化 »