« 明けましておめでとうございます。   もう暮れましたが! | トップページ | シャッター膜を焼いたCDS-600D »

2014年1月 6日 (月)

燃やしてしまった

 今日は久しぶりに太陽が見えたので撮影しようと準備をしていました。

 

CDS-600Dを燃やしてしまいました。
Photo  
 アイソン彗星を撮ったFS102とCDS-600Dを同架したままでした。赤道儀を反転したときに鏡筒が下を向いた時、キャップが外れてしまいました。
 下を向いたままではキャップをしても又外れるので、しないまま太陽の方向に向けていきました。もうキャップがしてないことをすっかり忘れていました。ほんの数十秒前のことなのに。

 導入を終えて下を見たら!!! 頭が真っ白に成りました。Cap

 60Dも同架していましたが、カメラレンズなので蓋をしてありました。ヒーターを巻いておくためにレンズフードを外さないので、蓋をしないことがありました。今回は危うくセーフでした。60d

 このようなことは前科がありました。Bodycap  
 これで2回目、3回目を絶対に起こさないようにキャップに対策をしないといけません。

 シャッターが動かなくなったので膜をもぎとって観ました。Cds600d  
 CMOSにダメージが及んでいないように見えましたが、シャッター膜が正しくないためにカメラは動作しませんでした。

お亡くなりになりました。

これで遠征撮影の希望も消えてしまいました。

 昨年から不注意が続いているので、何かその流れを断ち切らないといけません。

 

  何か!

 






 

|

« 明けましておめでとうございます。   もう暮れましたが! | トップページ | シャッター膜を焼いたCDS-600D »

機材」カテゴリの記事

コメント

新年、明けましておめでとうございます&ご愁傷様です。

やっちゃいましたね~!中は正常そうなので、修理とか出来ないんでしょうかね?
でも修理にしても、買い換えにしても、高く付きそうですが、、、、

投稿: くっしー | 2014年1月 6日 (月) 19時42分

4枚目の画像は、以前拝見しました。CDS-600DのCMOSが、こんなになるとは太陽って怖いですね。
お亡くなりのCDS-600Dは、ご愁傷様でした。何だかこの前買って届きましたの
ブログアップが有ったばかりのような気がしましたが・・・。
同架するのは注意が必要ですね。私のは非力な赤道儀ですから、同架は出来ませんが矢張り
太陽には注意が必要ですね。

投稿: 電球 | 2014年1月 6日 (月) 20時51分

くっしーさん
 明けましておめでとうございます。

いやー、とんでもない正月明けになりました。ほんの一時太陽が見えたので急いでいました。「急がば回れ」は何にでも言えますね。

シャッターアームの曲がりを修正したら撮影出来る様になりました。CMOSにはダメージが及んでいないようです。シャッターが無いために高速での撮影では、読み込み時間の所為でしょうか画面に明るさのムラが出ました。1秒くらいの露出にするとムラは分かりませんでした。もしかしたら星空撮影に使えるかも。フラットも普段から2~3秒にしているので。

投稿: けんちゃ | 2014年1月 6日 (月) 22時53分

電球さん
 またやってしまいました。撮影できた日にちはまだ一桁だと思います。

 4枚目の画像の今回の写真です。レリーズが無くてもCMOSが見えています。

 FS102のキャップはたびたび落としているので何か別のキャップを作ります。丁度太陽フィルターのような作り方で全てボール紙製で良いのでね! もっと早く作っていれば.....「たられば」はいけませんね。誰かも書いていたなあ!

投稿: けんちゃ | 2014年1月 6日 (月) 23時00分

あぁっ、これはなんといっていいか・・・
機材が高価なだけにさぞかしショックが大きいことと思います。
私も太陽では危ないことを何度か経験していますので、必ず指差称呼をするようにしています。機材ならまだしも肉眼なら取り返しつきませんので。
この時期、撮るものがないのでせめて太陽くらい、という気持ちはわかります。
なんとか星空撮影ができるくらいのダメージですんでいればいいですね。

投稿: まるひ | 2014年1月 7日 (火) 12時05分

エー!これはチョーショックですね。
私は太陽は撮ったことがないのでこういう事は想定外です。
でも高価な機材だけにさぞかし落胆されていることでしょう。
どうにか使えればよいのでしょうが、もし修理となったらいったいいかほどなのでしょうね。

昔ビクセンの製品を持っていたことがありましたが、その機材はキャップが良く外れました。天下のタカハシでもそんなことがあるのですね。
キャップに部分的に植毛紙でも貼って、タイトにするといいかもしれませんね。

投稿: カムイミンダラ | 2014年1月 7日 (火) 20時13分

まるひさん
 ショックでした。最近の自分は注意力が欠けているんですね。何かこの連鎖を断ち切らないといけません。

 「必ず指差称呼をする」そうですね、昔の国鉄みたいに!

今日は一日中青空でした。残念無念!

ダメージですがCMOSには無かったようです。シャッターを引きちぎったために動作不良がありますが、夕方ライブビューで30秒露出してみました。BULBが効きません。 駄目ですね。

投稿: けんちゃ | 2014年1月 7日 (火) 21時49分

カムイミンダラさん
 いつもならFS102にカメラは着けないで眼視用でした。εと載せ替え出来なくて仕方なく撮影に使ったのですが、その後もラブジョイ彗星が撮れるかも、と着けたままでした。

 いずれにしても私の不注意。

CentralDSでシャッターを交換することができれば一番良いのですが、シャッターユニットの購入は難しいでしょうね。お願いはしてみますけれど。だめならkissX5を同梱して換装して貰います。

 キャップについては、ボール紙で作ることが良さそうです。太陽フィルターを作ったときのように。窮屈に作ります。

投稿: けんちゃ | 2014年1月 7日 (火) 22時00分

ご愁傷様です。
でも、目玉焼きにならなくてよかったです。
太陽は怖いですね。小中学校の頃、今はなくなったアイピースタイプのサングラスをつけて太陽をのぞいていましたが、よくこんな幼い頃に親も付いていない状態で太陽をのぞいていたなぁと思い出します。
シャッターユニットがなくてもエラーが出ないように改造できれば一番簡単でしょうか。直ればいいですね。

PS 土曜日、お待ちしております。

投稿: 一番星 | 2014年1月 7日 (火) 22時29分

一番星さん
 さすがに目玉焼きは.....その前に気がつくかと?
アイピースのサングラスは使ったことが有りません。ムーングラスは使ったことが有ります。緑の月を見ていました。バーダ-の太陽フィルターも撮影用を覗くと目玉焼きになりそうです。赤外線で目玉が熱くなったことが有りました。ライブビューの無いカメラでファインダーを覗いてピント合わせしていたときのことです。

シャッタ-ユニットが無くても1秒以上露出するとほぼ大丈夫のようです。それ以下の短いシャッター速度だとグラデーションのようになりました。

CentralDSでシャッター完全に取り外して貰えれば.....あるいは自分で取り外せるとか? 一番星さん、誰か外せますかね?

 「一番星さんの個展」、土曜日午後お邪魔致します。

 

投稿: けんちゃ | 2014年1月 7日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/54512654

この記事へのトラックバック一覧です: 燃やしてしまった:

« 明けましておめでとうございます。   もう暮れましたが! | トップページ | シャッター膜を焼いたCDS-600D »