« HP-md3 ノートパソコンのSSD化 | トップページ | 激しい結露 CDS-600D、FCT100レデューサーの効果 »

2014年1月29日 (水)

シャッター膜を焼いたCDS-600Dで M82を撮る

 1月27日
珍しく晴れ上がりました。すこし薄雲が流れてきますが、CDS-600Dの試写にM82の超新星SN2014Jを撮りました。

M82
2014/01/27 22:06~

250RC+FC100RD 約F6.0 CDS-600D UIBARⅡ 露出600秒 EM500 PHD1.14.2 OAG9 ロードスター オフアクシスガイド SI7で現像、11枚自動コンポジット CS6で調整
M82x12dembs_2

超新星 2014J 処理変更追加画像M82x122ndde



M81
2014/01/27 23:56~

250RC+FC100RD 約F6.0 CDS-600D UIBARⅡ 露出600秒 EM500 PHD1.14.2 OAG9 ロードスター オフアクシスガイド SI7で現像、6枚自動コンポジット CS6で調整M81x6debgs_2

 

CDS-600DにはbaaderのUV/IR cutフィルターを内蔵しています。光害が激しいので更にUIBARⅡ を重ねて撮ってみました。Uibar
こんなにも青くなりました。
それでもSI7を使ってダーク、フラット処理をすると自動ホワイトバランスでほぼ良くなりました。 

 

光害かぶりがあるのでフラットは綺麗には合いませんでしたが。

 最近気がついたのですが、地域の街灯が白色LEDに置き換わり更に増設されていました。Ledd
Ledn
Led
自宅の玄関先です。左の光点は木星です。CANON PS G15

 道路は昼間のように写ります。Photo  
 珍しいほどに晴れ上がりました。Photo_2

 

|

« HP-md3 ノートパソコンのSSD化 | トップページ | 激しい結露 CDS-600D、FCT100レデューサーの効果 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
さすが、自宅ドームの強みですね。
こういう写真をみせられると300mm望遠で撮ってみようという気が無くなります。
カメラも腕も大丈夫でよかったです。
こちらは自宅の庭で15センチ屈折を組み立てて観測でしたが、少々わずらわしいです。
超新星きょうも観測できました。15センチ100倍で10.5等と見ました。
光度は頭打ち?でしょうか。

投稿: skame | 2014年1月29日 (水) 23時43分

skameさん
 そうですね、設置したままにして置けることは大変便利です。もう少し若いときから設置していれば.....年齢の所為にしていますが、僅かの晴れではなかなか屋根を開けません。手動なのでとても重いのです。骨折した腕にびんびん響きます。今年何とか動力を取り付けたいと思っています。

 今日は夕方から雲があったので全く観ていません。いま見てきたら天頂付近は雲が掛かっていました。

 私は観測をしたことがありません。光度が落ちてくるのでしょうか? 胎内でみた新星よりも暗いのでしょうかね、でも写真には想像以上に明るく写りびっくりしました。

投稿: けんちゃ | 2014年1月30日 (木) 00時02分

よく撮れてますね。超新星の記録写真としてでなくても美しいM82です。
屋根を開ける手間がかかるといえど、赤道儀の設置とか考えないですむのはいいですね。ゆうべも晴れましたが、赤道儀を持ち出すにはあまりに道具が多く、面倒くさくて止めました。
もう少し簡素にならないものかと思案中です。

投稿: まるひ | 2014年1月30日 (木) 12時41分

まるひさん
 M82に注目しすぎて恒星に穴が空いてしまいました。いつも定型的な処理が出来ずに居ます。

 CDS-600Dで撮影は出来る用になりましたが、結露するようになりました。一番星さんのように乾燥空気を送るか! もう一度検討しています。

 常設の赤道儀は30年来の夢でした。子育てが終わったので自分用に改築したわけです。光害は仕方が無いです。まるひさんもそろっと可能な年齢にさしかかってこられたようで、お一ついかがですか!

投稿: けんちゃ | 2014年1月30日 (木) 13時46分

そちらは晴れて、撮影が出来たんですね。
今日から公休で新月が明日ということで、光軸を合わせて準備中でしたが、
今雨が降っています。関東の北部は雪も混じるという予報です。
アストロGPVでは、PM9:00過ぎは晴れそうなんですが悩み中です。
雨は風邪引きさんには、良いのですが・・・。

投稿: 電球 | 2014年1月30日 (木) 16時15分

電球さん
 そうそう、珍しく晴れたんですよ! 家の辺りは薄雲が時々流れてきましたが、この時期貴重な晴れ間を貰いました。

カメラのテストとFC100のレデューサを組み込んだRC250のテストでした。超新星を撮るだけならレデューサーは入れない方が良かったかもしれません。

レデューサーとしてはあまり良くないです。何しろ古いのでコーティングはモノコートのようだし、銀塩用なので色収差がでます。新しいFC100用は馬鹿みたいに高いし.....

投稿: けんちゃ | 2014年1月30日 (木) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/54782052

この記事へのトラックバック一覧です: シャッター膜を焼いたCDS-600Dで M82を撮る:

« HP-md3 ノートパソコンのSSD化 | トップページ | 激しい結露 CDS-600D、FCT100レデューサーの効果 »