« 田村市SLFと一切経山1 | トップページ | 暇つぶしで »

2013年10月18日 (金)

田村市SLFと一切経山2....そのあと

 浄土平車中泊は2回目、10年前も寒かったけれど今年も寒かったあ!

撮影用の防寒具を着込んで寝袋に入れば良かったと.....あとの祭り1。
 
2013/10/14 06:16 G15_1
 
 ゆっくりと朝食を摂って登山開始......と言っても標高差は約500mです。10年前は楽勝でした。Noborihajime
  
今年の紅葉は少し遅れているようです。前回は落ち葉が沢山ありました。
Kiiro
 
3連休、一番登山者が多いそうです。2
 
 昨夜の気温は測りませんでしたが、車の窓ガラスの内側が凍り付いていました。エンジン掛けている車もありましたけれど。
 
  
 霜柱、4~5cmありました。Web
 
 
登り時の鎌沼Kamanuma_2
 
無風で太陽の光を背に受けて大変暑かったです。 が......
ガレ場が続きます。このあと強風が吹き始めました。 
 
山頂です。Santyo
 
山頂で記念写真 
Santyo2 
五色沼    この風景が見たくて登ってきました。Panoramaauto
360°のパノラマが広がります。 


ガレ場の急傾斜ですが、頑張って踏み込まないと五色沼の手前の岸が見えません。強風で吹き飛ばされそうです。 
前回は別の道を下って岸辺近くまで行ったのですが、今年はとっても寒くて食事も休憩も取らずに下山しました。 
下山中の吾妻小富士Azumahuji
 
 これが撮り納め、後の祭り。 
 
登り時の鎌沼を撮影した付近で アクシデント発生!! 
  
初めて載せて貰いました。Heri
  
このあと福島医大へ.......
国有林のレンジャーの方が手配してくれました。
 

 
 下りの急傾斜地でつまずき前に倒れてしまい右手首 橈骨遠位端骨折   。
車の運転が出来なくなり女房にスカイラインを下ろして貰い、福島医大へ。もう運転できないと言うので娘二人呼んで帰宅。午前一時になってしまいました。
 
 




 高齢者の登山、この手の事故はニュースの中だけだと思っていたら当事者になってしまいました。転倒する瞬間の状況は全く解りません。気がついたら大勢の人に援助して貰っていました。ただただ言葉だけで御礼を言っただけでした。
 
 助けて頂いた大勢の皆さん、本当にありがとうございました。又、女房を駐車場まで下山のサポートして頂いたご夫婦、レンジャーの方、本当に有り難うございました。

 

 
 

|

« 田村市SLFと一切経山1 | トップページ | 暇つぶしで »

行事、祭り」カテゴリの記事

コメント

おお~!災難でしたね~!
大丈夫ですか?って大丈夫じゃないんですよね(汗)お大事に!
しかし、これからは、くれぐれも気をつけて登る様にして下さいね。
思わず、最近山登りに目覚めてしまった家内に、このブログを
見せてしまいました。
それにしてもへリに吊されるってどんな感じですか?

投稿: くっしー | 2013年10月18日 (金) 23時30分

そんなことがあったんですか。今年は撮影ができないというから何があったのかと。
どうぞ、お大事にしてください。
私も弥彦山登山のときは階段が整備されているとはいえ、転んで怪我でもしたら女房になにいわれるかわからないので慎重に慎重に登りました。BENROの三脚を杖代わりにして。

投稿: まるひ | 2013年10月19日 (土) 00時19分

けんちゃさん
とても痛かったんでしょうね。早く良くなってください。われわれは転倒だけでなく熊等の動物にも気をつけないとこれからのシーズンは危ないですね。早く復活されることを祈念しています。

投稿: 天狼星 | 2013年10月19日 (土) 06時29分

くっしーさん
 コメント有り難うございました。
いやー、不注意でした。体力が落ちている事を感じながらの登山でした。初めてストックを使って登ったのですが、とても良かったです。下山時にはもっと良かったのですが、一本しか持って行かなかったので女房に使わせました。レンジャーの方にはストックは使う際は2本の方が良いと言われました。

 トレッキングシューズを新しくして初使用、それも少し影響があったようです。登るときにもつまずきがちでしたから。一番大きいのは老化で脚が上がらないことでしょうね。

 救助されているときの感情は辛坊さんと同じですね、きっと。有り難い、済まないと言う思いでした。ヘリに引き上げられるときはもう無心でした。体のバランスが崩れない様に救助隊員にしがみついていました。ヘリの風がものすごい事だけが記憶に残っています。

 ヘリは小型で乗り心地は悪いですね。ものすごい上下振動です。毎日これに搭乗している隊員の方達はご苦労なことだと思いました。

 

投稿: けんちゃ | 2013年10月19日 (土) 09時15分

まるひさん
 振り込め詐欺みたいなものだと思いました。自分は大丈夫と言う思い、まさか!のおもいですね。以後さらに気をつけます。

 登山中は大丈夫で下山が危険なんですよ。一切経山は道が広くて谷に転落の危険は少ないと思うのですが.....不覚でした。

 半年後に補強の金具を除去するのでもう半年、完治には一年かかると言われました。車の運転が出来る様になったら新調したポタ赤で撮影に復帰します。

投稿: けんちゃ | 2013年10月19日 (土) 09時27分

天狼星さん
 痛かったです。意識の混濁があったようです。周囲のひとは頭を心配してくれた様でしたが、強打はしていなくて擦過傷でした。骨折による意識混濁でした。

 体力低下は認識して居たのですが、注意不足でした。転倒した切っ掛けを全く憶えていません。これからは注意している事が認識出来る様に注意します。車の運転はそうして居るのですが。

投稿: けんちゃ | 2013年10月19日 (土) 09時38分

昨日は、今日のために早めに寝まして今朝は4:00起きで、出発進行!と達也の法事に出掛けました。谷川パーキングでトイレ休憩と飲み物を買い 、越後川口で朝食を取り少し早めに到着しました。9:00には金沢から来た文子夫妻と歓談、iPadを出して見たのですが、あんにゃにけんちゃさんが、骨折と聞きました。(メーリングリストの情報だそうです)
お坊さんの到着を待つ内に親戚も集まり、読経も始まりそのままにしていたのですが、トンボ帰りして、こちらを覗いてビックリです。
私も、過去に右足の骨折をやりました。立ち上がったら、つま先が外を向いて居ました。例によって、腫れが引くまで固定してその後オペして金具(ねじ)が入りました。
半年後にネジを抜くまでと、足首ですのでリハビリが大変でした。お医者さんの言うことを聞いて、養生して下さい。それにしても、ヘリコプターの画像はスクープ写真ですね。

投稿: 電球 | 2013年10月19日 (土) 21時57分

電球さん
 法事で越後入り、そして帰還と慌ただしい一日でしたね、ご苦労様でした。

 そうですか電球さんも骨折で金具固定の経験がおありなんですね!何か、心強い気がします。

 左手一本でカメラを構え、シャッターを切れたら自分でも撮りたかったけれど、そのときは痛くて出来なかったなあ。女房も当事者だし、ホバリングで猛烈な風だったので撮れなかったって。

 あんにゃさもしっかり読んでいてくれるんですね。たまには書き込んで欲しいなあ。宜しく伝えてください。

投稿: けんちゃ | 2013年10月19日 (土) 22時49分

それは災難でしたね。確かに、登山は登りより下りで事故が多いです。ぼくも気をつけなければ。五色沼と鎌沼、ぼくも大好きな場所です。今年の夏は鎌沼で星景写真を狙っていたのですが、全然晴れてくれないので機を逸しました。一日も早く全治されることを祈っております。

投稿: 佐藤俊彦 | 2013年10月20日 (日) 03時04分

佐藤さん
 おはようございます。見舞いのお言葉有り難うございます。
高齢者の登山で注意喚起がされていますが、いやぁー面目ないです。
十分に注意をしながら降りていたつもりでした。浮き石に上がると危ないので足で探りながら、避けながら歩いていたのですが......結果が全てで多くの人にお世話になりました。反省しきりです。

 五色沼は初めて見たときの感嘆、再び見たときもやはり美しいかったです。鎌沼は前回は湖畔まで行きました。直ったら再び行きたい所です。

有り難うございました。

投稿: けんちゃ | 2013年10月20日 (日) 08時30分

えーお怪我されたんですね。今年はもう撮影だめですかね。残念です。モザイクの続きは来年ですね。お大事にです。山頂はすごく透明度が高そうです。小生は、みかぼ山でした。淡いのとりたいのですがカブリがひどくって。。新潟の暗さが恋しくなってきました。来月いこうかな。

投稿: tarobu | 2013年10月20日 (日) 08時53分

tarobuさん
 面目ないです。躓いて前に転倒してしまいました。

視程は長かったと思います。山の名前や位置を知らないですが、鳥海山が見えたと思います。三角形の独立峰が見えましたから。

みかぼ山の作品、拝見してました。左手で打っているので打ちにくく、ついご無沙汰してしまいました。web上の作品には光害は感じられませんね。画像処理の奥義の結果でしょうか。実際、無光害の所で撮った画像は処理が楽ですよね、実感しています。

季節柄、撮影出来ても来春ですね。半年で金具の除去手術なので後もう半年、我慢の一年です。

投稿: けんちゃ | 2013年10月20日 (日) 09時35分

災難でしたね。でも「頭部」を怪我しなかったのは不幸中の幸いかと思います。
自分は登山はしませんが、時々トレッキングの真似では確かにストックは二本必要だと特に下りで思います。
お大事にどうぞ。

投稿: 小太郎 | 2013年10月20日 (日) 14時43分

小太郎さん
 お見舞い有り難うございます。
そうですね、頭、足に負傷が無かったことが幸いでした。

 今、病院に落ち着いてパソコンを開いたところです。初めてモバイルルーターを使いました。これは便利だけれど料金が高いですね。一週間の我慢ですが、インターネット中毒で繋がらないと落ち着きません。

投稿: けんちゃ | 2013年10月20日 (日) 16時02分

こんばんは。
アクシデントとはこのことだったのですね。
心配しました。
あせらずお大事に。

カノープスを見るのに夜間の登山も考えていましたが、
こういうアクシデントを想定すると、行きにくくなりました。
私もそれほど若くないですし、昔ほどの脚力もなくなっているだろーなー。

投稿: skame | 2013年10月20日 (日) 23時02分

skameさん
 おはようございます。
お見舞い有り難うございます。自分の認識よりも遙かに体力が無いことを認識させられました。今まで見てきたマスコミの報道は他人事でしたが....。

 ますますカノープスを見て健康と長生きを願わなければなりません。

投稿: けんちゃ | 2013年10月21日 (月) 07時01分

けんちゃさん、大変でしたね。

ヘリコプターは随分高い所にホバリングしているようですが、怖く無かったですか?

何年か前、私の母も山菜採りに夢中になって転倒し手首を骨折しました。山登りは素人なので「山で手を折るなんて、」と思っていましたが咄嗟に庇うから意外と手首の骨折って多いのかもしれませんね。お大事になさって下さい。

利き手の骨折は何かとご不自由でしょうが、焦らずゆっくり養生して下さい。

投稿: tantan | 2013年10月22日 (火) 10時50分

tantanさん
 橈骨遠位置端骨折は症例が多い骨折のようです。骨粗鬆症のご婦人が多いとか。

 怖さを感じる事はありませんでした。痛みの方が強いので他に思いは巡らなかったのでしょう。ヘリコプターの振動が大きいことにびっくりしました。こんなに振動があると操縦が大変だろうと思いました。搭乗員のご苦労には感謝いたします。辛坊治郎の心境でした。

 昨日手術が終わって直ぐ、車の運転は何時頃出来ますかと聞いてしまいました。おおむね一ヶ月が必要と言われました。なので私は今年、もうオフシーズンになりました。誰かの車に乗せていって貰いましょうかね!そうすれば星景写真は撮れるかもしれませんね。

投稿: けんちゃ | 2013年10月22日 (火) 11時06分

ビックリしました。とりあえず、安静が必要のようですが経過はよさそうなお話なので少し安心しました。アイソン彗星の頃には少しは動けそうでしょうか?お大事にしてください。

投稿: 一番星 | 2013年10月22日 (火) 21時30分

一番星さん
 ご心配いただいて恐縮です。
術後2週間で固定が外れて自由になります。今のところ痺れや痛みも無く指も動かせますから安心しています。

 アイソン彗星、出来ればSP-DX位が使える様になると嬉しいのですが、車の運転が出来るのに一ヶ月と言われましたので、微妙ですね。天候の具合もあるし。

 天文館の行事、興味を持って見ていました。しばらく参加できなくて残念です。

投稿: けんちゃ | 2013年10月23日 (水) 06時31分

遅くなりましたが、記事を拝見してびっくりしてしまいました。
なんか難しい骨折のようですが、大丈夫だったのでしょうか。
登山での事故は命に関わることが多いですから、気を付けてください。
それにしてもレスキューヘリは不謹慎ながら意味滅多にない経験だったと思います。私なんか救急車も乗ったことがありませんので。

手首の骨折は治りにくいのでしっかり養生してください。
私は10代の頃右手首の舟状骨を骨折して、そのまま偽関節になってしまっています。

投稿: カムイミンダラ | 2013年10月23日 (水) 21時38分

カムイミンダラさん
 手首骨折の情報を有り難うございました。
骨折の経験がおありなんですね。舟状骨骨折、初めて知り、webで調べてみました。橈骨に繋がる骨ですね、2診と当医院でCTを撮りましたので大丈夫でしょう。

 カムイミンダラさんは偽関節に成られたんですね。リハビリの時にその話を致しましたら、私の場合は大丈夫でしょうと言われました。

 偽関節になると痛みが続くのでしょうか? こうやってお話を伺っていると骨折経験者が意外と多いことに驚きました。娘婿も10年前に鎖骨を折ったと言ってきました。

 私は高齢者、カムイミンダラさんも、お互いに気を付けましょう。

投稿: けんちゃ | 2013年10月24日 (木) 11時18分

1ページ目だけを見てメッセージを書き終えて、2ページ目を見た途端、災難に遭われたとのこと。こんなことになっているなんてと、びっくりしました。自分も、登山ではないですが、手首をちょっとしたことで怪我をしたことがあります。ギブスが取れるまで1か月くらい、その後リハビリをした覚えがあります。お風呂が一人で入れず、女房に手伝ってもらっていたいました。

お大事にしてください。そして、1日も早く、全快され、天文の趣味が再開されることをお祈りします。

投稿: ヒロノ | 2016年10月11日 (火) 00時22分

びっくりしてしまい、日付をしっかり見ないで投稿してしまいました。

3年前のことだったんですね。
お騒がせしました。すみませんでした。

投稿: ヒロノ | 2016年10月11日 (火) 00時24分

ヒロノさん
 はっはっはあー、もう3年も経ってしまいましたね。全くもって面目ないです。ちょっと躓いただけで大変なことになってしまいました。半年後にもう一回手術して、完治までに丸一年掛かってしまいました。

 今年のSLF,二日目は良い天候に恵まれて良かったですね。9月30日、車を入れ替えてから赤道儀など積載しやすい様な工事を進めています。なので仲間の遠征にも参加出来ずコツコツ弄くっているところです。

投稿: けんちゃ | 2016年10月11日 (火) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/53644636

この記事へのトラックバック一覧です: 田村市SLFと一切経山2....そのあと:

« 田村市SLFと一切経山1 | トップページ | 暇つぶしで »