« ネズモチ平 | トップページ | 敷石工事 まだまだ続きます。 »

2013年9月30日 (月)

ネズモチ平で唯一の作品

 9月28日のネズモチ平遠征撮影で唯一完成した物です。

西の空に雲が張り出し来ていたので露出は少なめにしました。

今データがないので撮影時刻は後で書きます。

IC1396 ケフェウス座
 2013/09/28 撮影地 魚沼市大白川 浅草岳登山口駐車場 ネズモチ平 標高約870m SQM-Lの値は21.4でした。
北側 18:58~ 300秒 10枚  南側 19:51~ 300秒 10枚
ε-180ED、NJP(MTS-3SDI+)、LordStar OAG9 PHD1.14.2 オフアキシスガイド、CDS-600D ISO1600RAW 300秒×10枚、ステライメージ7で現像、ダーク、フラット処理、南北2枚 PSCS6でマージ。Ic13962upsaidoup

 ネズモチ平駐車場 G15Photo 方角はおよそです。
北北東側(車の後方 広い様に見えますが....)縁石が見えます。その向こうは急斜面です。
 ネズモチ平は標高約870m、浅草岳の登山口で砂利の広大な駐車場があります。この時期登山者が多いのですが、今日は車三台でした。早朝からの登山目指して夜間に車が進入してきます。今回も煌々とヘッドライトで照らされました。停車場所を探してくるくると旋回しています。時には私たちを確認するかごとく、こちらにライトを向けたまま停車、ここはぐっと我慢我慢のしどころです。この駐車場では登山者が優先ですからね。鏡筒の向きが北側で背中を向けた状態、透明度の良さも手伝って、被りはありませんでした。
 この撮影は天候の不安もあり薄明が残る中撮影を開始しました。
TheSkyのモザイク機能で撮影しましたが、星雲の形がはっきりと表示されていないので見当をつけて構図を決めました。ε-180ED+APS-Cの二枚モザイクでは写野が足りないですね。もう少し西に振った方が良かったですが、時間が足りないので良しとしました。

 光害被りがないのでフラット処理も簡単です。
ダーク、フラットは自宅で撮りました。フラットは前記事にしたとおりLEDトレース台です。ライト画像と同じくらいのレベルになる様に車の遮光シートとコピー用紙を重ねて5秒露出で30枚コンポジットしました。

 色も、レベルも大して気にしない、ただしダーク処理は必須です。



 

|

« ネズモチ平 | トップページ | 敷石工事 まだまだ続きます。 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

すばらしい!
今年は挑戦してみたいです。
いつも鏡筒に対するカメラの角度が分からなくなります。
しかも、主導導入だし・・・。

投稿: もっちゃん | 2013年9月30日 (月) 23時07分

もっちゃんさん
 有り難うございます。
自身、短時間で良く撮れたと思います。光軸調整も一段落して撮影が楽しめました。

 光害が少ないのでフラット処理も簡単にできたと思います。

 モザイクするにはパソコンが無いと私には出来ません。自動導入様々でした。

投稿: けんちゃ | 2013年9月30日 (月) 23時41分

けんちゃさん、秋の定番ですね。
ねずもちは空は良いけど登山客の車が頻繁に出入りするので落ち着かないと聞いたことがあります。同業者なら駐車場に入るときにライトを消したりする気遣いがありますが、登山屋さんには分からないでしょうね。

透明感のある良い仕上がりですね。この星雲は大きくて構図のとり方に悩みます。象の鼻方を中心に据えたこの構図は、両側がちょっと切れるより良いと思います。

やっぱりイプシロンは星像が良いですね。そのモザイクですからより一層綺麗です。

投稿: tantan | 2013年10月 1日 (火) 10時05分

tantanさん
 秋の定番、初めて撮りました。象の鼻は自宅で2000mmで撮影したことがありましたが、撮っただけで作品にはなりませんでした。やはり暗い空と透明度の良さ....必要ですね、画像処理が楽になります。ステライメージ7も色彩が豊富に出る様になりました。
 全ての処理をSI7でやり、CS6はマージだけです。
この作品は自分でも良く出来たと喜んでいます。ノートパソコンで色彩の処理をしたので一寸心配です。カラマネのディスプレィが欲しくなりました。

 この日は登山客少なかったです。夕方、帰る車と、翌朝登山する関西方面の年配のご夫婦、あとはサーチライトよろしく、入ってきた車の三台だけでした。
 長らく道路が通行止めだったことと、紅葉には少し早いからかもしれません。

投稿: けんちゃ | 2013年10月 1日 (火) 12時40分

新潟勢はみなさん撮影されていますね。
この新月期に、出掛けようかと考えているのですが、
その前に台風の影響が心配です。ヤフオク出品で小銭稼ぎしています。(笑)

投稿: 電球 | 2013年10月 1日 (火) 14時00分

電球さん
 みんな星空を渇望していたのですよ! 月は残りますが、その前までは絶好の撮影日和でした。

 新月期、天候が心配ですね。私たちもリベンジを目論んでいるのですが.....

 黄色い今日塗宇は幸せを呼び込みますよ!

投稿: けんちゃ | 2013年10月 1日 (火) 20時16分

こんばんは。

やはりそうでしたか、デジカメでも通用するプロセスなんですね。
syoshi-さんも同じらしいです。
所で、ステライメージでカラー現像とありますが、カラーノイズ
の無用な処理を封じるマニュアル設定などがあるのでしょうか。
あれば教えて下さい。というのも、この1396は非常に自然で
滑らかに見えるものですから。デジカメの描出力に勇気を頂きました。

投稿: よっちゃん | 2013年10月 1日 (火) 23時00分

美しいですね。この星雲は赤を派手に出す処理をよく見ますが、これくらいの色がきれいです。星の一つ一つもとてもきれいです。
CDS-600Dも中身は60Dですよね。SI7でどうやってこの色が出せるのか不思議です。私の知らないワザをお持ちなんですね。

投稿: まるひ | 2013年10月 2日 (水) 00時01分

よっちゃんさん
 コメント有り難うございます。
このフラット処理法はよっちゃんさんの処理法を追試してみて、目の前が明るくなりました。今までレベル合わせやカラーバランス.....で苦心していましたが、ダークを引くことによって全て解決しました。有り難うございました。

 ステライメージのマニュアル手順通りです。
RAWで開いて、ダーク、フラット処理、ホットピクセル(デジカメではクールは不要と読んだことがあります)。

 ベイヤーRGB変換、自動位置合わせ-加算コンポジット、星のマスク作成、レベル調整、デジタル現像、マトリックス色彩補正。

で終わりです。

 今回、背景のノイズ処理を、ステライメージのバックグランドスムースやよっちゃんさんのレイヤー効果も試してみました。が、それらは使いませんでした。

 デジタル現像を行う前に淡い部分を描出するためにレベルを詰めていましたが、ノイズが目立ちすぎたので目立たない程度に抑えて、デジタル現像のレベルを詰めたらノイズが目立ちませんでした。デジタル現像のカラー強調は使わず、マトリックス色彩補正だけを使いました。

 それからカラーバランスを取るためにレベル調整で左側のみ合わせてからオートストレッチを掛けました。

 たまたま今回の素材だけかもしれませんが、RGBのベイヤーノイズが目立たなくなって良かったです。

 それと一番はやはり暗い空と光害の少ないことですね。

投稿: けんちゃ | 2013年10月 2日 (水) 00時02分

まるひさん
 CDS-600DはkissX5ですよ。

ステライメージ7の処理手順について、よっちゃんさんのコメントに返事を書いたとおりです。

SI7のマトリックス色彩補正とオートストレッチはすばらしいです。

確かにIC1396ももっと赤い作品もありますが、あえてこのあたりで止めました。M31やM33の時は よっちゃんさんの方法 レッドのコピーからグリーンを引いてマスクしレッドを強調していましたが、今回は何もしていません。

まるひさんもマトリックス色彩補正を試してみてください。

投稿: けんちゃ | 2013年10月 2日 (水) 00時12分

けんちゃさん、丁寧なご指導有難う御座いました。
正直、ステライメージの力を見直した感じです。
成る程、ポイントはDDP時のsss強調をせず、代わりに
マトリクス色彩強調する箇所にありそうですね。
前回のM31の調子もそうですが、けんちゃさんの
仕上げは非常に僕の好みです。デジカメの情報を
綺麗に引き出しているなと感心しました。
機会があれば、マトリクス色彩強調の具体的な操作
方法について説明頂けないでしょうか。

投稿: よっちゃん | 2013年10月 2日 (水) 01時48分

よっちゃんさん、おはようございます。
 そう言って頂けると大変うれしいです。
色彩の好みは、私がよっちゃんさんの作品を手本にしているからで、少しでも近づきたいと試行錯誤しているところです。

 よっちゃんさんのビデオを何回も見たり、syoshi-さんとの会話も聞きました。大変参考になる情報を公開してくださって有り難うございます。私は技術や知識を論理的には理解していないので、よっちゃんさんのBLOGにはコメントできませんが、毎日興味津々で拝見して居ります。

 私はDDPのsssで強調すると、どうしても星の中心部が変な色になってしまうのです。きっとそれ以前のレベルを詰めすぎているのだと思うのですが、sssを使うときもGだけは使いません。

 マトリクス色彩強調はすべてデフォルトです。強さだけ調整してどぎつくならない様にしています。

 モノクロ冷却CCDでLRGBの解像感には大変な魅力を感じています。よっちゃんさんがデジカメから冷却CCDに移行された頃、BLOGでCCDer達と議論されていた事、そのアドバンテージについて読んでいました。

 自分の年齢や知識、気候の関係で年間で撮影出来る回数の少なさの為に試行錯誤する時間が少なく、デジカメで行こうと開き直っている私です。εの光軸調整に丸5年を要しました。

 よっちゃんさんのBLOG、反応が少ないと仰いますが、私みたいに参考にしている人は大勢居ると思います。これからもよっちゃんさんのBLOGを参考にさせて頂きますので宜しくお願いいたします。

投稿: けんちゃ | 2013年10月 2日 (水) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/53441628

この記事へのトラックバック一覧です: ネズモチ平で唯一の作品:

« ネズモチ平 | トップページ | 敷石工事 まだまだ続きます。 »