« 久しぶりの星空 | トップページ | 胎内星祭り 楽しく過ごしてきました »

2013年8月19日 (月)

奥只見湖の遊覧船に乗りました。

8月17日
 忙しかったお盆も終わり、枝折峠の道路状況が気に掛かり、ついでに奥只見湖まで行ってきました。

 枝折峠頂上のバス停Photo
銀山平方面に1本しかありません。

ここは越後駒ヶ岳の登山口の一つPhoto_2
 この道路は国道352号線、樹海ラインと名付けられています。

 以前来たときはここから駒ノ湯までが豪雨災害で復旧工事のために通行止めでした。

 今回は奥只見湖まで行くために奥只見シルバーラインを通りました。ダムまで行ったのは何十年ぶりか? 初めて遊覧船にも乗りました。

 ダムサイト下の駐車場から遊覧船乗り場までこんな乗り物が出来ていました。Photo_3
 ダムには外灯が付いていないようです。(三条の笠堀ダムも大谷ダムも沢山の外灯が付いています。)Photo_4
 下の駐車場方向Photo_5

 帰り際に画面奥の駐車場(砂埃が舞っているその向こう)に行って周りを見渡してきました。天体写真を撮られる方はここかなと思いました。夜来たことが無いので分かりませんが低空の見晴らしは悪い物の空の暗さはすばらしいことでしょう。

 初めて乗る遊覧船Photo_6
 こんな風に回りました。Photo_7
 ミシシッピ川の外輪船を模した船だそうで、定員300名。Photo_8
Sip
 ......けんちゃ .....Ore


丁度折り返し地点から燧ヶ岳が見えました。Photo_9
 中国からの飛来物質でかすんで見えます。ここのところずーっと透明度が上がりません。

 今年の雨で長岡ではかなりの土砂災害が起きました。でも水位が低下しいる様に見えます。本当に集中豪雨なのですね。Photo_10

 

 枝折峠へ上るためにトンネルを通りたく無かったので、これでようやく駒ノ湯方面から上れます。

 所要時間は自宅から約2時間、標高1000m。普段の撮影地は所要一時間、標高500m。この差が天体写真の青の写りにどのくらい差が出るか興味があります。

 帰りに浅草岳のねずもち平にも行って道路状況を確認したかったのですが、時刻が遅くなったのでまっすぐ帰りました。

 峠はもうすっかり秋色、梅雨明け宣言が無いまま秋ですねえ!Photo_11

 






 

|

« 久しぶりの星空 | トップページ | 胎内星祭り 楽しく過ごしてきました »

撮影地」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この時間、新潟県に大雨、雷雨、突風注意報が出ていますね。
17日は撮影地のルート確認を兼ねての移動でしょうか?
駒の湯方面から入れる事が判って、良かったですね。
私も奥只見湖方向には入った事がありませんが、良いところですね。
尾瀬には2回程行っていますが、東電小屋側になります。沼田から
入る方が便利なもので・・・。と言っても車の入れる頃の話です。
それにしてもアキアカネが沢山飛んで秋ですね。

投稿: 電球 | 2013年8月19日 (月) 17時19分

電球さん
 三条市では明朝からのようです。一日中雨の模様。

 枝折峠の道路確認に行ってきました。18kmもつづくトンネルは年寄りには堪えます。特に最初は短いトンネルが続きその度に目の前が真っ暗になります。このトンネルは照明が少ないですから。暗視順応が遅いですね。

 今までも石抱経由なら峠まで行けたのですが、トンネルを通りたくなくて行きませんでした。

 尾瀬ヶ原は数回行ったことがあります。特に燧ヶ岳は残雪のなか登りました。下界は全く見えない中、山頂でビールとおにぎりを食べて帰りましたよ。東電小屋は休憩だけでした。宿泊は一回だけ、見晴らし十字路付近でテント泊、一日が長~く感じました。

 ススキの穂も大きく広がり標高1000mを感じましたね。新潟県ではもしかして車で上れる最高峰かもしれません。

投稿: けんちゃ | 2013年8月19日 (月) 20時07分

こんばんは。
枝折峠の最新情報ありがとうございます。
現在駒の湯から枝折峠までいけるわけですね。
星景ねらいでは2回枝折峠まで行きましたが、天気があまり良くなくまだ枝折峠での作品をものにしていません。
確かに空は暗くこれで露出は十分と思った写真が露出不足になっているほどの暗さです。
ただ駐車場に夜中から登山者の車がかなりあり注意が必要かもしれません。
夜明け前は銀山平は霧が出やすく写真撮影には向かないようです。
雲海から昇るオリオンやしし座を撮るには枝折峠はいい撮影ポイントだと思います。

投稿: skame | 2013年8月19日 (月) 21時25分

skameさん
 魚沼市の湯ノ谷支所あたりで道路情報を確かめていれば良かったのですが、少しもったいない事をしました。

 枝折峠は雲海が滝のように尾根を越えて流れる写真を見たことがあります。星の写真もそうですが回数通わないと物にできませんね、私はそこまで根性がありません。

 登山者の車は仕方の無いことですね、こちらの方が場所を余計にとりますから気が引けます。

 今年は一度撮影に行きたいと思っては居ますが.....
近場で済ませるかも。

投稿: けんちゃ | 2013年8月19日 (月) 21時55分

私も一度は枝折峠からの星空をと思っていますが、未だに実現していません。
午前と午後で一方通行の変わる時代以来行ったことがありません。駒ノ湯側から登れると便利ですね。
そういえば奥只見ダムから撮ったと言われる天体写真を見たことがないのですが、なぜなのでしょう。星見スポットとしてはいいと思うのですが。

投稿: まるひ | 2013年8月20日 (火) 00時11分

暑い日が続いたと思ったら、今度は大雨です。
奥只見は夏場行った事がありません。夏のダム湖も綺麗ですね。いつかは尾瀬にも行ってみたいです。

最近の空は良くないですね。秋にはすっきり晴れ渡って欲しいです。

投稿: tantan | 2013年8月20日 (火) 08時37分

まるひさん
 私は水害以前に日暮れまでいたことがありますが、赤道儀とピラーは常時積載していてもコントローラやバッテリーカメラ、パソコンを持っていなくて何にも撮れませんでした。

 tarobuさんに依れば登山者のヘッドライトがかなり影響を受けるようです。道路が急勾配でくねくね曲がっているので遠くの車でも空を照らしてしまうのでは無いでしょうか。 

 その点では奥只見湖の駐車場の方が良いかな? でも標高の差がねえ?

 まあ、一度は体験してみたいですね。

投稿: けんちゃ | 2013年8月20日 (火) 19時56分

tantanさん
 今朝も早くから雷雨でした。なかなか撮影日よりがこないですね。

 私はまだポタ赤を持っていませんが、尾瀬ヶ原や木曽駒ヶ岳など高いところに上りたいです。

 胎内星祭りの天候が悪いですね、良い方向にずれてくれないかな。

投稿: けんちゃ | 2013年8月20日 (火) 20時01分

ご無沙汰いたしております。お元気そうで何よりです。
奥只見湖ですか・・・行ってみたいところのうちの一つなんですよね。いいなぁ〜。千葉からはちょっと距離があるので家族では当分無理ですので、遠征に復帰できたら行ってみたいです。

投稿: ryojin | 2013年8月23日 (金) 20時22分

ryojinさん
 こちらこそご無沙汰しております。
まあ、そこそこ元気でやっております。天候不順や女房の事などでなかなかモチベーションが上がりません。

 ryojinさんは新居も落ち着き、避暑地で鋭気を養ってこられたようで何よりです。

 明日は胎内星祭りに行ってきます。午後からは天候が回復しそうなので楽しんで来たいと思います。
千葉からはかなりの距離がありますね、でもほとんどが高速道路ですから、時間的には意外と掛からないと思いますよ! 何か行楽を兼ねて予定されれば参加も可能では無いでしょうか。

投稿: けんちゃ | 2013年8月23日 (金) 23時45分

はじめまして。
SP-DXをネット検索していたら、辿り着きました。
同じ市内に住むeclと申します。
過去には自身もアマチュア無線を行っており、同じような趣味の方と存します。
おそらく「あの」会社の方だなと察しました。
近くに、こんな素晴らしいホームページをお持ちの方が居られて嬉しくなってコメントさせて頂いた次第です。
天文に関しては2年前よりの復活組みでして、レベルは相当低いです。
今後も、拝見させて頂きたいと思います。
宜しくお願いします。

投稿: ecl | 2013年8月24日 (土) 23時18分

eclさん、こんにちは。
 ようこそいらっしゃいました。

今、胎内星祭りから戻りました。Y岸さんご家族やBLOGで知り合った方など大勢と談笑してきました。

eclさんは近所のようですし是非一緒に撮影や観望をしましょう。私も年は取っていますがレベルは低いです。

投稿: けんちゃ | 2013年8月25日 (日) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/52940021

この記事へのトラックバック一覧です: 奥只見湖の遊覧船に乗りました。:

« 久しぶりの星空 | トップページ | 胎内星祭り 楽しく過ごしてきました »