« CANP'13に参加します。 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

2013年6月20日 (木)

マニラに行ってきました。

 30年ぶりの海外でした。
急な展開でマニラとホーチミンへ行ってきました。仕事で10日から15日までの5泊6日、大変タイトな行程でほとほと疲れました。

 新潟から成田までも航空機で行きました。

Niigataairport1
 時々故障を報道されるボンバルディアNiigataairplane
いざ搭乗Nalitaairport_2
ボーイング767かな? エコノミークラスで大変窮屈でした。Nalitaairplane
 席が中央だったので外は良く見えませんでしたが、日没のグラデーションが大変美しく遠くの小さな窓から見えました。



 




 マニラの空港はターミナル3に到着しました。まず蒸し暑い、タクシーの客引きがしつこい、イルミネーションが意外と少ない。ターミナル3だったからか。Manila1

 これもタクシーTaxi
 このタクシーは綺麗に見えますが、後日乗ったタクシーはぼろぼろで格好は囚人護送車のようでした。


 知人の車です。迎えに来てくれました。Photo
 二週間前に買ったそうで、かなり痛んでいましたが自分でリペアーしたそうです。ピッカピカでした。



 翌朝からこの車で目的地まで送迎してもらいました。写真はほとんど撮りませんでしたがトライサイクルといわれるサイドカー付きバイクタクシーが縦横無尽に走り回っていました。その中を車と歩行者が、これまた自由に走ります。直前横断、左右から追い越し、割り込み、それでも誰も止まりません。蟻の行列のようでした。

 このようなバスが高速道路にも走っていました。Bus


 マニラの近郷、主要道路の周辺です。Suramu1

スラムの向こうにはパレスが見えます。 走行中の車のなかららの撮影なので道端に延々続くスラムは撮れませんでした。

外壁を修理中、一部屋畳4畳くらいのビル。上等な住宅です。ほとんどはトタン葺き、それでも電灯は引いてあります。そのほとんどは盗電だそうです。Gaihekireper
 
 こんなものを作っている所を観てきました。Wel1sys
全てが手作り、筐体は曲げ、穴開けも手作り、ちょうど50年前にラジオを作っていた時のようです。企業秘密のトランスも手巻き!   節電システム  です。 交流電気の知識が無いので不思議で仕方ありませんでした。


 

 このあと近くで昼食を摂りました。Lunchmenu
 訪問先の社長さんご夫妻と、私の部下たちです。
CIAのキャップをかぶっている者がフィリピン人の社員で、通訳をしてもらいました。彼なしでは全く動けない私たちでした。


Lunch1 
Lunch2
Lunch3
 
 結構食べましたね! 生水には注意していてペットボトルでしたが、うかつにも飲み物に氷が入っておりを沢山飲みました。あと生野菜、これも食べましたね。Lunch4
川魚が泥臭くて食するのに難儀しました。Lunch5

レストランです。蒸し暑いなかにも海風が涼しく、騒音もなくのんびりできました。
Cavitelunch1

マニラ中心部方面Maynila_bay

 同じ敷地にワニ園がありました。クロコダイルです。
Crocodile


 こんなやつがその辺にいるのだそうです。逃げ出したのか?放したのか?野生なのか?

クロコダイルとアリゲータの違いを教えて頂きました。
頭の形状が
 クロコダイル V シェイプ、
 アリゲータ  U シェイプ
だそうです。

 工場に戻るとスコール、すごい。瞬く間に道路が水没していきます。社会インフラが整っていません。Photo_2

ホテルの部屋はお湯が良く出ない、エアコンがうるさくて眠れない。蚊がいる。初心者には悪いホテルでした。

 

 翌日は、サンタローザシティ。フィリピンの独立記念日で全国的にお休み。高速道路の渋滞をさけて近道と称して地方道を行くが、大変道路事情が悪くてとても時間がかかりました。私には比較が出来ませんが。

 訪問先も本来休業ですが日本の取引先の納期が迫っていて休日出勤だそうです。


 訪問を終えて、マニラのリトルトーキョーで夕食、空港近くのホテルに泊まりました。
このホテルが又、最低。いくら空港近くで便が良いと言っても......



 この手桶は何???Toile0
悪い予感は当たりました。Toile1
帰国してからホテルの口コミを読むと.....最低.....。




 早朝これからホーチミン、。 ホーチミンでも食事の写真。屋台風のところで食べました。華僑の商社の社長さんに案内してもらいました。Vlunch1
Vlunch2
Vlunch3
 フォードストリートとか。この隣の間口にテーブルと椅子があります。座るとすかさずオーダーもしていない物が次々と出てきますが、現地の社長さんは怒ったように突き返します。日本人だけならそのまま食べてしまいそうです。

 食材の中身は詮索していると食べられなくなります。無視して食してきました。ライスヌードルがおすすめといわれて食べてきましたが、何やらいろいろな物が入っていました。なかでも豚の膝、社長に勧められて食べてきました。


 
 ホンモンからホーチミンに戻る道筋です。Photo_3
やはりスラム街が続いていました。


修理やさんのようですね。Photo_4

 ベトナムと言えばホンダのバイク。今はスーパーカブはほとんど見かけません。2
Photo_5
ここも交通ルールは無いようです。

目の前で交差点の真ん中でバイク同士が衝突して転倒しました。みんな上手に避けて通り続け通行止めはありません。



この機材はエアバスかな、小さいけれどANAよりは広くて快適でした。台風の影響があったようでかなり大きな横揺れを感じました。乱気流でガタガタ揺れるのとは違いました。マニラに戻ってTVを観るとフィリピン南部の方でフェリーが転覆、死者が出たようです。Phlipinair3
Philpinair1
Phlipinair2

 夜マニラに戻り、又最低のホテルへ。



 マニラを早朝発って又、窮屈なANA機に乗って帰ってきました。これに乗りたかったなあ!B787

で、ボンバルディアで雨の新潟空港へBonn
Niigata

 
 全てをインターネットで予約して行った出張旅行、交通の便よりもホテルの質の確認が非常に重要でした。口コミも欧米のビジネスマンの書き込みはみな、的を得ていました。参考になりましたね、後の祭りでしたが。

 急な予定で、人員もパスポートの有効期限が少なくて急遽入れ替わったりではじめからばたばた出張でした。それでも仕事はまあまあの成果でした。


 今になって、疲れがどっと出てきています。

土曜日は楽しみなCANP’13



秋葉原をぶらつく時間をとれるかなあ!




 

|

« CANP'13に参加します。 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

訪れたことのない地ですが、TVでもあまり見ない様子に驚きです。
私も良く知らないところで、異文化を見るようですね。
もしかしてトイレの手桶は、水洗トイレのタンクが機能していない?
水洗が一般化じゃ無いのででしょうか?
でも、出発が新潟からじゃ無く成田空港からだったのですね。
外国に行くには当たり前か・・・(汗)

投稿: 電球 | 2013年6月20日 (木) 23時33分

電球さん
 この前の出張組は新潟からインチョン経由でした。インチョンで8時間潰したそうです。航空券もホテルも金額をケチると大変なことになる。良い経験でしたよ。

 トイレの水は出なくて隣の部屋へ行きました。

 とにかく社会インフラが大変遅れています。それと教育が行き届いていなくて貧富の差が大変大きい。日本から観ているよりも何倍も大きい。

 一番気を遣ったことは仕事よりもひったくり、泥棒でした。現地の人に繰り返し言われ、車の外で撮影を控えました。カメラと型から下げた風体はいかにもツーリスト。かもだそうです。


 観光に行くなら道徳教育が行き届いた(何処にある?)所にしましょう。

投稿: けんちゃ | 2013年6月20日 (木) 23時51分

楽しい(?)旅行記読ませていただきました。
なかなかカルチャーギャップが大きく、耐性のない私にはこのような国はムリのようです。日本に生まれたことを感謝せねばなりません。
週末はCANPですか。新潟組も何人かいらっしゃるようですね。成果を期待しています。

投稿: まるひ | 2013年6月21日 (金) 14時58分

まるひさん
 ご覧頂いてありがとうございます。

 フィリピンもベトナムも交通や環境はTVでよく見かけますが、思っていた以上にその差が大きいことを実感しました。小さい企業を3社見てきましたが、皆周辺環境は劣悪です。企業自身は日本を相手にしているので整理整頓が行き届いていました。5Sを掲げているところもありました。

 CANP'13に一番星さんは残園ながら外れたようです。そのかわりに彗星会議出られて、記念写真にも写っていましたね。
今回はtantanさんが講師をされると言うことで出席を決めました。名簿には新潟の名前はほかには無かったようです。

 じぶんの頭の記憶容量はもうありませんのでどのくらい知識を吸収できるかはなはだ疑問ですが、聞かなければ分からないことが沢山ありますから、厚顔で聞いてこようかと.......

投稿: けんちゃ | 2013年6月21日 (金) 15時10分

こんばんは。
大変な海外出張だったのですね。
マニラ、ホーチミン想像以上に凄いところだと感じました。
今の私がいったら完全にカモですね。
ホーチミンのバイクの数を見て、30年前に行った台北を思い出しました。
どの交差点もバイクでいっぱいで信号が青に変わった時はまるでバイクレースのスタートそのものでした。しかもほとんどがノーヘル。
でも、活気はあったなー。

投稿: skame | 2013年6月21日 (金) 22時50分

skameさん
 ”活気がある”といえば活気がありますね、どちらも。スタートダッシュは車よりバイクで両側から追い越していきます。マニラはそうでも無かったですが、ホーチミンは全員ヘルメットをかぶっていました。かっこいいスポーツバイク様ですね。

 出かける前からパスポートの件でメンバーが替わったり、ばたばたしました。

 困ったこと、入国審査用の用紙が小さく文字も小さい、見えなくて大変でした。4回書きましたが、毎回間違いました。

投稿: けんちゃ | 2013年6月21日 (金) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/52116410

この記事へのトラックバック一覧です: マニラに行ってきました。:

« CANP'13に参加します。 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »