« プリズムの全反射 | トップページ | 光軸確認に大平峠へ »

2013年5月16日 (木)

光軸調整中のM13

 5月12日の撮影です。
光軸調整中にノーマル60Dで確認中

M13
 2013/05/12 23:04~ ISO800RAW 60秒、90秒、120秒、180秒 各一枚
ε-180ED、EOS60Dノーマル、EM500、ガイド無し、ステライメージ7で周辺減光補正M13x460d2
ダーク、フラット処理をしていないので背景を暗くしました。

 

|

« プリズムの全反射 | トップページ | 光軸確認に大平峠へ »

天体撮影」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

4/22エントリーのFARPOINTの Cheshire TYPEですが、鏡部分がドーナツ型になっていますが、主鏡との合わせ鏡による反射像は綺麗にみえるのでしょうか?
自作品では限界があるので、2インチを購入しようかと思っています。
コリメーションアイピースは持っているので、オートコリメータがあれば光軸を今以上に追い込めるのでは?と考えています。

投稿: もっちゃん | 2013年5月19日 (日) 20時21分

もっちゃんさん
 私の記事では分かりにくく誤解を与えてしまったようです。私自身、良く理解していませんでした。

 Auto collimator を買えば良いのです。Cheshire TYPEで探すと45°に鏡が着いていて光を取り入れる構造になっている物に行き着くと思います。そのものは屈折用で反射にも使えますが、合わせ鏡ではありません。

 Auto collimatorと今回私が買った品物、ドーナッツ状に光っていて中心にのぞき穴がある物(斜鏡の向きをを主鏡中心に向けるための物)と併せて使うと正確に合わせられます。Auto collimatorは2インチが使えるならその方が絶対に良いです。FARPOINTには2インチしか無いのは納得できます。多重に反射したセンターマークは小さい方では見にくいです。

 ようやく光軸が合い、星像も満足できるところまで行き着きました(あくまでも私のレベルで)。まとまったら記事にしようと思っていますがまだどう書こうか考え中....

 今回分かったことはカメラのスケアリングが大丈夫な物で確認することでした。CDS-600Dもかなり入念にスケアリング調整したつもりでいましたが、ノーマル60Dと違いました。もう一つ、これも「私の場合」としておきますが斜鏡の前後合わせが大事。私もどこかで書いていましたが「平面鏡だから.....」では駄目で、カメラの撮像素子面に光軸を完全に直角に入れてやる必要があります。カメラを固定している以上、斜鏡の最適前後位置は一点しか無いと思うようになりました。僅かに前後させると星像が変形しました。それも左右(斜鏡の長径方向)で反対になりました。

投稿: けんちゃ | 2013年5月19日 (日) 23時35分

つまり、コレ↓は、斜鏡の向きをを主鏡中心に向けるための物で、
http://www.telescopper.jp/html/Far2colliEP.htm
機能的には、45度に鏡が着いていて光を取り入れる構造になっている物(コリメーションアイピース)と同じということでしょうか?
ちなみに、Auto collimatorはどんなものをお使いで、どこから購入したのかご教授下さい。

投稿: もっちゃん | 2013年5月20日 (月) 21時59分

もっちゃんさん
 私のAuto collimatorは昔、国際光機から買った物です。
アイピースの中心に小さい穴が空いていて裏側に平面鏡があります。もっちゃんさんが作られた構造で良いのです。

 http://www.farpointastro.com/collimation.phpのページの一番下にFarpoint 2" Autocollimator.が有ります。
CATSEYE http://www.catseyecollimation.com/の方が分かりやすいかも。

投稿: けんちゃ | 2013年5月20日 (月) 22時13分

もっちゃんさん
 言葉が足りませんでした。
>つまり、コレ↓は、斜鏡の向きをを主鏡中心に向けるための物で
その通りです。

>機能的には、45度に鏡が着いていて光を取り入れる構造になっている物(コリメーションアイピース)と同じということでしょうか?
45°の物は持っていないのでどのように見えるか知りません。ただ屈折用であり、反射にも使えると言うことしか知りません。

投稿: けんちゃ | 2013年5月20日 (月) 22時37分

光軸調整の流れですが・・・。

1.Cheshire TYPEのコリメーションアイピースで、接眼部の中心に斜鏡の中心を合わせる。
2.今回購入されたドーナツ状のもので、主鏡に張ったセンターマークを白円の内側に合わせるように「斜鏡を調整する」ことで主鏡の中心を斜鏡の中心と合致させる。
3.Auto collimatorで「主鏡を調整する」
という流れでしょうか?

今の私は、Cheshire TYPEで1と2,自作のオートコリメータで3を行っている状態です。

投稿: もっちゃん | 2013年5月20日 (月) 23時11分

もっちゃんさん
 文字で書くと旨くかけません。読みながら自分の知っているように解釈してしまうので。簡単な記事を追加しました。

投稿: けんちゃ | 2013年5月21日 (火) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/51650485

この記事へのトラックバック一覧です: 光軸調整中のM13:

« プリズムの全反射 | トップページ | 光軸確認に大平峠へ »