« 光軸調整の序 | トップページ | 5月22日の太陽 »

2013年5月22日 (水)

ASTROSIB250RCにレデューサーを付ける

5月23日 MT200のレデューサー画像を追加しました。
MT200レデューサーRdmt200
撮影条件はほぼ同じです。ムーン&スカイグローフィルターは着きませんでした。
M13M13_light_iso1600_90sec_27c_002719
周辺の星の形が円周方向に伸びました。FC100では放射状に伸びています。
どちらも僅かに調整するための部材がないので調整できませんが、MT200用の方は内径が小さく周辺減光が大きいです。
-----------------------


 RCにタカハシのレデューサーを付けている記事を読んで、私も取り付けてみました。RC付属品のプレートにタカハシのレデューサーを取り付けられるようにO塚さんにネジを切って頂きました。

 ピントが出るか、全く確証が無いまま実行しました。Rdfc1001
 ピントは出ました。
今夜は月夜、こんなテストには絶好な日和です。

M13
 2013_05_21 22:17
ASTROSIB250RC + FC100用F5.9RD、EOS60Dノーマル ムーン&スカイグローフィルター ISO1600RAW 90秒 EM500 ガイド無し SI7でカラー現像、レベル調整M13_light_iso1600_90sec_27c_002698
M13
 2013_05_14 24:56
ASTROSIB250RC、EOS60Dノーマル ISO1600RAW 600秒 EM500 ガイド鏡 FS102 Lodestar PHD1.14.2 SI7でカラー現像、レベル調整M13f8_iso1600_600sec_22c_002506
 計算の方法を知らないので画像を比較してみました。およそ0.72倍になりました。
古いレデューサーなので周辺に色収差の発生と像面湾曲が少し残りました。
まあ、我慢出来るかな!

 新しいタカハシの屈折用レデューサーではどうなるか興味津々。

 レデューサー仕様のまま、ついでにM3M3_light_iso1600_90sec_31c_002676

 M5M5_light_iso1600_90sec_27c_002701
 M92M92_light_iso1600_90sec_33c_002703
 
 今回とうとうセンタリングスコープを買ってしまいました。
いやー、とっても分かりやすいです。もっと早くに買うべきでした。Cscorp  
Rc250
 副鏡のセンターマークRc250_2
Centermark
 ピント合わせが出来るので老眼には威力絶大です。

 副鏡のバッフルの陰Photo


後は星像で微調整をしました。





|

« 光軸調整の序 | トップページ | 5月22日の太陽 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/51724460

この記事へのトラックバック一覧です: ASTROSIB250RCにレデューサーを付ける:

« 光軸調整の序 | トップページ | 5月22日の太陽 »