« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の記事

2012年12月31日 (月)

フォトショップの事

 今日は一日、よっちゃんさんの動画を見ていました。まだまだ理解できない事だらけですが、選択範囲を黒塗りすることの意味がやっと分かりました。ステライメージのマスクの説明にも有ることですが、フォトショップと結びつきませんでした。

 そんなこんなで、フラットフレームを撮り直し、ダーク、フラット処理からやり直してから先日のIC405を再処理してみました。Ic405x10decs6r
露出時間が短いので淡い部分はなかなか出せませんが、以前の処理よりもすっきりした感じになりました。

もっと強調Ic405x10decs6_r2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年一番の記憶

 年末に当たって私も記憶を辿ってみました。
やはり金環日食が一番、撮影結果は薄雲が掛かりっぱなしで今ひとつでした。
でも、観測地を探して二度も下見遠征に出たりして、かなり気合いが入りました。こんな事は今まで一度も有りませんでした。
 選んだ撮影地はベイリービーズ狙いで南限界線付近の波鳥湖周辺でした。そして高名な渡部 剛さんにお目にかかれたことも何かの縁ですね。他には誰もいませんでしたから。Aoyagi  奥の方です。

金環日食と金星の日面通過Photo どちらも薄雲越でプロミネンスが良くうつりませんでした。周囲が赤くなるのでかなり暗くしています。


 来年は大きな彗星が二つ、楽しみですね。
それでは又、来年も宜しくお願いします。
良いお年をお迎えください。












| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

最後の撮影

 今日は思いがけず青空が望めました。
G15で太陽のコリメート撮影に挑戦しましたが失敗しました。適切なアイピースが有りませんでした。
 60Dでも撮影しましたが、久しぶりの撮影で手間取ってしまいました。

 Pentax65Ed SMⅡ60/BF15 EOS60D 2012/12/29 12:06:52 ISO400RAW Tv1/30 CS6Suncs5
 G15 Tv1/280 Fv2.8 ISO80 JPEG アイピース:ミードPL32Sung15

Sung15si6


 雲が掛かって撮影を止めた後でまたまた青空が広がってきました。
G15 デジタルズームAirplain2
Airplain1
Bluesky

 SP-DXのモーター取り付け金具に少々の不具合が有りました。
ようやく対策品が送られてきました。
K-ASTECさん、有り難うございました。Spdx  





| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

CDS-600Dのスケアリングとε-180EDの光軸調整の結果

12月27日、IC443×10枚の画像を追加しました。
Ic4432nddecs6_2  IC443 2012/12/13 25:24~ ε-180ED CDS600D ISO800RAW 5分×10枚 OAG9+Lodestar オフアキ SI6.5 ダーク、フラット処理

 光害の中でISO800、5分10枚ではざらざらで作品にはなりませんね。
ε-180EDの光軸、CDS-600Dのスケアリング確認ということでふたご座流星群の貴重な晴れ間を潰してしまいました。あれ以来晴れは全くないです。毎日雪雲に覆われています。


12月25日、下部に等倍画像を追加しました。

 ふたご座流星群の日、幸運にも快晴に恵まれました。
流星を撮りたい気持ちを抑えてカメラと鏡筒の調整結果を確認すべく撮影を行いました。

IC-405 Ic405x10maskdcs6 2月13日 26:41~
ε-180ED、CDS-600D BADDER UV/IRcut、ISO800RAW 5分10枚、Lodestar+OAG9 オフアクシスガイダー、ダーク、フラット処理、SI6.5、CS6

 至近距離のコンビニの光害があり画像は汚いが、星像はほぼ満足できるくらいになりました。それも昼間のオートコリメータによる調整のみです。
CDS-600Dはまだ調整の余地はありそうです。

 T-Fixさんからの情報でフランジバックの長さはバックフォーカスより短めだとより悪い影響が出るそうです。今回のは偶然にも0.5mm長く設定して撮影しました。Central-DSの最初のEOSアダプタは1.6mm短かったようで、光軸不良もありそのとき撮影した星像は不満でした。

 対策品のEOSアダプタにOAG9(ここでシムを入れないと短くなる)にシムを入れて0.5mm長くしていました。

 高橋標準のワイドマウントの光路長の正しい寸法はいくつでしょう? 私のは弄くってしまってよく分かりません。趣味人の強化リングもありますが少し長く、ほかにふたつ高橋のワイドリングがありますが、三つとも違います。

 T-Fixさんの情報に寄れば100μ以内に合わせた方が良い様です。
また薄いシムを作って調整しなければなりません。
でも、εはこのくらいにして250RCも弄らないと撮影対象が無くなります。

 ここでまた恨み節、それにしても調整し、結果を確認する。このことが出来る日が少なすぎます。


等倍画像
 IC405につづいて撮りました。ISO800 5分1枚 SI6.5で処理

IC443Ic443
Ic443_light_iso800_300sec_18c_00084
 光軸調整の結果は、私にはほぼ満足できるレベルに仕上がったと思います。この程度にオートコリメータによる昼間の調整だけで出来ることが分かりました。

 等倍画像の上側がまだ米粒状態に見えます。CDS-600Dのスケアリング調整にまだ余地があります。これ以上に調整するには0.1mm厚のシムだけでは無理なので、いずれマウント部分に押しネジを取り付けたいと思います。
 バックフォーカスについても調整の必要性が有りそうです。こちらもシムを作成してから調整してみます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

横浜へ行ってきました。 終わり

 夕食はお昼とは別のレストラン。私は少食な上、懐具合もあるので「スタンダードディナー」+ワインにしました。Dinner
 お上りさん向けの安いディナーコースなので相応な美味しさだったのでしょう。椎茸はその香り、味が全くなくて何を食べたのか分かりません。肉は薄くて肉汁も無く、なんだかなあ~。

 海側の席で日本丸を眼下に見られる席に、閉店まで掛かって食事を楽しみました。ワインのお陰で全ての食べ物がワンランク美味しく感じられました。

 ホテルに戻る為に乗ったエレベータ、間違いに気づき戻ろうとしましたが階下には行けますが階上へは動きませんでした。ホールに出て外に出ようにも自動ドアは全てロックされていました。夜間通用口を見つけて出られました。この時22:40です。速い時刻でロックアウト何ですね。知らなかった。

 朝、目覚めると抜けるような青空Bridgeasa 窓越しなので色が変!

 ゆっくりと朝餉を摂ります。Photo 味噌汁が美味しかったですねえ。

 チェックアウトし外に出るとTower なんだ、この空は。夜は何時から晴れていたんだろう。

 元町から山手に上がり外国人墓地越しに富士山を望む。Mtfuji

 港が見える丘公園からBaybridge

 ♪ ♯ならん~だ水兵さん♪♪Kamome

 初めて乗りました。水上バス。けっこう速いですね。Photo_2

 東京駅丸の内中央口で案内板を見ていたら、ガードマン風のユニフォームを着ていたおじさんから手渡されました。Photo_3
 私の行動は定番なんですね。
案内のとおり南口へ行き、天井を眺め撮影してきました。かなりの割合の人たちが立ち止まり、上を眺め、撮影していました。

 外へ出て皇居を背に東京駅全景を撮りました。大勢の仲間が居ますね。Koukyo
 安心して通りの真ん中に立ち、パチリ。Tokyoeki
 北口の天井です。1
Photo_4  

 停車場の人混みの中にそを聴いた。    おわり・・・・・・・・








| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

横浜へ行ってきました。その2

 ホテルの59階、部屋から見た赤レンガ倉庫方面...自分のお腹が写ってしまいました。Photo_2霧?雲? の上ですね。

 太陽撮影用にA590を使っていましたが、綺麗に撮れなくて新しいカメラが欲しいなあと日常会話のなかにさりげなく、かつしょっちゅう出していました。買うなら横浜へ行く前に買って!...しめた!...まだ値段が下がりきらないG15を購入しました。

 使い方を理解していないので殆どがAUTOで撮りました。暗さに強い、水銀灯補正が有効....この辺を確かめたく思っていました。それからコリメート撮影用のアダプタも買いました。レリーズ端子があるので便利です。EOSutilityが使えないのは不便です。

 広角側も広くないし、光学ズームも×10で範囲は狭いですが、まあ良しとしましょう。広角側のデストーションが少ないです。Photo_3 CANON PowerShot G15、AUTO、16mm、Fv1.8、Tv1/30、手振れ補正ON、ISO100 JPEG

 三つの塔が見えます。路面に足形が刻んであり、観光スポットだそうです。塔の名称も由来も興味がないので読みませんでした。Photo_415.2mm、Fv2.5、Tv1/80、手振れ補正ON、ISO1250 JPEG

コンテニュアンスオートフォカスで露出連動になっていたのでフォーカスポイントによって露出が大きく変動してしまいました。

 日曜日は快晴でした。露出モードを理解していないのでコントラストが大きいととんでもない画像になりました。
 

Photo_56.1mm、Fv1.8、Tv1/20 手振れ補正ON、ISO1250 JPEG

 今回の撮影はすべて FullAuto JPEG sRGB 撮って出し リサイズのみです。このサイズで、このような被写体には問題ないですね。


ピント位置を決めづらかった。Tree6.1mm、Fv2.2、Tv1/25、手振れ補正ON、ISO800 JPEG


大桟橋、ベイブリッジ方面です。
さすがにこの位、暗いと三脚が無いときついです。ピントだけでも手動にすれば良かったなあ。Photo_66.1mm、Fv1.8、Tv1/8、手振れ補正ON、ISO1600 JPEG


Photo_77.1mm、Fv2.0、Tv1/20、手振れ補正ON、ISO1000 JPEG


 日本丸の船体の色を見てください。水銀灯で照らされ緑色に見えます。Landmark16.1mm、Fv1.8、Tv1/20、手振れ補正ON、ISO1600 JPEG


 近くで比較画像を撮ることを忘れてしまいました。
水銀灯補正ONの日本丸Nipponmaru6.1mm、Fv1/1.8、Tv1/30、手振れ補正ON、ISO640 JPEG 水銀灯補正ON

Photo_88.4mm、Fv2.0、Tv1/30、手振れ補正ON、ISO800 JPEG


部屋の窓からPhoto_96.1mm、Fv1.8、Tv1/13、手振れ補正ON、ISO1600 JPEG


CANON PowerShot G15 はフルオートでも期待したとおりの写りをしてくれました。日本丸の写真は広告写真のような写り?をしてくれました。水銀灯補正は優れものです。

でも私はそのあと設定を戻すことを忘れるので数枚は色調が変なカットを撮ってしまいます。


それから、手に持ちにくく、全般にボタン類の操作性が悪いです。カメラは常に首からぶら下げていました。マニュアル撮影は撮りやすいかも。シャッタースピードは最長15秒、ロシアンファームのお世話にならなくても天体撮影風景の撮影は出来るかな、あと太陽はまだ暫くは用意が出来なくて撮影できません。



 このあと、リーズナブルのスタンダードディナーです。












 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

横浜へ行ってきました。 その1

 土曜日、日曜日と横浜まで女房と二人で遊びに行ってきました。
数年ぶりに乗る上越新幹線です。Toki
 久しぶりのお上り(古いかなあー)さんです。Ohhuna 目的地の駅名しか調べていない私には不親切な案内板です。横浜方面と書いてくれれば良いのに........ドライブしていてもいつもそう思います。通過地名や目的地名が自分の思いと違う......今はナビが有るので問題は無くなりましたが。

 TVニュースでは見ていました。Ladys
 乗ろうと思ったら女性専用車両でした......が、男性も乗っていました。時間帯が有るのですね。でも別車両にしました。  熱心に携帯を操作している男性の表情が......。

 桜木町駅を出ると傘を差さないといけないほどの雨でした。Sakuragityou
 お上りさんには何でも珍しいので写真を撮りまくりました。Akaikutu
 チェックインが出来る時刻まで周辺をぶらぶら........日本丸が係留されていることを知りませんでした。Nipponmaru_2
 ランドマークタワー内のレストランで昼食を摂りました。Mangiamangia_2 食べ終わってから撮影を思いつきました。他のブロガーさんの様な写真を。

 お上りさん向きのレストランだったようで、方言丸出しで喋っていても気を遣わずに済み、肩がこりませんでした。お値段も田舎と同じ..........その代わり、あまり清掃が行き届いて居ない様.........というよりも地元の大衆食堂を思わせるテーブルビニールが......黒く汚れている......床には埃が

 チェックインを済ませてFront リーズナブルの部屋が空いていなくて少々高い部屋に.......いやあ~広くていいですねえ。

 今回の行程は全て女房に任せておいたので、自分で調べたことは、ホテルから赤レンガ倉庫までの道順だけ........旅行の目的はこれ!Yukie
 私の趣味では無いですが嫌いでは無いです。娘が行くつもりだったのですが........初めてコンサートツアーとか言うものを鑑賞して驚いたこと。その追っかけは、私と同世代か少々若い男性が主体でした。それも一人が殆ど........でも顔見知りのようで挨拶を.....「やあーどうも、又お会いしましたね!」
こういう雰囲気は私には初めてで少々引いてしまいました。

 深夜、天体写真を撮影している姿は、外から見ると同じように思われているのだろうなあ!

 



 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

SSDに換装

 撮影用の古いパソコン DELL Inspiron1520のHDDをSSDに換装しました。
メインパソコン作り替えたときお店に勧められたINTELの120GBです。1520のHDDはもともと120GBでしたがWindows7にupdateしたときに240GBに変更して新規インストールしてありました。Inspironssd2

 又新規インストールはもう面倒くさくて丸ごとコピーする方法を採りました。ところが240GBのdiskから120GBのdiskにはコピー出来なくて、Windows7の管理ツールでボリュームの縮小をしたのですが、150GB程にしか縮小できませんでした。そこでフリーソフトを見つけて120GBまで縮小に成功、ようやく丸ごとコピーして現在の環境がそっくり利用できるようになりました。

 本当はデスクトップ用に用意したSSDですが、使わなかったのでノートパソコンに使ってみたわけですが、SSDは「書き込みが遅い」と聞いていたので今まで手を付けていませんでした。

 今日も電車が止まるほどの強風、落雷の大嵐です。思い切って換装作業を実行しました。

 HDDDellcomp Dellhdd
SSDDellssd Dellssd_sp  
 結構早いですね、起動時間はHDD50秒、SSD35秒と大してメリットは感じませんでした。

 でも読み込みが速いので、画像表示には大変便利、速いです。インターネット閲覧もキャッシュの読み出しが速いので回線速度が速くなったように感じます。



| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

平面鏡を買いました。

 CDS-600Dのスケアリングを再確認するために平面鏡を買いました。Mirror1
今まではFM60のピントグラスで代替していました。Mirror2
左の透明に見えるこのピントグラスでの結果は反射も弱いし、平面性が良くありませんでした。

新しいミラーは面精度は全く分かりません。板厚が必要精度を満たしていれば良いかな、EOS60Dで確認してみました。このミラーを回転して見ましたが、反射光は全く移動せず、厚みの精度も要求を満たしていました。60d
表面反射ミラーなので大変良く反射光が確認でき、時間を掛けて調整をしました。
今まで0.6mm程入れたアルミシートを半分に減らして丁度良くなりました。カメラを撮影しませんでしたが、CMOSとミラーの反射光を撮影しました。先回よりも良くなりました。

CMOS反射Cmos
ミラー反射Mirror

 これでεでの撮影もきっと満足出来るでしょう。


 もし、まだ満足出来なかったら、補正レンズを取り付けた状態でオートコリメーターの確認をしてみようと思います。


 その確認も何時出来るやら・・・・・・今日は台風並みの風、風雪(一時)でした。すこし収まってきました。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

今日の天気は儲け物!

 12月3日

今朝から快晴です。この時期、儲け物のお天気です。
久しぶりに太陽を見てみましたが、黒点も少なく温和しい太陽でした。
2012/12/03 09:47:07
Pentax65ED FL700mm、SMⅡ/BF15、EOS60D、ISO400RAW、Tv1/80
_mg_5056

 相変わらず、ピリっとした画像が得られません。30年も前のレンズが悪いのかなあ、眼視では結構良く見えているつもりだけれど。



Arpla201212031010002
Arpla20121203101135
Arpla201212031014141_2






| | コメント (2) | トラックバック (0)

ε-180ED 光軸調整の結果

 11月6日に記事の結果がようやく確認出来ました。
11月28日深夜、満月の夜に晴れてくれました。調整するには都合が良かったですね、満天の星空だったら...気が気でないです。

 M44 プレセペ
11月28日 ε-180ED CDS-600D OAG9+Lodestar+PHD ISO100RAW 24:59~ 240秒一枚 SI6.5で現像M441cs6
満月なの背景はで青空、どう処理すれば良いのか、どんな色にすれば良いのか分かりません。

等倍画像でセンターと四隅を切り取りました。M44dot1
星像を観ると、右上が少し楕円、右下も少し....これは...多分、カメラのスケアリング調整で直せると思います。まだ50μm位の差を残した状態でした。

このままでも私としては容認できるくらいだと言い聞かせています。

ガタつきの無いアイピースホルダとオートコリメータ、それを覗くwebcamの組み合わせで、ほぼ再現性を確保できるでしょう。

長い道のりでした。......言い切っていいのかな?






| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »