« 最高の星空の下で | トップページ | まだ続く光軸調整 »

2012年10月18日 (木)

二分大平の結果

 10月13日に撮影したばら星雲
2012/10/13 26:06~
ε-180ED NJP(MTS-3SDI+) OAG9+Lodestar オフアキ PHD1.13.5
CDS600D Baader UV/IRcut ISO1600RAW 5分10枚 SI6.5で加算 ダークフラット処理 CS6でリサイズ

10/21 あまりにもみっともないので入れ替えました。 最初の一枚目はありません。
これが最終処理です。SI6.5でほとんどの処理をしています。Abcdelab

 


修正しましたX10demm2bm
こんどは薄すぎました。観るモニターで違いすぎます。X10demm3_2

M78
2012/10/13 27:13~
E-180ED CDS-600D NJP(MTS-3SDI+) OAG9オフアキ PHDGuiding1.13.5 ISO1600RAW 480秒×9枚 SI6.5で処理 ダーク、フラットあり M78x9mskddemmrrcs6_2



M33
 空が安定していない、光軸、ピントが出ていない、撮影をやめようと思っていた頃の最初の3枚を処理しました。
2012/10/13 23:12~480秒3枚 SI6.5で処理M33x3mskd

 M45 9枚コンポジットM45x9decs6

|

« 最高の星空の下で | トップページ | まだ続く光軸調整 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

やっぱり3枚目が一番いいですね。フラットも決まっていてきれいです。
私はいまだにフラットがうまくできません。けんちゃさんの方法も参考にしていますがどうも理解できません。
助けを乞いたいところですが、フラットのやり方は千差万別。自分なりに答えを出すものであって、人に聞いちゃいけないですよね。頑張ってみます。

投稿: まるひ | 2012年10月19日 (金) 01時31分

まるひさん
 一枚目は背景の明るさを全く調整していない、フラット処理のままです。ということはフラットが全く合っていないのですね。三枚目はSI6.5で周辺減光/カブリ補正のカスタムで直線的に減算してあわせました。

 今回使ったフラット画像は光軸を弄った後で撮ったこと、新しく買い直したA3用LEDトレース台を使ったこと、その画像の平面性を確認しないで処理しました。

 レベル合わせにはかなり寛容なのでスカイフラットが一番良いように思います。有機EL等で旨く行けばいつでも撮れて一番良いのでしょうがね。

 まあ、画像処理全てにおいて言えるでしょう、自分のスタイルで自分が納得出来る処理が出来るように、お互いに頑張りましょう。

 今回、佐藤さんやしゃあまんさんから教えていただきました。こんな事も知らないので、まるひさんも知っていることは教えてください。

投稿: けんちゃ | 2012年10月19日 (金) 12時05分

けんちゃさん、私は2番目の背景のレベルが良いように感じます。確かに星雲自体はちょっとねむい感じですが。

私は数年無機ELパネルでフラットを作っていますが、全く不都合を感じたことがありません。方々のブログで発光にムラがあるとか減光方法に問題があるとか色々書かれていますが、これまで使った3枚のELパネルで「これはELパネルが原因だ」と思えるようなトラブルは無いんですよね。細かい事を気にしない性格が幸いしているのかも知れませんが、ELパネルの前はパソコンの液晶でフラット作ってたんですよ、実は。色も明るさも調節出来るので便利ですよ。最近はやってませんが、何か問題があるのでしょうか?
人と違う点といえば、私は基本紙で減光しています。それもぴったり重ねずにちょっとばらけた状態で重ねます。モノクロではコピー用紙を必要な枚数だけ重ねるだけですが、カラーでは色画用紙を使って色調を合わせています。アクリル板とかカラーセロハンを使っている方が多いようですが、私は使いこなせないです。
我流なんであまり参考にならないかもしれませんが。

投稿: tantan | 2012年10月20日 (土) 15時28分

tantanさん
 画像はまだ自分でも納得がいかないのですが、だんだん時間が経ってくるのでUPしました。UPしながらまだ調整しています。

 フラット画像は私にとってはLEDで十分可能かなと思っています。それも光害の無いところの写真ですが。自宅で撮ったものにカラーセロファンなど試してみましたが全くだめでした。ワンショットカラー画像は難しいです。

 減光には今、コピー用紙を白色アクリルで挟んで1秒露出が出来るようにしています。BackyardEOSが最短1秒なのでそれに合わせています。

 レベル合わせが寛容なのでスカイフラットが一番きれいに出来るようですが、時間が取れません。それからダーク、フラット、フラットダークとも48枚(あまり意味は無いです)撮っています。20枚と比べた時、やはり48枚の方がきれいに仕上がりました。

投稿: けんちゃ | 2012年10月21日 (日) 02時23分

けんちゃさん、こんにちは。
色調はほんと悩みます。
見るPCとアプリで大分違います。これだけは仕方ありません。
私の環境では三番目が一番私の好みに合います。

投稿: 北の星見台 | 2012年10月21日 (日) 18時56分

北の星見台さん
 三番目ですか? 仲間がもっと青を!というので一番目に、私なりに納得した最終仕上げのつもりであげました。
 
 私のディスプレイは簡便なカラーキャリブレーション huey を使って併せているVAパネルです。コントラストが強く彩度も高く出るので、隣にsRGBのディスプレイを置いておくのですが故障してしまいました。それでノートパソコンでwebにupしたものを観ていますが、本当に何が良いか分かりません。T-Fixさんがそれで高級なカラマネ仕様にされました。私はそこまで出来ないので妥協をしてしまいます。

投稿: けんちゃ | 2012年10月22日 (月) 00時01分

一番上のバラ星雲、そしてスバル、最高です。完璧です。感動しました!

投稿: 佐藤俊彦 | 2012年10月22日 (月) 02時27分

佐藤さん
 お褒めのお言葉、有り難うございます。
暗い空で撮ると、処理が楽に進みます。色彩についてはなかなか決まりません、途中でキャリブレーション(簡易なソフト)したり、他のパソコンで見たりと、定型処理が出来ていません。まあ、それを楽しんでいると、負け惜しみをつぶやきながら。

投稿: けんちゃ | 2012年10月22日 (月) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/47504098

この記事へのトラックバック一覧です: 二分大平の結果:

« 最高の星空の下で | トップページ | まだ続く光軸調整 »