« とれました | トップページ | タイムラプスの為の電源60D用 »

2012年9月11日 (火)

極軸設定アシストビデオカメラ

 

「赤道儀の極軸設定」 で使ったwebcamの固定を輪ゴムから再現性のあるアルミパイプスリーブ(O塚工房製)にしました。

 従来のプラスチック製極軸望遠鏡カバーをアルミパイプで製作。

Pipecamera1

 
 キャップを外します。

Pipecamera2

 
 パイプに内蔵したwebcam。

Pipecamera

Camera

 
 赤道儀に取付。

Pipecamera3

 
 Polar2001の画像とwebcamの画像を並べて表示、比べながら極軸調整が出来ます。これでNJPの反射仕様ピラーの背の低さから覗きにくかった作業から解放されました。

Polar2001

 
 O塚さん、有り難うございました。
 

 webcamの画像とPolar2001の画像を重ね合わせて表示が出来ると良いのですが。どなたかプログラムを作成していただけませんかね!昔、DOSでデータベースを作ったことがあるけれど、Windowsになってから挫折しました。ましてや画像では.....






|

« とれました | トップページ | タイムラプスの為の電源60D用 »

工作」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

良いものができましたね。
この世界、重量の有る物とおかしな姿勢をとりますので
(他の人が見たら)
腰に来ないためには、不可欠な機材ですね。WEBカメラ
もしっかりした造りですね。
O塚さんも、この世界の工作もすばらしいですね。

投稿: 電球 | 2012年9月11日 (火) 14時26分

電球さん
 いつも両膝を付いて除いていました。それでニーパッドが欲しいなあと思っていました。(趣味人で売っていた)
 そうして極軸望遠鏡のアイピースとパソコン画面を交互に見比べていましたが、見た直後の北極星の位置を、パソコンを見ると忘れてしまいます。この繰り返しでした。

 O塚さんはMC加工のプロフェッショナルですからね、ご厚意で作って頂いています。

投稿: けんちゃ | 2012年9月11日 (火) 18時27分

ご無沙汰いたしております。

これで精度も上がりますし、苦しい思いをしなくていいですね。私はいつも片膝ついてやってます。これが決まって左ひざなので、ズボンやらパジャマやらみんな左ひざから穴が開きます。この前、妻に怒られてしまいました。

NJPもそうですが、EM10Bも早くテストしなきゃ・・・と思うのですが、いまいちやる気が・・・困ったものです。

投稿: ryojin | 2012年9月13日 (木) 19時09分

ryojinさん
 コメントありがとうございます。こちらこそご無沙汰しております。

 片膝に穴...ですか。私はそこまで稼働していないので穴が明くまではいってないです。(^^;)

 設置精度が上がるよりも楽な姿勢で設置できることの方が大きいですね。私は両膝付いて丁度良いです。なんか体躯の違い(胴長とも言う)があからさまになりましたね!(>_<)

 ブログは毎日拝見しております。復職に向け努力しておられる様子が分かります。

 こちらの今夜は一晩中星空が望めそうですが、明日は期待薄、ままなりません。

投稿: けんちゃ | 2012年9月13日 (木) 20時41分

こんにちは

 はじめまして、ARPLAの中の人です。
 ARPLA使っていただいているようですので...

 グリッド表示を任意の画像ファイルから読み込む仕様に変更したものをちょうどリリース(0.5.5)したのですが、ついでに他のアプリで作った部品をそのまま流用して、デスクトップ画面上の領域も取り込めるようにしています。

 取り込む範囲等にもよりますが、デスクトップが十分広ければ、USBカメラ画像とデスクトップ領域とをうまく重ね合わせて表示できると思いますので、一度お試しいただければと思います。

投稿: すえたけ | 2012年9月16日 (日) 14時06分

すえたけさん、
 書き込みをありがとうございます。ARPLAは大変使い易くて重宝しております。

 新バージョンではオーバーレイが出来るとのこと、嬉しく思います。早速ダウンロードして試してみます。

 変更点を読みました。オーバーレイをする画像がBMPまたはPNGとのことですが、ぴんたんさんのフォーカスエイドみたいにリアルタイム画像でも出来るともっと良いのですが。それでもPolar2001の画像をBMPでキャプチャーをしながら行えば良いので画期的な事です。ありがとうございました。

 実際の極軸設定で使ってみて、又記事にしたいと思います。

投稿: けんちゃ | 2012年9月16日 (日) 14時35分

けんちゃさん、早速のレスコメントありがとうございます。

 デスクトップ画面のオーバーレイ表示は、一旦画像ファイルに落とすのではなく、キャプチャエリア(640x480)を指定して、リアルタイムで反映するようになっていますので、おそらくある程度はご期待の仕様になっているのではないかと思います。(元の部品がオートガイド用のものなので、そんな仕様になっています。)

 このあたりの詳細は説明書も端折って記載しているため、わかりにくい部分もあるかと思いますので、ご不明点あればお問い合わせいただければと思います。

投稿: すえたけ | 2012年9月16日 (日) 14時56分

すえたけさん、
 そうですか、それは良かったです。今晩、撮影に出られると思うので試してみます。

 ダウンロードしてインストールしましたが、今、webcamがつながっていない環境なのでARPLAを起動出来ませんでした。

 今晩が楽しみです。

投稿: けんちゃ | 2012年9月16日 (日) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/47032785

この記事へのトラックバック一覧です: 極軸設定アシストビデオカメラ:

« とれました | トップページ | タイムラプスの為の電源60D用 »