« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の記事

2012年9月29日 (土)

光軸調整の結果

10月2日 コリメータの画像を下に追加しました。 

又光軸調整をしました。昼間の明るいところで何処まで持って行けるか!......今度はかなり納得のいく結果を得ることが出来ました。

2012/09/26 26:27 ISO1600 6分一枚、自宅にて、
ε-180ED CDS-600D センサー温度-8℃ BAADER UV/IRcut OAG9 Lodestar PHD V.1.13.5 EM500、 CS6で現像、SI6.5で周辺減光、被り補正Magatama1web
等倍画像Toubai  
ようやく四隅の星像が同じような形になりました。僅かに放射状に流れています。今まではそれぞれ形が違っていました。

補正レンズのバックフォーカスの事がブログ記事で見掛けますが、このように放射状になるときは、伸ばせば良いのか、詰めれば良いのか、補正レンズの特性で直らないのか、皆目見当が付きません。どなたか教えてください。


 いつもと同じよな手順で光軸調整を進めました。先回、十字線を張った自作アイピースは大変よく分かり斜鏡の原点調整に役に立ちました。

 

主鏡位置を合わせるために又型紙を作り直しました。Photo  
 主鏡位置に置いて、そこにレーザー光線を当てて斜鏡を調整します。2

 それから今回はホットスポットと呼ばれるマークを主鏡に貼り付けました。Hotspot1 とじ穴補強をこのように切りました。かなりラフな切り方です。きっちりと切りたいのですが性分がラフなので。Hotspot22 Hotspot2 Hotspot3  主鏡に替えて、主鏡の位置を横の押しネジでレーザー光線が真ん中になるように調整します。なお、斜鏡はもう最後まで弄りません。

 このように光線が戻ってきます。Modori

今回写真は撮りませんでしたが、私のCheshireアイピースは31.7mmでミラーが小さいです。理由は分かりません(Fが小さい為かな)が、貼り付けたホットスポットシールよりも反射して見える映像が大きく、ぴったりとは重なりませんでした。それでも今までのように主鏡の黒い円の画像よりも中心は分かりやすいです。なので三角でも良さそうです。反射画像が大きいために円形だと分かりにくいかも知れません。

 光軸をここまでするのにおよそ5年を費やしました。そもそも初めて自宅で観たときは良さそうだったのですが、遠征で車に揺られた結果、斜鏡が緩んでガタガタでした。
 タカハシさんがもっとしっかりと固定して出荷してくれていれば、このような苦労をしなくて済んだのに。

 でも、お陰で大分光軸調整法を習得いたしました。これも楽しみ方の一つだと思います。





 はぁ~、これでやっと撮影に専念できる。

追加画像
 オートコリメータから覗いたの画像Hotspot  アイピースのミラー面が焦点位置に無いので反射しているホットスポットの映像がぼけています(多分)。これでもいくつかの映像が重なっています。正確に重ねるためには最後は斜鏡を調整する必要が有りました。

 オートコリメータを挿入したとき、そのスケアリングがとても重要です。アイピースホルダの端面に指で押しつけているときは重なって見えますが、押しネジで固定すると3~4個に見えてしまいます。このことはレーザー光線で調整しているときも同じで、紙を挟んで調整していました。それ以上に大変クリチカルです。

 このビデオ映像は大変良く分かります。

 31.7mm径のコリメータアイピースはやはり小さすぎます。εに2インチサイズのオートコリメータを挿入できるように改造する必要を感じました。

 ステライメージでCDS-600Dのフラット画像の周辺減光を観てみました。

ミラーBOXのケラレが無くたいへん綺麗です。Photo
 

 オートコリメータでの調整がかなり上手くいったと思います。調整後に分かったことですが斜鏡のセンターマークが少しずれていました。斜鏡が主鏡側に寄っていました。光量損失が有るかも知れません。

 



 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

たまには夕日

 透明度の高い日が続いています、昼間だけ。まるひさんに触発され、高い青空にも誘われて夕日を撮りに寺泊郷本海岸まで行ってきました。着いたときは水平線がくっきりと見え、大佐渡小佐渡が見分けられました。

EOS60D Sigma100-300F4 ケンコーX1.4Sunseu3001
日没が近づくと

EOS KissX3 Sigma17-50F2.8Sunseu171
Sunseu3002
数年来、偶然の夕日も含めて雲が掛からないことはありませんでした。今日も例に漏れず、雲が掛かってしまいました。Sunseu3003

日没後暫く経ってから水平線がSunseu3004 太陽があるかのように明るくなりました。

南西方向Sunseu172
北西方向Sunseu173

 太陽のHα撮影のためにケンコーX1.4の電子基板を外していたことを忘れていました。オートフォーカスが効かない、絞ることも出来なくて焦りました。また1.4倍を買わなくては!

 水平線に雲が湧かない気象条件はどういう時なのでしょう。星の撮影の時も気温が下がると雲が湧くことは経験しています。夜半近くになると一面の星空、良くあることです。







| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

守門星の家

 9月22日土曜日、昼間は透明度の良い快晴でした。午前中は新潟市まで出かけてDVDドライブを買い、久しぶりに飛行機を撮ってきました。  夜はGPVによれば雲はありますが晴れの模様。道院キャンプ場まで撮影に出かけました。駐車場は水銀灯に、ナトリュウム灯で超明るい、オートキャンプ場も転々とナトリュウム灯が点灯しています。まだキャンプ場はシーズン中ですから仕方ないですね。

 出かけて来たついでに周辺をドライブ、十数年ぶりに守門星の家の下の広場に行ってきました。暗くてよく見えませんでしたが草原のようです。狭い駐車場に車を止めて空の様子を見ていましたが、赤道儀を設置するほどの天気にはなりそうもありません。

 それでタイムラプスで”ほとんど雲”を撮ってきました。

EOS KissX3 SIGMA17-50mmF2.8 17mmf2.8  ISO3200JPEG 10sec 10fps siriuscompで作成

この場所は北から南南西までかなり明るいです。晴れて透明度の良い日はそこそこ暗いかもしれません。

南南西...魚沼市方向です EOS KissX3 SIGMA17-50mmF2.8 17mm ISO3200JPEG Fv2.8 Tv15secSsw

木の葉が赤いのは休業された須原スキー場の頂上リフト機の建物照明の所為です。

 

 日付が変わる前に帰路につきました。




 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

樽口峠の画像(9月16日)

 なかなか画像処理が進みません。一枚画像ですが洞窟星雲です。
Sh2-155 洞窟星雲
Doukutu4

2012/09/16 25:17、ε-180ED、CDS-600D ISO800RAW 10分1枚、センサー-1℃、NJP  MTS-3SDI+、Lodestar+OAG9 PHDguiding オフアキ、SI6.5で現像、CS5で色彩強調、リサイズ、フラット、ダーク処理

 NGC7635 バブル星雲
2012/09/16 22:53、その他同じ
Light_600s_800iso_1c_1703stdev_2012

 

kissX3 Tokina ATX116 11mmF2.8 Kenko プロソフトンA、SiriusCompにて比較明合成
Tarugutitougeweb
ISSが大変明るく通過していきました。

ピント出しに苦労しました。ソフトフィルターは後から装着する方が良かったかも。
 

樽口峠にて

M45 プレアデス星雲

2012/09/16 26:19~ 10分8枚 SI6.5でコンポジットM45x8de ようやく車の移動、ランタンが消えましたが薄雲が頻繁に流れる様になりました。


CDS-600Dのフィルターはクリヤーフィルターでは無くてBAADERのUV/IR cutフィルターを選んでいます。スバルでも冷却DXのような醜いゴーストは出ないようです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

極軸設定アシストビデオカメラ ファーストライト

追加 : オーバーレイが出来ました!

 この記事のhttp://kencha.cocolog-nifty.com/kenchas_obs/2012/09/post-dad4.html
確認を樽口峠でやりました。EM500はよく見えましたが、NJPは北極星の見え方が少し悪い、カメラの設定や、明視野照明の明るさを調整したりして、ようやく確認できました。空も少し薄雲があったかも知れません。

Pole1

 先回の記事でPolar2001の画像にオーバーレイできるといいなあ!と書きましたらARPLAの作者の方から、”ARPLAのバージョンアップ”で出来るかも知れないと、教えて頂きました。結果は今回は旨く出来ませんでしたが、使い方がよく分からないので又テストしてみます。

 樽口峠には20時頃到着したのですが、速く撮影に入りたい気持ちが勝って、画像を隣に並べて極軸の確認をしました。オーバーレイで行うにはレチクルが同じ大きさに表示できないとだめなので、二つの
画像を並べて合わせる方が良さそうです。すえたけさん、ありがとうございました。

Pole3

 今回はwebcamの解像度を640×480で表示しました。オーバーレイの条件だからです。webcamの解像度をもっと上げればもう少しよく見えるでしょう。先回のはそうしましたから。極軸の調整が画面を見ながら行うためにパソコンを直ぐ側に置かないと出来ません。今までの設置と同じにしたら手が届きませんでした。配置を変更しないといけません。なんだかんだと、極軸調整が終わるのに30分も掛けてしまいました。



 追加記事 9月18日

説明文をよく読んで見ました。プレビュー3タブが追加されていました。これを設定したらオーバーレイが出来ました。

Arpla4  
 設定後、Polar2001を起動しました。Arpla1 レンズの無いwebcam画像なので何も見えませんが、透過率70パーセントの画像です。

 こんな風の画面で選択された範囲がオーバーレイ表示されました。Arpla2

 Polar2001を終了するとImage3 その部分のデスクトップが現れました。

 ARPLAのウインドウを動かしたら合わせ鏡のようになりました。Arpla5


 すえたけさん、どうもありがとうございました。

 太陽画像をARPLA ver 0.5.4でキャプチャーしています。
ARPLA ver 0.5.5をX64選んでインストールしたら、起動しなくなりました。それで ver 0.5.4に戻しました。
この件はすでに修正されました。ARPLA ver 0.5.5.1 (2012/9/18)

必要なノートパソコンでは問題なく動作しますので良いのですが。

この上、画像の大きさをそろえる必要があるかどうか、北極星で確認しないといけません。



| | コメント (22) | トラックバック (0)

光軸調整後 初めての樽口峠で撮影

 ε-180EDの主鏡洗浄と光軸調整をしました。午後4時頃まで弄くっていてその後夜の樽口峠へ遠征しました。

 斜鏡の位置が肝のニュートン鏡で、老眼故に斜鏡のセンターマークと十字線が見えないために長い調整アイピースを作りました。

Koujiku1

 

 これで斜鏡のセンターマークが良く見えます。

Koujiku2

背景に見えるのは主鏡位置に置いた紙に印刷したセンターマークです。主鏡があるとよく見えません。
まだ斜鏡のセンターマークがずれています。

 主鏡位置に置いた紙のセンターマークピントが合っていますが、斜鏡のセンターマークがほぼ合いました。

Koujiku3

 主鏡を取り付けてレーザーで主鏡の傾きを調整、まだ少し狂っていますがもう時間がありません。このまま、いざ樽口峠へ。Koujiku4

 

 T-Fixさんの様に機材と星空を撮れないので、NJPのピラー脚部を激写しました。レベリング用のボルトを長くしてつまみを取り付けています。ボルトのロックナットはO塚工房製、指で軽くロック出来ます。

Njp1

 

 撮影も終盤、この後まだ1時間は大丈夫。

Njp2

 

 最後にオリオンを撮りましたが薄明も始まり露出オーバーでお釈迦でした。

Njp3

 

 明けの明星です。

Photo

 

 南側、飯豊連峰が見えます。ここは国体の山岳競技記念公園。画面の左隅にキャンパーが見えます。20人位は居たでしょうか、ほとんどは深夜帰って行きましたが5,6人は宿泊したようです。かなりの時間、灯りが煌々とと輝き、車の出入りが多くて大変でした。私は北方向狙いなので灯りは苦になりませんでしたが、車のライトは、幾分か影響があるようです。

午前五時

Taruguti

 フラットやダークを撮っていないので簡単処理の一枚
バブル星雲
2012/09/16 22:01 ε-180ED CDS-600D センサー温度-1℃  NJP-K-ASTEC OAG9 Lodestar  PHDGuiding1.13.5 ISO800RAW 10分一枚、SI6.5で現像、CS6でリサイズ

Light_600s_800iso_5c_1579stdev_2012

 この程度の光軸調整でもかなり出せることが分かりました。まだ周辺の星像がいびつだし、ピントも出ていませんがwebでは分かりません。等倍にするとまだまだだと分かります。

 この星像の---これは斜鏡、これは主鏡などとその原因が分かると良いのですが全く知りませんので偶然合うまで調整の繰り返し。

 

 帰路、関川で足湯につかって休息をとりました。

Asiyu

Asiyu1

Asiyu2

Asiyu6

携帯電話の画像です。

 撮影の帰りに立ち寄ることは初めてです。いつも眠い状態で車をはしらせて います。これでかなり休息できました。

 今回の撮影地にはキャンパーの他に天文やさんが一名いらっしゃいました。新天研の辻沢さんでした。初めまして!

 私も比較的順調で辻沢さんもお気楽撮影スタイルということでかなり長時間、朝まで談笑ができました。SWAT200が眩しかったあ!

 辻沢さん、昨夜は大変ありがとうございました。大変楽しく過ごすことができました。蚊の襲撃には参りました。なんの防護もしてい無かったので。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

昨日の太陽

 2012/09/12 09:17:24
SMⅡ60/BF15、Pentax65ED、EOS60D、ISO640RAW、Tv1/100、CS5で現像疑似カラー、リサイズ

Img_0021_3

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイムラプスの為の電源60D用

 今日はプチ工作
EOS60Dでタイムラプス撮影をするための外部電源を作りました。
部品は秋月電子のDC-DCコンバータ モジュールとジャンク基板から外した電解コンデンサなど。
12Vバッテリーの電圧降下をモニターするための簡易回路も付けました。

Img_2398

Img_2401

汚い裏側も

Img_2404

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

極軸設定アシストビデオカメラ

 

「赤道儀の極軸設定」 で使ったwebcamの固定を輪ゴムから再現性のあるアルミパイプスリーブ(O塚工房製)にしました。

 従来のプラスチック製極軸望遠鏡カバーをアルミパイプで製作。

Pipecamera1

 
 キャップを外します。

Pipecamera2

 
 パイプに内蔵したwebcam。

Pipecamera

Camera

 
 赤道儀に取付。

Pipecamera3

 
 Polar2001の画像とwebcamの画像を並べて表示、比べながら極軸調整が出来ます。これでNJPの反射仕様ピラーの背の低さから覗きにくかった作業から解放されました。

Polar2001

 
 O塚さん、有り難うございました。
 

 webcamの画像とPolar2001の画像を重ね合わせて表示が出来ると良いのですが。どなたかプログラムを作成していただけませんかね!昔、DOSでデータベースを作ったことがあるけれど、Windowsになってから挫折しました。ましてや画像では.....






| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

とれました

 足場が外れてスライドルーフが見えました。断熱効果が一番高い色はホワイトですが、あまりにも目立つのでアイボリーにしました。今日はかなり日差しが強かったのですが、屋根裏に触れると幾分温度が低いかな...

Rooof1

Rooof2ヒューマンコム特製です。10年経ちましたが、格別不具合は発生しませんでした。建物に合わせて作りましたので少々重くなり手動開閉が辛くなってきました。電動化が必要になってきました。



 CS6のシリアル番号を取得出来ました。

Cs6

3,4と買ってもらって(娘から)いますが、今回はシリアル番号の取得手続きが別途必要でした。申請後数日で送られてきましたが、煩わしいことです。

 



続きを読む "とれました"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

今朝は透明度が良い青空でした。

 太陽を撮影し始めてから一番の透明度だったかも知れません。雲に邪魔されること無く撮影できたのは初めてかも知れません。太陽画像としては面白くも無い画像でしたが。

2012/09/03 11:02:52
SMⅡ60/BF15、Pentax65ED、EOS60D ISO400RAW Tv1/60、CS5で現像、モノクロ処理

Img_0011

 

疑似カラー処理

Img_0013cs5

 

644/1769

Arpla20120903112118t


838/1777フレーム Registax6 CS4Arpla201209031112005


雲が無く、透明度が高いとムラも少ないようですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

美しい虹が架かりました。

 今日の夕方美し虹が架かりました。

Reinbow

Reinbow2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

9月1日の太陽&9月2日の太陽

2012/9/2 11:19:39
 SMⅡ60/BF15 Pentax65ED、EOS60D ISO800RAW Tv1/200、CS6現像疑似カラー処理、リサイズ

Img_0010
今日は雲があってEOS60Dでこれ一枚しか撮れませんでした。 

 

昨日はビデオカメラだけで終わりました。ARPRAが異常終了すよる様になりましたが再起動をしながら使いました。何が悪いのか全く見当が付かないです。

この日は早朝に大きなプロミネンスの吹き出しがあったそうです。朝始動が遅い私は観ることが出来ませんでした。

 2012/09/01 14:13

SMⅡ60/BF15、Pentax65ED、TELE VUE 2.5× POWERMATE、Mintron MTV-63V1N  1/3インチ カラーCCDカメラ、  デジ造+ARPLA+RegiStax6、CS6

Arpla20120901141218

14:15

Arpla20120901141411

14:17

Arpla20120901141615

 
14:20

Arpla20120901141952

14:24

Arpla20120901142401

 

14:27

Arpla20120901142647

 

観望台のトタン葺き屋根を断熱塗装に塗りおえました。直接手で触れたときはかなりの効果がありそうに思えるほど他よりも温度が低いのですが、屋内の気温はというと「んーん?」いくらかは低いでしょうか。直接比較できないので良くは分かりません。

白く塗ったので夕日を反射して美しく輝いています。

Roof


 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »