« 雲の中の部分月食 | トップページ | 金星の日面通過 105年後、リベンジしましょ! »

2012年6月 5日 (火)

Registax6

 今日初めてRegistax6でビデオ画像を処理してみました。カメラのゴミも黒点も玉石混淆。

まずはSOHOの画像

Mdi_sunspots_1024

 

 古い監視用ビデオカメラです。640×480 NTSCコンポジット信号 AVIで記録

Capture8reg2

Reg1

 

黒点は少なかったですね。

これで金星の日面通過を撮りたい。

|

« 雲の中の部分月食 | トップページ | 金星の日面通過 105年後、リベンジしましょ! »

大陽」カテゴリの記事

コメント

ビデオ撮影のRegistax6撮影は良いですね。
デジアイピースでは、太陽が撮れません。太陽用にVixenでジャンクでも入手するかな?
Video出力は、USB?キャプチャーボード?いずれにしてもRegistax6の勉強もしなくっちゃ。(汗)
金星の日面通過は望み薄です。

投稿: 電球 | 2012年6月 5日 (火) 11時25分

USB接続のキャプチャーアダプタです。9801のころ、ボードを使っていましたがXPになった頃、もう10年も昔ですね。なんとかドライバが認識してくれて使えます。ただしソフトウェアエンコーダーなので他のソフトが沢山動いていると動作が止まってしまいます。それで急遽 ATOM-CPUのちっちゃなパソコンを専用に仕上げました。

 Registaxは昔、火星の大接近で使ったことがあるのですがバージョン1だったか2だったか、インターフェースがまるで違うし、全部英語なので手探り状態です。まあ、それでもこんなカメラでもそれなりに見えるようになりました。記事には書いてないですが1700フレーム位スタックしているようです。

 

投稿: けんちゃ | 2012年6月 5日 (火) 11時34分

はじめまして。CDS-600Dで検索したらけんちゃさんのページにつきました。私もCDS-600Dを最近購入しました。同じようにステライメージで開けません。アストロアーツにメールしたらサポートから返事が来て調査するとのことでした。centralDSの回答はキャノンの開発者がbackyardEOSにもかかわってるので同じ.cr2ファイルということでした。アストロアーツの回答が来たらご連絡します。
カメラはおおむね満足してますが、カメラ側のUSBポートが貧弱でちょっと動かすと通信が途絶えてしまいます。

投稿: jiiko | 2012年6月 5日 (火) 18時50分

jiikoさん
 レポートありがとうございます。

BackyardEOSについて早い情報収集ですね。私は今、エラー情報を集めてからアストロアーツに問い合わせようとしていました。ファイル名がやたらに長いので短くしたのですがだめでした。あとExifファイルはどうかな? kissX5の生のCR2は開けるので、BackyardEOSに問題があるのか、分かりませんわ。

まだ、カメラの使用回数が少ないのでUSBの通信断はありません。kissDXの冷却カメラもほかのカメラもUSBの障害が伝えられていますが、幸いにも私にはありません。ケーブルをカメラネジのところで固定しています。

また、情報が得られましたら教えてください。カメラそのものは大変良い印象を持っています。

そうそう、私はカメラに外部シャッター端子が欲しいなあと思います。

投稿: けんちゃ | 2012年6月 5日 (火) 21時20分

けんちゃさんこんにちは
続報です。RAP2では普通に開きました。
この方がダークフラットなど一括処理できるし楽ですね。
これまでキスデジで撮影してましたが、
PCレスで撮影できた気軽さも大事ですね。

投稿: jiiko | 2012年6月 6日 (水) 18時38分

jiikoさん、
 情報ありがとうございます。
RAP2で開くことができたと言うことは、SI6に何かある可能性が高いですね。jiikoさん宛てのアストロアーツの返事に興味津々です。良い返事がいただけると助かるのですが。

 私はRAP2を使ったことがありません。ほとんどステライメージだけです。他にも良いソフトがあっても使いこなせないのでこれだけにしています。フラットやダークもバッチで処理するので簡単です。

 私はデジカメオンリーです。モノクロ冷却CCDの優位はよく分かりますが、もうLRGBの処理を習得するには時間がなさ過ぎます。

 ガイドにパソコンを使うようになってからパソコンレスも考えられなくなりました。銀塩時代の昔はST4だったのですが、鑑賞に堪える写真はとうとう撮れませんでした。デジカメになって初めて写真が撮れた気がします。

投稿: けんちゃ | 2012年6月 6日 (水) 19時03分

けんちゃさん
デジカメのデータをステライメージで処理するときはベイヤーで開いてダークフラット処理をしてますか?私は両方使ってますが慣れればRAP2のほうが楽だと思います。バッチ処理もできます。RAP2で下処理をしてからステライメージで画像処理をしてました。たまたまXPからセブンにPCを変えたので最近はRAPを使いませんでした。
私はキスデジとBJ-41CというワンショットカラーCCDカメラを使っています。CDS-600Dを購入したのはやはりモノクロCCDに自信がなかったからです。BJ41-Cは日本製ですので安心でしたし使い勝手は良いほうだと思います。でもモノクロCCDの優位性はいろんな方の作品を見ると一目瞭然ですね。
アストロアーツから連絡があったらお知らせします。

投稿: jiiko | 2012年6月 6日 (水) 20時08分

jiikoさん
 ステライメージでの処理はベイヤーで処理をしています。
RAP2やフォトショップで現像するためのPNG変換とか、やったことが無く食わず嫌いのところがあります。

 ワンショットカラーCCDカメラもいろいろ検討しています。がベイヤー配列で有ることに変わりは無く、デジックなどの映像エンジンの優秀さには敵わない様に思います。

 カラーに拘らず挑戦してみるの有りかなー、RGBにデジカメ。

 アストロアーツの件、よろしくお願いいたします。

投稿: けんちゃ | 2012年6月 6日 (水) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/45532987

この記事へのトラックバック一覧です: Registax6:

« 雲の中の部分月食 | トップページ | 金星の日面通過 105年後、リベンジしましょ! »