« 金星の日面通過 105年後、リベンジしましょ! | トップページ | 金星日面通過 Ⅲ »

2012年6月 8日 (金)

金星日面通過 Ⅱ

 ようやくビデオを短く編集できました。

FS102 kenkoテレプラス1.4× BAADERアストロソーラーフィルター(撮影用) ビデオカメラ:Tele Band MS168N 1/3インチ モノクロCCD 640×480 NTSCコンポジット キャプチャーアダプタ アルファデータAD-VDOUS2 USB2 撮影地 自宅星空観望台 EM500太陽モードで追尾

シンチレーションが悪くて画像が揺れています。それでも見えると思ってみているとブラックドロップ、オレオール現象が見える様な気がする~う! 見えない?


 たったこれだけのビデオの編集をするのに2日も掛かりました。結局フレームの削除にはフリーウェアの MacheteLite を使い、文字入れにはDVDドライブにバンドルのPowerDirectorを使いました。タイトルは最初の数秒間にしたかったのですが解りませんでした。

 PSCS4 EXTENDEDでは長い動画の編集は出来ないのでしょうか?レイヤには500が限度で30fpsでは16秒しか作れませんでした。又、AVI形式では表示しませんでした。

 初めて動画の編集をしてみました。難しいです。分からないことだらけです。
少しずつ勉強します。

 ビデオ編集ソフトの特徴というか、易しさというか、私には何が良いか? まるひさんお勧めの「VideoStudio Pro X5」をダウンロードしてありますがまだインストールしていません。ライティングソフトは複数インストールすると不具合が発生するとか、昔読んだことがあり試用にいたっていません。

 PowerDirector もバンドル製品は制限がありすぎアップデートを促すポップがやたらと出ます。さてどうしよう?

 

|

« 金星の日面通過 105年後、リベンジしましょ! | トップページ | 金星日面通過 Ⅲ »

大陽」カテゴリの記事

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

ブラックドロップ、オレオール現象が見える様な気がする~う! >

間違いなくオレオール現象と言うのでしょうね。私のディスプレーの正面だと判りにくいですが、
太陽面の白いうねりと金星の大気が写っていますね。

動画ソフトは何が良いのでしょうか?
私もキャプチャーボードのおまけソフトしかないですね。あっ、DVカメラ落札の際手にしたのが、
XPproPCにIEEEカードと入れたままでした。

投稿: 電球 | 2012年6月 8日 (金) 22時42分

動画、よく撮れていて、イイですね!
当日、見れなかった前半のハイライトを、これで見れた様な気に成れます。ありがとうございました。

投稿: ちーすけ | 2012年6月 8日 (金) 23時11分

こんばんは。
編集お疲れ様でした。
臨場感あふれる画像でみいってしまいました。

投稿: skame | 2012年6月 8日 (金) 23時14分

電球さん
 見える、有ると信じて見ると見えてくるんですよ!オリオン大星雲やリング星雲、ダンベルなど自分はみーんな天然色で見えます。!(^^)!

 キャプチャーソフトは先回言ったアダプタに付属野茂のです。だからふるーいですよ。これから使おうとする編集ソフトがAVIでキャプチャーできる事を条件に探してみます。

投稿: けんちゃ | 2012年6月 8日 (金) 23時55分

ちーすけさん
 天候には惑わされましたねI垣さんとT田さんは黒部まで遠征しました。第三接触のころは寝そべって見ていると言ってきたのでたぶん撮影に成功したのでしょう。
 
 こちらは第一、第二、第三、第四接触の時だけ雲が薄くなってくれました。運が良かったですね。ただその間は雲が多く観測を停止したために第三接触は撮影できませんでした。

投稿: けんちゃ | 2012年6月 9日 (土) 00時00分

これはすばらしい!
おみごとです。まさにしずくがぽとんと落ちる感じでブラックドロップを捉えていますね。
正確に合わせた赤道儀と、高倍率望遠鏡がないと撮れない映像です。けんちゃさんならではの成果ですね。大変貴重な映像だと思います。

投稿: まるひ | 2012年6月 9日 (土) 00時00分

skameさん
 ピントがもう少し欲しかったです。前夜星でバーティモフマスクで合わせておいたのですが、蛍石とアルミ鏡筒なのでピント移動が大きいのですが、かえってピントを外すのが怖くて最後までピントはいじりませんでした。

 初めて撮影してみて、興味深いのは第二接触と第三接触ですね、それ以外は見ていても退屈になりました。6時間強の間も撮影ができていれば又違ったのでしょうが、残念でした。その間買い物に行っていました。

投稿: けんちゃ | 2012年6月 9日 (土) 00時07分

まるひさん
 そう言って頂くと嬉しいです。望遠鏡もビデオカメラも並ですが、赤道儀が設置してある事は大変便利です。太陽モードが使えて修正いらずなので。

 ブラックドロップに見えますよね、まあふにゃふにゃ画像なんでそう見えるのかも。

 今回の撮影も私の無計画所為で観測にはなりませんですね。今になってTIVIだったかな、GPSを利用した正確な時刻のスーパーインポーズが出来る物があれば...金環日食のデータでもそういうビデオを募集していましたね、せんだい天文館でしたっけ?

投稿: けんちゃ | 2012年6月 9日 (土) 00時45分

けんちゃさん、こんにちは。
またまた、見事な画像、動画を捉えられましたね。シンチレーションの悪さも臨場感があって良いです。
きちんと読み取れていませんが、ご自宅での撮影でしょうか?

私も本来なら自宅でのんびりと撮影したかったのですが、神奈川ではどう考えても晴れるわけが無かったので、遠征してきました。

金環日食のときよりも、さらに長距離でした(^^;

まだ処理が終わっていません。日食のときみたいに静止画の素材はあるので、動画化もやってみたいと思います。

投稿: 渡部 | 2012年6月 9日 (土) 16時15分

渡部さん
 コメントをありがとうございます。
ビデオは静止画の動化とは違う臨場感がありますね。編集作業を知らなくて苦労しました。少し駒落としをすればもっと動きのある動画にできるのですが、これから勉強します。

 撮影場所は記事に記していませんでした。自宅の固定赤道儀です。ですから準備そのものはたやすいのですが全てが付け焼き刃で中途半端は日食の時と変わりません。太陽望遠鏡を微動できるようにしなかった事が悔やまれます。微動マウントが有るのに。

 渡部さんは金環日食の時以上の長距離移動をなさったんですね、天気予報では当地は微妙でした。私の友人たちは黒部方面へ移動しましたが、少々疲れ気味で自宅の天気に賭けました。

 渡部さんの動画を楽しみに拝見いたしたいと思います。

投稿: けんちゃ | 2012年6月 9日 (土) 16時50分

こんにちは。編集お疲れ様でした。立派なお宝映像、大切な思い出になりますね。

投稿: ryojin | 2012年6月 9日 (土) 16時55分

ryojinさん
 コメントありがとうございます。
この現象は世界中でももう生きては観られないと言うことなので、必ずや撮りたいと思っていました。不完全ではありますがビデオに字幕も入れられたし、結構満足しています。

投稿: けんちゃ | 2012年6月 9日 (土) 17時17分

けんちゃさん、これは見応え有りますね。
黒い雫がゆっくり揺らぎながら落ちて行く感じが良いです。
胎内は曇ってしまったので第二接触が見れませんでしたが、この映像で疑似体験できました。ありがとうございました。

投稿: tantan | 2012年6月11日 (月) 08時51分

tantanさん
 コメント有り難うございます。
雲はあるもののどうにか1,2,3,4全部見られました。撮影は第三接触は間に合いませんでしたが。

 動画の編集を上手に出来れば良いのですが今のところ曇られた所をカットするだけで精一杯です。今、勉強中です。

投稿: けんちゃ | 2012年6月11日 (月) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/45578822

この記事へのトラックバック一覧です: 金星日面通過 Ⅱ:

« 金星の日面通過 105年後、リベンジしましょ! | トップページ | 金星日面通過 Ⅲ »